ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

芦の節の間

d0218056_20171412.jpg
旧暦によると今は「晩春」
二十四節気では 穀雨(こくう)
沢山の穀物をうるおす春の雨が降るころのこと。

七十二候では「葦始めて生ず」
水辺の葦が、芽を吹きはじめるころ。
夏には背を伸ばし、秋には金色の穂が風になびきます。


葦を身近くに見れるのは淀川ですかね。
大阪湾ではなかなか自然の風景が残っていませんし、
行きにくいし、落ちつく所もないですね。
残念ながら。





訳:難波の潟に生えている葦の、節と節との間が短いように、
ほんの短い間さえあなたに逢うこともなく、
このまま一生を過ごしてゆけと言うのですか。

伊勢

百人一首






by hamaremix | 2018-04-23 20:34 | 日本の美 | Comments(0)