ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

セガンティーニ

d0218056_17254482.jpg

春の牧草地


2011年もあと2日となりましたーー。

今はこの絵のような感じの精神状態ですかね、私。

毎年、1年も残すところ後わづかの日々という時の気持ちというのは、
どう例えていいのか、ほんとによくわからないですね。

1年のなかのどの行事とも違う、気持ちのわさわさした感じ。

そして、やはりアトリエや部屋や家の掃除や整理をしないとやはり悪いような、、

そして、この1年を振り返ってみたり、来年の計画を考えてみたり、

いろいろ、することがあるようなのですが、

それをこなしていっても

なんだか落ち着かない気がします。

この感じは何処から来るのでしょうね。

心と気持ちが、社会からフェードアウトしていくというような感じ。


この絵は、毎年ホルベイン工業さんから送って頂いてるカレンダーから画像を借りました。
毎年、歴史的著名な画家の絵をまとめたカレンダーで、楽しみにしているものです。
ことしはロートレックで来年がこのセガンティーニです。
(確か秋に京都の方の美術館で特集していていましたね。)
ジョバンニ・セガンティーニ(1858-1899

カレンダーの解説に
とても解像度の高い絵という喩えがありますが、
アルプスのくもりない空気によって、遠くまで、鮮明に描かれていて
印象派の遠くがぼけた空気遠近法とはかなり違った,冷たい空気感が伝わってきます。
ハイビジョンの画像に近い感じがして、
そのあたりが現代人の目にも新鮮に感じられるところですかね。

また、全然日本の風景とは違いますが、
ジブリが描く世界観に近いものがあるとも思えます。
理想郷的意味合いとしてです。
d0218056_17585392.jpg

編み物をする娘


モノに溢れていても、落ち着いた気持ちで暮らすことが難しい現代の日本。
人が周りに沢山居ても寂しい気持ちになる社会。

来年が少しでも、みんながこころ穏やかに暮らせることになればいいのですが、、、
by hamaremix | 2011-12-30 18:14 | アート | Comments(0)