ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

こころが綺麗になる/澪ちゃん

d0218056_1904041.jpg
澪ちゃんです。

澪ちゃんのファンの人は、

「澪ちゃん、澪ちゃん」とまるで自分が澪ちゃんの

親戚かなんかのようなつもりで、語り合うとか。


それはまるで「まおちゃん、まおちゃん」って

みんながまおちゃんの親戚のように、

気にかけて、好いている様子に似ている。


なるほど言いえてる。



とミオサワさんが言ってました。笑



みをつくし料理帳の最新刊が出ました。
美雪晴れ(みゆきばれ)




そして、今日の朝、

ラジオに作者の高田郁さんが出演されていました。

そのラジオというのが

ミオサワヤスシの「どっきりはっきりミオサワヤスシです。」

という番組です。


高田さんの声は
紀伊国屋書店で自身の出版本の語る
店内放送で聴いてはいましたが、

ライブで聞くのは初めてでした。



新刊も凄い人気だそうです。

私も紀伊国屋書店のランキングで百田さんの2冊についで
堂々の3位にランクされているのを見ました。


最新刊は9巻目になりますが、
この最後に
「シリーズ開始から早や5年。次でいよいよ最終巻になります。」
と記されています。

こうゆう告知って、普通しないですよね。

でも、

高田さんのもとへ
ファンの方々が、いろいろ言ってこられるらしくて、

米寿になられた方から
「私は澪つくし料理帳の最後まで読み切れるかどうかが、
気がかりで仕方ない」
などと言われて、
編集者の方と相談して、
十巻までだと宣言してしまおうと決めてのことだったそうです。

で、次(第十巻/この夏出版予定)で終わると
知れてからは、
澪ちゃんが終わったら、
これから何を生き甲斐にしていけばいいのか分らなくなる。」
といった声が上がり、終わらせないで欲しいとの
投書が殺到しているとか。笑


みんな勝手なこと言ってますねぇ。笑


でも、高田さんは
最初からこの物語のストーリーは十巻まで全て計画してあり、
終わらせるつもりのようです。

それは、その方がいいですよね。

売れるからと、変なエピソードを作って
だらだらと続けても、物語の全体の美しさを考えると
ろくなことはありません。
きっぱりと終わってもらいましょう。

と私が言うこともないのですが。


高田さんを見いだしたのは、
角川春樹事務所の新米編集者(高田さんからすると息子のような歳の)
らしくて、
デビュー作の「出世花」を読んだその若い編集者が
高田さんに連載の話を持ちかけてきたそうです。

「出世花」もそうですが、
江戸時代を舞台にした時代小説が売れるには、
「江戸が舞台であること」と、「武士が刀で切り合うチャンバラ」が
常識だったけど、
高田さんが連載のストーリーに選んだのは、
江戸ではあるのものの
チャンバラは出てこない。

それでも構わないとこの若い編集者の方は
高田さんの構想を支持してくれたそうです。


こんなにも売れたのは彼のお陰ですと言っておられました。

刀はでないけれど、包丁で勝負するって思ったそうです。


また、澪ちゃんは大阪出身ですが、
それも、初めて時代小説を読まれる方に
澪ちゃんと同じように
江戸を初めて体験する人にも
江戸がどんな所かが一から分って良いのではと思ったそうです。


「みおつくし料理帳」が初めて世に出た頃、
知名度が無い中で、
ミオサワさんの番組に出演する機会を得て、
リスナーの方に興味をもってもらい
支持されたことも凄く売れた大きな要因です。
と社交事例めいた本当のことも、
今日の番組のなかで教えてもらいました。


新刊はまだ読んでいませんが、

「みをつくし料理帳」は本当にいいですよ。


何が良いかというと、
「人が人を思いやって生きるということ」が
ナニワな感覚で描かれているところです。


「何か面白い小説を探しておられる方」、

そして「こころが綺麗になりたい方」

に是非読んでもらいたいです。



あまり料理に興味がなくっても大丈夫です。

私がそうでしたから!!
by hamaremix | 2014-02-28 20:10 | 文学 | Comments(2)
Commented by コアラ at 2014-03-01 07:02 x
紹介されて読み始めたわたしがはまりにはまって
それを紹介させてもらったハマーさんがこれまたはまりにはまってくれて
こうしてブログで何度も何度も書いてくれて
本当に本当に嬉しいです!!
銀二貫だったかな?後記のところに書いてあったけど高田さんって
ご自分で書く小説に出てくる料理、一から全部つくってみるんですってねー
しかも、ちゃんと美味しく成功するまで何度でも何度でも。
すごいですよね、ホントに。
最近教室が妙に忙しくまだ読み始めることができていませんが
出世花ホントに楽しみです♪
(ちなみに教室に寄っていただいたあの日、いらしてた女性会員さんも澪ちゃんはまってるとのことで、あの後ふたりで澪ちゃん話で盛り上がりました~)
Commented by hamarimix at 2014-03-01 08:38 x
コアラ、いいものは口コミでじわーーっって広がっていくものなんやね。僕が最初「銀二貫」を買ったのは、書店の方が書いた帯の文章で、本当にいいと感じた文章だったからで、そうゆう、いいものは僕やコアラみたいに他の人にも薦めたくなるもんだよね。高田さんが澪ちゃんならどのように料理を作るか、自分でやってみてから小説に書くってラジオでも言ってたよ。
その会員さんが「出世花」読んでなかったら回してあげて。笑