ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

ロンリーなみんなへ

いつもありがとう。
金曜日はだいたい「音楽の深い森」と決めています。

いままで、一度紹介したミュージシャンは出来る限り
2度の登場はないようにしてきましたが、そろそろ、限界もきたので、
いいミュージシャンのものは2度登場でも
どんどんピックアップしていこうと、態度を改めました。笑


で、
今日はロイ・オービソンです。
若い人は全然知らないだろうし、年輩の方でも、
同世代の方でも、あんまり知られてないなオールディーズ(50s~60sに活躍)の
ミュージシャンです。

オールディーズはいいんだけど、やはり古き良き時代の音楽って
感じなんですが、
ロイ・オービソンの曲は、今でも古さを感じさせない
リアルな音楽として、感動ものなのです。

あ、、1965年に放った「プリティ・ウーマン」は有名でした!!

知ってますよ?



あの曲はロイ・オービソンにしてはキャッチー過ぎる曲ですが、
大ヒットでよかったなぁ〜なんて、
勝手に思う次第です。


実は、、、、、、


最近アマゾンで、ベスト・アルバムを買ったんですよ〜〜〜。



音楽の深い森 348
ロイ・オービソン 「Only The Lonely」

これは1960年あたりのヒット曲ですが、
演奏は1988年の再び脚光を浴びカムバックした時のものです。

みんな寂しい時代の
ロンリーな曲。

涙、なみだ、です、、、




さて私が大好きなのは以前にも紹介しました
in Dreamsです。

デビッド・リンチの映画「ブルー・ベルベット」に使われていて、
リンチはこの曲をどうしても自分の映画に
刻み込みたかったんだろうと思います。
切なすぎる歌、、、、

その映画のシーンとロイの画像をダブらした
秀逸な映像で、もう一度どうぞ、、





by hamaremix | 2018-06-08 20:10 | 音楽 | Comments(0)