人気ブログランキング |
ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

中道

生きることが苦悩である(苦諦)とは、
“思い通りにならない”ということです。

そこで、苦悩が生起するメカニズムヲ知り、
苦悩を解体するための実践道を説きます。

その実践道(道諦)は<八正道>として表現されます。

その八つの正しい道程とは、

「正見(正しいものの見方)」
「正思(正しい思考)」
「正語(正しい言葉)」
「正業(正しい行い)」
「正命(正しい生活様式)」
「正精進(正しい努力)」
「正念(正しい記憶)」
「正定(正しい瞑想)」

だそうです。

では、ブッダが考えた「正しさ」とは一体どのようなものだったのでしょうか?
1、妄見(自分の都合によって認識がゆがめられる。)から離れる。

2、転倒(きちんとしたメカニズムを理解しない)を離れる。

3、「極端を離れる」

このような姿勢を「正しい」と考えたようです。

つまり、八正道の「正しい」というのは、偏りのないことを指します。

これが<中道>ですね。
<中道>のなかでも特に苦楽中道といわれるところです。
「ひとつのことにこだわって、もうひとつをおろそかにしてはならない」、
これが<中道>です。

「いきなりはじめる仏教生活」釈徹宗



長い引用でしたが、

苦悩が生起するうんぬんより、人間として

ちゃんとしたいという内容の話でした。
by hamaremix | 2015-06-02 22:54 | 哲学 | Comments(0)