人気ブログランキング |
ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

ギュスターヴ・モロー

ギュスターブ・モロー(1826~1898)を知っていますか。

19世紀フランスの画家です。

19世紀のフランスと言えば、印象派の台頭があり、
フランス画壇に大かれ少なかれ影響があったはず。
そのなかでモローは旧態の印象派以前の
フランス絵画の伝統を受け継ぐ画家だったといっていいでしょう。

つまり絵の題材となるのは、日常の風景や生活ではなく
神話や聖書の物語なのです。
古典主義です。

産業革命、市民革命があって社会も大きく変わる中
印象派は新しい表現として受け入れられていきますが、
古典主義は徐々に時代から乖離し始めたのが19世紀後半です。

新しい時代が動き出している時に
古典主義として絵を描き続けたのがギュスターブ・モローなのです。


フランスに限らずヨーロッパの古典主義絵画って、
その優美さは堪能できても。その内容を私たち日本人が本当に理解することは難しいです。

なので、モローの作品も理解しがたい
イメージが私にはありましたし、
展覧会で初めて彼の絵画に触れたあとの今でも、
???マークの多い観賞後でした。



あべのハルカス美術館に行ってきました。
d0218056_21223614.jpg
今回の展覧会のテーマは
サブタイトルにある〜サロメと宿命の女たち〜です。

そして一番の見どころは、
サロメの話を絵にした「出現」です。

d0218056_21251908.jpg
ギュスターブ・モロー「出現」

モローの代表作です。

展覧会ではこの絵の油絵本作に加え、油画の習作に加え
数多くのデッサン、クロッキーが展示されており、
モローのこの絵の完成に向けた並々ならぬ、意欲が伝わってきました。

私たち鑑賞者は出来たものしか見れないので、
さらっと、その完成作が生まれているように思ってしまいがちですが、
画家は何もない白紙の空間から絵を始めるのです。

テーマをどのような構図で描くのか、
それを決めるだけでも大変です。
そして登場人物の顔、ポーズ、意匠、
関係性、、などなど、
すべて一から考えるのです。

今回の「出現」に関する多くの資料から
この絵のイメージを必ずものにするために、
相当な構想期間があったのもわかりました。


生首は空中に浮いてます。
しかも結構リアルに肉など描かれていますので、
インパクトの大きい絵です。


でも、、かなりの割合で
未完成の部分が多いです。


この作品限らず、今回ハルカスにきた作品の多くが
未完成でした。(習作が多かったからとも言えますが)  笑

d0218056_21373948.jpg
この絵など私にはさっぱり良さが解りませんでした、、、、、


会場彩最後に「一角獣」がありました。

この絵も今回の見どころ(ハイライト)です。

d0218056_21390861.jpg
「一角獣」


かなりの未完成度ですが、人物は描けています。
ですが、他を描くモチベーションがなかったのか、、、、
手つかずの背景の多いこと、、、、




難しいモロー、
色の感性が合わない、
テーマが共鳴できない、



いろいろと思いましたが、、
やはりわたしにとって謎多き画家でした。








by hamaremix | 2019-08-25 21:47 | アート | Comments(2)
Commented by yuurakuotozaemon at 2019-09-04 18:47
そうか、あのモローの時代は、過去絵のノスタルジーと憧れや夢がいっしょくたになっての時代です。
騎士は黒騎士ですね、ドイツの黒い森の亡霊ですよ。死の使いです。そして過去に遡るこのタパストリーは、一角獣は不倫の印、象徴主義、新古典主義だったかの時代の思想影響を受けているように思います。まあ、時代の影響ですね
Commented by hamaremix at 2019-09-07 18:29
少し経ってからの感想ですが、初期はものすごく綺麗で完璧な画風だったのに、この崩れ方はちょっと、かなり破滅的というか、冒険心にとんでいたか、その両方かですね。
でも、僕は油絵の画風が好きでないんです。ドローイングはとってもいいんですがね。