人気ブログランキング |
ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

<   2017年 01月 ( 38 )   > この月の画像一覧

d0218056_10242435.png

「二人の兄弟」パブロ・ピカソ / 1906年 〈 絵カレンダー1〉

日々の生活のなかで絵画を見る楽しみをふやしましょう!

という主旨で〈 絵カレンダー 〉というコーナーを新たに作りました。


ゆる〜く絵をみていただければいいと思います。
私はその絵について何か触れてみたり、触れかなったりすると思いますが、
選んだ絵は基本的に私の趣味や好みに合ったものなで、
「ははん、やはりこんなのが好きなんだな」とか
「こんなんも好きなんだ?」とか思ってもらえればいいし、

「私は私で、この絵はもっとみんなに知ってほしいな」とか
「このブログという部屋の壁にこの絵を架けたい」なんて思って
張るつもりです。






ピカソは幾何形体が変形したようなかたちと原色のビビットな色彩で、
わからん芸術の代表選手のように一般に思われていますが、
20世紀の最高峰の画家に間違いありません。

とにかくスケールの大きな人で、
博愛主義者だったのではないでしょうか。
「人類愛」という言葉がこの人ほど相応しい画家は居ないと思います。


ピカソの具象画です。
スイスのバーゼル市民が街の誇りとする作品です。
1967年に売りに出されることになって、市民が大騒ぎ、
資金の調達、住民投票までして、
市民が流失をふせいだという、素晴らしい逸話がある絵です。







by hamaremix | 2017-01-15 10:49 | 絵カレンダー | Comments(0)
トラフィックのいうバンドは、私の実家(今のアトリエ)の隣の家
大塚犬猫病院の子息で私より2〜3歳上だった、
「お〜つかの兄ちゃん」に教えてもらったバンドです。

中学か高校の頃でした。

その頃の2〜3歳上って意識としては、
私の知らない世界をすごく知ってる先輩という感じですよね。

「お〜つかの兄ちゃん」にはいろんな音楽を教えてもらった。


なかでも、このトラフィックはとても大人なセンスを感じて、
渋いな〜って思ってました。


ミディアム・テンポの曲が多く、私の体内リズムに合ってたんですね。


ジャズっぽいけどロック、フォーック的な要素もいいです。

何よりもスティービー・ウィンウッドのヴォーカルがいいんです。さいこ〜!



音楽の深い森 276
Traffic 「40,000 headmen」


by hamaremix | 2017-01-14 18:27 | ロック・レジェンド | Comments(0)
d0218056_2201162.jpg


う〜〜〜?


d0218056_2203774.jpg



あ〜〜〜〜〜、


これほんとうに美味しいよね。

今日のお菓子365 (126)
銘菓「因幡の白うさぎ」寿製菓株式会社/鳥取県米子市


d0218056_2211760.jpg




まただじゃれなお菓子の名前。

「めんべい」?????


聞いたことありますか?「めんべい」


辛子めんたい風味のせんべいどす。笑


「め」

今日のお菓子365 (127)
辛子めんたい風味「めんべい/プレーン」(株)山口油屋福太郎/福岡市博多


d0218056_2235177.jpg


このみりん味のうす煎餅、、、もう私のマタタビです。


うん〜〜〜い、でした。
by hamaremix | 2017-01-12 22:07 | 今日のお菓子365 | Comments(0)
マイルス・デイビスが1956年に演奏した
「It Never Entered My Mind」
アルバム「Workin’」の冒頭に入ってる曲。

数日前、、、突然、これはいい曲だ!と分かりました。笑



ジャズってこうゆうこと多いです。

何度も何度も聴いていても、その良さがなかなか分らず、
それでも、流して聴いていると、
ある日突然に、その曲の魅力に気がづくってことがあるんです。


しかもこの曲、アン・バートンもやっているではないですか。

こちらも数えきれないほど聴いてましたが、
マイルスがやったのと同じ曲だとは、全く気づきませんでした。WWW


ジャズは本当に奥深いです。




ジャズ・スタンダード 005
ルイス・バン・ダイク・トリオ 「It Never Entered My Mind/1940」


このルイス・バン・ダイク・トリオは、
アン・バートンの2枚の超名盤「BLUE BURTON」「BALLADS&BURTON」のバックを
支えたオランダのトリオです。

老練の技をお楽しみ下さい。


歌詞の内容は「わがままばっかり言ってると後で泣くぞ」。



そのアン・バートンとルイス・バン・ダイクの名演。
音だけですが、、、、素晴らしいですよ。











もう一曲、私が覚醒したマイルスのバージョンです。

ピアノのレッド・ガーランドがイントロ、バッキング、ソロ、
どこをとってもいいですね〜。


by hamaremix | 2017-01-11 22:15 | ジャズ・スタンダード | Comments(0)
でらシャス」?ってどうゆう意味?

「でらシャス・スイーツ」などと使うみたいですが、、、


「でら」は名古屋弁で「で〜〜ら」とか「ど〜ら」とかと同じ、
すっごいの意味です。
昔、ゼミの先輩で、「で〜〜ら、すごいでよ。」などと言ってたのを思いだしますよ。

なので、「でらシャス」はデリシャスにかけた言葉らしく、
これは「と〜〜〜ってもうみゃ〜(うまい)」ということでしょう。

その「でらシャス」なスイーツがこれです。
d0218056_19471920.jpg


う〜〜む、生地はしっかり空気を含んでます。

しかも貝のような形ですよね。抹茶色のベロが見えています。www


今日のお菓子365 (125)
おもちとガトーの、でらシャス・スイーツ
「名古屋フランス/抹茶」名古屋フランス會社

d0218056_19562851.jpg



ふわふわとした外の感触なのが、なかの抹茶部分は、ガトーっぽい固さで、
その2種類の噛みごたえが楽しいお菓子。

噛みごたえが命のこのお菓子、、、

なかなかな感触でした。





「ごちになりもうした。」

by hamaremix | 2017-01-11 20:02 | 今日のお菓子365 | Comments(0)
兵庫県宝塚市

阪急電車が梅田〜宝塚の線路をひいて、宝塚駅周辺そして宝塚歌劇を中心に、
今にいたる賑わいをみせてくる前、

かっての有馬街道、西宮街道、そして京都・伏見街道が交わる所に「小浜」という
宿場町がありました。今もあるんですが、、、、

ここが江戸時代(宝塚のなかで)人の集まる中心の場所だったのです。

それが証拠に江戸時代に建てられた町屋や旅籠、木賃宿、馬借などが並んでおりました。

並んでおりました、というのは
阪神・淡路の震災で、耐えきれずほとんどその文化財のような、
街並は壊されてしまったのでした。

でも、何軒かは地震で半壊になったものの修理して、その姿を残しています。


ということで「小浜宿」とよばれる町に行ってきました。


d0218056_20201476.jpg

こんな道標が立っていました。

小浜宿資料館があって、そこで町の歴史を教えてもらいました。
d0218056_20242281.jpg



小浜地域は、明応年間(15世紀末)に浄土真宗の毫摂寺(ごうしょうじ)が建立され、
その寺内町として発展してきたそうです。

当時浄土真宗のお寺というのは、勢力を持っていて、
ここも毫摂寺を囲うように民家が建ち並び、周りを防御のために、
天然の河を利用して堀を作っていたということでした。

その毫摂寺
d0218056_20294859.jpg


秀吉も有馬へ温泉に行く時にこの毫摂寺に泊まったらしいですよ。


まぁ、宿場町なら、それは、いろんな偉人もこの小浜宿で一泊したことでしょう。


この町で現在最もシンボリックな古いお家は井川さん宅です。

これ
d0218056_20343172.jpg


お〜〜雰囲気ありますね〜。

屋根がすごい!!
d0218056_20363166.jpg



元は「菊仁」という名の酒屋だったそうです。
d0218056_2035298.jpg




堀の様な河の北側にも古〜〜いお家がありました。

「和田家」です。
d0218056_20394658.jpg


和田さん宅も地震で屋根や外壁が無茶苦茶になったそうですが、
梁や柱は全く大丈夫だったそうです。

しかし修理には莫大なお金がかかるということで、
その際、宝塚市に寄贈をされたそうです。
そこで市がこの文化財(宝塚で最も古い民家)を修理し蘇生させました。

で、現在資料館の一部として内部を一般公開していました。





町の南側、西宮に向かう西宮街道の始点あたりに
首地蔵というのがあります。

お地蔵さんの首だけを祀っているのです、、、

しかもこれが大きな首!!!なんです。

d0218056_20504483.jpg


けったいな〜。

左の地蔵産さんはいいお顔ですね。


なんでも、昔、武庫川が氾濫し洪水になった時に、

この首だけが、小浜宿の周辺にたどりついたのを、
地元の人たちが祀ったのが、
今に残っているんです。

これは、大きいし、たしかにゾンザイには扱えません。

でも、身体は何処へ行ったのでしょう?
石なので、消えてなくなるとは思えないのですが。

武庫川の川底か?

いつか見つかるといいですね。







小浜宿には、他にも見るべきところがあるんですが、、、

それはまた今度に紹介しますね。。。


今年の6月にスケッチに来ることにしたので、
また2度は来る予定なんです。

その時にね〜〜〜。


最後は江戸時代の「小浜宿」のジオラマです。

あれ〜、これ、修ちゃんが作った????

d0218056_2058140.jpg










今日はこの辺で、、、


バイ048.gif
by hamaremix | 2017-01-10 21:04 | ライフ | Comments(4)
「あんた泣いてるのね?」
「いや、煙が目にしみたんだ」
という失恋の歌。

「煙が目にしみる」

1933年のミュージカル「ロバータ」の主題曲。

これはやるには大変難易度の高い曲!!


でも、記憶にのこるメロディーがじわっときます。


ジャズ・スタンダード 004
シモーナ・モリナーリ 「 煙が目にしみる / 1933 」




シモーナ・モリナーリはイタリア、ナポリ生まれ、現在活躍中、唄い方もなにも若いっす。








エイミー・ディクソンのサックスものもお聴き下さい。

エイミー・ディクソン「煙が目にしみる 」










泣くなよ〜!
by hamaremix | 2017-01-09 20:29 | ジャズ・スタンダード | Comments(0)
江戸時代、下総国古河藩(現在の茨城県古河氏)に

「雪の殿様」と呼ばれていた藩主がいた。

その名を土井利位(としつら)といいます。


古河藩主でしたが、幕府老中としての務めをし、
藩の政治、幕府政治ともに功績をあげたとして知られています。
そして
好学で多趣味の人物としても有名だったのですが、

なかでも「雪の結晶」を顕微鏡で観察、記録し、
日本で初めての観察図鑑「雪華図説(せっかずせつ)」を著したことで、
それらの雪文様がデザイン化され、雪華文様として江戸の町で
大流行を巻き起こしました。

d0218056_1752333.jpg

d0218056_1762542.jpg

「雪華図説」
d0218056_1754286.gif


この「雪華図説」には観察方法も記されています。

1.雪が降りそうな寒い夜、あらかじめ黒地の布を外にさらして冷却。

2.舞い落ちる雪を、その布で受ける。

3.かたちを崩さぬよう注意して、ピンセットで取り黒い漆器の中に入れる。

4.吐息のかからぬよう「蘭鏡(顕微鏡)」で観察する。

当時の顕微鏡です。
d0218056_17102367.jpg



雪の結晶をこれでみて、その形状の面白さに
感動をしたんだと思います。

雪の結晶、本当に綺麗ですものね。

「なんで、こんなに沢山の種類があるんだぁ〜〜〜?」


観察の結果、この土井利位は183種類の結晶を記録したそうです。


この「雪華図説」の誕生の裏に、もう一人の立役者がいました。

古河藩家老・鷹見泉石(たかみせんせき)です。

鷹見泉石は土井利位藩主の補佐役でした。
オランダ語を学んでいて、蘭学者との交流をとおして
当時鎖国で入手困難だった海外情報や資料を収集していた者で、
蘭鏡(顕微鏡)を土井利位にわたし自然科学へ導き、
「雪華図説」の編纂にも関わったとされています。

あれ、、、

たかみせんせき?
鷹見せんせき?

どこかで聞いた名だなあ〜、と思いきや、、

渡辺華山が描いた国宝の絵、、、、、
あの絵の、、、、この人物ではないですか、、、、

d0218056_17245091.jpg

「鷹見泉石」渡辺華山

面白〜い繋がりです。


さて、この雪の結晶を用いたデザイン!!

土井利位自身も、自身の身の回りのもののデザインに徹底的に取り入れたらしいのです。


印籠
d0218056_17293054.png


着物
d0218056_17294623.jpg


他にも、茶器、香炉、風呂敷、袱紗、鞍、刀装具、襖、
雪華の型のお菓子、手紙の料紙、、、などなど、、


この雪華文様は利位の官名「大炊頭(おおいのかみ)」にちなんで、
「大炊模様」と呼ばれています。


今の古河市の街角にはこの「大炊模様」がいたるところで使われているそうですよ。
d0218056_17373075.jpg


d0218056_17374062.jpg



雪模様はクールですよね!!!




かっちりとした幾何形体の応用なので、
和もののなかでも、欧米っぽさを感じる模様ではないでしょうか。

d0218056_17413791.jpg


d0218056_17414558.jpg













和模様の話でした。040.gif
by hamaremix | 2017-01-09 17:46 | いろとかたち | Comments(0)
RYO YAMAUCHIのカレンダー、今年もいただきました。

d0218056_1928491.png

2017年カレンダーの表紙   絵「たちまち解決」

早速、飾っています。

今年は背景色が黒なので、印象が渋いです。




1月の顔面のど真ん中のニャンコ。いいですね〜、これ、

今までなかった?ような、新鮮なイメージを感じます。

d0218056_19355467.png

絵は「成功の兆し」というタイトルで、今年に期待をもたせてくれます。



12月まで8枚の絵で構成されていますが、

最後の見開きのページには

RYO YAMAUCHIの15点の作品が掲載されています。
これは楽しい!

d0218056_19464057.png




YAMAUCHIくん、ここでなんですが、、

ありがとうございます。ね〜。









072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif
by hamaremix | 2017-01-07 19:51 | アート | Comments(1)
これはちょっと変な曲なんですが、
ベースラインを上手く作っていて、アレンジがかっこいいかも。


そしてあんまりないタイプの曲なのでかなり面白いです。


ナンシー・シナトラはフランク・シナトラの娘なので、
お顔がそっくりなのも面白いですね。



1966年の曲

映像もお金かかってないけれど、楽しくできていて好きです。


音楽の深い森 275
ナンシー・シナトラ 「These Boots Are Made For Walkin'」





ナンシーとお父さんのフランク・シナトラの共演リアル・バージョンがありました。

フランク・シナトラ、かっこいいです。近年そう思うようになってきました。

こんな風にさらりと踊っておどけられるって
憧れます。

まぁ、しかしよく似てらっしゃる。



by hamaremix | 2017-01-06 19:51 | 音楽 | Comments(0)