It Never Entered My Mind

マイルス・デイビスが1956年に演奏した
「It Never Entered My Mind」
アルバム「Workin’」の冒頭に入ってる曲。

数日前、、、突然、これはいい曲だ!と分かりました。笑



ジャズってこうゆうこと多いです。

何度も何度も聴いていても、その良さがなかなか分らず、
それでも、流して聴いていると、
ある日突然に、その曲の魅力に気がづくってことがあるんです。


しかもこの曲、アン・バートンもやっているではないですか。

こちらも数えきれないほど聴いてましたが、
マイルスがやったのと同じ曲だとは、全く気づきませんでした。WWW


ジャズは本当に奥深いです。




ジャズ・スタンダード 005
ルイス・バン・ダイク・トリオ 「It Never Entered My Mind/1940」


このルイス・バン・ダイク・トリオは、
アン・バートンの2枚の超名盤「BLUE BURTON」「BALLADS&BURTON」のバックを
支えたオランダのトリオです。

老練の技をお楽しみ下さい。


歌詞の内容は「わがままばっかり言ってると後で泣くぞ」。



そのアン・バートンとルイス・バン・ダイクの名演。
音だけですが、、、、素晴らしいですよ。











もう一曲、私が覚醒したマイルスのバージョンです。

ピアノのレッド・ガーランドがイントロ、バッキング、ソロ、
どこをとってもいいですね〜。


by hamaremix | 2017-01-11 22:15 | ジャズ・スタンダード | Comments(0)