ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

<   2017年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

録音された音楽(LP/CD)を聴く時代はどうなっていくのでしょうね。

CDなど買わなくなってる世代が多くなり、
ミュージシャンはライブ活動にシフトを移しているとか、、


独りで音楽を聴くって
なんだか暗い感じですが、
とっても、精神にはいいように思うのです。

ミュージシャンと独り対峙して聴くって
実はとても豊かなこころの交換があるのですよ。



好きな画家の画集をひとり見るのとほぼ同じ活動だと思います。


シンガー・ソング・ライターのアルバムって独りで写っている
ジャケが当たり前でけど多い。

なんか、その人と対話するみたいでいいよね。



そこで

「ひとり」を感じさせるアルバム・ジャケ編です。


レコードジャケット・フォーレバー 11
ひとり編


vol.76 ジョーン・バエズ 「5」1964

d0218056_22111659.jpg
このアルバムは聴いてはないのですが、

このセンス、好きです。




vol.78 ニール・ヤング 「On The Beach」1974

d0218056_22162732.jpg
ニール・ヤングいのちだった若い頃、
このアルバムが発表されて、このジャケを知った時、
かなり悲しい気持ちになりましたが、

今は、結構このアルバムの音楽は好きで時々聴きますです。

厭世的かなぁ。




vol.79 ヴァン・モリソン 「VEEDON FLEECE」
d0218056_22221773.jpg

当時はまさに孤高のヴォーカリストってイメージが強く、
ロックから逸脱していく音楽もひとり自分の世界を信じて歩む姿が
かっこよかったです。


この犬と芝生と青空のイメージはこころの故郷のように感じます。




vol.80 ホープ・サンドバル&ザ・ウォーム・インヴェンションズ 「Bavarian fruits Bread 」
d0218056_22280956.jpg
今年の私の中のフェイバリット。

この音楽があって、ほんとこころから良かったと思うし、
苦しい時に助けられました。

ホープ・サンドヴァル!





vol.81 パット・メセニー 「What's It All About 」
d0218056_22310351.jpg
パット・メセニーはいつだってひとり旅のこころ

このアルバムは聴いていないのですが、

ビートルズの「アンド・アイ・ラブ・ハー」のみ聴いて、
その素晴らしさに感動しました。

ビートルズのカバーって危険なんですよ。


曲が完璧に出来上がっているので、
どうアレンジしたって、原曲を超えれないんです。


でも、パットの「アンド・アイ・ラブ・ハー」は原曲に忠実なるゆえに
素晴らしいと言えます。

そして原曲とは違う新しいいのちが吹き込まれています。






vol.82 エルトン・ジョン 「GOODBYE YELLOW BRICK ROAD」
d0218056_22371333.jpg
とっても素敵なイラストのアルバム。

2枚組っていわれてLPレコード2枚のアルバムでした。


そのどの曲もすばらしいんです。


「バ・バ・バ・バニ&ジェット♫」





vol.83 シンディー・ローパー 「True Color」
d0218056_22413852.jpg
シンディー・ローパーは

「タイム・アフター・タイム」と「ツゥルー・カラー」だけ好きです。








vol.84 フランソワーズ・アルディ 
d0218056_22445688.jpeg
アルディー、、、






vol.85 グラハム・ナッシュ 「WILD TALES」 
d0218056_22463919.jpg
渋いですね〜グラハム、イングリッシュマン


これでも20代後半だったと思います。


ソロ2作目!






vol.86 ディキシー・ミッドナイト・ランナーズ 
d0218056_22483561.jpg








まさにひとり





































by hamaremix | 2017-11-20 22:51 | レコジャケ・フォーエバー | Comments(0)
三色彩道

d0218056_08202285.jpg
阪急千里線の北千里駅から東へ向かう街路。

すぐにゆるやかな坂道を300メーターほど登ると、
カエデ、トウなどの見事な紅葉の街路樹が道ゆく人たちを包みます。

今が紅葉真っ盛り。

鮮やかな紅葉を見に
カメラをかかえた人、スケッチをする人、
老人ホームからのヘルパ−さんとご老人たち、
カップル、老夫婦など、

さまざまな世代の人たちが訪れています。


d0218056_08283343.jpg

私たちもスケッチに来ました!!


天気予報では、とっても寒くなると言われてましたが、
陽射しが温かく、それほど寒くはなかったので、
スケッチにはいい天候に恵まれました。


紅葉の落ち葉に囲まれてのスケッチ、
ちょっとないですねー。

d0218056_08314229.jpg

感動的な風景がこんな身近なところにあるなんて、

北千里、素敵です。


d0218056_08330078.jpg

d0218056_08331554.jpg


お近くの方は是非、行ってみて下さい。



あっ、観光地でもなんでもないので、

お店などは全くないです。

そこがいいんですよ〜。













by hamaremix | 2017-11-20 08:35 | 日本の美 | Comments(0)
晴れました。

朝の陽射しがとっても嬉しい日曜日。


今日は北千里の紅葉の美しい「三色彩道」へ!

千里ニュータウンの街路樹が
どのような色になっているか、とっても楽しみです。



いってきま〜〜〜す。


d0218056_08482707.jpg
Pinterest Hmaremix 「お気に入り」より

by hamaremix | 2017-11-19 08:53 | ライフ | Comments(0)

d0218056_08274059.jpg
by Pinterest


雨です、関西。



この秋一番の寒さのうえに、雨、、、

傘もって歩くのやですね〜、


う〜〜、テンションが上がらない、、

と、言ってる場合じゃないですね。




明日はスケッチの日。

千里の紅葉を描きに行くんですから!



明日は雨は止むそうでいいんですが、

少しでも気温上げて下さいね

神さま!



by hamaremix | 2017-11-18 08:42 | ライフ | Comments(0)
d0218056_21173792.jpg


最近は、朝、フルーツミックスジュース飲んでいます。

体調が良くなりますよ!



外でも、ちょいと疲れたなと思う時、
梅田辺りで、(阪神周辺にフルーツ・ジュースが飲めるところ)
飲んだりすると、一気に元気になれます。

本当です。



是非ためしてみてください。









by hamaremix | 2017-11-17 21:45 | ライフ | Comments(0)

今はこんな気持ちです。




音楽の深い森 321

Foy Vance feat. Ed Sheeran 「Guiding Light 」













ひとつの仕事を強制終了して、これはこれで、

限界が来て、仕方ないとは思うのですが、

心残りも大きいです。





輝いていたいのち、

そして

もっともっといい関係が気づけた仲間がいたのに。










by hamaremix | 2017-11-17 02:12 | 音楽 | Comments(0)
絶対にCGだと思っていました。

この美しすぎる鳥!

d0218056_20055394.jpg

大野ちゃんがフェニックスの絵を描く資料で
壁に貼っていたもの。

CGでしょって聞くと、

いや、実際にこうゆう鳥がいるんですよ〜〜〜

って教えてくれて、その名も

「ヘビクイワシ」


調べてみたら、確かに蛇を食べたりしてますが、

なんという名でしょうね。



他の画像はさておき、

この画像、本当にいいですね〜〜〜。



一説によると
手塚治虫が描いた「火の鳥」はこのヘビクイワシをモデルにしたとか?



d0218056_20130813.jpg


不思議発見生物です。








by hamaremix | 2017-11-16 20:14 | ライフ | Comments(2)

ポッキー!


d0218056_08092010.jpg


キュンとするハートのプレッツェル♡

いちご果肉


d0218056_08093552.jpg



今日のお菓子365 (174)

キュンとするハートのプリッツエル「Pockyつぶつぶいちご/ハートフル」

江崎グリコ・大阪市

d0218056_08095601.jpg






おとこでもうまいです。




by hamaremix | 2017-11-14 08:11 | 今日のお菓子365 | Comments(0)
今回は私が若い頃、少しずつジャズを聴き始めて
いいなぁ〜、これって感じ
当時本当に良く聴いたアルバムばかりを集めました。

アルバム・デザインはわりと地味なのが多いのですが、

私の中では、も愛聴盤なので、
これはこれで本当に素晴らしいアルバムデザインなのですよ〜。


これからジャズを聴いてみようと思う人におすすめです。



レコード・ジャケット・フォーエバー 10
ジャズ入門編


ロック畑の私が、とっても素直に、カッコいいなぁって思った
ジャズのギタリスト、パット・メセニー

特にこのアルバムは、今聴いてもカッコいいです。
シンセ・ギターの音にやられました。


vol.69 Pat Metheny Group 「OFFRAMP」
d0218056_21595133.jpg



芸大時代にはやったフュ−ジョン
当事はクロスオーバーなどと呼ばれていたジャンル。

ロック寄りのジャズ。

そのスターバンドがウェザー・リポート

「バードランド」は最大のヒット曲ですが、
ベースの天才ジャコ・パストリアスがとにかくかっこ良すぎました。


vol.70 Weather Report 「Heavy Weather」
d0218056_21003125.jpg




そしてとってもとってもクールなアルバム。

このアルバムジャケットのイメージがそのまま音になっているんですよ〜

チック・コリアの作った70年代の夜明けのような音楽。


vol.71 Chic Corea 「Return To Forever

d0218056_21004924.jpg





そしてマイルス。

私が最初に聴いたマイルスは「マン・ウィズ・ザ・ホーン」
ですが、その後のアルバムがこれ。


vol.72 Miles Davis「We Want Miles
d0218056_21003481.jpg

ふむ、80年代ですねぁ〜、このジャケ。






これまではフージョン系の音でしたが、

本当のジャズの、格好良さを知るのはこのアルバムだったように思います。

ありギャラリーでこれがかかっているのを聴いて、
なんちゅうオシャレな、、、、って
思ったヴォーカルと演奏です。

軽くカフェにいる感覚に誘ってくれます。


vol.73 Chet Baker 「Chet Baker Sings

d0218056_21002587.jpg




ジャズ・ピアノはキース・ジャレットのスタンダードが入り口でした。

中でもライブ・アルバムのこれがもっともはまりました。

ピアノ音のリバーブが深い!



vol.74 Keith Jarrett 「standards live

d0218056_21001175.jpg



そしてピアノ・ジャズの極めつけはこれ、

こんな凛々しい音楽は他にはないですね〜〜。


超ロマン派、美し過ぎる甘露なダンディズム




vol.75 Bill Evans 「Waltz for Debby

d0218056_21001964.jpg


ジャケットのイメージもサイコーです!


素敵なジャズ・ピアノをお探しなら、是非これをどうぞ!!

















by hamaremix | 2017-11-12 22:29 | レコジャケ・フォーエバー | Comments(0)
現代日本は「不寛容社会」だという言葉に、
とっても納得。

ほんとそうですよ。

怖いぐらいに不寛容だと思います。

何か気に入らないことが些細なことでも、
匿名で文句、クレーム。
「モンスターペアレンツ」なんて言葉がありましたが、
今は「モンスター・消費者」があちこちにいるんですよね〜。


やだなぁ〜〜、不寛容なんて。




皆さん、、とっても「寛容な大人」になりましょうね!!



この映像、古いところからひっぱってきたんでしょうけど、
とっても現代的。


「なんだろうね、今の社会?」


って思う映像と音楽です。


音楽の深い森 320

Slowdive 「 Blue Skied an' Clear 」






by hamaremix | 2017-11-11 19:29 | 音楽 | Comments(6)