人気ブログランキング |
ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

カテゴリ:音楽( 307 )


二十歳の学生さん曰く、
「 私らの下の世代はみんなキラキラネームですよ〜〜」

なのだそう、、でも彼女らも 「美紅」に「七海」
充分にキラネームですよ。


で、最後に「子」のつく名前を付けてもらった娘は
なんで「子」つけたんよ〜〜〜などと
親に不満を言うとか、、、

変な外人っぽい名前なら全然「子」がついた方がいいと思います、私は。


で、で、
とってもキラキラしたピアノを弾くミュージシャンを発見しました。



過度にキラキラしてます。
でもここまでキラキラ・メルヘンちっくにやっちゃうとこれはこれで
うっとりしたふりもできるというものです


音楽の深い森 400
Emile Pandolfi 「美女と野獣」




by hamaremix | 2019-06-14 19:38 | 音楽 | Comments(0)
「ミュージックマガジン」は昔
「ニューミュージックマガジン」という名でした。

僕が洋楽を聴き始めた1960年後半からこの雑誌には
ミュージシャンの情報やいい音楽のピックアップや
音楽の楽しみをもらってきました。

今はそんなに買いませんが、たまに面白そうな記事のある場合には買っています。

だから50年のお付き合いです。
よくぞ続いてくれています。

今月号を買いました。

d0218056_06460060.jpg
追悼・内田裕也の記事に関心があったわけでなく
「21世紀のシンガーソングライター
アルバム・ベスト100」
に反応しました。

即買いでした。笑

こうゆう情報はいい音楽を見つけるにはとってもありがたいのです。

ここでベスト1に紹介されていたのが
JAMES BLAKE(ジェームス・ブレイク)

彼の存在とアルバムのデザインは知っていましたが聴いたことはありませんでした。
で、アマゾンで早速入手して聴きました。

不思議でした。
いままで聴いたことのない音楽。
まだよく分らないのですが、面白いので聴き込もうと思ってます。


この映像も面白いです。さりげなく新しいことが試されていて
刺激的です。



音楽の深い森 399
ジュームス・ブレイク 「Barerfoot in the park」





by hamaremix | 2019-06-08 07:00 | 音楽 | Comments(0)
新しい絵は珍しく、とても順調に進んでいます。
今日は自分でも納得できるいい感じになってきたと思えて
久しぶりに制作中にいい気分になれました。

一旦描き始めた絵を止めて、新しい絵にして良かったと思えました。


今回の絵は「Kanon」「ストゥーパ」と続く
終末論的交響詩の三部作のなる最後の作品ですが、
動物を描いています!!

いろんな動物が登場します。





そんなことで、、、、

動物つながりのとっても素敵な歌をご紹介しま〜〜〜す。


音楽の深い森 398
カーペンターズ 「動物と子供たちの詩」



by hamaremix | 2019-05-31 20:22 | 音楽 | Comments(0)
summer of space (空間の夏)という名のユニット
打ち込み基本ですが、ダンサブルだけれどクール(ひややか)
静かな曲ではこの地球上のもっとも遠く穏やかな場所へ連れて行ってくれます。
曲作りでKascadeが全面バックアップしてます。


私の今回の作品「ある空想家との語らい」にはこの音楽が似合うと思うので、
 今日はこの曲で、、、、

いよいよ今日搬出、、、

今年の発表の序章が終わります。




音楽の深い森 397
summer of space 「solace」



by hamaremix | 2019-05-25 07:10 | 音楽 | Comments(0)
どうも矢野監督の試合後半の投手器用の失敗が目立ちますなぁ〜。笑

ヤクルトと8回で5対0で、絶対勝ったと思った試合で
ジョンソンを出し渋り、あっという間にひっくり返された試合。
そして今日、先発の西を8回まで投げさせて、
あとのリリーフ陣がめった打ちにあい、大差で敗北。
勝ってたのに〜〜〜。

今日もジョンソン〜ドリスといけば勝っていたのに〜〜〜、、



あ、ドリス。

そうそう、ドリスといえば

あのドリス・デイが亡くなったというニュースを聞いた。

正直、まだ生きていらしたのね、、って思いました。


みなさん、ドリス・デイと言われてもピンと来ない方の方が多いでしょうが、
この曲だけはよく知っていると思いますよ。


 音楽の深い森 396
ドリス・デイ 「ケ・セラ・セラ」




劇中で歌った『ケ・セラ・セラ』が大ヒットし、アカデミー歌曲賞を受賞した


ご冥福をお祈りいたします。

by hamaremix | 2019-05-17 23:23 | 音楽 | Comments(0)
「山羊」という名のバンド
(個人名義かもしれない、、)

全然知らなかったのですが、アップル・ミュージックでお気に入りに。
この曲。


途中のリード・ギターがとってもいいですよ。
懐かしいし、決まってる感じ。




映像は、いとおしくも哀愁たただようシェパードくん。

音楽の深い森 395
The Mountain Goats 「Cadaver Sniffing Dog」



by hamaremix | 2019-05-10 21:10 | 音楽 | Comments(0)
こんばんは。
先日の私の制作に集中できなかった事件、、
あれは結局、疲れがたまっていたようです。
今日はとっても集中して制作できましたから。
ほ〜、の一安心。
まぁ、でもそれも気の弛みですね、、、、いかんです。




さて、フライデーは音楽の深い森の日、

私が中学時代に深夜放送ラジオから洋楽を知り、ロックにハマり、
初めて好きになったバンドは
クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングでした。

4人のメンバーの誰もがいい曲を書き、歌が上手く、ルックス的にも魅力的
そんなバンドは他にありませんでした、、、
それ以降もないのでは、、

当時
バッファロー・スプリングフィールド、バーズ、ホリーズ
という有名バンドの中心メンバーだった4人が
組んだクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング
スーパー・グループと呼ばれました。


ほんとうに好きでしたね。
当時はニールヤングが一番好きでかなり影響を受けました。
彼の曲「孤独の旅路」をストーリー漫画にしたくらいです。

そのニールも最近はロック界の大御所となりましたね〜〜〜。


当時、カッコ良かったです。



その彼の曲「オンリー・ラブ」
クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの絶頂期の1970年のライブから
黒い髪のリード・ボーカルがニールです。


音楽の深い森 394
Crosby Stills Nash & Young 「Only Love Can Break Your Heart」



by hamaremix | 2019-04-26 23:09 | 音楽 | Comments(0)
今、制作中の「ストゥーパ」
なんとか頑張って「平成中に仕上げたい」という目標ができてきました。

今月中に仕上げられそうなメドができてきたのもありますが、
7月までに、もう一点描きたいからです。

この「ストゥーパ」もはや私の意図を離れて
暴れているんですが、
もう、カオスです。

そこは今回抑制せずに、カオスのまま提示でできればいいいと考えをかえて
制作しています。


制作の半ばにベートーベンの「運命」ショックがあり
制作する気持ちを後押ししてもらいました。

そして最近はビートルズの「グッドナイト」を聴きたくなり
その曲のためにアマゾンでビートルズの「ホワイトアルバム」を購入しました。

この曲、今描いてる私の絵とリンクするんです。(私のなかでは)

この曲はジョンが自身の息子ジュリアンのために描いた子守唄
のような曲ですが、
リンゴに唄わすことを前提に描いていたそうで、
リンゴの優しい声がまさにピッタリの曲です。

それにしてもジョン・レノンは本当に優しい男、男親だったと
しみじみ思う曲です。


あ、最近見たティモシー・シャラメの出演してる映画「ビューティフル・ボーイ」も
ジョンの子供(たぶんヨーコとの子供ショーン)に向けて書いた曲でした。



映像が壮大ですが、なぜか無理がありません。


それはこの世に「グッドナイト」と究極のお別れを言ってるイメージをさせる
アレンジになっているからです。


ではでは、おやすみなさい、みなさん。


音楽の深い森 393
ビートルズ 「Goodnight」



by hamaremix | 2019-04-18 20:11 | 音楽 | Comments(0)
私たちの上の世代の著名人がどんどん亡くなっていきます。
怖いくらいに、、、、、

この方も、ひとふた世代上の人ですが、
僕が洋楽を聴き始めた頃はとっても有名でした。
最近すごく聴きたくなっていた人でした。

ウォーカーブラザースのスコット・ウォーカーズ

しっとりとして凄いいいと思うんですが、皆さんの耳にはどうでしょう。
こんな渋い男の声で唄う歌手って
今はほんと居ないです。


音楽の深い森 392
スコット・ウォーカー 「ジョアンナ」



by hamaremix | 2019-04-13 21:16 | 音楽 | Comments(0)
お久しぶりです。

やっと春らしいのどかな日射しに恵まれて、ほんと嬉しい気持ちになれました。

制作でコンをつめ過ぎて、やや気分的に煮詰まり、
そしてちょっと自分にとってやや落ち込む情報が2つほど流れ込み、
気分展開に阪神タイガースの応援に気分上昇の活路を
見いだそうとしたものの、
ものの見事3連続の大敗、
一気に気分がどん底へ、、、、
(言う程でもないんですが、ありますよね、低調期)


今日は夜、同窓会(小学校6年3組)なので、
本当にほんとうに久しぶり、、、
岩田先生もやってこられるとかで、、

制作を早々と終えて、何もしない時間を久しぶりにつくりました。


そうすると
この陽気と
気分転換にと聞いたフランス・ギャルのCD
そしてamazonで取り寄せた大貫妙子CD「Comin soon」が届いたので聞き、
d0218056_16330717.jpg
d0218056_16331008.jpg

気分はかなり平常に戻ってきました。

「Comin Soon」はレコードを持ってるんですが、
手軽に聞きたくてCDを購入。

これ、時代を超えていいんです。
アリス、地下鉄ザジ、タンタンの冒険、MOMO,
テディ・ベア、ピーターラビットなどのことが唄われていて、
一見、童謡風ですが、、
いえいえ、大人こそ聴くべき名作なのです。



でも、動画ないんですよね、


なので、今日は

フランス・ギャルで

音楽の深い森 391
フランス・ギャル 「夢見るシャンソン人形」

この動画をみて、なんだかんだと文句言う人は山ほどいると思います。
でも、、
あほ?って思うかも、、、

でも、

今の玄人な音楽家にも人気あるんですよ。
(曲をつくったのはS.ゲーンズブール)






by hamaremix | 2019-04-05 16:30 | 音楽 | Comments(2)