美術ノート vol.2

d0218056_21451381.jpg

1992年ー4月号

北極カイト(以下K)「こんばんは、今日はいい陽気でしたね。」
浜本隆司(以下H)「ほんとだね。制作も心地よくできました。体調や
気持ちのコンディションは天気に左右されちゃう。」
K「そうなんですかね?」
H「うん、カイト君は若いから体調とかあまり崩れないでしょう。」
K「朝は駄目です。」
H「それは体調ではなく寝不足だよ。笑」(笑)

K「浜さん、続き始めましょう。『美術手帳』の話です。」
H「あ〜、父さんのおはなしね。」
K「あっ、だしましたね〜親父ギャグ。」
H「あっごめん、無意識。」

K「『美術手帳』の存続があやうい状況ですが、浜さんは、どう思ってるんですか?」
H「『美術手帳』ねぇ〜。残念だと思うけれど、最近は読んでないから、
本当は、結構さめてて、潰れることにも時代やなぁ〜って思うくらいだよ。」
K「僕はちょっと寂しいです。『美術手帳』に触れてせっかくアートに
親しみをおぼえ始めたところだったからです。」
H「『美術手帳』は確かに現代アートの唯一のコミュニティだったからね。
もし無くなったとしたらどうなるんだろうって思う。現代アートはもう無くなるかもしれない、
ってね。最近の特集とか見てても苦しい感じだったからね。美術以外のことを特集するのは
別に悪くはないんだけど。もう、節操がなくなってきた。」

H「ちょっと前まではアートの流行や海外の動向を紹介するという編集姿勢が
はっきりあったんだけど、今やアートの流行も見えないし、
海外の動向も面白くないから、特集できないんだろうなー。」
K「海外のアートとか僕は興味ありますけど。」
H「そうなんだ、でもカイトくんみたいな人は超少数派だよ。」
K「はい、ひとりの秘かな楽しみとしてます。」
H「はは、僕らが読んでた時代は(80年〜90年半ば)は、『美術手帳』に記事として
取り上げられることが、先ず第一目標みたいなとこがあったんだよ。
そして、取り上げられた人を見て、こうゆうのがいいんだ?って、
状況把握してた。」
K「はぁ〜、『美術手帳』に限らず、メディアに取り上げられるって
普通に嬉しいことですよ。」
H「まぁ、普通はね。でも現代アートなんてマイナーな世界だから、
他に取り上げてくれるようなところは少ないんだよね。」

d0218056_22455054.jpg

2000年4月号

H「だから、前衛〜現代美術〜現代アートそしてアートの日本での
流れは『美術手帳』が作り出したとも言えるんだ。」
K「、、、、」
H「今はアートの情報もネットに移行してるから、『美術手帳』の役割も
もう終わったのかもしれないって思う。」
d0218056_2252173.jpg

2012年6月

H「また、『美術手帳』で勉強したことも一杯あったんだよ。
海外や東京のアートの手法や考え方を知ったし、美術評論というものが
どうゆうものかも知った。古典的な作家のことも知った。
とってもお世話になりました。」
K「僕はなんかアートってかっこいいって『美術手帳』見て思ってた。」
H「あー、そうだね。かっこいいだよ新しいアートは。
イラストなんか、アートの世界で流行ったのが、
1年や半年後なんかに流行り出すからね、アートは流行を作ってたりもする。」
K「あと、訳がわからないけど面白い。」
H「はは、作ってる人でも訳がわかってない人も沢山いると思うよ。笑」
K「ええっ、訳のわからないまま作れたりするんですね。」
H「そうなんだよ。アートって何してもいいからって、
手法ばっか考えてる奴も多いんだよ。」
K「そんなことって意味あるんですか?」
H「はは、意味はないよ。けど、意味が無いほうが見る方は気軽でしょ。」
K「気軽?っていうか、頭がもやもやすることもあります。」

d0218056_23111712.jpg

2014年2月

H「僕は現代美術にハマってたんだけど、今では敵視してるような感じでやってるんだよ。
それは、『目立ちゃいいんだろう』とか、『人をビックリさせることに熱心』なだけで、
下ねた、エロとグロでやってるようなの見てられないから。
それが現状だと思うから、なおさら嫌になってくるの。
アートって自分の成功の為か?ってね。
それは過剰な自己愛だけしかないのに、、、、」

K「嫌いなんですね。」
H「いや、、、嫌いなのが多いけど、真摯に見る人とのコミュニケーションを
考えてる人達も居るからね。」

H「もう、自己愛や自己表現だけの表現はやめましょう。」
K「表現て自己表現じゃないんですか?」
H「かってはそうだったけど、今は違うと思う。ここはまたゆっくり話します。」
K「あっ、是非聞かせてください。」

H「うん、今日はこのへんかな、、、」
K「そうですね。ありがとうございました。」
H「こちらこそ、、」
K「おつかれさま。」
H「おつかれ〜」

by hamaremix | 2015-03-17 23:32 | アート | Comments(2)

Commented by 亜鶴 at 2015-03-18 00:40 x
続き楽しみしてます。ちなみに美術手帖存続らしいです。業務譲渡の可否についてはスポンサー、立候補者多数。とにかく刊行自体は現段階なんとか続くみたいですよ。確かにここ数回の特集は特にあれでしたけど今の最新号は良いですよ。買って2kwにおいてるんで金曜みますか?あと報告したい事もありマス
Commented by hamaremix at 2015-03-18 07:20
またいい事あった?快調に進んでるようです何より。最近はかなり情報統制しているので、手帖もほぼ見ないの。パラ見だけさせてもらうよ。ありがとう。