ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

美術館まで行くのに、地下鉄「動物園前」駅から、「じゃんじゃん横丁」を通って、
「新世界」へ、、そこから動物園のど真ん中上の陸橋を歩いて美術館へ行きます。


昨日もGWの休日でしたが、、、
「じゃんじゃん横丁」「新世界」はもう、ビックリのすごい人だかりでした。

d0218056_1953136.jpg

外国人のかた、日本人の若者、小中学生、カップル、、、
そして、地元のおっちゃんおばちゃんら、、、
店員さん。

もう、ごったがえした賑わいで、

「じゃんじゃん横丁」「新世界」がと思うと、
感動的なまでの賑わいがありました。

d0218056_19553363.jpg

「ジャンジャン横丁」の遊び場。

d0218056_19561281.jpg

串カツ、たこ焼き屋

お店の派手な外観のディスプレイ、
大阪ならではのどぎつさ。
愛すべき下品な服がそろったお店。

d0218056_19592561.jpg


なんだか、どこかのテーマパークですよ、、、、


は〜〜〜〜、


星野リゾ−トが新今宮のあの駅前の空き地にホテルを立てることが話題になっていましたが、、

この人気をみれば、ありですよね。



天王寺〜動物園前〜新今宮〜西成
は最近話題が豊富ですよね。

Qズモール〜ハルカス〜てんしば〜美術館〜動物園〜新世界〜ジャンジャン横丁〜
〜スパワールド〜通天閣〜ちんちん電車〜

天王寺!凄くないですか!












でも、最下層の人たちが追いだされたりはしないだろうか???


そこが不安です。
# by hamaremix | 2017-05-05 20:07 | ライフ | Comments(0)
大阪市立美術館で現在開催中の
第70周年記念 全関西「行動展」を見てきました。

とってもうれしい驚きのできごとがありました。

美専の今年の卒業生の2人がそろって賞をもらっていたことです。



え〜〜、なにも聞いてなかったよ〜〜笑

、、けど、その分、
この眼でそれを知ったことで、
とっても嬉しかったですね〜〜〜。

しかも奥田さんはダブル受賞で、
最初に飾られていて、一般絵画部門のトップのような扱いでした。

d0218056_7141033.jpg

奥田麻里子「大阪市長賞」「ホルベイン賞」




佐藤さんのもとってもいいところに飾ってもらっていました。

d0218056_718429.jpg

佐藤萌子「カワチ賞」



ふたりとも卒業制作展で卒業生制作賞をとっていたので、
すでに、認められた作品でしたが、
「行動展」のような大きな舞台で取ったなんて、、、

学校の絵画の質の高さを証明してくれました!!


マイプランの西口さんも入選しましたよ。
d0218056_19184917.jpg


西口さんも絵が若い!!


行動展全体のなかでも3人の絵画は初々しく、とってもフレッシュな印象を放っていました。



奥田さん、佐藤さん、西口さん、
本当におめでとう。





連休、暇にしてる人

是非大阪市立美術館(天王寺動物園横)へ!!

第70周年記念 全関西「行動展」

今度の日曜日7日までやってます。



d0218056_7323013.jpg




本館では、木×仏像〜日本の木彫仏1000年〜展
それとコレクション展円山派と四条派をやっていて
こちらも必見っす。
# by hamaremix | 2017-05-05 07:34 | アート | Comments(0)
今日は、、、、

あれなんの日でしたっけ?

憲法記念日です。

あっ、そんな大事な日でしたね。ww
ゴールデン・ウィークの休日の一コマという感じでとらえていました。
久しぶりに休日がとっても嬉しい一日です。

今日は大阪市立美術館で、やっている仏像に関する展覧会と
「行動美術展」にいく予定をさっき立てました。

「行動美術展」にはBisenのガチャピン先生が会員さんで出しているし、
今年の卒業生2人にマイプランのNさんが選出されましたから、
どんな風に飾られているのかという様子を見にいってきま〜す!


いい天気なので、ピクニック気分で芝生弁当しますか。www






休日なので、気分を盛り上げるために一曲いっときます。


みなさん、素敵な一日をお過ごし下さ〜〜〜〜〜〜い。


音楽の深い森 293
スティーリー・ダン  「Reelin in the years」



映像にひとこと、カメラマン、ちゃんとリードギターを弾いてる人の指を映せよなー!
ボーカリスト必要?

リードギタリストはジェフ.スカンク・バスターってスカンクなんて名前付けてますけど、
素晴らしいギタリストです。

ロック・レジェンドです。1973年のロック若葉時代で黄金期の映像です。

スティーリー・ダンは当時、ちょっと変わったバンドとして捉えられていました。
ドゥービー・ブラザースやイーグルスといった派手でノリノリな曲ではなく
ちょっと地味な印象でしたが、
今思えばアート系だったのかもしれません。

聴く程に味わいが深くなる、大人な雰囲気を持っていました。

私はこの曲は、最初から大好きでした。


スティーリー・ダンを聞いてることが、なんかロックの通って感じでしたかね〜〜〜。

# by hamaremix | 2017-05-04 09:03 | ロック・レジェンド | Comments(0)
d0218056_22475913.jpg
5月になりましたね。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

ゴールデン・ウィーク楽しい予定がありますかね〜〜〜〜〜。


私の方は、今学期から新しい仕事が幾つか入ったので、

まだまだ全然余裕がない状態です。



最初が肝心なので、慣れるまで大変だけど、

得るものも多いと思うので、

しばらく、必死で頑張りま〜〜す。


この絵はエムさんの。

上手いしとっても魅力的だ〜〜〜。

d0218056_2248376.jpg

コラージュ258 「ナウシカ」


d0218056_2248685.jpg
艶っぽい絵が続きますよ。

これは岩佐又兵衛だったかな。



d0218056_22481064.jpg

コラージュ286  「バラック・バロック」

忙しいなか、一日休みが合った時にこのコラージュで遊びました。


これは本当に、私の「箱庭療法的リラックス」が得られる遊びです。


今回、本当にそう感じました。



d0218056_22482781.jpg

コラージュ287  「おとこキラリ」


d0218056_22482919.jpg

これまた艶っぽさ満載。

作者は若い女性ですが、お名前は忘れてしまいました。

う〜〜、魅力的すぎ!!!


そして、とっても好きなコラージュ・ページが出来ました。

それがこれ。

d0218056_22483293.jpg

コラージュ288  「トゥリー・キュート」


このページ、、、本当に好きだなぁ〜〜〜。

はは、自画自賛、、、私がじーさん。 自が爺さん。





明日のハード・ワークなので、、

今日はもう寝ます。






おやちゅみなちゃい♡
# by hamaremix | 2017-05-02 23:09 | ライフ | Comments(1)
これを見つけた時、ビックリ驚いた歓喜のあまり、
駄菓子屋さんの天井に頭を打つぐらい、
ジャンプしてしまいそうでした。


あるお菓子が、ある食品とのコラボによって、
とんでもないものを作りあげたのです。


あるお菓子とはこれ、、、、

d0218056_22432224.jpg


そう、、、

「ぼんち揚」です。

この「ぼんち揚」の色は普通のよりも、ちょっと焦げ茶色が濃い感じです。


は〜〜〜つ



どんな味なんだ〜〜〜〜〜〜〜



何味だと思いますか?????


絶対のあたらないと思います。

それだけ意表をついているのです。



買ってから3週間程、袋だけを眺めていました。

考えてもみなかった夢のコラボ。

これは
「今日のお菓子365」史上最高のトピックスです!!


今日のお菓子365 (141)
やみつき濃厚エクストリームソース
「日清焼そばUFO/ぼんち揚」ぼんち株式会社/大阪市淀川区三津屋

d0218056_22482572.jpg



ななんと、、、、あのUFO味なのでした。


は〜〜、、眼も眩むような美味しさで、まさしくUFO味でございました。



ぼんちさま、、、、ほんとうにありがとうございました。





そうそう、ぼんち揚は関東にはないんですよね、、、、、


# by hamaremix | 2017-05-01 22:55 | 今日のお菓子365 | Comments(0)
その音は初めて聴くのに、
懐かしい響きがして、

その映像は初めて見るのに、
いとおしい。


最大級のほめ言葉。


鉄とワインという名の個人プロジェクト、、、、
まぁ〜、コーネリアスみたいな付け方のひとりバンド名。

「鉄とワイン」、、、、「Iron & Wine」,,,,,,

私にはあまりピンとこない名前ですが、面白みは感じます。


いくつかいいオフィシャル・ビデオがありましたが、


これが、、泣かせます、、、、、、

いや刹那く泣かせます、、、、、、


この映像にはすばらしいポエジーを感じました。



多分、映像の制作はフリ−ト・フォクシーズの「White Winter Hym」を作った人と同じではないかと
思うのですが、、、、







音楽の深い森 292
Iron &Wine 「Joy」



# by hamaremix | 2017-04-29 23:18 | 音楽 | Comments(0)
あわぁ〜〜〜、阪急三番街が、、
すごく綺麗にリニューアルされてる!


今日仕事場の学校に行くまでにちょっと見物してきましたよ。


d0218056_18192618.jpg

阪急北出口から三番街へ向かう入り口。


d0218056_18202182.jpg

北のかっぱ横丁の方からの入り口。


d0218056_18211882.jpg

フラン・フランの店舗


ステイショナリー・グッズのお店で、仕事用のメモ帳を購入。




うろうろしていて、こころからの感動の発見がありました!!!!


数日前にこのブログで書いた「かっぱ横丁」の「古本街」が、
消滅したのではなく、移転してリニューアルされていたんですよ〜〜〜〜〜〜。

しかも、、、みちがえるような美しい街並として。。


ここは日本一綺麗な古本屋街ですよ。
いや、世界一かもしれません。

これは古本屋街の常識をはるかに超えた、店舗設計だと思いました。

しかも名前が「梅茶小路」

d0218056_18262967.jpg

阪急古書街「梅茶小路」


d0218056_18275043.jpg



「古本なんて時代に取り残される運命なんで〜〜〜」
このブログで嘆いたいたのは私の、はやとちりでした。。。

なんとも「愛のある」店舗に変身した古書街、、、、、



もう、涙、なみだ、ナミダ  しかありませんね。


阪急・阪神さんは素晴らしいです!!!!!




d0218056_18302220.jpg

「梅茶小路」入り口




そしてもうひとつ、

三番街のシンボルのようなものだった「かわいい水族館」(実際に魚類が泳いでいた)が
去年の秋に無くなったものの、
ここもレゴでつくる作品観賞のスペースとなってお披露目となっていました。

d0218056_183322.jpg

「京阪神の街並」

d0218056_18331843.jpg



d0218056_1834510.jpg

「レゴの甲子園」、、、、




いや〜〜〜〜、楽しい空間に変身したののです。




皆さん、開店セールやってます。



ゴールデンウィ−クは「三番街へGO」じゃないですか。







wwwwwwww



# by hamaremix | 2017-04-28 18:38 | ライフ | Comments(2)
d0218056_20464912.jpg

作者不明  〈絵カレンダー12〉

まず、私の絵ではありません。
なんか、ちょっと近いものを感じますが、全然違ってこちらの方が見習うべき画法が幾つもある絵です。

なんでしょうね?この絵は?
ドーナツが燃えていますが、、、、、


人生の奥深くに訴えかけるような絵ではないけれど、
発想の面白さと、技法の巧みさで、人の目線を釘付けにする絵です。



う〜〜〜〜〜ん、オモシロ〜〜イ。



私の方の絵の進行ですが、
現在描いている絵はもう少しで完成できそうです。

「とにかく、楽しい」絵を、がテーマです。


出来たらシンプルに面白がってもらえると思うのですが、、、、


今年の茨木現代美術展(5月下旬〜6月上旬)で発表できると思います。

ですが、「なんじゃこりゃ〜」という批判も確実にあるだろうことは分っています。www



そして、その次の絵のイメージが頭のなかで、

かなり具体的に映像が見えてきました!!!



自分自身描く前からとっても楽しみになってきました。

絵の内容は「日本の信仰」に関するような絵、、、かな。
# by hamaremix | 2017-04-27 21:33 | 絵カレンダー | Comments(2)
d0218056_21173696.jpg


前にも言いましたが、美しい画像の宝庫アプリ「Pinterest」

まいにち毎日、とっても刺激的かつ眼を奪うような美しい画像が
送られてきて、全部は見きれない状態です、、、、



私は「新建築」「レキシの日本」、「レキシの世界」「お気に入り」等のコレクション・ボードを
持っているのですが、、、
その画像を見ているだけで想像力がかき立てられます。


今回は私の「新建築」のボードから3点紹介します。



上のものは、日本の国立競技場の斬新なデザインで有名になった、

ザハ・ハディドさんのデザインのものです。

凄い美しい曲線美。女性ならではでないでしょうか、
この曲線は。

ほれぼれします、、、近未来、、、、、


これに近い建築が日本のも建つ予定だったのに〜〜〜〜、

お金をケチったために、、、、ボツになってしまいました。


いいものにはお金がかかるんですよ〜〜〜〜


残念でしかたないです。よね、天国のハディドさん。





d0218056_21174158.jpg



なんじゃ〜〜〜これは、、、

いったいなんべ?






は〜、住む人はどうゆう感じなのだろう、、、、



とにかく、おもしろすぎです。




d0218056_21173047.jpg


これはCGでしょうが、ここまで具体性を持っているということは、

すばらしいし、いづれ実現可能のものとなるでしょう。


人間が描いたビジョンはかならず、実現されてきています。

こんな遊びごころ満載のビル、、

きっとできることでしょう〜。





みなさんも是非「Pinterest」を楽しんでください。








ビルのまち〜に!!!!!





がお〜。
# by hamaremix | 2017-04-26 22:07 | ライフ | Comments(0)
ジャズ・スタンダードのなかでも、ミュージシャンのなかで相当に人気の高い曲。

「ラウンド・ミッドナイト」

本当に渋いです。作曲者はセロニアス・モンク。

そのモンクが1944年に書いた最も広く知られる曲。
当初は「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」だったのですが、
作詞段階で「アバウト」が削られました。

マイルスとコルトレーンのテイクがジャズの名演として聴き継がれてます。


僕はセロニアス・モンクのピアノプレイが不思議でなりません。
何故かというと、へたくそに聴こえるからです、、、、

彼のプレイはどうなんでしょうね〜〜〜〜?  笑



まずはチック・コリアとボビー・マクファーリンから


Chick Corea &Bobby Macferrin「Round Midnight」1944 〈JAZZ STANDARD 017〉



ハミングだけでこの深さ、、、、

う〜〜〜んディープな味わいでした。


で、作曲者のセロニアス・モンク自身の演奏。




やはり変なピアノ・プレイだとしか言えない、、、、


そして最後は
これまた大御所ウェス・モンゴメリー

彼の動画は私は初めて見ます、、、、、
右手の親指に注目ですね。






さて、今日は今からミッド・ナイトへ、、、

皆さんはどうお過ごしでしょう????


いいことあるかな、、、、、、ふふ。





ラブ♥

# by hamaremix | 2017-04-25 22:34 | ジャズ・スタンダード | Comments(0)
d0218056_11243340.jpg

JCライエンデッカー 〈絵カレンダー11〉


「時代小説というのは、一にも二にも
男の魅力、悲しさ、おかしみをえがく小説だが、私自身、
そうゆう理由をこえて、男を見物するのが限りなく楽しい。」


とおっしゃったのは司馬遼太郎。

そして

「もっとも、男のなかでも ちかごろ団地アパートにすんでいる男たちのように、
『女性を幸福にすることだけが自分の一生であります』
というようなのは、私にとってまったく魅力はない。」

ふむ、なんのドラマティックさもない生き方は小説にはなりますまい。

「男という生きものが、その特質のもっともおもしろい部分を発揮するの時は
彼が野望に燃えたときだ。
権力欲、栄達欲、求道欲、攻撃欲に燃えたときである。
その行動がきわめてダイナミックになり、美しさも醜さもいきいきと出てくる。」

「こうゆう男をえがくためにはやはり今日の舞台ではまずい。
一時代前の『歴史』を舞台にしなければ動いてくれないのである」

「しかも、変動期でなければならない。
戦国時代とか、幕末とか、そうゆう舞台がいい。
そういう時代にこそ、男のアクをふんだんにもった男が時代の主流にでてくるわけで
泰平の世ではだめである」


これは昭和37年4月の書かれた「男の魅力」というエッセイです。

60年も前の文章ですが、

司馬遼太郎が小説を書き始めた初期のころの文章で
その後の小説のテーマの土台となるような言葉だと思いました。

で、
男の魅力が安定した社会では発揮されないということでは、現代も全く変わりないです。


男が今の時代、「生きるにたる人生」をどのように歩か、

とっても難しいです。

それも、今までの男性優位の社会の価値観はこれからは、なかなか通用しない時代です。
(攻撃的腕力や威圧的な権力、男は黙ってみたいな寡黙さ、などなど、)

ダイナミックでなくても、、
燃えるような、
こころが震えるような

そして
社会にとっても自身にとっても意味のある

そんな生き方を探らなければなりませんね〜。
# by hamaremix | 2017-04-25 11:59 | 絵カレンダー | Comments(0)
d0218056_112652.jpg


久しぶりにスナップ写真。
年齢57〜8以上の大人が集まりました。

ばんばさんの娘さんは4中で担任をしたので、ばんばさんは作家ですが、
教え子のお母さんにあたり、私とはほんとうにまれな関係のあるお方です。

中西さんは若い頃印象的なグループ展を一緒にやったなかで、
作品の感覚的なものが似ていました。



場所は、中澤てるゆき“モダリティーズ”という展覧会が
開催されているキッチン&バー「ターヴォラ」というお店なのです。

d0218056_11335095.png

d0218056_1133564.png



中澤氏とは茨木の芸大美大受験アトリエ「アトリエ・ミヤザキ」以来の関係で、
旧友です。
「アトリエ・ミヤザキ」には日高さんも行ってました。
受験校として有名なんですよ。ここで知り合いになった人との繋がりは、深いな〜〜〜。
石原さんもそうだし、、、

デッサンと色彩をみっちり勉強しました。


その「アトリエ・ミヤザキ」から近い場所に今回中澤氏が開いてる
キッチン&バー「ターヴォラ」がありました。
「アトリエ・ミヤザキ」はこのあたりだったよなぁ〜と思いながらも、
もう、場所はわからなくなっていました、、、、汗。


そんな懐かしい場所での夕べのひとときでありました。


中澤氏の作品は難解なので、美術に興味ない人にはおすすめしませんが、

私の友達の展覧会として、
お食事など楽しんできてもらったら嬉しいです。


キッチン&バー「ターヴォラ」
茨木市大池町1丁目10-35
072-636-7350


今週の4月29日(土・昭和の日)までです。










# by hamaremix | 2017-04-24 11:48 | ライフ | Comments(2)
なんかなぁ〜、、、、


なんだかなぁ〜、、、、、


阪急三番街のリニューアル工事が続いていますが、

一部は開店していて画材屋さんの「KAWACHI」などとっても綺麗になり、
絵など描かないような人にも、楽しめるステイショナリーなどが
きらびやかなディスプレイでグッズがならび、
新しい時代を感じています。

その三番街の奥(北側の阪急高架下)に「かっぱ横丁」があります。
「かっぱ横丁」といえば、古本屋街ですよね。

古本とともに骨董品、古美術、バンドスコアーのお店、
画廊、洋書屋などが15 軒あまり並んでいて、
開店前でも、ウィンドウ越しの古書や絵画、ポスターなどを見るだけでも
楽しい、文化的な気持ちになれたものです。


その古本屋街のどの店も、昨日

閉店準備していたのです。



本はなく、本棚だけが並び、
お店の方がなかで暗いなかで事務的な仕事をされている、、、、


みんな辞めちゃうんだ。


この通りを新しいどこにでもあるようなファッション系のお店に
代える話が企画があがったのでしょうか?

みんなで一斉に辞めるなんて普通ないですよね、、、


あ〜〜〜〜〜「かっぱ横丁」


古本屋さん街が消滅します。。。。。



なんだかなぁ〜〜〜〜〜。


寂しい、、、、




音楽の深い森 291
フェアポート・コンベンション  「Farewell farewell」







去りゆく時代です。
# by hamaremix | 2017-04-22 08:20 | 音楽 | Comments(0)
d0218056_2050666.jpg


ポテチのようですが、ポテチではありません。
イカのスルメでもありません。

ごぼうチップスです。

しかもレモン味


これが、これが、、、、 本当に美味しいんです。

 瀬戸内海の広島県の生口島で育ったレモンを使ったパウダー、
ごぼうチップスに絶妙の甘い酸味を加えてあります。



ちなみに広島県はレモンの日本一の生産量だそうですぞ。


今日のお菓子365 (140)
瀬戸内ブランド認定商品「瀬戸内レモン香るごぼうチップス」
株式会社カモ井デリカ/岡山県倉敷


d0218056_20535455.jpg





これはいける!!!
# by hamaremix | 2017-04-20 20:57 | 今日のお菓子365 | Comments(0)
d0218056_20154980.png


高校の同級生のRie Hidakaさんの個展に行ってきました。

彼女は若いときは作品制作などは行っていなかったそうですが、
2013年に日本版画協会に加入して以来、
制作こころに火がついて、
それ以降精力的に制作を続けているそうです。

そして京都での日本オーストラリア国際版画展、日本カナダ国際版画展で
入選、入賞(奨励賞)などして、
活躍し始めています。


彼女が飼っているいるというハスキー犬が助演俳優のように
印象的に登場して楽しいです。


もし、京都に行かれたなら是非、
お立ち寄り下さいませ。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

2017年4月23日まで
12:00~7:00(最終日5:00まで)

ギャラリー・ヒルゲート2F

京都市中京区寺町三条上る天性寺前町535番地
075-231-3702

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

# by hamaremix | 2017-04-19 20:31 | アート | Comments(0)