ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

タグ:浜本隆司 ( 9 ) タグの人気記事

「鹿児島ゆかりの作品」展
本日終了しました。

d0218056_20244487.jpg
右「フェニックス/浜本隆司」です。




d0218056_20254820.jpg
「フェニックス」2018 4-8





お越し頂いた皆様ありがとうございました。

今回、来られた方々から、素敵な感想やアドバイスを頂いて、
嬉しかったです。

よく言われることですが、

たかが絵、されど絵

の精神で自分のありったけのものを込めて、
高い山に登って行こうと思います。


楽しみの中に苦しみ、
苦しみの中に楽しみ、
喰わねど高楊枝、
諸行無常の響きに笑い声
花鳥風月
草木国土悉皆成仏、山川草木悉有仏性
グレートトラバース
ひとりジブリ
そして
光と爆発







by hamaremix | 2018-10-06 20:29 | Comments(2)
10月に入り
気温が低くなってきたので、
動きやすく身体が軽くなり、気持ちもぐんぐん前向きになってきているのがわかります。

そしてさらに

「オレは過去も無視して、未来も無視して生きているから。
現在この瞬間瞬間に爆発して生きるんだから」

こんな言葉に触発されると、
小さなことをくよくよ気にしている自分がバカらしくなってきます。

そうそう、
今、直面していることに集中することこそ、
よく生きるということだと確信して!


d0218056_06583614.jpg
 
コラージュ457 「僧侶ゴージャス」

今日は学校の授業があって、そこに私がいますが、
ギャラリーにもうひとりの私がいます。笑・てれ


d0218056_06585209.jpg
コラージュ458 「Walk on」

d0218056_06590589.jpg
コラージュ「あなたたちの想像」





すてきな土曜日を、お過ごし下さい。


by hamaremix | 2018-10-06 07:16 | アート | Comments(0)
彼女が卒業するその日、
普段は私たちとは別次元で存在して姿が見えないフェニックスが
その姿を現した。

フェニックスは
彼女を祝福するかのように温かい光を発して
飛来しました。
神々しく。

間違いなくその日は特別の日であったのです。


これは

来週から始まる「鹿児島にまつわる作品展」に出品する絵画の
私のコメントです。

何のことかと思われるかもしれませんが、
会場(ギャラリー菊)で
絵をご覧になれば、このコメントの意味が分ってもらえると思います。

作品タイトルは「祝われる日」からまたもや変更で、
やっと腑に落ちるタイトルが浮かびました。

「フェニックス」です。

また、鳳凰(火の鳥/フェニックス)描いてるの・
い、うむ、どうかな〜〜、


絵は会場で是非見て下さいね。




今回のキャプションは
今日から始まった大阪芸術大学附属大阪美術専門学校の
絵画展のフォーマットを使いました。笑

同じ週になったのでね。


ビセン絵画展も、是非来てくださいね。
誰でも見に来れますから、、、、



d0218056_21005331.png



by hamaremix | 2018-09-28 21:02 | アート | Comments(0)
今回の個展に向けて書いたコメントがあります。
今、ギャラリー白の空間に置いてありますが、
目にされることなく帰られる方多くもあったので、
改めてここに記しておきますね。

d0218056_2028286.jpg




●私が絵画で目指しているもの
 現在の私の絵画は2011年の東北の大地震をへて大きく変化しました。
 私は被災者ではありませんが、あの地震、原発事故によって日本の空気が一変したのと、
 日本人の気持ちが大きく変わったことを感じました。
 私にとっては、「絵という表現はどうあるべきか」を問い直す大きなきっかけとなりました。
 そして、あの地震以降、私は絵画で人に「希望」を起こさせるようなものを描こうと決心しました。
 そのためには自分自身の大きな感動を見る人に伝える内容の吟味と、サイズ的にかなりの大きさが必要で 
 あると感じるようになりました。
 なのでテーマの設定で熟考し、120号以上の大作を作り続けることとなりました。
 また、見る人に「大きな感動」を呼び起こすような絵を描きたいと切に思っていますので、絵の内容と構 
 図などに今までにないような斬新さが出るように工夫しています。
 斬新さということでは、大げさな言い方ですが、最新の映画や日本のアニメなど高度に発達した映像技術 
 の画像に見慣れた私たちの現代の視覚にさえも、新鮮な感覚をもたらすものを描きたいと思っています。



●今回の個展の出品作品について
 DMの作品は、「家族の肖像」というタイトルです。
 若いお母さんとその子供の、二人っきりの家族です。背景となっている街並みは、阪神間の丘陵にある街 
 並みのいくつかを組み合わせて描いたものです。
 この家族は、私の家族ではありません。私は美術系専門学校の講師として働いており、生徒や周りの人々 
 の話から人間関係や家庭の貧困について直接耳にする機会があります。
 日々、明るい話題もありますが、私は人々が持つ心の影、一人で抱えているより仕方のない悩み、
 社会の中で置き去りにされた部分に光りをあて、応援する気持ちで制作をしています。
 現在、シングルマザーの総数は増加傾向にあると聞いています。その中で、貧困に苦しむ家族も少なくな 
 いということも、ニュースや新聞、人の話を聞くことで知りました。
 この作品が見る人の心に勇気と共感を生むことができればと願いつつ、描きあげました。
 

d0218056_2029568.jpg


 今回、もう一つ、1970年の大阪万国博覧会の作品を描いています。
 「EXPO`70/Remix」という作品です。私が、中学生の頃、すっかり夢中になってしまい十回ほど行きました。 
 その当時、幼い私にとって、万博は未来都市が出現したように感じたものです。
 「未来への期待と希望」を表現した建築群と日本史上最大のお祭りであった大阪万博の盛り上がりを、
 現代を生きる若者にもぜひとも伝えたいと思いました。もちろん、私たち、万博を通過した世代には、
 ふたたびあの当時の活力を思い出すものになるのではという期待もこめています。
 「人類の進歩と調和」とテーマされ、人々の賑わいと科学の進歩への期待、
 その跡地の万博公園が今や「太陽の塔」のみになってしまいました。
 つまり、「人類の進歩」を唄った万博で最後に残ったのは、芸術作品であった。
 このことが、わたしにとってとても重要な意味をもち、絵画という媒体を通じて、社会に訴えかけること 
 の芸術的な意義を感じています。





 ●私が考える美術家の仕事 
 私は、作家という仕事を選択し、社会の一員として絵を描き続けています。
 私の描く作品が、世の中の動静の中で、人々が良い方向に向かうことを願いながら一枚一枚、描きあげ
 ました。一人でも多くの人に見ていただければと思っています。






さ〜て、個展もあと2日となりました。
皆様のお越しをお待ちしています。


明日は11時から画廊におります。
by hamaremix | 2016-11-17 20:39 | アート | Comments(0)
d0218056_21354038.jpg


今月7月31日のことです。

大阪のギャラリーが集まって、展覧会やイベントを企画している「ギャラリズム」

その「ギャラリズム」主催のアーティスト・トークがあります。

場所は谷町六丁目の楓ギャラリー。

(とっても趣のある、素敵なギャラリーです。)

そこで喋らせて頂くのは、私です。

詳細は以下のとおりです。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

gallerism関連イベント 
「ランチetトーク アーティストトーク / 浜本隆司」

美味しいランチをいただきながら、画家であり作曲もしている浜本隆司さんを囲んで、
楽しい時間を過ごしませんか?

 日 時:7月31日(水) 12時から14時
 場 所:楓ギャラリー
 ゲスト:浜本隆司
 会 費:1000円(サラダ・パン・コーヒー付)
 定 員:20名(要予約・定員になり次第締め切ります。)           
 お申し込み、お問い合わせ:楓ギャラリーまで
 (TEL/FAX:06-6761-0388/E-Mail:kaede-g@mua.biglobe.ne.jp)

皆様お誘い合わせの上、お気軽にご参加下さい。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


というランチをしながらのトークショウ。

こうゆうのは初めてです。



ランチをしながらということが、最大の趣向で、
明るく、楽しい時間が、皆様と持てたらいいなぁと考えています。


わたしの絵について、そして音楽について

おいしいランチでとともに

五感で楽しめることを考えたいです。


すでに10人位の方の申し込みがあるそうです。


誰でもが参加して頂けるイベントです。


皆様ぜひ、一緒にお食事いたしましょう。

by hamaremix | 2013-07-09 21:39 | アート | Comments(6)
d0218056_9532121.jpg


尼崎の寺町に居ました「フェニックス」!!
甘露寺

古い寺町のたたずまいのなかで、一羽、東の空に向かって黄金に輝いています。


私は、毎日この寺町を歩いて個展会場の
尼信会館に行くのですが、
お寺の伽藍、龍置物や絵、豪華なつくりの屋根、そして
このフェニックスなどを見ているうちに、

「私はここの寺町によばれたんではないか?」

という気持ちにだんだんとなってきています。


なので、最近は
毎朝、ひとつづつのお寺をお参りして
「今回は私をお呼び頂き、本当にありがとうございました。」
と挨拶をしてまわっています。笑


法華宗の大本山の「本興寺」
曹洞宗の禅寺「全昌寺」
秀吉ゆかりの「廣徳寺」
そして浄土宗の「甘露寺」

と、ただいま宗派に関係なく、4寺に挨拶回りしてきました。
by hamaremix | 2013-02-25 10:07 | ライフ | Comments(0)
2007年「不確かな旅の記憶」
これがこのシリーズの完成形になったと思います。
d0218056_22221792.jpg




古着屋で買ったセーターの柄と、自身の旅の記憶を重ねた自画像的作品。
画面下の風景は能登半島にひとり旅に車で出かけた時の記憶が基づいてます。
丁度50歳を前にして描いてましたが、
「これから自分の人生はどうなるのか?」とか
「自分の絵はどのようなものになっていくのか?」といった
読めない自身の未来への不安を感じながら
真ん中の遠くへ伸びる路を描いていました。



この時期か買い替えたiMacについてた
Garage Bandというソフトを使って作曲を始めました。

独学で何とかやれるようになって、
世の中にこんな楽しいことがあるのか?
という感じで、のめり込みましたよ。

で、慣れてきた頃に
自分の絵画を音楽にしたらどんな感じになるか、と
この「不確かな旅の記憶」のイメージで曲を作りました。

それが自分でも気に入ったので、
CDにしてまとめました。



d0218056_2224643.jpg


それがこのファーストCD
2曲をパッケージにして500円でリリースしました。



山内くんとかとバンドを始めたのもこの頃だったかなぁ?
Mirage Heightsという名のバンド。
光太郎が東京に行ったり、金ちゃんが沖縄に帰ったりして、
解散してしまいましたが、
楽しかったよなぁ〜〜〜。
密かにCD2枚作ったんですよ。

また、やりたいな。

ヴォーカルとドラム、出来る人、一緒にやらないですか?


by hamaremix | 2013-02-09 22:32 | アート | Comments(4)
こんばんは。
ずっと告知できてなかったのですが、
来週の一週間、大阪の老松町にあるギャラリー菊のグループ展に参加しています。

作品は150号の大作です。笑

何度かこのブログに書きましたが、
音楽をテーマにした絵画を完成させました。

またまた、今までにない感じのイメージで制作したので、
展示するまで、この絵画がどうなんだろうか?と
不安のまま、今日に至ったのですが、
展示してみて、ねらっていた印象の絵にはなったと思えたので、
安心しているところです。


絵は楽団(バンド)の野外ライブの絵です。


分かる人には分かる、引用を画面にちりばめています。

例えばギターを弾く人はジョン・レノンの
スタイルだったり、
マイルス・デイビスのポーズでトランペットを吹く人がいたり、などなどです。

お時間がありましたら、是非是非、
お越し下さいませ。
d0218056_20333962.jpg





『ドビッシー生誕を祝して』展
6/25〜6/30
12:00〜18:30

ギャラリー菊
大阪市北区西天満4−9−2
西天満ビル1F
06-6314-0909

出品作家
田嶋香里、浜本隆司、いかわあつき、そらのあお、古川千明、藤井哲子

6月25日(月曜日)
午後6時からオープニングパーティー催されます。


どなた様でもお気軽に、お越し下さいませ。
by hamaremix | 2012-06-23 20:36 | アート | Comments(1)
桜花の季節となりました。
おはようございます。

月曜日、新年度が始まりました!!
みなさん、ニャーオ~っと 頑張りましょう!!

d0218056_9431776.jpg

コラージュ8


私の今年度の作品発表の予定が、大分と決まってきました。

あの大きな会場でと言ってた、個展の選考も正式に決まり
(よかったぁ)
先週、その展覧会スケジュールの打ち合わせに尼崎に行ってきました。


会場は阪神尼崎駅の南側の寺町にある
尼崎信用金庫のもつ『尼信会館』です。とても綺麗で大きい会場です。
来年の2〜3月の約1ヶ月の展示のお話を頂きました。

大きい作品で埋める計画なのですが、、
一年で150号、今から3〜4枚描けるでしょうか。
会場は大きく2部屋に分かれているので、
1部屋はその新作、1部屋はここ数年の代表作を並べるイメージが既にできています。

あと、そこに音楽などをどう絡めるか、
じっくり考えていきます。


巨大絵画展の1stステージも7月にギャラリー白で行います。
メンバーも私の人選で決まりました。
結構大変な企画なのですが、声をかけた人はみんな
是非やりたいですと、快諾してくれたのが嬉しかったです。
(おひとりだけ、残念ながらスケジュールが合わず、今回は参加してもらえませんでしたが、
2nd以降にまた参加してもらいたいですね。)

メンバーが決まって今日の夜、
その運営の会議を予定しています。


同じ7月には
尼崎市の新しいというか、
初めての現代アート企画『尼崎・アート・フェスティバル AAF』への
出品と少しその運営に関わることになると思います。


その少し前に6月後半にはギャラリー菊の
「ドビッシー生誕を祝して」展に参加します。
この展覧会はもちろんドッビッシーの音楽をテーマにしているので
音楽にまつわる絵を描いて出品するつもりです。
頭にあるイメージはまだ10〜20パーセントなんですが、
どんな絵ができるか、描く前からわくわくしてるんです。
マチスのダンスみたいに、
軽やかに音楽の「歓喜」を表現したいなぁと考えてます。


去年招待して頂いた
茨木市現代美術展2012への出品も考えてます。
これは6月頭です。


今のところ全て、6〜7月に集中しているので、
これからが勝負!といったところですね。


音楽関係の方でも動きがあります。
新しい私の音楽集『マクマーム』がカバーデザインもまとまり
今月中に発表できそうです。
どこかで発表パーティーとかできないなぁ。と漠然と考えています。

そうそう
版画家の坪山由起さん、
彼女は以前「白虎社」のダンサーだったらしいのですが、
久々に踊りで自分を表現したくなったらしく、
今度フランスでの作品発表の時に
オープニング・イベントとして新作のダンスを披露されるということです。

しかも私の曲で踊ってくれるとか、、、
(嬉しいですね、こういうコラボ)

既にもう私の曲の中から4曲、選んでますと連絡がありました。


かなり以前から、わたしは坪山さんの版画が大好きだったのですが、
これまでは、全く面識がありませんでした。

しかし去年、偶然が重なり、知り合うことができ、
早速、こんな展開になりました。

曲の繋がりに、新しく音を作ったり、
少々ReMixをする予定です。
by hamaremix | 2012-04-02 09:49 | アート | Comments(6)