カテゴリ:音楽( 282 )

THE BEST OF ANGELICE

d0218056_10254144.jpg

私の個人的な楽しみのひとつに、
そのつど、その都度。好きになった音楽をまとめて、一枚のCDに焼いて
保存することです。

携帯で音楽をあまり聴かないので、
CDにしてアトリエで聴くことが楽しみなのです。


もう、20枚近くに成っています。

Angeliceシリーズと名付けています。

時々、音楽好きの人に焼いてあげたりしています。


今回
THE BEST OF ANGELICE
として20枚近くのなかからさらに絞り込んだ
ザ・ベスト、オブ ベスト
Hamaremixフェイバリット音楽集です。

2枚組です。笑


もし、興味があって聴いてみたい方は連絡下さい。

お送りしますよ!!

もち、無料で。



音楽は洋楽が八割、J-ROCK二割って感じです。




お気兼ねなくどうそ。
自分の好きな音楽を共有できることは、
僕にとっても喜びですから、、、、



by hamaremix | 2018-12-16 10:35 | 音楽 | Comments(0)

金縛りが感動に

こんばんは〜〜。
私の風邪は今日の午後に一気に飛ばしてやりました!!www

さてさて、風邪をひいていても
やることはやっていて
今週も沢山の音楽との出会いがありました。笑

CDではハウス系〜昔のディスコ系でいいものを手にいれることができましたよ。
ふんふん、、

しかし、しかし、もっとも大きな収穫は
YOUTUBEで見た
この演奏で、
私の心を金縛りにし、大きな喜びがわき上がりました。

この演奏の緊張感は半端ではなく、
イエスの「危機」みたいな、、、、

息をするのを忘れてしまいます。


すごいです、、、、、


音楽の深い森 374
辻井伸行 「ラ・カンパネラ」




by hamaremix | 2018-12-14 22:05 | 音楽 | Comments(0)

月の光の音色

今日はクラシックを聴いて制作した。
いい感じで集中できました。
(今回の絵はクラシックに合うかもしれない)

コンピレーションですが、
リストの「ため息」ドビッシーの「月の光」そして「乙女の祈り」などなど、
誰でも知ってる曲って、やっぱりその都度いいなと思うし、飽きないですね。

先々週の日曜日にピアノコンサートに行ったのですが、
その時の作曲家がドビッシーとラベルだったので、

今日はドビッシー「月の光」ラベル「亡き王女のためのパヴァーヌ」を聴きましょう。
どっちもうっとりするロマンティックないい曲です。



演奏は辻井さんの

断然「月の光」の方がいいように思います。

高音の和音の音がキレイです。


音楽の深い森 372
辻井伸行 「月の光〜亡き王女のためのパヴァーヌ」



by hamaremix | 2018-11-30 21:23 | 音楽 | Comments(0)

僕たちの帰るべき世界

僕たちが時々帰るべき世界がある
ここからそう遠くはないし
困難をともなうこともない
雨さえ降ってなければ行っていい
いや、時には小雨の方がよかったりする

その気になれば、1時間で行ける
ひとりでいけばいい、
ただし、仕事関係のものは持って行かないこと
スケジュール帖も要らない
そこには買うもの等なにもないから
紙幣も要らない

そこでは水浴びをする小鳥や
海風に揺られふわふわとするかわいい花たちが
あなたの目に入ってくるかもしれない
それはひとつの序章

そこから
あたりを見渡してみよう
興味あるものとか関心あるものとかを意識しないで
眼にとびこんで来たものの全てを
感じればいいのです

次第に梢の葉のかさかさという音や
遠くの水の音が聴こえてくるかもしれない
さらに
腕や首筋に風を感じるでしょう、


そうしてあなたはそこの世界にうけいれられていくのです

 





音楽の森 371
Angelo De Augustin 「Time」







by hamaremix | 2018-11-24 06:15 | 音楽 | Comments(4)

今日はいい日だったと言える

こんばんは。

今日はいい日でした。
そう思える日でした。

午前中仕事でちょっとした失敗もあって、
自分で、「ハマモッサン、たのんますよ〜」
なんて、つっこみ入れてましたが、

午後からの制作がかなりいい感じで行なえたので、
尻上がりに快調になりました。

あ、、体調も全然良かったのでしょう。


絵は今月中に頑張って仕上げたい。
(今日浮かんだ仮タイトル)「海辺の神話」




さて、ここで
今まで、登場してこなかったのが自分で残念なミュージシャン
湯川潮音


季節感がづれてますが、、、ピュアな歌声を聴いてください。


音楽の深い森 370
湯川潮音 「緑のアーチ」








by hamaremix | 2018-11-16 22:46 | 音楽 | Comments(0)

白い恋人たち

フランシス・レイが亡くなったと、、、

「白い恋人たち」、「男と女」など
フランスの60年代の名作映画の音楽を作って有名になった方です。

僕たちの世代ではこの曲を知らない人はいないはずで、
聴くと懐かしさ半端ないって。


フランシス・レイがまだ生きていたということも
驚きでしたが、、、



フランシス・レイを偲んで、、、
2曲
60年代、ありし日のロマンです。



音楽の森 368〜369
フランシス・レイ 「白い恋人たち」

きゃ〜、雪のまみれて〜〜






「男と女」

必ずや、昔した恋を思いだすに違いありません。笑





by hamaremix | 2018-11-09 22:48 | 音楽 | Comments(0)

普通じゃない!

若い世代の人が、今の社会のなかでどんな風に思って
行きているのか。

それが分る興味深い文章に出会いました。



私たちが感じる日々の息苦しさは何か、
それは、将来への漠然とした不安、お金、人間関係や学業、
学校や社会の理不尽とも思われるルールに縛られている、
というだけではない。
暗黙の了解で「普通」に生きることを強いられているような気がするからだろうか。

「普通」とは何か。
きっと誰も分らないが、奇抜な外見や言動、ルールから外れることを社会は許さないし、
抑圧しようとする。
またニュースに目を向けると親が子どもを殺したり、
ネグレクト、モラハラ、DV、と「しつけのつもりで、」という言葉を
免罪符のようにして大人が子どもを虐げる。

そこで自分の居場所をネットという仮想空間にうつしたとしても、
心ない言葉の飛び交う空間にまたしても居場所を失う。

結果、小さなテリトリーで生きることを余儀なくされているように感じてしまうのだ。

そこで私たちは考えた

耳の鼓膜を振動し聴こえる音や言葉が鳴り響くこの大学祭では誰にも抑圧されず
「音楽のジャンル」というテリトリーを軽々と越えることのできる機会なのではないかと。
アーティストたちは音楽の可能性を模索し続けている。

本学の学生をはじめ、来場いただくお客様には、ライブならではの臨場感を味わってもらい、
もともと好きな音楽はもちろん、一度も聴いたことのない音楽にも触れていただきたいと思う。
音大ならではの、新しい音楽の可能性や、形も色もサウンドもイメージも言葉も違う、
音楽において新しい居場所を見つけてもらうことを目的にしたい。

大阪音楽大学/大学祭チラシ より

明日あるアトリエの近く大阪音楽大学の大学祭のチラシ
を手にして見つけました。



居場所がない、、

切実です。


だからこそ、芸術に向かう、、、





音楽の役割は_今も近未来も、さらに将来においても
最も重要なものになってくるでしょうね、、、




普通じゃない、コスチュームとダンスで、
音楽



音楽の深い森 367
フローレンス&ザ・マシーン 「Dog Day Are Over」





by hamaremix | 2018-11-02 21:34 | 音楽 | Comments(0)

そこで会いましょう、待ってます。
















この動画
時間のある時に、じっくり向き合ってみてください。


音楽の深い森 366
Houschka「Curious」


でした。



by hamaremix | 2018-10-25 21:59 | 音楽 | Comments(0)

いいよね☆青春

今日も画廊、ギャラリー菊に行ってきました。
お越し頂いた方から、
貴重な意見をもらい嬉しかったです。

私の絵を見たこともない方が
初めて接してもらって素直な印象を聞けて良かったです。


もっともっと、頑張ろうと、
前向きな気持ちになれました。



さて、「鹿児島ゆかりの作品」展
いよいよ明日で最後となりました。

私は仕事で行けないのですが、
是非、作品を見にきて下さいませ!!





今日はこんな気分です。
いいよね、青春。



音楽の深い森 364
Kings Of Convenience 「Boat Behind」




by hamaremix | 2018-10-05 19:54 | 音楽 | Comments(0)

アンドレアとジョアン

ジャズのスタンダードを10代の女の子が唄う。
ちょい無理あるのでは、、、

て思ってしまうのですが、
高い技術の演奏をバックに素人っぽく唄うというのは、
なんとも魅力があるんですね。

堅苦しいくなく、ガーリーな雰囲気になるのが現代的なのかもしれません。

音楽学校の先生がその才能を見ぬき
一緒に演奏したのが彼ら、、、

うむ、大いにありですね。
才能に付けスター性、、、誰もほっておきませんね。


これはまたいい曲やってます。


「私、すぐ恋しちゃうの」かなぁ〜

銀色のペットもしっくりきます。

音楽の深い森 363

アンドレア・モティス&ジョアン・シャモーロ 「I Fall in Love Too Easily」




by hamaremix | 2018-09-29 02:20 | 音楽