人気ブログランキング |
ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

<   2019年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

春になり、花や木の成長が半端ないって、、、、
感じです。

いつも気になっている街路樹のケヤキ
ついこの間まで、枝だけの冬仕様だったのに、
いつの間にか、若葉がおおい茂っていました。凄い。

アトリエの前庭の植物たちもいつの間にか花を咲かせています。

d0218056_21445068.jpg
「さて、この花はなんでしょう。」

「知らん。」

「なるほど〜よくご存知で、」

「 いや〜、知らん。」

そうですね「シランの花でした。」




そしてうちの庭のプリンセスがこちら、

d0218056_21503303.jpg


ハナミズキです。



さぁ〜、スペシャル・ウルトラ・GWです。

たのしみませうね。










by hamaremix | 2019-04-27 21:54 | ライフ | Comments(0)
こんばんは。
先日の私の制作に集中できなかった事件、、
あれは結局、疲れがたまっていたようです。
今日はとっても集中して制作できましたから。
ほ〜、の一安心。
まぁ、でもそれも気の弛みですね、、、、いかんです。




さて、フライデーは音楽の深い森の日、

私が中学時代に深夜放送ラジオから洋楽を知り、ロックにハマり、
初めて好きになったバンドは
クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングでした。

4人のメンバーの誰もがいい曲を書き、歌が上手く、ルックス的にも魅力的
そんなバンドは他にありませんでした、、、
それ以降もないのでは、、

当時
バッファロー・スプリングフィールド、バーズ、ホリーズ
という有名バンドの中心メンバーだった4人が
組んだクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング
スーパー・グループと呼ばれました。


ほんとうに好きでしたね。
当時はニールヤングが一番好きでかなり影響を受けました。
彼の曲「孤独の旅路」をストーリー漫画にしたくらいです。

そのニールも最近はロック界の大御所となりましたね〜〜〜。


当時、カッコ良かったです。



その彼の曲「オンリー・ラブ」
クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの絶頂期の1970年のライブから
黒い髪のリード・ボーカルがニールです。


音楽の深い森 394
Crosby Stills Nash & Young 「Only Love Can Break Your Heart」



by hamaremix | 2019-04-26 23:09 | 音楽 | Comments(0)
d0218056_22020465.jpg
Pinterest Hamaremix より

低気圧のせいか?
気温のせいか?
2食続いてカップ麺を喰ったせいか?
それとも、単に精神がたるんでいたからか?


今日、制作でなぜか全然気持ちが集中できませんでした。
何時間も、、、


いろいろ考えましたが、
ちょっとして制作の倦怠期なのかもしれない、、、

3ヶ月づっと続けてきて、
絵の内容に倦怠してきた、、、

確かにちと、疲れてもいます。


最後の追い上げなのに、、、、、


少し封印しておく、ということが必要なのかも、、、、




明日、また制作に向かった時の気持ちで考えようと思う。。。。







by hamaremix | 2019-04-24 22:10 | ライフ | Comments(0)
d0218056_20592159.jpg
コラージュ504 「学祭」

制作中の絵、タイトルは「ストゥーパ(卒塔婆)」にしようと考えていましたが、
ちょっと面白味にかけるので「さよならストゥーパ」とか、さらに
「さよなら太子」とか
どうだろうかといろいろ頭のなかに出てきます。
「令和交響詩」なんってね。

制作の方はかなり詰まってきました。
完成に近づいてきたという意味で。。。


さぁ、目標の平成に描き終えることができるか、、、、



d0218056_21081055.jpg
コラージュ505 「縁」

次の作品の構想はほぼできています。
頭の中で。笑

まだスケッチもしてないけれど、
面白い構図になれば、また新しい展開ができそうです。

仏教をテーマにしたものではありません。
子供を描くつもりです。
子供って小学生低学年くらいの男の子と女の子です。
ニュアンスとしては、今の時代の子供たちの存在感&空気感が
表現できたらなと思ってます。


5月に入ったら始めます!!!


d0218056_21160738.jpg
コラージュ506 「側」

d0218056_21180240.jpg
コラージュ507 「だったら好きな方にいけばいい」

ものを選択するとき
たとえばそれが、私服や身につけるものであれば、
好きなものを選びますが、
仕事着ともなると、その職場によって相応しいかということが一番の条件になりますよね。

食べ物を選び場合、断然好きなものでしか選びません。

でも、
いろいろな選択肢がある場合
私たちは大概、どちらが「得か」で選びますよね。

金額ならはっきりどっちが「得か」ってすぐわかりますが、
目に見えないものであれば、
たとえばパーティのお誘いとか、、
気の知れた仲間とする場合は文句なしに行きますが、
仕事関係や、縁の遠い関係性でのお誘いの場合
やっぱり、「行って得か」なんて考えてしまいますよね。

また、人に頼まれことをいわれた場合も
ちょっと考えますよね、
それやって「損か得か」ってね。

以前、そうゆう選択の仕方は良くないと聞かされたことがあります。
功利的に考えると、
本当にいいことやいい出会いのきっかけを無くすことになる、、、
という意味でですね、、、

そうそう、得のなさそうに思える場で、
ひょっとしたら、長く付き合える友人に出会える
ことだってあるかもしれないので、、、




そうそう、功利的な考えというのは、あまりいき過ぎてはいけないのです。







by hamaremix | 2019-04-23 21:32 | ライフ | Comments(0)
d0218056_20164626.jpg
Pinterest Hamaremix 「面白画像」より



今日、学校に行く時に偶然にも遊楽さんと出会った。

派手なシャツの女性がいるなぁ〜って眼が惹き付けられた次の瞬間、
お顔を見ると、あら〜〜、「遊楽さんじゃん」

お〜〜、、
以前と全然変わらず元気そうじゃん。
(けどちょっと、痩せた?)
安心しました。


会えるものなんですね〜〜。


お互い、ジャンルは違えど闘うもの同士、
ほんと身体を大事にして、頑張ばろう




















by hamaremix | 2019-04-22 20:41 | ライフ | Comments(0)
野外スケッチの日。
雨で延期になり快晴になった今日に行ってきました。

場所は大阪府交野市の私市(きさいち)にあります
大阪市立大学理学部附属「植物園」です。

私市は京阪沿線枚方で乗り換え、交野線終点駅になります。

植物園は基本大学の研究施設なんですが、
一般公開されて地域では、有名な憩いの植物園なのです。


以前行った時に4月中頃だったのですが、しだれ桜が見事に咲く誇っていて、
あれをぜひ皆さんにスケッチしてもらいたいと思い予定しました。

しかし、先週雨で延期になり、
さすがに21日の今日には桜は見れないだろうなぁ〜と
諦めムードで現地にむかいました。


ですが、ですが、
今年の春先の冷気のお陰か、まだ、八重桜など幾つかの種が
見事に咲いていたのでした。

d0218056_19301918.jpg
植物園入り口付近

この画像では分りにくいのですが、
原っぱにタンポポが一面見事に咲いていました。


d0218056_19314738.jpg
モモのような色の八重桜!!

d0218056_19323071.jpg
八重桜は花が丸まって見えるので、
ボリューム感がたっぷりありますね。





スケッチの合間に珍しいみどり色の桜を見つけました。

緑色の花って、自然界のタブーなのでは?????

d0218056_19433408.jpg
ほら、緑色の花(サクラ)

ですが、
しっかり解説があり
水上勉の小説「桜守」にも出てくる、このみどり色の桜の花は
「新錦」という種のですが、
この植物園に植えられて、全国的にも滅多にない種だそうです。





大阪市立大学理学部附属植物園は
ハイキング気分になれる、超自然派の植物園です。

今日行ったので4回目でしたが、まだまだ園をまわりきれていないので、
また近々来ようと思って帰ってきました。










by hamaremix | 2019-04-21 19:48 | 日本の美 | Comments(0)
今朝、馬鹿な夢を見ました。

作品の搬入にギャラリーに車で向かうのですが、
ギャラリーに着いてから、作品を乗せて来るのを忘れていたという夢です。
忘れてきた言い訳をどうしようかあせって悩んでいたところで目が覚めました。
ほんと馬鹿です。でも、やりそうです。笑

でも、私、
結構、今年の発表にプレッシャーを感じているのかもしれませんね、はは。


最近、よく夢を見ますが、
なんか、うまくいかない夢が多いなぁ、、、
学校で授業をやってるけど、生徒がまったく言うことをきかない的なのが
昔っから多いです。
トラウマですかね。
あるいは新学期の不安からくるのかも、、、




制作では、ちょっとリラックスすることも必要です。
私はすごく気持ちが詰まりますから、、、


ということで、


自分用
ハマVOW 18
( 遊び心編 )

d0218056_21091624.jpg
はは、、全くつみのない笑みが生まれます。


d0218056_21103242.jpg
いや〜、よくやりました。

うん?生のリンゴだよね。
そうでなくて作り物でもこのアイデアは大したもの。


d0218056_21120047.jpg
アメリカ人ってこうゆうの好きだよね。
体全体に脂肪をまとってる人多いし、、、
身近なんだろね、


d0218056_21134218.jpg
これもなかなかの造形。
発想はできても、作るまではいかない、、

それをつくるのがアーティストと呼ばれる人です。



これ、何にも役立たないけれど、
一瞬、脳がさえるって効果はあるかもしれません。




最後はこれ、、


よくぞつくりました!!
d0218056_21155595.jpg
フォルクスワーゲンです。





これはすばらしいし面白すぎ〜〜〜。







ではでは、、、おやすみなさ〜〜いです。



by hamaremix | 2019-04-19 21:21 | ハマVOW | Comments(2)
今、制作中の「ストゥーパ」
なんとか頑張って「平成中に仕上げたい」という目標ができてきました。

今月中に仕上げられそうなメドができてきたのもありますが、
7月までに、もう一点描きたいからです。

この「ストゥーパ」もはや私の意図を離れて
暴れているんですが、
もう、カオスです。

そこは今回抑制せずに、カオスのまま提示でできればいいいと考えをかえて
制作しています。


制作の半ばにベートーベンの「運命」ショックがあり
制作する気持ちを後押ししてもらいました。

そして最近はビートルズの「グッドナイト」を聴きたくなり
その曲のためにアマゾンでビートルズの「ホワイトアルバム」を購入しました。

この曲、今描いてる私の絵とリンクするんです。(私のなかでは)

この曲はジョンが自身の息子ジュリアンのために描いた子守唄
のような曲ですが、
リンゴに唄わすことを前提に描いていたそうで、
リンゴの優しい声がまさにピッタリの曲です。

それにしてもジョン・レノンは本当に優しい男、男親だったと
しみじみ思う曲です。


あ、最近見たティモシー・シャラメの出演してる映画「ビューティフル・ボーイ」も
ジョンの子供(たぶんヨーコとの子供ショーン)に向けて書いた曲でした。



映像が壮大ですが、なぜか無理がありません。


それはこの世に「グッドナイト」と究極のお別れを言ってるイメージをさせる
アレンジになっているからです。


ではでは、おやすみなさい、みなさん。


音楽の深い森 393
ビートルズ 「Goodnight」



by hamaremix | 2019-04-18 20:11 | 音楽 | Comments(0)
紙幣のデザインが変わるということで、
新1万、新五千、新千 円紙幣の
モデルが公開されましたね。

ショックだったのは、誰一人よく知らない人物だったこことです、、、

一万円の渋沢〜さんは、何とか名前に聞き覚えがあるぐらいで、
じつに情けない一般常識でした。

でも、なんか知らないということは
人物が小ぶりな気がして、
やや、寂しい気持ちにもなりました。


私がものごころついた頃の1万円札の
聖徳太子が大きなインパクトのあるイメージだったので、
以降の人物が、小さく見えていました、
諭吉はまぁ良かったんですが、、、


このニュースの後
気になっていたのが、日本紙幣で最初に肖像に使われたのはだれ??

という疑問でした。

調べてみるとすぐわかりました。

こちらの女性

d0218056_20520297.jpg
え?
外人?


いえいえ、神功(じんぐう)皇后でした。

外人に見えるのはこの絵を制作したのが

エドアルド・キヨッソーネというイタリア人技師だったこらです。


どうしても白人体型と顔になるんですね。



この壹円札は1881年に発行された紙幣(1円券以上)です。



さて神功(じんぐう)皇后ですが、

住吉大社に祀られています。

『日本書紀』の中で非常に大きな武勲を立てたことを記されている女性で、

朝鮮出兵で知られていますね。



今は偽装のレベルも高まってきているので、
絵では駄目だそうで、
肖像写真を元にして画像を作らないと
偽装されてしまうのだとか。


そうなると、幕末後の人物に限られてきますね。


日本の技術なら昔の肖像画でも、工夫すればなんとかできそうなものですが、

一万円 信長
五千円 家康
 千円 秀吉

とかあれば楽しいのに。




by hamaremix | 2019-04-17 21:05 | ライフ | Comments(0)
クロード・モネ作
ルーアン・ノートルダム大聖堂/1892
d0218056_19293516.jpg
 〈 絵カレンダー40 〉



ルーアン・ノートルダム大聖堂/1893

d0218056_19314739.jpg
〈 絵カレンダー41 〉


今日のパリからのニュース、ビックリしました。

、あんなに燃えるなんて何が燃えてる?
え、石の建築なのに、、って思いました。
でも、屋根は木材をふんだんに使った屋根裏だったんですね、、、、


モネ、約120年前に見た聖堂、
私が30年前に見た聖堂、
そしてみなさんが見た聖堂、、、
いつの時代でも
今と変わらない姿だったでしょうに、、

中には彫刻、絵画の宝ものがいっぱいあっただろうに、
石の彫刻は大丈夫だろうけど、
絵画はどうなったんでしょうね。


ニュースを見ていて
すぐに法隆寺金堂の火災で焼けた、壁画のことを思いだしました、
無惨に焼けこげた壁画、
ノートルダムのはフレスコ画だったんでしょうか?
それともキャンバスに油絵だったのでしょうかね、

いや、救出されたのかも、、


それに、またまた、阿蘇山の噴火のニュース、、

去年から「災」がほんと目立ちます。





私の今描いてる絵、、
このニュースに影響を受けて描いたな〜〜と言われそう、、

皆さん、知ってますよね
私が2月から法隆寺の五重ノ塔を描いていることを、、




私の絵は「私の内的必然性」によって描かれているのです!!!







by hamaremix | 2019-04-16 19:46 | Comments(0)