人気ブログランキング |
ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

カテゴリ:本ーこれいいよ( 17 )

制作は最終段階に入ったように思います。

気候が良くなってきたのも手伝って

私の制作に向かう集中力の状態もかなりいいです。


2週間前には、疲労が蓄積して(たぶん)

投げ出したいような気持ちにもなってました。

制作にもやはりインターバル(休養)はいりますね。


絵は感覚で描くものですが、

単なる思いつきや、動機が弱いテーマだと

制作を長時間持続するには耐えれないものかもしれません。


ならばこそ、構想段階でこれから描く絵に、

どのような意味が自分にあるのか?

見る人に何を感じてもらえるか?

また、見る人にどんなものを与えることができるのか、

ということまで意識して、

感覚ではない、言葉の意識づけを最初の段階でやっています。


それは描いているうちに、スライドして

意味付けとは違った方向に行く場合もありますが、

最初とは大きくずれることはりません。



今回は「仏教の終焉」というような大それたことを考えていました。

仏教の終焉、それは、モラルの終わりでもあるんでは、、

今の社会から感じる今後の遠くない未来に来るカオス

そんなことを考えて始めました。



仏教の象徴として法隆寺の五重塔をモチーフにしました。

そして法隆寺と五重塔を描くために調べていると

いろんことが知識として入ってきました。


そして


是非、読んでおこうと思ったのがこの本です。



本ーこれいいよ vol.17


梅原 猛 著作集 9

「塔」

梅原 猛

集英社


d0218056_19124120.jpg


梅原 猛の著書の初期の作品で1976年のものです。

塔としての巨大古墳〜出雲大社の謎〜飛鳥寺〜四天王寺
そして法隆寺〜談山神社〜薬師寺〜〜〜
と日本の塔について大胆な推理と仮説が面白く語られています。

梅原日本学と言われる日本歴史・宗教・文化が
ここから始まったと自身も語っている内容です。


本の帯には
「塔の陰に潜む政治と宗教の壮絶な戦いを照らす迫真作」




まだ全部は読んでいませんが、
法隆寺に関しての文献は、今回の私の制作に大きな支えとなっています。








by hamaremix | 2019-05-08 19:22 | 本ーこれいいよ | Comments(0)

対談を記録した本って、書かれた文章より

すごく読みやすいですよね。会話なので、変な、あるいは難しいいいまわしは

ほとんどないです。


サクサク読めるところが魅力。


文章で難しいこと書いても、会話では分かりやすく言えないと

その人の理解力はなんだか疑わしく思ってしまいます。



梅原猛 X 五木寛之の対談。

仏教のことを両者とも本当に分かりやすく語ってられるので、

うん、うん、ふむふむ、な〜〜〜る、、そうそう、、、

などと、対談のその場にいるような臨場感がありました。



本ーこれいいよ vol.16

「仏の発見」五木寛之 x 梅原猛

d0218056_21165611.jpg



古くは聖徳太子の法隆寺の創建の話から

法然、親鸞、蓮如といった浄土宗の思想の遍歴、

宮沢賢治、川端康成、太宰治、三島由紀夫、などの近代日本小説の批評、

そしてなぜ、仏教がかえりみられはじめているのか

といった問題が

興味深く語られています。


梅原さんも五木さんも、その世界では異端児扱いがあるらしいですが、

私にはとってもまっとうな考え方だと思えました。


日本人の精神的な通史を要約的にしることができました。



おふたりの人柄が本当にすばらしく、

難しい話なんですが、楽しく読むことができました。







by hamaremix | 2019-02-27 21:29 | 本ーこれいいよ | Comments(0)

ブッチョからの課題図書。


大分前に貸してもらったんだけど、

五木寛之の「親鸞」を読むのに手こずって、

やっと読むことができました。


よしもとばなな、久しぶりです。


私の場合、女流小説家といえばばなななので、

近作ではどのような変化があるかが、興味深いところでした。


確か、子供さんを育てているのですね、、


その感じは、内容にもろに出ていました。

愛の表現がまた一段と広く深まった感じがありました。



本ーこれいいよ vol.15

よしもとばなな 「サーカスナイト」

d0218056_21164907.jpg
「サーカスナイト」と聞いて、すぐ分りましたが、
やはり、このタイトルは七尾旅人(ななおたびと)の曲からの引用でした。

ばななさん、大好きな音楽からの引用が結構あるんですよね。
以前、プリファブ・スプラウトの曲も引用されていて、
ばななさんの音楽の趣味もなかなか、なんて思ってました。


さて
この「サーカスナイト」ですが、
ちょっとまったりしていたかなぁ〜。
本人もそこは意識していたようで、
あとがきに「ある意味だらだら長いこの小説は〜」なんて書いていました。

話の設定はさすがに面白かったのですが、
実際に起こることより、主人公のさやかの心の声の描写が多すぎて、
ちょっとつらい感じはありましたが、
そこはばななさんの感性、はっとしたり、そうゆう言い方もあるか、
は〜、さすが、、
と思うことしきりでした。

あとがきによるとこの小説は新聞連載のものだったそうです。

新聞には毎日おそろしいニュースも載っているので、
・愛されて育った人々が出てくる、愛されて育つことについて描いてある
・みんななるべく優しい言葉で話してる

ことを心がけたそうです。


フム、ばななさんらしい〜。


女性の優しい感性がセンテンスからひかり輝いていました。



極めつけはこの文かな。


一郎のセリフ。

「必死で追いつこうともがいてひとりでここに来てみたけれど、

そこでも俺はまぬけなままだった。

これは出直してくるしかないって思ったけれど、そうゆうことの

全部がどう考えても親のような愛じゃない。

いちばんだいじなものが無いのに、なにをしてもだめだ。

いちばんだいじなものって、

恋とか愛とかではない。

その場にいちばん求められていることをすることなんだ。

でも俺はなにもかも自分のことばかりだった。」



小さなお子さんを育てている方

若くして夫をなくした方

両親を早くに無くしている方

神社やヒーラーに興味のある方

バリの深い精神世界に興味ある方

最近昔の恋人と偶然再開した人


そんな方々にはとってもリアルさを感じれる小説だと思います。




by hamaremix | 2019-02-09 21:48 | 本ーこれいいよ | Comments(0)

本ーこれいいよ vol.14


d0218056_22504882.jpg


THE SHAPE OF CONTENT

「ある絵の伝記」

ベン・シャーン

美術出版社/1960年


d0218056_22511985.jpg
d0218056_22513714.jpg




大阪総合デザイン専門学校の「榎本文庫」からお借りしてきました。


若い頃から

読むべき本として、チェックしていたものですが、

榎本先生の蔵書だったので、これを縁に読んでみました。



榎本先生は水彩画家として学校の大先輩の先生せいたが、

去年亡くなられました。

ご家族の方が先生の蔵書を学校に寄贈されたものが

「榎本文庫」で、教員控え室にあります。



興味深い本がいつくもあってその筆頭がこのベン・シャーンの本でした。






この本はどうゆう本かというと


画家.芸術家のベン・シャーンの自身の芸術観を書いたものです。


私はベン・シャーンを画家、イラストレーターという捉え方をしています。

それもかなり信頼度の高い画家として。




読んでみて、、

それこそ、今、私が美術対して持っていた考えを、

認めてくれるような内容で、大いに励まされました。


ともすれば表層的、実験的すぎる現代アートの無内容を指摘し、

価値あるものは、

現実の生活、あるいは生きている現場からが生まれで表現である

という概論。



そして、「何を」「どのような形式で」表現するか。


芸術で生計が立てられるのか、、


といった

表現の根源的命題を

具体的で分かりやすく論じてくれています。




表現者以外の人には全く、お薦めできませんが、

画家を目指す人には

是非読むべき本だと、いうことができます。










ちょっと主知主義的なところがあって、

芸術のエリートたれと言ってるように感じるところは

1950~60年代の認識の限界かもしれません。



ですが、

理想は高い方がいいので、

高みを目指したい人には是非是非です。











by hamaremix | 2018-11-21 23:17 | 本ーこれいいよ | Comments(0)

スケッチの講座を初めて10年


西宮北口を拠点に

西は明石、京都は蹴上げ、奈良は郡山、北は新三田まで、


関西の半日で行ける風光明媚な場所を求めて

スケッチに行き、

回数はもうすぐ99回になります。


 最初から来てらっしゃる方もいるので、同じところへは行けないとい決心で、

いつも、風景のいい場所を探してます。


JR・私鉄沿線の駅にフリー配布してある、

イベント情報・花の開花情報・今見るべき名所の紹介、等等が記されたものに

目を光らせています。



そんな私にもってこいの本を発見。



本ーこれいいよ vol.13


厳選50ルートから選べる

「京都・大阪・神戸名建築さんぽマップ」

円満字洋介

株式会社エクスナレッジ


d0218056_08094507.jpg

これがいいのは
50の名建築をみるルートマップがついてることです。

こんなふうに。

d0218056_08112733.jpg

これを手に入れたので、早速歩いてきました。


ルート5:堀川・烏丸丸太町ルート

JR嵯峨線・二条駅からスタートしました。

沿線沿いに北へ歩き

「日本聖教会 京都聖三一教会」へ

d0218056_08170064.jpg
町の小さな教会ですが、温かみのある色とかたち
信徒の園部秀治氏の基本設計を元に
ミッション系の建築家バーガミニー
ミニバーガーではありません。
が設計したという。

ルートではそこから
丸太町通り〜下立売〜堀川通りを北上するのですが、
カット!!!

暑すぎて無理!


京都府庁を目指しました。


府庁の手前に紹介されているのが
「旧滋野中学校(京都まなびの街生き方探究館)」
清楚なアールデコ校舎

d0218056_08264463.jpg
デイライトイエローがリフォーム感を出してます。


そして、今日の一番のお目当て
「京都府庁 旧本館」


京都の人にはなじみでしょうが、私は初めての訪問。

おお〜〜、立派じゃないですか。
日本人が設計したとは思えない程、本格的洋風。

d0218056_08310370.jpg

中を見学出来ました。



d0218056_08333585.jpg
こんな家に住んでみたいものです。笑

アトリエでいいので貸して下さい、府庁様。


d0218056_08352715.jpg

d0218056_08360921.jpg


建築のデティールに目がいきます。


中庭には円山公園にある有名な桜の孫の桜の樹が
ド〜んと鎮座していました。

d0218056_08390623.jpg

中庭に向かって休んでいると、夕方の少し涼しい風が吹いてきました。

そして、そこで旧に懐かしい気持ちになりまし。

なんだろう、

この既視感。

あ〜〜、桜塚高校を思いだしました。


今はありませんが、私たちは木造校舎最後の世代。
中庭に豊な造園がありました。

その樹木と校舎の風景を
それこそ、何十年ぶりに思いだしました。
あ〜〜、懐かしい。

木造校舎って生徒や先生が廊下を歩く音がうるさいんです。
床板がどたどたと響くんです。
必要以上に活気がありましたね。


当時、卒業間際に、この校舎ももう無くなるんだなぁ〜って
感慨深く思ったことも思いだしました。


脱線しました、、、


旧府庁本館の横に
「京都府警察本部 別館」

d0218056_08481663.jpg
まぁ、警察ですね。
愛想ないです。なくていいんですが。



ここから、烏丸丸太町まで歩くんですが、
結構いい建物が並んでいました。


先ずは
「平安女学院」

d0218056_20002147.jpg

設計はバーガミニー。




そしてその女学院の礼拝堂でもあり、
「日本聖公会 聖アグネス教会」です。

夕日に照らされ赤い煉瓦がさらに赤く見えました。

d0218056_20043503.jpg

全然、日本に見えません。


そして最後に

「大丸ヴィラ」


その日一番の魅力的建築だと思いましたが、
今は未公開とかで、
中に入れず
門の外から、仰ぎ見るしかありませんでした、、、


が、

いつの日か、
必ずスケッチしたいものだと、
切に思いました。。。






以上、、、


またね。









































by hamaremix | 2018-07-22 08:51 | 本ーこれいいよ | Comments(0)

こんばんは。

みなさん、いつもありがとうです。


いい天気でしたね。

過ごしやすい気候で、制作がグンと進みましたよ。




さて、今月はこの雑誌をじっくりと見ています。


「最強の日本絵画100」

まぁなんとうまいコピーだこと、、、


今、日本絵画を知ることは、内向きな昨今で、なんかいいですよ!

皆さんも是非!!!!


今、売ってます。




本(雑誌)ーこれいいよ vol.12

これだけは見ておきたい「 最強の日本絵画100」

芸術新潮 5月号- 2018年

新潮社


d0218056_20400200.jpg
まぁ、100点では、全然足らないというのが、
この特集の筆者もゲストも言ってますが、
、、でも、

知らない作家や絵もあって、
ほんと、楽しいですよ〜〜〜〜。

印象派もいいですが、これからは日本絵画です!!

特集では
1. 古代〜中世前期
2. 中世後期〜近世
3. 近代〜現代
の時代分けでそれぞれに30点弱の作品が紹介されています。

まぁ、私等専門でもあるので、
全部知ってないといけないくらいですが、
知らない作家、絵、
いくつもありました、、、、、汗。



1. 古代〜中世前期のあるページ

d0218056_20541342.jpg
右:那智瀧図(13~14世紀初め)
左:阿弥陀二十五菩薩来迎図(13世紀末〜14世紀初め)


那智の滝は本地垂迹の思想のもとで、
本地仏は千手観音と見なされていたそうです。



2. 中世後期〜近世

室町から幕末までですが、、
ここがやはり一番見応えがあります。
d0218056_20595973.jpg
左右:狩野永徳「洛中洛外図屏風(上杉本)」1565
中世後期〜近世


これ、ジックリ見てみたいです、、、




3. 近代〜現代

d0218056_21043186.jpg
右:川端龍子「香炉峰」
左:藤田嗣治「アッシ島玉砕」


川端龍子の作品に感動!!です。




文責は山下裕二さんで、
「日本美術応援団」(赤瀬川原平と共著)の著者です。












by hamaremix | 2018-05-14 23:09 | 本ーこれいいよ | Comments(0)

Penという雑誌はかっては

文学周辺を扱っていた雑誌のイメージでしたが、

今では、シルバー向けのブルータス&ポパイって感じになってます。


特集が我々世代の感性をくすぐります。

「サイボーグ009完全読本」

「おいしい日本酒」

「若冲を見よ」

「グラフィックの天才たち

「神社とは何か、お寺とは何か」


先週、魅力的な写真とタイトルの表紙で

久しぶりに買ってしまいました。



建築が今、本当に刺激的なんです。(何度も行ってますなぁ〜)



本(雑誌)ーこれいいよ vol.11

pen「〜一度は訪れたい〜奇跡の建築」cccメディアハウス

d0218056_09050132.jpg

penは月2回(1日と15日)の発売でこの号はもう店頭には並んでいませんが、、

人間が作り出す最も大きなもの建築。

その大きさを感じるだけで、ワクワクしますし。
かたちの新しさがさらに脳に稲妻を走らせるように閃きをうんだりします。

今回の特集のなかでも
ビックリするような過激としか言いようのない、
斬新なかたちの建築物があるのを知り、楽しみました。

なかでも一番ビックリしたのがこれ、
カナダのオンタリオ洲の博物館ですが、

えっ、ええ〜、一体全体どないなってるんじゃ〜、
と大阪弁で脳が反応しました。
d0218056_09142902.jpg
元々の煉瓦造りの博物館にCGかとしか思えない、
新館がリノベーションされたということですが、、、

凄い。

この建築を採用した。カナダ人も素晴らしい。

日本だ税金を使って、こんな分けの分らないものを作って
とクレームの嵐が飛んできて、
建築変更となるでしょうな〜〜。

カナダ、「王立オンタリオ博物館」
設計はトロントの建築家、ダーリング・アンド・ピアソン

d0218056_09242792.jpg
古いものと超新しいものの出会いもまた
シュールレアリスムやダダイズムの流れかも。



ショック・アーキテクチャー!











by hamaremix | 2018-04-07 09:24 | 本ーこれいいよ | Comments(0)

三浦しをんの「舟を編む」は数年前に映画を見ました。


好きなタイプの映画でした。

何よりもチャラチャラしていないのが良かったです。


日本の映画は時にチャラく

時にうるさく、

ときにダサイ、、、


いやいや、いい映画も沢山あります。


でも、タイアップの主題歌など、聴いてられません。



でも、「舟を編む」は音楽も音も、凄く良かったです。



役者も

松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、黒木華、ら


中々の豪華陣でしたが、されいげなない日常の映画だったので、

豪華なメンバーでも、しっとりと落ちついた演技で、

ほんとよかったです。


ちゃらい西岡も映画ではオダギリジョーが名演技で、

映画を厚いものにしていました。



でも、

本は読むまでもないと、づっと思っていましたが、



読むときがきました、、、笑



映画のことはだいたい忘れていたので、


本を読んでも、なかなか新鮮でしたよ。




本ーこれいいよ vol.10

三浦しをん「舟を編む」KOUBUNSHA BUNNKO

2012年 本屋大賞 第一位 


d0218056_20415033.jpg

活字好きの方には、たまらない本ですよ。

不器用でも、地味に真面目に普通に生きてる人、、、、
仕事というもの、、、
ライフワーク、



さて、映画も紹介しておきましょう。
本よりも面白かったりして、、、





さて、本屋さんの数がここ10年で急減していて、数年前の半分になって
いるらしいです。

そのニュースを聞いて、
将来本屋が無くなってしまうかもしれないという
妄想を起こしてしまった次第です。


本屋さんが無くなるなんて、




by hamaremix | 2018-02-15 21:10 | 本ーこれいいよ | Comments(0)
「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」

というタイトルの小説。

どうですか、内容のイメージがわきますか。
わきませんよね。

ある意味、地味なタイトルですが、
作者は万城目学(まきめまなぶ)さん。

「鹿男あおによし」や「プリンセス・トヨトミ」で、面白すぎる発想で
ファンになりましたが、
しばらく遠ざかってました。




ちょっと地味なタイトルと大人しい装丁で、
あまり触手が伸びませんでしたが、
ある人のすすめで読んでみました。


かのこちゃんは小学生1年生のおんなのこ。
玄三郎はかのこちゃんのお家の柴犬
マドレーヌ夫人は外国語を話せるアカトラの猫
すずちゃんは同じクラスの知り合ったばかりのお友達

重要な登場人物はこの4人です。


筋書きは書きませんが、
面白い設定としては犬の玄三郎と猫のマドレーヌ夫人が夫婦だという
万城目さんらしい発想ですが、
読んでいても全然違和感はありません。


本ーこれいいよ vol.9

万城目学(まきめまなぶ)「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」

角川文庫


d0218056_19223461.jpg


突拍子もない発想が売りが万城目さんの小説ですが、

この作品は主人公が小学生の女の子ということもあって、
可愛らしくも、初々しく
ピュアーな感動のある素晴らしい内容でした。

児童文学ではありますが、大人が読んでもとっても面白い
というか、子ども心を無くしてしまった人には、
退屈なのかもしれません。


全200ページあまり、さらりと読めて、
しっとり感動でした。





是非読んでみて下さい。

ばななファンにもおすすめですよ。







by hamaremix | 2018-01-25 19:31 | 本ーこれいいよ | Comments(0)
私が雑誌を定期的に購読した最初は
やはり「少年マガジン」「少年サンデー」
そして「少年ジャンプ」
小学校〜中学校
あたりでしょう。


そして
ロック少年として芽生えた中学校の頃に
街の本屋さんでみつけた「ミュージック・ライフ」
の面白さにはまり
毎号隅から隅まで読んでいました。
ほとんど知らないミュージシャンばかりでしたが、
かっこいいファッションやルックスの
アーティストを見つけてはレコードを買ったものです。

その頃にすでに「NEW MUSIC MAGAZINE」もありました。
後発で「音楽専科」というのの出ましたが、
定期購読は「ミュージックライフ」でした。

次に高校時代に美術・現代美術にはまり
それからは「美術手帳」を定期購読するようになりました。

「美術手帳」も最初は現代美術ってなにか分らないけど、
その表現の自由さに憧れました。
でも、作品の意味がわかるまでかなり時間はかかりました。
現代美術は勉強しないとわからないんですよ〜。
おかしいけど。笑

現代美術とも決別してからは
もう、定期的に雑誌を買うということはなくなりました、、

いまは学校にある「芸術新潮」が雑誌としては毎号見ていますが、
購読までは、なかなKいたりません、、、


「MUSIC LIFE」「NEW MUSIC MAGAZINE」「美術手帳」
は過去のはかなりの在庫あります。どうしますか、、、


ただ
「MUSIC MAGAZINE」の毎年12月に出る
特集ベストアルバムだけは、年に1度購読しています。

業界の人間でもないのに
その年の人気作・話題作をまぁまぁ同世代のライターたちが
教えてくれるので、
聴くべき音楽の情報として読んでいます。


本ーこれいいよ vol.8

「MUSIC MAGAZINE/2018年1月号」通算670号

株式会社ミュージックマガジン社

d0218056_07134011.jpg

音楽ランキングの特集なんですが、
実は、
そのアルバム・ジャケットのデザインの新しさを楽しんでいる
というのが本当のところかもしれません。

ほとんどは聴かないんですよね〜。


でも、役立つ時がくるので、手元においてあります。





今年は2017年度のベストアルバム
アメリカではファーザー・ジョン・ミスティ「ピュアー・コメディ」
イギリスは昨日話題にしたザ・エックス・エックスの新作が
ベスト1でした。
日本のロックはコーネリアス「MELLOW WAVES」でした。



それにしても通算670号です。

毎月1巻
55〜56年続いているんです。

すごいなぁ、
もちろん編集長などは変わりつつも
骨となる部分は継承されてきてるようですぞ。






by hamaremix | 2018-01-20 07:19 | 本ーこれいいよ | Comments(0)