ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

<   2014年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧

何処の国のオーディションなのかな。

ノルウェーの7才の少女が話題になっているみたい。

Summer time,
What a wonderful world,
などを、信じられない歌唱力で唄っています。


きっと誰かの生まれ変わりに違いないですよ。(メガ点)
ダイアナ・ロス?
フランク・シナトラかも?



音楽の深い森 142
Angelina Jordan フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン


by hamaremix | 2014-09-19 23:36 | 音楽 | Comments(0)
d0218056_22241389.jpg


コムラサキの実
は〜、美しすぎる実の紫色と黄色みの強い葉の緑。
絶妙の配色です。

コムラサキはムラサキシキブとして売られているようですが、
本当はムラサキシキブではないそうです。

コムラサキは絶滅危惧種に指定されているそうですが、
これは失いたくないですねぇ。

池田城跡公園/池田市



d0218056_22274383.jpg


五葉松
遠目でみると、綺麗に刈り込まれて
おとなしい姿の松ですが、
下から見てみると枝の躍動感はエネルギーに満ちあふれていました。

池田城跡公園/池田市

池田城跡公園はとっても管理されて、綺麗な庭の公園でした。
それぞれの樹に名前プレートがあったのが、
植物名のビギナーには木の名前が分かってありがたかったです。



その池田の北部に久安寺という高野山真言宗のお寺があります。
紫陽花と紅葉で有名なのですが、
楼門や様々なお堂、仏塔、そして石仏の巨大涅槃像で、
見るべきところ満載のお寺でした。

関西花の寺12番霊場


そこの蓮の池です。
d0218056_22391015.jpg


枯れ始めていますが、午後の日射しをうけて
葉が輝いていました。



最後は庄内/豊中のとある公園で拾った団栗。

青い団栗。つやつやの張りのある色彩。

思わず接写して撮ってみました。
d0218056_22451785.jpg


d0218056_2245257.jpg



なお団栗は英語ではacorn
nutではありません。






ところで
スコットランドの独立は実を結びませんでしたね。

まま、安定した生活があれば、
人は変革など無理をして望まないのだなぁ〜という結果でしょうね。

by hamaremix | 2014-09-19 22:56 | いろとかたち | Comments(0)
今日は若い20代半ばの女性が
「来年の3月に個展することを決めました。」
という話で、初個展を決めるまでの経緯を教えてくれました。

なんだか嬉しくなって、
私なりのちょっとした初個展の体験談を話したりしてしました。


初個展、本当にういういしいですよ。

思いっきり、今の自分の世界を表現してもらいたいです。



で、私の初個展はというと、1982年にしました。
32年前

大芸大を卒業した3月の、その一ヶ月後の開催でした。
年齢は、、え〜〜3浪したので、、、、

25歳かな。
やや、遅めです。

ですが、大学卒ですぐ個展をしたというのは
それからづっとアーティストを目指してやって行くという
わたしなりの決意表明でもあったと思います。

会場はギャラリー彫刻画夢という心斎橋の中心部に
できた新しい画廊でした。


作品は絵画だったのですが、当時は平面作品と呼んでいるような造形的なものでした。
彫刻はその当時、立体と言ってましたね。



自作のパネル
縦横90cm×90cm 厚みは10cmを
表面の角をノミで削ったシェイプト・キャンバス。

そこに綿布を張り、ブルー1色をフラットに塗り、
表面に円弧の白いラインを数本ひいただけの、
ミニマム(最小限の表現)な画面の平面でした。

平面の純粋絵画空間を目指していたのです。


作品タイトルと個展のタイトルは同じで
「Bridge of the Line」というものでした。



今の私の絵画とは180度違うアプロ−チで作っていましたねぇ。

その時に考えていたことを、ここで熱を持って語ることもできるのですが、
もう、それは殆ど必要ないことのように思えます。

それは、今の時代に対してリアリティがないからです。
古くなったとは思いませんし、
ある種の普遍性は獲得できた作品だとは思っています。



なので、

作品と私の写真だけアップしておきます。

浜本隆司 1st.Exhibition/1982


Back To The Past 12
1982


d0218056_215121.jpg



写真がモノクロームなのはカラーフィルムが無かった時代だからではありません。
わざとモノクロームで撮ってもらったものです。

これ、誰が撮ってくれたのかは、覚えていません。

別にポーズをとったのではなく、
何か説明をしてる瞬間がそうなっただけです。


この個展のあと、
テキスタイル・デザイナーの見習いとして
社会人の第一歩を踏み出すことになりました。



1982年の出来事

五百円硬貨発行
東北・上越新幹線開業(6/23)
「笑っていいとも!」放送開始(~'14)
CDプレーヤー(ソニー)発売
カード式公衆電話(数奇屋橋公園)
テレホンカード登場
ペットボトル清涼飲料水登場
スナック菓子「おっとっと」発売
全国一斉カレー給食開始
ホテルニュージャパン火災惨事
羽田沖で日航機墜落事故
「タモリ倶楽部」放送開始(10月)

流行語

心身症  なぜだ!  逆噴射 
ほとんどビョーキ 積木くずし
芸術は爆発だ!(岡本太郎)
ネクラ 森林浴 ルンルン
プロ野球を10倍楽しく見る方法
ぶりっ子 ひょうきん

カルチャー

「待つわ」
「赤いスイートピー」
「ビギン・ザ・ビギン」
中森明菜デビュー
「少女A」
タッチ(~’87)
エアロビクスダンス
ゲーム&ウォッチ
蒲田行進曲
日焼けサロン
「夢の途中」
ゲートボール人気
「聖母たちのララバイ」
「シルエットロマンス」
「チャコの海岸物語」
ミニがさりげなく復活
「うる星やつら」


by hamaremix | 2014-09-19 02:39 | Back To The Past | Comments(4)
d0218056_20381341.jpg


BISENの総合アート学科・絵画専攻2年生による
「絵画展2014」

学内・展示ギャラリーに於いての作品展が明日から一週間開催されます。

9月19日(金)から9月25日(木)の一週間
JR阪和線・美章園駅から徒歩5分
大阪芸術大学附属/大阪美術専門学校にて


この夏休みに制作された50号の作品と
前期課題「自画像」の100号の作品の
ひとり2点の油絵の展示を行っています。



今日、しっかり搬入を行いました。
d0218056_204365.jpg




午後6時の展示風景
d0218056_20444489.jpg




力作揃いです。

どなたでもご覧になれますよ。


お近くにお越しの際は、是非お立寄り下さいませ。
by hamaremix | 2014-09-18 20:50 | アート | Comments(2)
今宵、すっかり秋めいた空気。

聴きたくなる音楽も自然と変わってきます。

イングランドのSSWのこんな静かな歌声がいいかな。



音楽の深い森 141
Fraser Anderson 「Only A Boy」



by hamaremix | 2014-09-17 22:29 | 音楽 | Comments(0)
d0218056_21591653.jpg

コラージュ52

スコットランドが独立するかもしれない。
というニュースは、最初聞いた時は全くもってビックリしました。

スコットランドの議会で独立派の政党が
過半数を持って以来、独立への準備が進められてきたらしいのですが、
世界情勢に疎い私には衝撃でした。

結果はどうであれ、
イングランドもその投票結果を尊重するという寛容さ。

そのスコットランド住民投票で独立が可能になるなんて、すごいですね。

イギリスはユナイテッド・キングダム(UK)
という正式名で、王国の集まりということを言ってたわけで、
スコットランドという王国の存在をずっと
尊重して名前にも残してきたのですね。


スコットランドにいて、UKに所属しているという感覚はどうゆうものだったのかは
わからないのですが、
独立派というのは、スコットランドの歴史とか民族意識を
とても愛している人達ではないかと推測はできます。

そしてUKでなにか不満なことがあったのでしょうかね?


また、スペインではカタルーニャ地方の人達が
独立を望んでいるとかで、その動向もニュースで知りました。


飛躍しますが、
仲間由紀恵が沖縄独立論者であるとして、
公安からチェックされているなどという怪しいゴシップもあったりします。




21世紀において、
ひとつの国が生まれるとはどうゆうことなのでしょう?


地方分権などという言葉だけで、どうにもならない状況が続いている日本の
どこかの地方からこの先、独立を目指す県や地域が出てこないとも
言い切れないのでは、、



ちょっと眼が離せないニュースです。
by hamaremix | 2014-09-17 22:04 | ライフ | Comments(2)
d0218056_9234469.jpg

コラージュ51

昨日は2年ぶりにHせんせいが学校に復帰される日でした。
朝、職員室を覗いた時には姿がなかったので、
来れなかったのかと、心配したのですが、
1時間目の私の実習の教室にわざわざ挨拶に来てくれました。

2年前に大腸がんが発覚。
急遽入院、そこから闘病生活。
代行で授業も受けもったりしました。
その間、Hせんせいの親しい人から、病気の経過を少しづつだけ
かじり聞いていただけなので、
昨日はどれだけ、心身ともに戻っているのか心配でした。

ですが、笑顔で現れたHせんせい、
どちらともなく手を出して、握手しました。
手から力強い精気が伝わってきました。

「いや〜。全然、元気そう。変わってないね」
「一時は覚悟したけどね〜。一時10キロも体重が落ちたわ。」

そう、なんです、以前会った時と同じ位元気になってカムバックされました。
同じ歳だし、以前はよく一緒に展覧会もした仲間です。

「また、一緒に作品展とかしよう。」
「絵はづっと描いてきたよ。」


他の先生から、まだまだ大変なところはあるみたいだけど、
と聞いてはいましたが、顔の色つやもいいし、
ほっとしました。

生還できて本当によかったです。

とっても嬉しい再会の瞬間でした。


無理しすぎないよう、ぼちぼちやってください。




今日のお菓子365 (47) 
「太陽と風の瀬戸内ラスク/塩バター」母恵夢本舗


d0218056_8473116.jpg


ラスクの黄色とパッケージデザインに使われているスカイブルーの配色は
はやりのようです。
フナッシー系配色と言っておきましょう。

d0218056_8503556.jpg

きらりツブツブ

日頃私が口にすることの多いスナック類と違い、
これはやはり、とっても上品なお味でごじゃりました。

d0218056_8532416.jpg



Kせんせい、ごちそうさまでした。




by hamaremix | 2014-09-17 09:11 | 今日のお菓子365 | Comments(0)
d0218056_5394787.jpg

年寄りになったからって、賢くなるってもんじゃありませんよ。
用心深くなるだけですよ。

ヘミングウェイ

知らず知らずになぁ〜。



今私の一番好きな仕事といえば、夜空を眺めることです。
なぜって、この地上から、また人生から眼をそらすのに、
これほど良い方法があるでしょうか。

トーマス・マン

2次元の世界にどっぷり、音楽聴いたり、本読んだり、
ほとんど眼をそらせてるかもです。汗






d0218056_551518.jpg


仕事が楽しみなら、人生は極楽だ!
仕事が義務なら、人生は地獄だ!

ゴーリキィ

義務でない仕事って、そうあるものではないでしょうが、



幾つかの偉大な思想だけは、本当に自分のものにしておかなければならない。
明るくなるなるなどとは思いも及ばなかった
ところまで、それが光を投げてくれるから。

ジンメル

視野を広く持ちたいものです。
出来れば途方もなく広く。笑






d0218056_661028.jpg


人生というものは、通例、裏切られた希望、挫折させられた目論見、
それと気づいたときにはもう遅すぎる過ち、
の連続にほかならない。

ショーペンハウエル

人生の暗い一面ですね〜。



人生には一度か二度こうゆう窮地がある。
そのときにな、どうするかが、
英雄と凡人とのわかれめだぞ。

斉藤道三/司馬遼太郎

窮地、、すでに何回もありました。
凡人の対処しかできないよ〜。



d0218056_62573.jpg




笑いによる攻撃に立ち向かえるものはなんにもない。
だのに、君たち人間は、いつも笑い以外の武器を持ち出しては、
がやがや戦ってるんだ。

マーク・トウェイン

いつも笑いを上手く使える人はえらいなぁ。



日々の生活こそは凡てのものの中心なのであります。
またそこに文化の根元が潜みます。
人間の真価は暮らしの中に、
最も正直に示されるでありましょう。

柳宗悦

そろそろきちんとしなければ、、、










d0218056_637825.jpg

子どもを不幸にするいちばん確実な方法はなにか、
それをあなたがたは知っているだろうか。
それはいつなんでも手に入れられるようにしてやることだ。

ルソー

貧乏な家に生まれたこどもは幸福になれる?


鮎は瀬につく鳥は木にとまる、
人は情けの下に住む。

山家鳥虫歌

fumu







d0218056_649211.jpg



あ〜、おまえはなにをしに来たのだと・・・・
吹きくる風が私に云う。

中原中也

絵を描きにきました。




議論なんか、いくらしたって物事がはかどるもんじゃありません。
行なうべし、言うべからずですよ。

モリエール

今の過半数による可決方式の議会って、
日本人に向いてないような気がしてきました。


申しておきますが、思索などやるやつは、悪霊に
引きまわされて枯野原のなかを、ぐるぐる空回りしている家畜みたいなもんです、
その外側には立派な緑の牧場があるというのに。

ゲーテ



d0218056_772020.jpg

夕映えが美しいように、老人の場所から見た世界は美しいのです。

伊藤整

わかるなぁ。ww


一度とにかく顔を合わせて、ある程度まで心を触れ合ったどうしが、
いったん別れたが最後、同じこの地球の上に呼吸しながら、
未来永劫またと邂逅(めぐりあ)わない・・・
それはなんという不思議な、さびしい、恐ろしいことだ。

有島武郎

生きているのか、もう死んでいるのかも・・・

by hamaremix | 2014-09-15 07:19 | 哲学 | Comments(0)
出校まえに用事があって、阪急三番街に寄りました。

地下一階に何やら黒山の人集りがありました。

また「妖怪ウォッチ」関係か?などと想ったのですが、

熱気がちょっと違う。

熱い!!

みんな写メを撮ってます。

中には「きゃーきゃー」言う人もいて、、

これは芸能人の降臨か???


近くに行ってみたら、

人の渦の中心に

黄色い大きな頭が、



「リラ・・・」

と見えました。
d0218056_1836597.jpg



移動しても「・ラック・」

としか見えませんでした。

d0218056_18383379.jpg



いや〜〜、すごい人気ですね。
by hamaremix | 2014-09-13 18:39 | いろとかたち | Comments(0)
d0218056_1264436.jpg

杉町淳美さんの陶芸/現代クラフトギャラリー

今日は久しぶりに画廊巡りしました。
西天満の老松筋を東へ行き
難波橋を渡って北浜〜天満橋というルートを巡りました。

秋は知り合いの方の個展など多いので、
画廊へ行く機会が増えますね。
どんどんDMが届いてきます。

ジャンルは違っても、みんなそれぞれの自分とは違う感性でモノを作っているので
それを見るのは刺激になります。
また作家の方との会話も楽しいものです。


d0218056_1301682.jpg

中島麦くんのオープンアトリエの壁(インスタレーション絵画)
/KITAHAMA N BLDG


岡山の画家・甲斐荘正知くんとは久しぶりに会って
話すことが出来ました。コンスタントに関西でも発表していて
頑張っています。
CUBIC GALLERY



d0218056_138614.jpg

難波橋のライオン




難波橋の手前あったお店のディスプレイの商品があまりにも
素敵だったので、中に入ってみると
キャンドル・ショップでした。

d0218056_1433257.jpg

without fire

d0218056_144413.jpg

with fire

ここはまた覗いてみたいショップでしたね。
むちゃ楽しい気持ちになりました。


画廊巡りの副産物。
by hamaremix | 2014-09-13 01:52 | ライフ | Comments(0)