人気ブログランキング |
ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

カテゴリ:ライフ( 867 )

おはようです。
まだ5月の中旬になったばかりなのに、えらく暑い日があったりして、
身体が暑さにびっくりしている今日この頃です。

う〜〜む、寝苦しい、、、、www


さて連続テレビ小説のお話。
「なつぞら」ですが、
初回から見にがさず、毎回見てます。(録画が多いけど)

北海道の風景は、やはり眼にいいですね。
青い空、白い雲、白樺、草原、
牛舎、雪、、

東京に出てくるとセットで戦後の街が再現されてますが、
都市の光景は私たちが住んでる今と同じ、
せちがらい感じしてきます。


先週、なつが観に行った映画「ファンタジア」
実際のディズニーの映像が使われていて、面白かったです。
映像の引用って好きです。
そして「東洋」という名で映画会社の宣伝がありましたが
あれは「東映」ですね。

そして
日本最初のアニメーションが制作中だと
宣伝されそれが「白蛇姫」であるとアナウンスされます。

ああ、それは本当に日本最初の漫画映画「白蛇伝」のことです。

社長がそのことを実写で説明しますが、
その映像は実際にあったものです。

それがこれ




なつぞらが実際の日本のアニメーションの歴史にそって
語られるんだな〜〜ってわかってますます
興味がわいてきました。


「白蛇伝」の公開は昭和33年
私が一歳のときです、、

私がこれをリアルタイムで見たとは思えませんが、
なんか、見た記憶はあるようなないような、でもあるかもしれない、
もう、私の記憶の最も深い所にこの映像が
眠ってる気がするのです。

「白蛇伝」の次に
「少年猿飛佐助」が作られますが、
こちらは完全に記憶があります。

たぶん、親父がくれて行ってくれたんだと思います。

私が絵に関心をもって、漫画を描き始めるのは
この東映のアニメーションが
最初のきっかけになっているかも、

って最近思うようになりました。




by hamaremix | 2019-05-15 05:00 | ライフ | Comments(0)
爆笑、二日酔いアニマル。

動物もやっぱり酔っぱらうんです!!ね。

マルラという発酵果実を食べているそうです。


はは、


こんな風になったこと、よくありました。

今は、ごくまれに、、、、笑




by hamaremix | 2019-05-12 20:56 | ライフ | Comments(0)
d0218056_19371715.jpg
地上約50メートルの所に鯉のぼり!!!


d0218056_19381074.jpg
爽快です。


d0218056_19383097.jpg
ここは兵庫県川西市の一庫(いちのくら)ダム。


100匹の鯉のぼりが春空のなか、
気持ち良さげに泳いでいました。

人工のダムに鯉のぼり、ちょっとシュールですが、、、



下の方、放水された水のドームの横に
虹が!!!



d0218056_19450589.jpg
ラッキーでした。









by hamaremix | 2019-05-05 19:47 | ライフ | Comments(2)
10連休、どうですか?

みんなのんびりしているみたいです。
ゆるい私服姿や河原でバーベキューしてる集団や、
いつも人が多い駅からの道に人を見かけなかったり、
こんなに気の抜けた街の姿はめったにみることがないですね。
正月ともお盆ともちがう間のび方です。


人気のない河原から
d0218056_20465487.jpg
夕方、晴れていたのに真上の上空だけ
曇っていて、雷のギザラインをいくつか見れました。

d0218056_20471248.jpg


私はやはり相変わらず制作をしていますが、この10連休があって本当にありがたかったと、
今日、こころから思えました。

ちょっと萎えていた制作意欲を、
このたっぷりあった時間で、しっかり立て直すことができたからです。


もう少しねばって納得のいく仕上げをしていきます。



連休にコンバースを仕入れました。笑

スポーツシューズはコンバースなんです、私は。
柄物しかなかったので、今回は
シンプルなものを夏用に選びました。
南港・アジア太平洋トレードセンターにあるアウトレットの店で
出会い、一目惚れでした。

d0218056_20532579.jpg

by hamaremix | 2019-05-03 20:55 | ライフ | Comments(2)
春になり、花や木の成長が半端ないって、、、、
感じです。

いつも気になっている街路樹のケヤキ
ついこの間まで、枝だけの冬仕様だったのに、
いつの間にか、若葉がおおい茂っていました。凄い。

アトリエの前庭の植物たちもいつの間にか花を咲かせています。

d0218056_21445068.jpg
「さて、この花はなんでしょう。」

「知らん。」

「なるほど〜よくご存知で、」

「 いや〜、知らん。」

そうですね「シランの花でした。」




そしてうちの庭のプリンセスがこちら、

d0218056_21503303.jpg


ハナミズキです。



さぁ〜、スペシャル・ウルトラ・GWです。

たのしみませうね。










by hamaremix | 2019-04-27 21:54 | ライフ | Comments(0)
d0218056_22020465.jpg
Pinterest Hamaremix より

低気圧のせいか?
気温のせいか?
2食続いてカップ麺を喰ったせいか?
それとも、単に精神がたるんでいたからか?


今日、制作でなぜか全然気持ちが集中できませんでした。
何時間も、、、


いろいろ考えましたが、
ちょっとして制作の倦怠期なのかもしれない、、、

3ヶ月づっと続けてきて、
絵の内容に倦怠してきた、、、

確かにちと、疲れてもいます。


最後の追い上げなのに、、、、、


少し封印しておく、ということが必要なのかも、、、、




明日、また制作に向かった時の気持ちで考えようと思う。。。。







by hamaremix | 2019-04-24 22:10 | ライフ | Comments(0)
d0218056_20592159.jpg
コラージュ504 「学祭」

制作中の絵、タイトルは「ストゥーパ(卒塔婆)」にしようと考えていましたが、
ちょっと面白味にかけるので「さよならストゥーパ」とか、さらに
「さよなら太子」とか
どうだろうかといろいろ頭のなかに出てきます。
「令和交響詩」なんってね。

制作の方はかなり詰まってきました。
完成に近づいてきたという意味で。。。


さぁ、目標の平成に描き終えることができるか、、、、



d0218056_21081055.jpg
コラージュ505 「縁」

次の作品の構想はほぼできています。
頭の中で。笑

まだスケッチもしてないけれど、
面白い構図になれば、また新しい展開ができそうです。

仏教をテーマにしたものではありません。
子供を描くつもりです。
子供って小学生低学年くらいの男の子と女の子です。
ニュアンスとしては、今の時代の子供たちの存在感&空気感が
表現できたらなと思ってます。


5月に入ったら始めます!!!


d0218056_21160738.jpg
コラージュ506 「側」

d0218056_21180240.jpg
コラージュ507 「だったら好きな方にいけばいい」

ものを選択するとき
たとえばそれが、私服や身につけるものであれば、
好きなものを選びますが、
仕事着ともなると、その職場によって相応しいかということが一番の条件になりますよね。

食べ物を選び場合、断然好きなものでしか選びません。

でも、
いろいろな選択肢がある場合
私たちは大概、どちらが「得か」で選びますよね。

金額ならはっきりどっちが「得か」ってすぐわかりますが、
目に見えないものであれば、
たとえばパーティのお誘いとか、、
気の知れた仲間とする場合は文句なしに行きますが、
仕事関係や、縁の遠い関係性でのお誘いの場合
やっぱり、「行って得か」なんて考えてしまいますよね。

また、人に頼まれことをいわれた場合も
ちょっと考えますよね、
それやって「損か得か」ってね。

以前、そうゆう選択の仕方は良くないと聞かされたことがあります。
功利的に考えると、
本当にいいことやいい出会いのきっかけを無くすことになる、、、
という意味でですね、、、

そうそう、得のなさそうに思える場で、
ひょっとしたら、長く付き合える友人に出会える
ことだってあるかもしれないので、、、




そうそう、功利的な考えというのは、あまりいき過ぎてはいけないのです。







by hamaremix | 2019-04-23 21:32 | ライフ | Comments(0)
d0218056_20164626.jpg
Pinterest Hamaremix 「面白画像」より



今日、学校に行く時に偶然にも遊楽さんと出会った。

派手なシャツの女性がいるなぁ〜って眼が惹き付けられた次の瞬間、
お顔を見ると、あら〜〜、「遊楽さんじゃん」

お〜〜、、
以前と全然変わらず元気そうじゃん。
(けどちょっと、痩せた?)
安心しました。


会えるものなんですね〜〜。


お互い、ジャンルは違えど闘うもの同士、
ほんと身体を大事にして、頑張ばろう




















by hamaremix | 2019-04-22 20:41 | ライフ | Comments(0)
紙幣のデザインが変わるということで、
新1万、新五千、新千 円紙幣の
モデルが公開されましたね。

ショックだったのは、誰一人よく知らない人物だったこことです、、、

一万円の渋沢〜さんは、何とか名前に聞き覚えがあるぐらいで、
じつに情けない一般常識でした。

でも、なんか知らないということは
人物が小ぶりな気がして、
やや、寂しい気持ちにもなりました。


私がものごころついた頃の1万円札の
聖徳太子が大きなインパクトのあるイメージだったので、
以降の人物が、小さく見えていました、
諭吉はまぁ良かったんですが、、、


このニュースの後
気になっていたのが、日本紙幣で最初に肖像に使われたのはだれ??

という疑問でした。

調べてみるとすぐわかりました。

こちらの女性

d0218056_20520297.jpg
え?
外人?


いえいえ、神功(じんぐう)皇后でした。

外人に見えるのはこの絵を制作したのが

エドアルド・キヨッソーネというイタリア人技師だったこらです。


どうしても白人体型と顔になるんですね。



この壹円札は1881年に発行された紙幣(1円券以上)です。



さて神功(じんぐう)皇后ですが、

住吉大社に祀られています。

『日本書紀』の中で非常に大きな武勲を立てたことを記されている女性で、

朝鮮出兵で知られていますね。



今は偽装のレベルも高まってきているので、
絵では駄目だそうで、
肖像写真を元にして画像を作らないと
偽装されてしまうのだとか。


そうなると、幕末後の人物に限られてきますね。


日本の技術なら昔の肖像画でも、工夫すればなんとかできそうなものですが、

一万円 信長
五千円 家康
 千円 秀吉

とかあれば楽しいのに。




by hamaremix | 2019-04-17 21:05 | ライフ | Comments(0)
絵を描くきっかけになるのは、私の場合
毎日行きている中でのこころが震えたこと、喜んだこと、
すごい発見したこと、
そしてそれらに感動をもって体験したときに
最も描いてみたいと思えます。

テレビやネットの情報ですごく感動することもありますが、
やはりリアルで実体験したことが最も
強い制作の動機になります。

その動機をどのような形で絵にするかは、
アイデアを練ることが大切で、
ぱっと思いついただけでは、足りません。
思いついたぐらいでは、他の人が大概すでにやっていたり、陳腐なものにしかなりません。
思いついたことを、
「どのように表現するか」がとっても大事です。

視覚の位置(目線の在り方)、モチーフの大きさ、
構図の力学(まともすぎても面白くないし、崩し過ぎてもえになりません)、
どれほどリアルに描くかなどを
最初につめてつめて、練らなくてはいけません。

なので、この段階でもっとも左脳を使います。


下絵が決まればあとは、
感性の領域での仕事になります。


その感性って、どうやって養われるか、、、
これはもう、日々の美的チョイス(選択)につきます。

どんな色が好きか、どんな服が好きか、
どんな髪型だ好きか、
どんな家に住みたいか、リビングにはどんなものを飾るか、
そしてどんな本を読むか、
どんな音楽を聴くか、
どんな映画が好きか、
好きな絵は、、、、、

ということをしっかり自分自身の美的嗜好を知り極めていかなくてはいけません。


そうした美的センスには、実はその人の哲学が隠されています。
そこまで分ればもう、表現者ですよ。

でも、
この美的センスって教えられるものではないです。
おすすめはできますが
おすすめしたとて、その人がそれを好きになれないのであれば、
馬の耳に念仏、豚の真珠、猫にこんばんはです。


結局、自身が何に影響を受けるかによりますね。


適当に服を着てるんじゃありません。
(はは、今日はたぶんにいいきりモードです、、、)

しっかり、自身のコーディネートを高めないといけません!!!


わたし? テキトーは少ないですよ。
あえてダサくするとか、普通にするとか、ちょいお洒落っぽくとか、
人を元気にするかなとか、
考えています!!



話が着地しません、、、


言いたかったのは、今日観た映画の主演の男の子
ティモシー・シャラメが綺麗すぎて
見ていて飽きない、、演技も上手い、、
ちょっとまた感動したってことを言いたかったのです。


映画「ビューティフル・ボーイ」

男親と青年の男のコの親子であるからこそ複雑な関係性のなかで、
苦悩するドキュメンタリー的なタッチの内容です。

若い人はこの映画の感覚はよくわかると思います。
お父さん世代には、身につまされる話かもしれません。

親子の愛が綴られますが、
介入するのは、現代的な社会問題がテーマです。

タイトルはジョン・レノンの曲

プロデューサーはブラッド・ピッド

ロック・ポップミュージックが背景で沢山なります。

シガー・ロス、ニルバーナ、ボウイ、ニール・ヤング
ペリー・コモ、EGTB,
など等



by hamaremix | 2019-04-14 20:41 | ライフ | Comments(2)