ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

失われた焔

d0218056_747344.jpg


時代劇とか見ていると
夜は必ず火を持ち歩いています。

火がなければ真っ暗でどうしようもないので、
昔の人は火を扱うのに慣れていただろうし、
夕方に火をおこす行為は生活の一部だったでしょうね。

黄色い焔からオレンジ色の光を放ち
部屋を柔らかく温かいオーカー色に染め上げた部屋の色は
昼間に高ぶった
人の気持ちをとっても
落ち着かせたのではないでしょうかね。

今の生活でも間接照明だけの薄暗い部屋にいると
こころが凪になりますよね。


テレビやラジオ、音楽の再生機もないので、
聞こえる音は、風が樹木をゆする葉の音や
生き物たちの微かな息吹き。
家屋のきしむ音。
そして家人の所作の音。
とかです。


昔の夜の生活は
とっても静かな静かな世界で
こころは落ち着き、
神経が研ぎすまされていくような感じでだったのではないでしょうかね。

ときどきそんな暗い夜を過ごしてみたいと
思うことがあります。



昔は、家でも近所でも
たき火してものをよく燃やしていましたよね。

火は見ていて飽きないですね。

燃える焔のさまは
私達人間のこころの奥深いところの何かを呼び起こすような気がします。

水の流れ、海の波、雲の流れといったものと同じように。



d0218056_8181051.jpg


ロウソクの焔を使った作品を
学生達が作っています。

日本庭園をテーマに
放課後
午後6時以降に学校の地下室でのグループで制作しています。


キャンドルナイトに参加する作品ですが、

見る人達のこころに
何かをとどけるものが

ができるかなぁ〜。




by hamaremix | 2013-05-24 08:40 | いろとかたち | Comments(0)