ラスト・ジェダイ

d0218056_20231040.png
ルシアン・フロイド「ベッラ」
1981年〈絵カレンダー3〉












ここ数日で「STAR WARS 」エピソードⅠⅡⅢを一気に観ました。

10年以上も前に観ていた以来なので、
かなり記憶が薄れたり、剥奪したりしていたので、
かなり新鮮な心で観れました。

鮮明に記憶に残っている所でも、入って観れました。
なかでもエピソードⅠは3度くらい観てるのと、
始まりの章でもあって、明るい内容だし、
ナタリー・ポートマン、ユアン・マクレガー、
アナキン、クワイ・ガン
など、みんな若く輝いてて、フォースの明るい面が
際立ってた章で楽しいです。

この最初の3部作はナタリー・ポートマンと
ユアン・マクレガーの美しさがウリですよね。
どちらも大好きな俳優なので、
みんな好きですよね?
観ていて気持ちいいです。

それにしても
エピソードⅡはビックリするぐらい、殆どが記憶に無かったですね〜。
アナキンとパドメのラブラブ・シーンのみ
記憶に残っていたというのはどうゆうことでしょうね?



今日はエピソードⅢを観ました、
とっても哀しく切ない作品で、
見終わった時にはズド〜ンと思い気持ちになりますね。

アナキンが暗黒面に堕ちていき、
それまで信じていた人たちに敵意を持ってしまいます。
愛しているパドメにも手をかけたりして、
正義のこころを持ちつつも
悪にいたってしまう展開は哀しいトーンでしかありません。

そのアナキンがオビワンにやられてしまう最後のところは
えぐいまでの表現で、
ダース・ベイダー誕生に説得力を与えていました。



今年の年末はエピソードⅧの公開ですね。




タイトルは「ラスト・ジェダイ」に決まったと発表されたところです。

by hamaremix | 2017-01-26 20:49 | 絵カレンダー | Comments(0)