ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

爆買いCD2

レコジャケって
形のない音楽を、いろとかたちでもって
ビジュアルイメージを作り出す作業ですが、
そこに音楽家の感性が反映されているはずです。

なので、「自身の音楽をビジュアル化すれば
どんなものになるか、』
という本来音楽家が得意としないジャンルの作業を行うことになります。

そこでそのイメージ化の助っ人として
デザインナーやイラストレーター、あるいは画家、写真家
が現れます。


そんな音楽家とクリエター達の共同作品が
レコードジャケット。

これを見るのが楽しいんですよ〜。


レコード・ジャケット・フォエバー 10
爆買い無差別編 2

vol.94 GREATFUL DEAD 「LIVE」
d0218056_10334270.jpg
「安楽死」と言う名のバンドGREATFUL DEAD

の初のライブアルバム。1969年の作品。


以前から焼きCでゃ持ってたんですが、今回中古を発見!

日本版帯に「これがロック史における偉大なる神話、
“ライブ・デッド”の全貌だ」とある。

もう1度しっかり聴き込んでみます。




vol.95 FLEET FOXES 「CRACK-UP」
d0218056_10473815.jpg
去年ついにでたフリート・フォクシーズの新作。

今までは絵画やイラストの印象的なジャケでしたが、
今回は海辺の写真。

煮え立ってるような海面と右上の燃えているようなデイライトイエローが意味深。


音楽は一言、「内相的な引きこもり」
もちろん力強くもあるんだけど、
ポップな面は少なくなった。


ジャケのように渋く、浮ついたとろろのない、
地下水脈のような音楽!


これあまり人気はないようだけど、
私は好きだ。




vol.96 MIKA 「Life in Cartoon Motion」

d0218056_10542156.jpg
全くもってジャケ買い。



前々から気になっていて買いました。

ちょっと飛んでる感覚が楽しそうだと思いました。




でも、音楽はポップなんだけど、普通のふつう。

面白くなく、買いは、失敗でした、、、、、笑





vol.98 ivy「LONG DISTANCE」
d0218056_10554685.jpg

エムさんが学生の頃貸してくれて、
そのオシャレな感覚がすぐ好きになりました。

フランスっぽい、またブラジリアンな音楽をイメージしますでしょ。

そんな感じもあってややアンニュイです、、でも英米的が基本。

数年ぶりに本物を手に入れました。


2000年の作品








vol.99 THE YOUNG RASCALS「GROOVIN」
d0218056_11011620.jpg
ロック&フォークの古典ですが、
音楽はブルーアイドソウル。

白人が黒人ポイ音楽をやった初期のもの。

タイトルの「グルービン」は山下達郎で
とおーい昔から知ってたけれど、
原曲は聴くのは初めて。


他にも知ってる曲があって、
とっても楽しめましたよ。







ではでは、私の爆買いCDはしばらく続くでしょう。




ではでは、

すてきな日曜日をお過ごし下さい。






















by hamaremix | 2018-03-04 11:06 | レコジャケ・フォーエバー | Comments(0)