ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

お店の記憶

d0218056_08221471.png
 絵カレンダー26 歌川広重「木曽路の山川」(1857) 〉


米問屋北村屋が立ち退きに、
そして
店の小品の売り物、棚、経理帳、丁度など全てを
整理して何も無くなってしまったお店のなか。

佇む御霊さんと息子。


かって、
私の両親が営んでいた文具店をたたむ時のことを
思いだしました。

あっけなく終わってしまったものの、
たぶん50年もの長い間、ここで汗水ながして
生きてきた場所。

息子にとってはなんとも言えない、
寂しさがありましたが、
この場所に感謝の気持ちがわき上がってきたものです。



しばらくはカーテンを閉めたままのお店で外観は残っていましたが、
ある時、
お店のあったところにマンションが建っているのを見ました。



ここに両親の生きた証しは無くなってしまい、
私たちの記憶の中にしか存在しなくなりました。


そして
私たちが無くなってしまえば、
ははん、当たり前ですが、
誰もそのお店「かどや商会」のことを知る人もなくなるのです。









by hamaremix | 2017-11-04 08:40 | ライフ | Comments(2)
Commented at 2017-11-13 19:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hamaremix at 2017-11-23 19:43
文具店の閉店は10年近く前の話でした。