人気ブログランキング |
ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

カテゴリ:日本の美( 167 )

d0218056_01043188.jpg
太山寺 本堂 国宝

三宮から神戸市市営地下鉄に乗り
名谷・西神中央行きへ乗る。

伊川谷駅下車、そこからバスで5分。
ここは
神戸市西区伊川谷
播磨の古刹「太山寺(たいさんじ)」。


去年初めて訪れて境内の佇まいがとても素敵だったのでスケッチに来ようと決めていました。
今日はその下見。

雨で人が全く居なかったので
風景を独り占めできました。

d0218056_01093650.jpg
参道

d0218056_01100073.jpg
山門

「太山寺」の建立は「太山寺縁起」から716年と伝えられています。
藤原不比等の子、宇合の建てたそうです。

神戸のこんな西の果てに、、、
何故って思います。


さてその本堂は鎌倉期に炎上しているので1300年の再建ですが、
仏教の大衆化に伴う新しい仏殿形式が極めて重要な遺構として
神戸市では唯一の国宝になってます。

うむ、確かに他にあまり類を見ない感じです。
本像は薬師如来。


江戸初期の建立の三重塔、阿弥陀堂もまたいい感じで、

d0218056_01135903.jpg
三重塔

d0218056_01142281.jpg
本堂から望む境内

d0218056_01150063.jpg
阿弥陀堂



奥の院への道
d0218056_01152805.jpg

スケッチポイント、多数ですよ。


来月スケッチに来ま〜〜〜す。

by hamaremix | 2019-08-28 01:19 | 日本の美 | Comments(2)
能勢電鉄を利用して畦野(うねの)駅で下車、徒歩5分の山の麓にひっそりと佇む
「頼光寺(らいこうじ)」に行ってきました。
頼光寺は北摂七福神巡りで寿老人を祀るお寺として知られますが、
それよりもあじさいの寺としてよく知られています。

境内一面に500株ものあじさいが咲きます。
青・ピンク・白など、あじさいの花が独特の涼しげな色彩で
私たちをむかえてくれました。

ここ数日蒸し暑い日々もありましたが、
当日(日曜日)の天気は
もう、スケッチにもってこいの気温、湿気、日射しでした。

そしてうぐいす、ひばりなど、鳥たちの鳴き声をBGMに、
よかったです!!

d0218056_22164258.jpg
d0218056_22165237.jpg
紫に黄色
今私がこってる配色です。笑

d0218056_22172695.jpg
き・れ・い

d0218056_22175546.jpg


d0218056_22180421.jpg
リトル・ユニバースですね。

d0218056_22183882.jpg
アトリエの庭にもあります。
「かしわばあじさい」


d0218056_22192283.jpg
d0218056_22193185.jpg
d0218056_22194337.jpg

 頼光寺の歴史は古く、一条天皇長保年間(紀元1000年頃)に源満仲公令夫人の本願によって開かれ、源頼光の四男を阿闍梨を開山として創立されたそうです。
 

by hamaremix | 2019-06-10 22:21 | 日本の美 | Comments(0)
野外スケッチの日。
雨で延期になり快晴になった今日に行ってきました。

場所は大阪府交野市の私市(きさいち)にあります
大阪市立大学理学部附属「植物園」です。

私市は京阪沿線枚方で乗り換え、交野線終点駅になります。

植物園は基本大学の研究施設なんですが、
一般公開されて地域では、有名な憩いの植物園なのです。


以前行った時に4月中頃だったのですが、しだれ桜が見事に咲く誇っていて、
あれをぜひ皆さんにスケッチしてもらいたいと思い予定しました。

しかし、先週雨で延期になり、
さすがに21日の今日には桜は見れないだろうなぁ〜と
諦めムードで現地にむかいました。


ですが、ですが、
今年の春先の冷気のお陰か、まだ、八重桜など幾つかの種が
見事に咲いていたのでした。

d0218056_19301918.jpg
植物園入り口付近

この画像では分りにくいのですが、
原っぱにタンポポが一面見事に咲いていました。


d0218056_19314738.jpg
モモのような色の八重桜!!

d0218056_19323071.jpg
八重桜は花が丸まって見えるので、
ボリューム感がたっぷりありますね。





スケッチの合間に珍しいみどり色の桜を見つけました。

緑色の花って、自然界のタブーなのでは?????

d0218056_19433408.jpg
ほら、緑色の花(サクラ)

ですが、
しっかり解説があり
水上勉の小説「桜守」にも出てくる、このみどり色の桜の花は
「新錦」という種のですが、
この植物園に植えられて、全国的にも滅多にない種だそうです。





大阪市立大学理学部附属植物園は
ハイキング気分になれる、超自然派の植物園です。

今日行ったので4回目でしたが、まだまだ園をまわりきれていないので、
また近々来ようと思って帰ってきました。










by hamaremix | 2019-04-21 19:48 | 日本の美 | Comments(0)
マレーシアを旅したUが
マレーシアでは多くの人が目を覆いたくなるほどの
貧乏な生活をしていたと言ってました。

先日ニュースで知った最近のマレーシアでは
民主化運動のアウンサン・スーチーさんの政治活動にも
不満があがってきているという。
あまりにも下層の人たちの生活が貧困から抜け出せないので、
政治への希望がなくなってきてしまっているという。

マレーシア議会では軍部が議席の1/3をしめているので
政治もなかなか上手く改善されないようなのです。


U、曰く
「あんなひどい生活を見ると
日本に生まれたこと自体が世界のなかでは勝ち組に入ると思う。」

ふむ、
戦争もなく、内紛もなく、
世界に稀にみる自然に恵まれ、美しいものにあふれ、
美味しいものばかり、
そして、多少の貧富の差はあるものの、
海外の悲惨な生活ぶりをみると
200以上ある国の中で
奇跡的に日本に生まれてきたこと、、

そのことだけでもUが言うように、幸運と言えるのかもしれません。




自然を愛でる気持ちから和歌が詠われ、
自然に親しむことから日本画が生まれ、
自然のものを使って無理のない道具を作ってきた日本人


新しい時代には、

次なる時代の人たちに日本らしさを繋いでいける
文化を生み出していきたいですね。

d0218056_21313405.jpg


by hamaremix | 2019-04-01 21:32 | 日本の美 | Comments(1)
おはよう画材ありますか?

はは、
「おはようございます」ってキーボードを打ったつもりだったんですが、
「画材あります、、」ってやってしまいました。

d0218056_10243905.jpg
岡本太郎の彫刻

岡本太郎は絵も面白いけれど、実は彫刻の方に多くの実りを
もったと思います。
戦後の彫刻家の中でもそのインパクト、芸術性、
親しみやすさ、風土性
その高さはずばぬけています。



今朝の番組「美の壷スペシャル」で漢字を取りあげていました。
アルファベットの基本は25文字、
それに対して漢字は何十万を覚えることになります。
それに単語が合わさって、
私たち漢字言語を使ってる中国・日本
母国語を深く理解し使うまでに、やはり相当勉強が必要なんですね〜。

しかも象形文字をそのまま使っている言語は世界でも漢字だけなんだとか。

そのほかにもいろいろ面白いことを知りましたが、
見ているうちに、久しぶりに中国という国に尊敬とシンパシーを持ちました。
近年何かと仲が悪くなる情報に埋もれていましたから、、

政治は生々し感情的になりますが、
文化は冷静になれますね。


韓国とも今最悪ですが、
私の教え子たちのひとりひとりの顔を思い浮かべると、
まるで政治的感情なんか沸いてきません。

人は情報で生きるのではなく、人を通して生きなければなりません。



番組でとってもいいこと言ってました。
顔◯◯という現在の漢字も元の形をつくった中国の有名な方が言ったこと、

「勉強をするのは、ことをなすためではなく、
ひとをなすためである。」

あ〜〜〜、
まさにそう思います。





by hamaremix | 2019-02-17 10:28 | 日本の美 | Comments(0)
「あってはならない奇跡のスリーショット」
という解説があったこの画像。

d0218056_07172643.jpg
この3キャラクターが揃うのは「初めてです」

ドーモくん、ちょっと大きすぎ!
って思いましたが、
背を合わせようとすると、この大きさになるんですね。

いやいや、そんなことが気にしてはなりません。

この3人
世界的に大人気なんですね〜。

キティちゃんはわかるとして、
くまもん、ドーモくんも?

そうねんです、
くまもんはアジアで
ドーモくんはなんとアメリカで
それぞれ大人気なんだそうです。


d0218056_07221885.jpg
ツーショット。


特にキティちゃんは時代に合わせ(流行にのって)
いろんなファッションに身を包み
様々なコラボもしてきています。

もう、制限はないそうです。

d0218056_07250632.jpg
ドラえもん、ペコちゃんとのコラボ


wwww


d0218056_07255165.jpg
ロックバンド、KISSともコラボしています、、、





NKH「バクモン」からでした。




by hamaremix | 2018-12-19 07:27 | 日本の美 | Comments(0)
今日は十年ぶりの大阪城。

スケッチの下見に行きました。

谷町4丁目を降りて、つまり大阪城の南西側から天守閣へ向かい、
北西側の天満橋から帰路に向かいという
西側のルートで大阪城が魅力的に見えるポイントを探してきました。



ということで

大阪城十景(西側編)
d0218056_02521151.jpg
天守近く、南西側から、、

ここは観光客もまばらなところ。


d0218056_02535939.jpg
本丸に入ってすぐのミライザ側からの姿。


d0218056_02551067.jpg

これは中々のショットではないですか?

あまり見慣れない大阪城のスケール感がダイナミックに捉えられた。


d0218056_02570753.jpg
 「 しゃちほこの 舞い上がりし うろこ雲 」



d0218056_02595381.jpg
ど〜〜〜んと西日をしっかり受けて堂々。

d0218056_03005144.jpg
北側から来ると、一気にまじかで眺めることになる角度

写真スポットでした。

d0218056_03023608.jpg
極楽橋と大阪城

d0218056_03030580.jpg
京橋橋口の大阪城


d0218056_03033437.jpg
天守閣は本丸の北側にあるので、
北の掘り沿いからは、その姿がずっと見ることができました。



d0218056_03050951.jpg

西日もだんだんと山吹色になり、

お別れムード。



歩いて天満橋まで帰りました。




この十年、姫路城、土佐城、松山城、
和歌山城、名古屋城、彦根城、牧岡城など

お城を見てまわってきましたが、

大阪城の堀の大きさに、あらためて、
でっかい!!

と感じました。
いや、、大きいです。






















by hamaremix | 2018-10-03 03:11 | 日本の美 | Comments(0)
d0218056_20095001.gif

〈絵カレンダー33〉 酒井駒子


酒井駒子さんの絵、いいです。

こんな風にさらっと描けたらどんなにいいことでしょう、、、


といつも思う。


私の新しい絵の構想は具体化し、

しっかり構図も決めることができました。


下塗りもすみ、

色の塗り重ね段階に入っているんですが、

これが、、、なかなか難航してる、、


今までにないテーマで進めているので、

色の選択がなかなか決まりません。



古典的な洋画風で描いてもいいんですが、

なんとも古めかしいイメージになってしまいそうなので、

止めました。


かといって日本画的に薄くさらりと描くこともできないし、


自分なりの新しい色彩のイメージを作り出さなくてはいけない段階かな。



丁寧に仕上げたいので、

あせらずじっくりやっていきます!



なんのことやら、でしょうね、、





今回は仏像を描いてます。



でも、仏画ではありません。





「仏像を新しいイメージで描く」ことが描き手の「隠れテーマ」です。




by hamaremix | 2018-08-27 20:25 | 日本の美 | Comments(0)
兵庫県西宮市に昔ながらの灯台があります。

江戸時代かというような風流な造りで郷愁を誘う外観をもってます。

西宮市は六甲の水があって酒造りの街です。
昔は、そのお酒を運んだりする舟(北前船ですか)の目印になっていたのが今津の灯台です。


でもさすがに21世紀の現在においては、
周りの風景が遠慮なく大きな水門があったり、すさんだ都市の海岸部を造っていて、
灯台の存在も何だかなぁーというところがありました。

d0218056_19133889.jpg

先週、新しく埋め立てが行なわれると知って、少し気になって行ってみたのですが、

案の定、エライことになってました。


灯台ないがしろです。

d0218056_19155357.jpg

まぁ、古いモニュメント生かして、現在で身動きとれないのも問題ですが、

せっかくの歴史的灯台、
もう少し配慮してもいいんじゃないか!!

って思いました。

絵本「ちいさなお家」状態です。


d0218056_19171966.jpg


でも、こうゆうはの日本では何処でもありますよね。


逆に、美観地区って、綺麗にしている街が時々ありますが、
あれ、
もっともっと増やしていかないとね〜。

普通に住んでる周りが美観地区っていいじゃないですか、

日本中美観地区にしましょう!!!














by hamaremix | 2018-08-23 19:23 | 日本の美 | Comments(4)


d0218056_06545272.jpg

新作のための準備として、
ラフ・スケッチや
画像や資料になる本を集めたり

その写真からスケッチしたりしてます。


上は「百済観音」の鉛筆デッサンです。

写真から描くのは簡単です、
視線が動かないし、そのものが固定してますから、、笑




「百済観音」は法隆寺にある国宝の仏像です。

10年前に見た時に、
本当にびっくりしました。

今まで仏像をみて一番の衝撃だったと思います。

その細さ、頭から足までのみごとな流線型、
そして何よりも、表面が朽ちたことによる、
美しい存在感。

う〜〜ん、上手く言えません、、、



異国的な雰囲気から
江戸時代から「百済」の名で呼ばれていたそうです。
確かに日本人的にはある種の違和感を持ちます。

が、、クスノキで彫られていることから、
日本で作られたのは間違いないとか。。


元々から法隆寺にあったわけでなく、
江戸時代から法隆寺に預けられたということが分るだけの
出生の謎の仏像なのです、、、



新作で「百済観音」を描くわけではないですが、
参考にしたいことが沢山あってのことです。

描くということが、一番の認識だと絵描きは思うものです。





いくつか仏像をスケッチやデッサンしています。




by hamaremix | 2018-08-17 07:11 | 日本の美 | Comments(0)