ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

リチャードの猫

じゃ〜〜〜ん。

d0218056_21381863.jpg
うわっ、、

すごい!


d0218056_21405178.jpg

な、なんと、、




d0218056_21432035.jpg

きれいですし、、夢みたいな画像、、、、



これはいったい???


d0218056_21441336.jpg


うむ?

CGかぁ???



d0218056_21444949.jpg

いいなぁ〜〜〜。








さて、

これはやはりコンピュータ・グラフィックでした。
実際にここまで巨大なトピアリーを植物で作り上げることはありえないこともないけれど。

作者は
イギリス、ハートフォードシャー州、ステイプルフォード在住のアーティスト、リチャード・サンダースさん(69歳)。
今は亡き愛猫トーリーをモデルに作成したものでした。


6_e
このアイデアが浮かんだのは地元にあるビーコンズフィールドの庭園を
訪れたときだった。
今年2月に永眠した猫・ロシアンブルーのトーリーを
偲んでいたサンダースさんは、
眠っているトーリーの姿に似たトピアリー(植木)を見つけ、
庭園の写真に、納屋で撮影したトーリーをデジタル合成したのが始まり
ということです。



単にインパクトを狙って作っただけのものではなく、
トーリーが大好きだったというリチャードさんの気持ちが
CGに込められていると思いました。




ファンタスティック!

 

by hamaremix | 2018-11-07 21:56 | アート | Comments(4)
Commented at 2018-11-08 20:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ゆきたんく at 2018-11-08 23:45 x
いやあ,うちではネコを飼っていたことがありますのでね。
この質感たまりません。
本物そっくりです。
って,CGなんですか。
素晴らしいですけれどね。
Commented by hamaremix at 2018-11-09 22:25
遊楽さん、比べるのはちょっと、、、世界観がまるで違うので。
Commented by hamaremix at 2018-11-09 22:30
ゆきたんくさん、猫飼ってましたか。
これはほんと質感すごいです。それに猫の肢体がとってもリアルなのですが、たぶん愛猫の元画像があってそれを加工したんだと思います。
そんなことより、見た目のすばらしさですよね。こうゆうアートは頭と心が温かくクリーンになりますね。