人気ブログランキング |
ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

カテゴリ:アート( 355 )

映画「アリス」をみた。
新之助から超おすすめということで
早速ユーチューブ。

d0218056_19230038.jpg


アリスは、
1988年スイスイギリスドイツによって製作された
シュヴァンクマイエル独自の世界観で脚色、映像化した作品。
d0218056_19232313.jpg

通常の不思議の国のアリスと異なり、ダークで陰気な雰囲気が全編を通して漂っている。
生身の役者の演技と人形アニメーションとを組み合わせており、
アリス役のクリスティーナ・コホウトヴァー以外は
すべて人形である。


これが、素晴らしい作品で
シュールレアリズム映画の傑作ではないかと思いました。
これは芸術作品です。
もちろん娯楽ですが、
深層心理をくすぐられる、不思議な感覚。
しかも、退屈なシーンが全くなく、
10秒おきに、ハッとさせられるシーンが現れます。

この創造性とアイデアにあふれた映画
見ている人の頭の中のイメージがむくむくと
増殖していきますよ!!


子供にとっての「世界」ってこんなんなんだろうな〜って
意味不明、不思議、怖い、おかしい、気持ち悪い、
に満ちあふれている「世界」
を思わせます。



そして、たまたまですが
久しぶりのコラージュ、、、
がアリスでした。

d0218056_19330349.jpg
コラージュ511 「 Alice 」









by hamaremix | 2019-08-17 19:37 | アート | Comments(0)
2015年作の私の
「エンジェル・トランペット」
最終はこのようなものですが、
40号のサイズです。

d0218056_18160376.jpg
「エンジェル・トランペット」

これは「さくやこの花館(植物園)」で見た
エンジェル・トランペットに感動して
描いたものです。


最初は130号の大作を意図して描き始めたんですが、

発表の期日が迫る中
搬入の日までとても完成できない、、
うまく描けない、、、

など、
様々な理由で、絵がどんどん小さくなっていきました。

かなり追いつめられてましたね〜〜〜
今思えば

その途中の画像を残していたんですが、
なぜ、こんなに切って切ってしたんだろうと
今では、とっても後悔しています。

下の画像が
完成の少し前ですが、
全然、こっちの方が華やかでいい。。。

うう〜〜〜、、

悔しいです。

焦りは禁!!


「喝」
d0218056_18224287.jpg
「エンジェル・トランペット」

また、いつか描かないといけない!!!

今度こそ大画面で!!!


by hamaremix | 2019-08-16 18:26 | アート | Comments(0)
芸術空間あおきにはワンチャンがいます。

その生い立ち、

「富士山の写真を撮ろうと、たまたま車を停めたら
犬の鳴き声がしたので、足元をみると、田んぼの側溝から出られず
濡れて震えている小犬を発見しました。
すぐ助け出し、近くの藁の上に置いてあげると『行かないで』とばかりに
私の靴の上に手を置いておすわり・・・
まるで某CMのような出会いにキュンとしてしまい、保護しました。
保健所と警察に届け出しましたが飼い主さんはあらわれず。
今ではギャラリーの看板犬です。」

Tail to Tail ~しっぽでつなぐコミュニケーション~
Face ti Face /星野新聞堂 2019.9月号より


芸術空間あおきの看板犬「ノアール」
d0218056_19582990.jpg
よかったね〜〜〜、
しっかり元気者でした。

「ノアール」はフランス語で黒を意味する言葉だそうです。

カッコいい名前。

d0218056_20022197.jpg
性格は「辛抱強い」だそう。

d0218056_20030590.jpg
今度よろしくな!!




「芸術空間あおき」
d0218056_20033394.jpg


by hamaremix | 2019-08-06 20:04 | アート | Comments(0)
d0218056_19483922.jpg
いい感じ、、

のお庭。


d0218056_19493009.jpg

ちょっとアートです。


ここは

白の机と椅子が映えますね〜〜〜

d0218056_19502898.jpg

d0218056_19514782.jpg
ほんとフードロスなんて、日本文化に反します。




このお洒落なガーデニングがあるのは
富士山の西の麓、富士宮市青木平にある
芸術空間「あおき」なんです。

d0218056_19552602.jpg
私が10月1日より個展を開催して頂ける
カフェ&ギャラリーです。



昨日「打ち合わせ」と「空間の確認」に行ってきました。

その内部空間です。

d0218056_20084287.jpg

d0218056_20093660.jpg
現在はガラス工房の作品展が開催されています。




2階。

d0218056_20103469.jpg




そして中庭

d0218056_20111824.jpg

今回が2度目の訪問でしたが、

展覧会をまじかに見ると
かなり具体的に展示のイメージが沸いてきました。



芸術空間あおき
418-0048 静岡県富士宮市青木平243

です。


東海を通ることがあれば是非お立ち寄り下さいませ。















by hamaremix | 2019-08-04 20:17 | アート | Comments(2)
d0218056_03433336.jpg
いよいよあと3日、土曜日までとなりました。

明日は在廊できませんが、

26日(金)27日(土5時まで)は画廊に居ます。


見に来て下さ〜〜〜い!

by hamaremix | 2019-07-25 03:46 | アート | Comments(0)
d0218056_21254071.jpg
私の個展もいよいよ2週目に入り、2日を経過しました。


会場である画廊に1時から居ますので、
ちょっと、疲れもあってこのブログがとどこおりぎみになっています、、、、、
ご了承を、、、、、






今日は最大級の褒め言葉をもらいました。笑


ある、年輩の私の知らない方が来られて、
帰りがけに、
「 展示はパーフェクト、内容も素晴らしい!!」


大声で発してられました。


なんと、数日前にヨーロッパの「バーゼルの国際アートフェスティバル・ビエンナーレに
行ってきたんですが、あまり面白くなくて、、、」

と言われていたので、

余計に誉れてた気分になりました。





今回の個展での見られた方の反応は
今までになく、高く、
かなり高評価をもらっています。

うん、こんなの始めてです。

前の個展から2年半あまり、

凄い制作での葛藤や試練もありましたが、、
それが全部ふっとびました。


「やはり、実物を見るべきです」の意見ももらいましたよ、、、

まだお越しなくで、躊躇されているお方、

是非、お起し下さいませ。








下はネタばれ画像があります。












「世界の果て」










d0218056_21155497.jpg
「世界の果て」

by hamaremix | 2019-07-23 21:42 | アート | Comments(4)
個展初日。

来て下さった方々がエキサイティングともいえる反応をしてくれています。
特にDMに使った「ストゥーパ」を話題にしてくれます。

「ストゥーパ」に関しては
私自身、捉え方が定まっていない(これでいいのか?)ので
頂いた感想がとっても頼もしく感じています。


すでにネットに会場風景が広まりつつあって
ネタばれするので残念なんですが、
しかたないですね、、、、、

逆に興味をもって来てくれる人もいるかもなんで、
拡散しておきましょう。


d0218056_07331333.jpg




by hamaremix | 2019-07-16 07:34 | アート | Comments(2)
こんばんは。
13日の土曜日に個展の搬入を終えてきました。

作品展示の並びなど、今回実際にギャラリーに行くまで
決めれないでいました、、、

しかし、ギャラリーの吉澤さん、山内くんの意見を聞いて、
最終的にとっても納得のいく展示ができました。ほんとです。

さて作品は
Phoenix
Kannnon ( 終末論的交響詩1)
ストゥーパ ( 終末論的交響詩2)
世界の果て (終末論的交響詩3)
Fallin' Buddaha (終末論的交響詩4)

というラインナップ

それにプリントもの、私の音楽集の販売ということに治まりました。



さてさて、

いよいよ明日からです。
浜本隆司ソロ・エキジビション




ヨロシクデス。



by hamaremix | 2019-07-15 00:06 | アート | Comments(2)
こんばんは。
今日は快調でした。
新作が個展までにできるメドがたったように思ったからです。

しかし、しかし、制作はどうなるか分らないもの、
安心してはいけません。
そんなわけで、昨日から禁酒しました。
個展の搬入が終わるまで!!!

今晩もビール代わりに麦茶を一杯飲みました。
はは、口が寂しいのですね。


私の音楽*ベスト曲集「ダブル・レインボウ」の曲を決めたと先日
その曲を紹介しましたが、
その選曲でCDに焼いてオーディオで鳴らしてみましたが、
う〜〜、しっくりこなかったのです。

なぜか、
アルバムの曲のテイストをまとめようとして、
穏やかになりすぎていたのと、
私のこれまで作った曲のベストな選曲をしていないな〜と感じたからです。

なので、かなり変えました。

 曲の流れをよく考えて繋いだのですが、
う〜〜、、ベストって雑多な感じにならざるをえないな〜〜。
世間一般的にも、、、
でも、それがベストだから、、いいのですよね。



さて

個展のDMを郵送し始めました。出来るだけ多くの方にと思って
宛名書きしましたが、転居されたり、しばらく連絡の取れていない人(住所が分らない人)には
送れていません。

送れていない方の為に
個展の内容を添付しておきます。

7月15日(月・祝)から2週間の27日(土)まで。
日曜日はお休みですよ。

会場は3年前と同じ、ギャラリー白で、2階です。



d0218056_21263714.jpg
ちなみにというか、

一階は福田新之助、3階は高木義隆くんの個展と
同時開催です!!!






by hamaremix | 2019-07-02 21:41 | アート | Comments(2)
d0218056_09383316.jpg
7月の個展のDMで使った画像です。

この画像は「ストゥーパ/終末論的交響詩1」というタイトルの絵の
約半分程の画面です。

とんでもないことになってしまいました。
というのが作者自身の私の制作後の感想です。
というのも、この絵の最初はもっと静かな絵になるはずだったからです。

法隆寺の五重ノ塔をモチーフにしました。
この五重ノ塔が倒壊しててしまうイメージは最初からありました。
そして倒壊した塔から、動物や聖人たちが
そこから再生をしていくような絵にしたいと考えていたのですが、

倒壊してしまった塔より
倒壊途中の塔の絵にした方が絵に強いイメージが生まれるのではないかという
判断から倒壊しつつある五重ノ塔の絵にすることにしました。


そこでは、動物や聖人たちの再生のイメージはなくなっていきました。

わが国の仏教の黎明期にその普及に大きな功績をのこしたとされる
聖徳太子が供養されているとされる法隆寺。
その法隆寺の象徴である五重ノ塔が
倒壊するって、どうゆうこと??

そこには日本における仏教の終焉を意味するかもしれません。

そのような、 後付けですがこの絵を完成させるための
いろんな意味を考えていきました。


何かを信じる、何かを願う、救いを求める、、助けを懇願する
そういった場所がお寺であり、
日本でお寺が存続してきた理由は日本人が
何かを信じ、願い、救いを求められる場所がを
必要としてきたからだとおもいます。

ですが、
そうした行為が信仰心という言葉でくくられると
メデイアはそれ以上掘りさげなくなります。
人々の話題もお互いに踏み込むことはほとんどないように思われます。

ですが、人がこの社会のなかで生きていくには
人間以外のものに頼らざるを得ない事実があります。

そもそも、日本人が生きていく上で
大切にしている信条とか想いは
大概仏教の教えからきているのではないでしょうか。

仏教を信仰するということはなくとも
私たち日本人は薄められた仏性なかで生きているといえます。

ですが、それすらも、どんどんなくなりつつあるように
私には感じられます。

モラル・ハザード状態になりつつあるかもしれません。


そんな仏性が日本人から無くなってしまう危機感を
この絵で表現したかったのです。



叫びをあげている像など、
ここに描かれている仏像(塑造)は全て
法隆寺五重ノ塔の中になる像を使っていて、
叫びをあげている像たちはブッダの死をなげく弟子たちです。




この絵最初は横画面で描き始めました。
d0218056_10183977.jpg
地面に倒壊した様子を描こうとして始めました。


なので、横画面でも成り立つような絵になりました。

逆でもこうです。


d0218056_10201651.jpg
倒壊、炎上している感じはこちらの向きの方がいいかもです。




しかし、この五重ノ塔は何によって倒壊しつつあるのか、、、、

そこは私も明らかには描いていません。







by hamaremix | 2019-06-23 10:25 | アート | Comments(4)