熱い波/ヒート・ウェイブ

60年代の洋楽はほんと楽しい!
ロックは若い世代が自分達の感性にあった音を形にしようと
ブルースやロックンロール、ソウル、フォーク
などの音楽をどんどん吸収して
とんでもない新しい音楽を生み出していきました。


その創成期は60年代初めでしょう、、

その頃のソウルやリズム&ブルースのポップなヒット曲が
たくさんありますが、
今聴いても、楽しい曲ばかりですよ〜。

いわゆるオールディーズ。

中でもガール・グループのコーラスものは
ガール・ポップなどとも言われてます。


私たちの幼児期だった頃の曲ですね。

音楽の深い森 360
マーサとヴァンデラス 「Heat Wave」

1963年全米第4位になる大ヒット曲。









by hamaremix | 2018-08-31 17:49 | 音楽 | Comments(0)

薄められた仏教

ちょっと長いですが、文章引用です。

文化財が破壊される原因は、自然の摂理としての生成変化だけでなく、
人為的な破壊も大きな要因です。
私たち日本人は、漠然と東南アジア全体は仏教圏だと考えています。
しかし、現状は決してそうではありません。

お隣の韓国は、李氏朝鮮時代に、儒教化政策の元に徹底的な排仏政策を行い、
古い寺院や仏像の大半が破壊されてしまいました。一万個寺あった寺院が、
なんと三十六寺までになってしまったという歴史を持っています。
飛鳥時代に百済や新羅からわが国に伝播したような仏教美術の大半は、
ほぼ全て失われてのが実情です。

そして、わずかに残った寺院のほとんどは、
大都会から山岳地帯へ強制的に移転させられた結果、
現在、韓国の大都市には仏教寺院はほとんどありません。

韓国からやってきた留学生が、奈良やきょうとはもちろん、東京などの
大都市の真ん中にもたくさん仏教寺院があることに驚きます。
そして、
現代の韓国には、儒教とともに、朝鮮戦争やベトナム戦争の影響もあるのでしょうが、
戦後に盛んになったキリスト教が大きな宗教勢力になっています。


中国では、歴代の王朝の四人の皇帝によって仏教排斥の政策が行なわれて、
古い仏教文化財のほとんどが破却されてしまいました。
20世紀になってわずかに残っていた仏教文化財も、
文化大革命の時代に徹底的に壊されてしまいました。
鄧小平以後、
改革開放の時代になって、多くの仏教寺院が観光施設として復興しましが、
日本人が考える伝統仏教とはかけ離れものになっています。


「壊れた仏像の声を聴く」藪内佐斗司


私たち日本人の多くは仏教徒かというと、全然そうではないでしょう、
しかし、ゆるやかな、薄められた仏教徒といえるのではないかと
私は思っています。
また
ゆるやかな神道者でもる。と、

自然を愛する気持ちや、
生きとしいけるもすべてにやどる生命や精霊(神)に対する敬意。
殺生を嫌う考え、
ケガレやみそぎの考え方。

神仏がごちゃまぜになって、、、漠然と共通にモラルがあるように思いますが、
薄められた神仏です。


日本人は無宗教だという人が、とっても多いようですが、
意識ではそうであっても、
無意識では仏教徒であり神道者だと思いますよ〜〜。


そうでなければ、こんなにも
神社仏閣が残っているはずがありません。
今ある神社仏閣はまだまだ、コンビニの数より多いそうですし。




私はそうゆう考えがあるので、
ならばと、割合、積極的に仏教や神道に近づこうとしているのです。



ということで、



今読んでる小説。


d0218056_20320304.jpg


普通に小説です。とっても読みやすい!

理屈臭さがないのが、逆に物足りないくらいの平明さ。



五木寛之氏の小説は20代で読んだ「青春の門」以来かも、、、























by hamaremix | 2018-08-28 20:38 | 神様 | Comments(0)

仏像の新しいイメージ

d0218056_20095001.gif

〈絵カレンダー33〉 酒井駒子


酒井駒子さんの絵、いいです。

こんな風にさらっと描けたらどんなにいいことでしょう、、、


といつも思う。


私の新しい絵の構想は具体化し、

しっかり構図も決めることができました。


下塗りもすみ、

色の塗り重ね段階に入っているんですが、

これが、、、なかなか難航してる、、


今までにないテーマで進めているので、

色の選択がなかなか決まりません。



古典的な洋画風で描いてもいいんですが、

なんとも古めかしいイメージになってしまいそうなので、

止めました。


かといって日本画的に薄くさらりと描くこともできないし、


自分なりの新しい色彩のイメージを作り出さなくてはいけない段階かな。



丁寧に仕上げたいので、

あせらずじっくりやっていきます!



なんのことやら、でしょうね、、





今回は仏像を描いてます。



でも、仏画ではありません。





「仏像を新しいイメージで描く」ことが描き手の「隠れテーマ」です。




by hamaremix | 2018-08-27 20:25 | 日本の美 | Comments(0)

高槻・原

d0218056_22325776.jpg

JR高槻駅からバスで20分。

大阪にも、こんな長閑な田園風景画あります。

高槻の原地区という所です。

画像のように、古い木造のお家が、立ち並んでいます。


また、
この辺りには役小角(えんのおづぬ)が開いたという
神峯山寺(かぶさんじ)本山寺が近くにあり
高槻市内でも心洗われる霊峰の道として
紹介されています。


いい風景が沢山ありましたよ。





今日、猛暑のなか、
傘もささず、タオルもなく、
散策してきました。
(暑かったぁ〜〜〜〜〜)





来月、スケッチに来ますよ〜〜。

by hamaremix | 2018-08-25 22:43 | Comments(0)

うまい親父

昔の古い考えの男が、駆逐されていってる日本の現在です。

特にスポーツ界では、権力を握った男たちの
間違った力の使い方が、ネット経由で明るみにされ、
吊るし上げられるということが続いてますね。

親父狩り!!笑

そう、昔の権力志向の親父くささ、撲滅運動ですかね。


ああいった人が、近くにいるとほんと絶対に嫌だと思うのですが、
構造自体に支えられて、変わっていかないんですよね。


でも、パワハラ意識が広がっていき、
駆逐出来る手段がでてきましたね。



うちの亡くなった親父は
全く偉そうにする態度や言葉ががなかった人なので、
私と弟の子どもたちは父の怖さというものを知らずに育ちました。
(その分、母には相当しめられましたが、、笑)


話が思わぬ方向に行ってます、、


昔の威厳ある親父は平成になってからは、
過去の産物(古くさい)として、
撲滅活動が続いていますが、
昔の男にはいいところも沢山あったのではないかなぁ。


心の安定感、大きな愛、実行力、
肉体的な力、経済力、など
(う〜〜ん陳腐すぎて恥ずかしい表現ですが、)
まぁ、男上位社会の上に支えられてたんでしょうがね、、

昔の男にはしっかり地に着いた安定感があったように思います。


まぁ、私がそのようなこと(男の美学?)に憧れたことはないんですが、
あまりにもふわふわした現在の男たちをみていると、
つい、昔の親父達にも習うべきこともあるやもしれんと
思うこともあります。



長い前置きになりましたが、

昔の親父、といってもアメリカ人なので、
ちょっと違いますが、
アメリカの男たちも昔とはかなり違う印象があります。


安定感が抜群。

フランク・シナトラです。


音楽の深い森 359
フランク・シナトラ 「イパネマの娘」









最近はまっていて、2度目のマイブームがきてます。

4枚組みCDゲット。
1957~60年の八つのアルバムが入ってます。

d0218056_05595041.jpg
唄、、うま〜〜〜い、うますぎ。

















by hamaremix | 2018-08-25 06:01 | 音楽 | Comments(0)

今津の灯台、どうなる?

兵庫県西宮市に昔ながらの灯台があります。

江戸時代かというような風流な造りで郷愁を誘う外観をもってます。

西宮市は六甲の水があって酒造りの街です。
昔は、そのお酒を運んだりする舟(北前船ですか)の目印になっていたのが今津の灯台です。


でもさすがに21世紀の現在においては、
周りの風景が遠慮なく大きな水門があったり、すさんだ都市の海岸部を造っていて、
灯台の存在も何だかなぁーというところがありました。

d0218056_19133889.jpg

先週、新しく埋め立てが行なわれると知って、少し気になって行ってみたのですが、

案の定、エライことになってました。


灯台ないがしろです。

d0218056_19155357.jpg

まぁ、古いモニュメント生かして、現在で身動きとれないのも問題ですが、

せっかくの歴史的灯台、
もう少し配慮してもいいんじゃないか!!

って思いました。

絵本「ちいさなお家」状態です。


d0218056_19171966.jpg


でも、こうゆうはの日本では何処でもありますよね。


逆に、美観地区って、綺麗にしている街が時々ありますが、
あれ、
もっともっと増やしていかないとね〜。

普通に住んでる周りが美観地区っていいじゃないですか、

日本中美観地区にしましょう!!!














by hamaremix | 2018-08-23 19:23 | 日本の美 | Comments(4)

夢で逢えた

今日の朝、4時から4時10分の間に
夢をみました。

私は、めったに夢見ません。
(現実で夢見てるので、、、ウソ)

しかも亡くなった人の夢もほぼみません、、、が、
1度、亡き父の夢を見たときは、静かに興奮しました。

夢ですが、本当にあったような感慨が残ったのですから、、



残念ながら、母の夢はまだみてません。
母のことは、よく思いだすのですが、、、
夢にはまだ出てくれません、、、



今朝みたのは、
生前とてもお世話になった「ギャラリー白」の鳥山さんでした。

夢のなかで、鳥山さんは私のコラージュをみてくれていて、
それをとても褒めてくれたのでした。
はは、、、

私は夢の中で「何も考えずただ、感覚的にやったものです」と説明したんですが、、

「だからかなぁ〜、いいよ。」
っておっしゃってくれたのでした。

たぶんその夢は1分くらいのものでしょう、、

でも、嬉しくなったわたしは、
一日中、感慨深い気分でいることができました。

新しい制作も順調な滑り出しが出来たし、、

それに、やはり今日はコラージュもやりました。


d0218056_19545308.jpg
コラージュ448 「Non」


d0218056_19553506.jpg
コラージュ449「ビジュアル百態」






もっといっぱい夢みたいです。。

そして、亡くなった人に夢で逢いたいです。










by hamaremix | 2018-08-21 20:02 | ライフ | Comments(0)

神戸限定ワッフル

テトラポットのお菓子。★☆★☆


d0218056_19321223.jpg
はは、ちがうちがう、、、

ワッフルの残骸、、、

でもない!


コロコロ・ワッフルと言います。


立方体の可愛い紙箱に入ってます。

d0218056_19341499.jpg

神戸限定






今日のお菓子365 (222)

神戸限定「コロコロ・ワッフル・キューブ」

株式会社新保哲也アトリエ


d0218056_19305667.jpg

まぁ、まぁまぁです。


by hamaremix | 2018-08-21 19:35 | 今日のお菓子365 | Comments(0)

スウィングル・シンガーズ

1960年代にコーラスで唄われた、

「ダバダー、ダバダバ、ダバ〜、」というやつ、


なんとも言えない、退廃的な雰囲気を感じていたものですが、

60年代にロックガ台頭してきた激しい時代に

よくぞこの美が生まれたものです。


という想いがあります。


で、先週、

いろいろ音楽を聴いている内に、

たどり着きました!!!



その、ダバダ〜・コーラスの創始者たちを

知るに至りました。


現在感動中!



これです、凄いです。

いいです。


みなさん、しっかり最後まで聴いて下さいね。



バッハの曲を声だけで忠実に唄っているそうです。

(アドリブも一切なし)


ソプラのソロの女性は

クリスチャン・ルグランといいますが、

あのミッシェル・ルグランの娘さんだそうです。



音楽の深い森 358

スウィングル・シンガーズ 「バッハ /コンチェルト Fメジャー largo」







CDを一気に3種入手します!!




by hamaremix | 2018-08-20 19:21 | 音楽 | Comments(0)

君の瞳に恋をして

昨日、扇風機をつけっぱなにして

風邪を引きそうになってるhamaremixです。


やだ、こんな時期に風邪等ひくなんて、

なんとしても回避しないと、


と無理せず、栄養に気を使ってます。





音楽も元気になれるように!!!




ということで、、、、




音楽の深い森 357

Boys town gang 「Can't Take My Eyes Off(君の瞳に恋して) 」




この曲、

Boy town gang のヒットでとっても有名になりましたが、

実はオールディーズなのです。


えっ、、



信じられない、、程

エバーグリーンな曲なのです。。。


90年代には椎名林檎もカバーの誘惑に耐えきれず、

やっちゃいましたね〜。



元は彼ら

フランキー・バリと4シーズンズの持ち歌だったのです。



いや〜、アレンジはほぼ完成してますね。






by hamaremix | 2018-08-17 19:40 | Comments(0)