人気ブログランキング |
ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

美的センスの育て方

絵を描くきっかけになるのは、私の場合
毎日行きている中でのこころが震えたこと、喜んだこと、
すごい発見したこと、
そしてそれらに感動をもって体験したときに
最も描いてみたいと思えます。

テレビやネットの情報ですごく感動することもありますが、
やはりリアルで実体験したことが最も
強い制作の動機になります。

その動機をどのような形で絵にするかは、
アイデアを練ることが大切で、
ぱっと思いついただけでは、足りません。
思いついたぐらいでは、他の人が大概すでにやっていたり、陳腐なものにしかなりません。
思いついたことを、
「どのように表現するか」がとっても大事です。

視覚の位置(目線の在り方)、モチーフの大きさ、
構図の力学(まともすぎても面白くないし、崩し過ぎてもえになりません)、
どれほどリアルに描くかなどを
最初につめてつめて、練らなくてはいけません。

なので、この段階でもっとも左脳を使います。


下絵が決まればあとは、
感性の領域での仕事になります。


その感性って、どうやって養われるか、、、
これはもう、日々の美的チョイス(選択)につきます。

どんな色が好きか、どんな服が好きか、
どんな髪型だ好きか、
どんな家に住みたいか、リビングにはどんなものを飾るか、
そしてどんな本を読むか、
どんな音楽を聴くか、
どんな映画が好きか、
好きな絵は、、、、、

ということをしっかり自分自身の美的嗜好を知り極めていかなくてはいけません。


そうした美的センスには、実はその人の哲学が隠されています。
そこまで分ればもう、表現者ですよ。

でも、
この美的センスって教えられるものではないです。
おすすめはできますが
おすすめしたとて、その人がそれを好きになれないのであれば、
馬の耳に念仏、豚の真珠、猫にこんばんはです。


結局、自身が何に影響を受けるかによりますね。


適当に服を着てるんじゃありません。
(はは、今日はたぶんにいいきりモードです、、、)

しっかり、自身のコーディネートを高めないといけません!!!


わたし? テキトーは少ないですよ。
あえてダサくするとか、普通にするとか、ちょいお洒落っぽくとか、
人を元気にするかなとか、
考えています!!



話が着地しません、、、


言いたかったのは、今日観た映画の主演の男の子
ティモシー・シャラメが綺麗すぎて
見ていて飽きない、、演技も上手い、、
ちょっとまた感動したってことを言いたかったのです。


映画「ビューティフル・ボーイ」

男親と青年の男のコの親子であるからこそ複雑な関係性のなかで、
苦悩するドキュメンタリー的なタッチの内容です。

若い人はこの映画の感覚はよくわかると思います。
お父さん世代には、身につまされる話かもしれません。

親子の愛が綴られますが、
介入するのは、現代的な社会問題がテーマです。

タイトルはジョン・レノンの曲

プロデューサーはブラッド・ピッド

ロック・ポップミュージックが背景で沢山なります。

シガー・ロス、ニルバーナ、ボウイ、ニール・ヤング
ペリー・コモ、EGTB,
など等



by hamaremix | 2019-04-14 20:41 | ライフ | Comments(2)
Commented by yuurakuotozaemon at 2019-04-22 19:57
この映画いいじゃない、こんな家庭が増えてるよ
とんでもない時代やで
Commented by hamaremix at 2019-04-22 22:03
実はヤクが絡んでいて、大変な内容、、ディープ