ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

カテゴリ:アート( 328 )

d0218056_22175746.jpg

〈絵カレンダー38〉

シャガール 「エッフェル塔の新郎新婦」


 シャガールは私たちが高校生の頃、

女子に人気の画家でした。

美術専攻の生徒たちがよくシャガール風のロマンティックな絵を描いていました。




昨日、新作の構想を考えていて、ふと

今度はシャガールみたいなロマンのある絵を描いてみたいと思いました。


その前に、10代初め頃の男の子と女の子の恋の絵を

描くという発想の種はありました。


で、昨日、具体的な場面はまだ思いついてないのですが、

なんだかストーリーが思い浮かんできました。



男の子と女の子は、共に不登校で、公立中学に行けず、

不登校の子だけが行ける、

全寮制の塾というか学園に行くことになり、

そこで知り合い、仲良くなるのでした。


男の子は本が大好きで、ずっと何か読んでる。

世の中をクールに見てる。

女の子は絵を描くのが好きで妄想癖があったりする不思議ちゃん。


ゲームでの対戦がお互いを引きつけ、

その人見知りだったふたりが、仲良くなります。

いろいろ喋ってるうちに

お互いを認めあえる存在になり、ちょっぴり勇気もできて、

外の世界にどんどん出て行くことができるようになる。


夜の工場見学にいったり、廃墟に行ったり、

漫画や小説の聖地を訪ねたり、


ふたりのちょっとした冒険、、、



そんなふたりの物語の

象徴的なワンシーンで絵にしてみたらどうか、、



ということです。





はは、わたしがひとりで妄想を膨らませていました。














by hamaremix | 2019-01-10 22:44 | アート | Comments(0)
d0218056_19394371.jpg

こんな素敵なポスター、、

観たくなりますよね〜〜。


早速、観に行きました。

少年と少女のロマンティックな純愛を予想して、、、



でも、ポスターのイメージ通りの甘いストーリーは最初の20分程だけ、、

その後は

どんどんダウナーな方向へ、、



実際に起こった事件を元に作られたもので、

いろいろ幻想的な場面も素敵だったりしましたが、
でも、

重かったです、、、、。



亡くなったジュゼッペを弔うような映画かな。

これイタリア人にはとってはとてもダイレクトに心にくる
映画なんだと思いました。


是非どうぞとは言いませんが、観てソンをしたとも思いませんでした。



ですが、彼女の行動の純粋性にはこころ打たれました。




「シシリアン・ゴースト・ストーリー」予告編




by hamaremix | 2019-01-07 19:51 | アート | Comments(0)
d0218056_21084547.jpg
コラージュ 481 「1227」


今年の9月あたりから制作を進めてきた絵ですが、
今日、やっと、やっと一応完成が見えました。

完成が見えたと言うことは、
あとは、細かい微調整をするぐらいの制作をのこしてるって感じです。

発想は良かったものの、
今までに無い絵だったので、
描き方に苦労しました。

一時は全然、駄目だと思ったりしました。

が、

新しい試みがそう簡単に上手くもいかないはず、として
できることを見つけては進めてきました。

今は、なんとか形にできてほっとしています。


かなり悲しい絵です。
テーマ的に、、、

でも、視覚的にちょっと衝撃があるかな?
衝撃として見てもらえるか??
そこは観者の感性だから、、、
でも、面白がってもらえると思ってやってきました。


すいません、抽象的な話で、、
絵は来年何処かで見てもらえるはずです。


お楽しみに〜〜〜〜〜。


タイトルは
「菩薩」「最後の菩薩」「世界のおわり」「菩薩は死んだ」
みたいなところ、、、



これから詰めます。。












by hamaremix | 2018-12-27 21:23 | アート | Comments(0)
じゃ〜〜〜ん。

d0218056_21381863.jpg
うわっ、、

すごい!


d0218056_21405178.jpg

な、なんと、、




d0218056_21432035.jpg

きれいですし、、夢みたいな画像、、、、



これはいったい???


d0218056_21441336.jpg


うむ?

CGかぁ???



d0218056_21444949.jpg

いいなぁ〜〜〜。








さて、

これはやはりコンピュータ・グラフィックでした。
実際にここまで巨大なトピアリーを植物で作り上げることはありえないこともないけれど。

作者は
イギリス、ハートフォードシャー州、ステイプルフォード在住のアーティスト、リチャード・サンダースさん(69歳)。
今は亡き愛猫トーリーをモデルに作成したものでした。


6_e
このアイデアが浮かんだのは地元にあるビーコンズフィールドの庭園を
訪れたときだった。
今年2月に永眠した猫・ロシアンブルーのトーリーを
偲んでいたサンダースさんは、
眠っているトーリーの姿に似たトピアリー(植木)を見つけ、
庭園の写真に、納屋で撮影したトーリーをデジタル合成したのが始まり
ということです。



単にインパクトを狙って作っただけのものではなく、
トーリーが大好きだったというリチャードさんの気持ちが
CGに込められていると思いました。




ファンタスティック!

 

by hamaremix | 2018-11-07 21:56 | アート | Comments(4)
今晩は。

今週はあちこち移動して、仕事に遊びにアートに
それはもう、とっても楽しくも忙しくもあり、
少々お疲れ気味の週半ばのHmaremixです。笑

そのために、更新がちょっと滞っていました、、、


何から話題にしていいやら、
頭の中がぐちゃぐちゃしています、、、



そうそう、映画を観ました。

d0218056_20413252.jpg
映画「太陽の塔」です。


ドキュメンタリーなので、ちゃらいものになっていないか、
不安があったのですが、
観てみると、これが予想を大きく超える素晴らしい内容で、
とっても良かったです。


太陽の塔が主役なのですが、
主に、
この「太陽の塔」の誕生の秘密、
塔の紹介は普通にあるのですが、

大きな主題となっているのは、
この「太陽の塔」の存在の意味について、
出演者の方々が丁寧に語っていくところにありました。


私が考えていたようなことを、
うまく言葉にしてくれていたような感じだったので、
見終わった時に、とてもすっきりした気持ちになれました。




太陽の塔が私たちが皆去っていった後
未来においてどのように思われるのでしょう、、


そこでも、興味深いことが語られていました。



太陽の塔の好きな人に、是非観てもらいたい映画です。




私は
富士山や舞妓、新幹線などとともに
日本を代表する世界が知るアートになっていくと思っています




by hamaremix | 2018-10-11 20:53 | アート | Comments(2)
10月に入り
気温が低くなってきたので、
動きやすく身体が軽くなり、気持ちもぐんぐん前向きになってきているのがわかります。

そしてさらに

「オレは過去も無視して、未来も無視して生きているから。
現在この瞬間瞬間に爆発して生きるんだから」

こんな言葉に触発されると、
小さなことをくよくよ気にしている自分がバカらしくなってきます。

そうそう、
今、直面していることに集中することこそ、
よく生きるということだと確信して!


d0218056_06583614.jpg
 
コラージュ457 「僧侶ゴージャス」

今日は学校の授業があって、そこに私がいますが、
ギャラリーにもうひとりの私がいます。笑・てれ


d0218056_06585209.jpg
コラージュ458 「Walk on」

d0218056_06590589.jpg
コラージュ「あなたたちの想像」





すてきな土曜日を、お過ごし下さい。


by hamaremix | 2018-10-06 07:16 | アート | Comments(0)
d0218056_23500867.jpg
露天神、通称お初天神、、
今日はこの境内でお弁当を食べました。

この後ギャラリー菊で開催中の「鹿児島ゆかりの作品展」
私の作品を写真撮影をするので、ここで
カメラをいじっていました。



そこへネコ登場。

d0218056_23525610.jpg
d0218056_23530579.jpg
ほいほいと高いところへ移動して何処かへ消えて行きました。

おっ、この写真をよく見ると
奥に黒猫が!!

知らなかった。笑



ギャラリーでは私の知り合いの方も何人も来て下さり、
ありがたかったです。

出品者の小味渕さん、堀之内さんがいらしてられて
今回初めてご一緒したのですが、
楽しい話が出来てよかったです。

グループ展はこれが楽しいです。


「鹿児島ゆかりの作品展」
展覧会は明日から後半の3日間

私は金曜日に在廊致します。



今日の夕焼け雲

d0218056_23582367.jpg
d0218056_23582860.jpg





by hamaremix | 2018-10-04 00:00 | アート | Comments(2)
今日から始まります、
ギャラリー菊での「鹿児島ゆかりの作品展」

土曜日に搬入しました。
台風前夜でびしょ濡れの搬送を覚悟していたのですが、
天に助けられ、ほぼ濡れずに搬入できました。

作品は2ヶ月前に出来ていたので、
慌ただしさはなく、淡々と展示までいけました。


作品完成直後の搬入では
展示するとどんな感じで見えるのであろうかというワクワク感が一杯なんですが、
今回はとても、冷静でした。

たぶん、
もう、現在制作の作品のことの方が気になっているのですね。


ですが、今回の「フェニックス」は
今までの私の作品とは少し違っています。

何が?

色合いと解像度(シャープネス)です。
解像度というのは、今回の作品制作で特に気をつけて取り組んでいたことですが、
ものの輪郭をすこしぼかした感じで描くようにしていました。


まぁ、そんなことより
温かい気持ちになれて、勇気もらえる
そんな絵なので、

是非楽しんでみて下さい。


下の絵は3年前に描いた「鳳凰空撮之図」ですが、
今回のDMの画像で使いました。
新作はこの絵と連作のように見えなくもない絵です。

d0218056_07193657.jpg
「鳳凰空撮之図」2015


======================================
d0218056_07251300.jpg
======================================










by hamaremix | 2018-10-01 07:28 | アート | Comments(0)
彼女が卒業するその日、
普段は私たちとは別次元で存在して姿が見えないフェニックスが
その姿を現した。

フェニックスは
彼女を祝福するかのように温かい光を発して
飛来しました。
神々しく。

間違いなくその日は特別の日であったのです。


これは

来週から始まる「鹿児島にまつわる作品展」に出品する絵画の
私のコメントです。

何のことかと思われるかもしれませんが、
会場(ギャラリー菊)で
絵をご覧になれば、このコメントの意味が分ってもらえると思います。

作品タイトルは「祝われる日」からまたもや変更で、
やっと腑に落ちるタイトルが浮かびました。

「フェニックス」です。

また、鳳凰(火の鳥/フェニックス)描いてるの・
い、うむ、どうかな〜〜、


絵は会場で是非見て下さいね。




今回のキャプションは
今日から始まった大阪芸術大学附属大阪美術専門学校の
絵画展のフォーマットを使いました。笑

同じ週になったのでね。


ビセン絵画展も、是非来てくださいね。
誰でも見に来れますから、、、、



d0218056_21005331.png



by hamaremix | 2018-09-28 21:02 | アート | Comments(0)
さて、今年初めてで最後の作品発表が来週あります。

場所は毎年発表させてもらっています、ギャラリー菊でのグループ展です。



「鹿児島ゆかりの作品」展に呼んでもらいました。

d0218056_20524863.jpg

えっ、なんで思われるかもしれませんが、私の母方のルーツは鹿児島なのです。

おばあちゃんが鹿児島の枕崎市出身なので、
そのことを知ってられたギャラリー菊の菊本さんが呼んでくれました。

菊本さんも鹿児島出身でご縁があります。




作品ですが、
8月の頭に完成した「祝われる日」
130号です。


これまでと少し違った色合いで、
まま、必見ですよ。はは、冗談。




お時間のある方は是非ともお立ち寄り下さいませ。




by hamaremix | 2018-09-26 21:05 | アート | Comments(0)