人気ブログランキング |
ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

TRIO EXHIBITION 2020/ テーマ案

今度の金曜日にTRIO会議を行ないます。

来演の展覧会のための打ち合わせですが、
天覧会そして作品制作における
テーマと方法論を決めようということになっています。


今日は私の案を紹介します。

トリオにメンバー福田&中澤はこのブログを見てないだろうから、
皆さんに先に見てもらいます。笑



まず、TRIOで天覧会をするというのは
普通のグループ展とは、出品者同士の距離が全然違うのです。
個人個人が自由に作品制作をするのとはちがって
ユニットとしての仕事が問われるのです。

そこが難しい、、、、


で、今回私が考えたのは以下です。



TRIO EXHIBITION 2020
テーマ案(浜本)


1. 蘇生 REVIVE
科学の進歩、AIの参入により 科学的でないと歴史から追い出され無用のものと、
  して消えていくように見えて、実は私たち人間(日本人)の精神の安定になくては
ならないと思われるものを蘇生させ(ふたたび形を与え),光を与える。 
(幽霊、妖怪、幻獣、歴史的英雄、悪)



2. 詩と絵画、詩と立体、詩とオブジュ
  TRIOが得意とする「言葉使い」から、詩の制作を行い、その詩からイメージした
   作品制作を行なう。詩を文字として絵画化するもあり。
  (詩のテーマがまたこれからの件案になりますが、現代をリアルにきりとったような、
   あるいは現代人の心のありようをあぶりだすような詩)



3. TRIO図書館 
  本を素材、テーマに作品作りをする。 → 資料参照



4. カオスの出現(現前)
  あらゆる情報、プライベートなささやき、ぼやき、クレームから、高次の科学情報
  や政治的メッセージなどが、高低、聖性と属性、重要、無意味な情報が同じレベル
  で扱われ肥大に肥大を続けるインターネット。価値観の多様性をブラックホールの
  ごとく飲み込む。そこは無政府状態のカオスかあるいは理想郷か。
  価値観の多様性=カオスor理想郷、をTRIOのメンバーで表現する。
  


さて、どのようになりますことやら、、、、笑



by hamaremix | 2019-09-11 20:07 | アート | Comments(2)
Commented at 2019-09-12 19:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hamaremix at 2019-09-12 21:20
アーティスト同士の話ではこれぐらいのことを言ってるんですよ。笑
作品作りは直感に頼ることが多いんだけど、導入ではちょっと頭を使っています。
詩は得意とは言えないまでも、好きなんですよ、実は。

矢沢永吉はノーです。なんで、押すかなぁ。
ちょっと意味が分らない。

カオスは一番難しいテーマとなると思ってます。たぶん観者の理解が得られにくいからです。