ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

「日本絵画の星」のシリーズが浮世絵の時代の絵師になってきたので、
ちょっとブレイクとして、
江戸期木版画の歴史を少しおさらいしておきましょう。


1673〜81年(延宝年間頃)に菱川師宣が木版画で墨一色で摺ったのが「墨摺絵(すみずりえ)」です。

墨色一色ですね。

d0218056_22264187.png

墨摺絵・奥村政信「浮世花見車」



次に1688~1716年(元禄〜正徳年間)頃に制作されたのが、
丹という朱色の絵具を主に用いて墨摺絵に彩色したのが「丹絵(たんえ)」です。つまり墨一色の版画に手で色をつけた(手彩色)のが、「丹絵」ですね。

d0218056_22325553.png

丹絵・奥村政信「鼠の相撲」




1716~41年(享保〜元文年間)頃には
丹の代わりに、植物性の紅を用いた「紅絵(べにえ)」が登場します。
ここでも手で紅色を彩色しました。

d0218056_2321622.png

二代目鳥居清信
「初代沢村宗十郎の鎌足と二代目三条勘太郎の木辻の若紫」




そして、いちいち手で彩色する手間を省くため、色も版木を用いて
摺ることが試みられるようになります。
墨摺絵に紅や草色など色版を2〜4色程度摺重ねたのが、
「紅摺絵(べにずりえ)」です。
1744~64年(延享〜宝歴)頃。

d0218056_2328457.png

石川豊信「瀬川吉次の石橋」

一気に鮮やかな印象を獲得ました。



そして1765年(明和2年)に鈴木春信によって
10色以上の色で画面をフルカラーにすることが可能になりました。
この多色摺木版画は錦の織物ように色鮮やかだったので「錦絵」と称され、
その後に、技術は急速に普及していきました。


d0218056_23364715.png

鈴木春信「浮世美人寄花 南の方 松坂屋内野風」





でした!!




記事は「ようこそ浮世絵の世界へ」(英訳付き)東京美術 参照・引用
# by hamaremix | 2017-03-27 23:44 | 日本の美 | Comments(2)
歌川芳員「勧進大角力取組図」  多色木版  〈絵カレンダー9〉
d0218056_19475997.png


大相撲大阪場所。

一昨日、たまたまみたNHKの大相撲中継。

稀勢の里が負けて、土俵下に落ちました。。

あ〜〜、負けたんだ、、、


でも、落ちた時に左肩と左胸を強く打ったみたいで、
稀勢の里の顔が苦痛にゆがんでいました。

見ているこちらが、痛いような、

これは骨が折れているか、肩がはずれたに違いない、、、、



そのまま救急車で病院に運ばれました、、、、

というところまで気になって見てしまいました。


そのあとのニュースで、容態はどうなのか?怪我は骨折?
明日は出れないだろうな〜〜〜〜、、、



と思った翌日。


出場すると知りました。

でも、戦術からか、怪我の内容は公表されませんでした。



しかし、エライですよね〜、力士の方は大概、怪我のあとは休みますが、、

稀勢の里は休みませんでした。


そして試合。

身体から相手の力士に当れない様子で、
あちゃ〜、痛痛しい。
しかも左肩、機能してないんでは????

と思ってると、

あっさり負けましたね〜〜〜〜。
残念でしたが、、、、

無理おして、日本人横綱としての責任感から、
出ているんだろうな〜、

でも、あれでは、明日は出ても
勝てないし、休場して肩を治した方が良いって、、

日本中が思った筈です。




しかし、千秋楽にまた出てきました。


えらいな〜とは思うものの、決して勝負に勝つとは
誰も思わなかった筈です。


それが、それが、、、


照ノ富士に2回も勝って、優勝しました。


国歌斉唱では、こちらもほんと涙が出そうでした。。。




大相撲で久しぶりに感動しました。

慣用句ではなく、本当に感動しました。



ぎりぎりまでして戦っている人の姿に感動しない筈はないですね。




あ〜〜〜、見ていてよかったです。








048.gif048.gif048.gif
# by hamaremix | 2017-03-26 20:20 | 日本の美 | Comments(0)
マイ・リーセント・フェイバリットなアーティスト。

ちょっと、どこから来たのかが分らない、
超越性にたまらなく魅力を感じます。

自分の中で、誰にも頼らず、ひとり突き詰めた、、、、

そんな気配。


また、なんですかこの名前、 カキ・キング


柿でも牡蠣でもなく、ましてやキングでもない、、


このオリジナル感。


かっこいいです。


音楽の深い森 287
Kaki King 「Pink Noise」



# by hamaremix | 2017-03-24 20:48 | 音楽 | Comments(0)
d0218056_2024923.jpg

和歌山県立近代美術館。

ハンサムな絵のつくりかた「泉茂」展へ!!

もちろん、何度も書いていますが、
泉茂先生は私の大学の3〜4回生の時のゼミの教授で、リアル・アーティストです。

先生のまとまった展覧会は去年、神戸のBB美術館でもあって、
ブームになっているかもしれません。


今回の和歌山では〜ハンサムな絵のつくりかた〜のコピーがとっても耳に残ります。

なるほど〜、確かに先生の絵はハンサムかも知れないですね。

d0218056_2093974.png

A4サイズのチラシ

このチラシの上の絵、版画ですが、かっこいいですよね〜。
と言っても、は〜〜と疑問符も上がるのも私は理解できますが、
私自身は「かっこいい」つまり「創造的で、個性的」そしてそこに「都会的」という
形容詞が足されて、「ハンサム」になるのだと思いました。


先生はその生涯、絵画の新しい表現の可能性を求めて、
絶えず新鮮なイメージの絵をこの世に生み出されてこられました。

d0218056_2018990.png

チラシの裏

初期の具象絵画から、版画作品、そして、クールな抽象絵画
さらに最晩年のホットな抽象絵画まで、
先生の生涯の作品の流れあらためて見て、
そのまさに「泉のような」枯れないイメージの豊かさを持ってられたのだと、
再認識いたしました。


和歌山県立近代美術館はとても広い展示スペースがあり、
泉先生の作品を、スケールの大きい規模で
観賞できました。




今度の日曜日26日(明後日の日曜日)までやっています。

皆さん、是非ともご高覧下さいませ。



d0218056_20232897.jpg

美術館の前庭



そしてまたしてもフラナガンのウサギ。

d0218056_20241074.jpg


このウサギ、泉先生の展覧会にとっても合っていました。






048.gif



048.gif
# by hamaremix | 2017-03-24 20:27 | アート | Comments(2)
「あなたが家に帰って来てくれたら嬉しいわ。
それが私の望みのすべて、、、、、〜〜〜」


というのが歌詞の大意です。

曲のタイトルがそのまんまなんです。

「YOU'D BE SO NICE TO COME HOME」

曲が頭に浮かびますか?


この曲、ある時日本のTVコマーシャルに使われて、
ジャズを知らない人でも、
この曲だけは耳に馴染んでいるに違いありません。


「YOU'D BE SO NICE TO COME HOME」 1942年 Victor&Penny 〈 JAZZ STANDARD 013 〉




分りましたよね〜。


コール・ポーターが映画「サムシング・トゥ・シャウト・アバウト」(1943)の主題歌として書いた曲。
その43年度アカデミー賞主題歌賞にノミネートされた。

ダイナ・ショア、アニタ・オデイ、ニーナ・シモン、サラ・ボーン
ジョー・スタフォードなど、ジャズ・ディーバはみんな歌ってます、

が、やはり、この曲は


イコールこの人でしょう。

大人の女性の魅力ですぞ。

ヘレン・メリルwith クリフォード・ブラウン 「YOU'D BE SO NICE TO COME HOME」  

静止画ですが、、、ジックリとどうぞ。





は〜、この響きはもう古典ですね。







053.gif053.gif053.gif
# by hamaremix | 2017-03-23 20:41 | ジャズ・スタンダード | Comments(0)
d0218056_9275892.jpg


阪急神戸線、塚口駅から伊丹方面へ。

d0218056_9314493.jpg


あれ、今、気がついたのですが、単線ですね〜。

れれ、

それはおいておいて、
伊丹駅に着いてからJR伊丹駅に徒歩で向かいます。

雨が降っていたので、傘をさして、、、

先日スケッチに行った、三軒寺公園〜郷町、そして
有岡城跡。

有岡城跡はJR伊丹駅の真ん前にあります。

荒木村重が信長にはむかった時に居た城ですね。
黒田官兵衛が1年程ここのどこかに閉じ込められていました。
そのため歩くのもままならない不自由な身になってしまいました。


その有岡城跡かた北へ徒歩3分。


運転免許更新センターに着きました。




そうなんです。
運転免許の更新に来ました。
右眼に新しいコンタクトレンズを装着して
万全の視力で臨みました。笑


検査ではちょっとぼやけて見えましたが、
パスできました。

ひとまず安心。


あとは、1時間の講習。


教官の方のお話30分
ビデオ30分

新しい話もありましたが、まぁ、確認事項でした。


帰り際に、ひとつくらい質問をしようと思い、

「自転車運転で反則切符とか切られことはあるんですか?」と

すると

「あ〜、たまにあるようですよ。」

と、

自転車による事故がけっこう増えて、
今は自転車の交通マナーにも厳しい眼がむけられているとか、、、

3年以内に2回の交通ルール違反が合った場合、
3万円以下の罰金もあるとか、、、、

ええっ〜、自転車で〜〜〜



困ったものです。



私の場合いらちなところがあるので、
明らかに安全な場合、信号無視たまにやっちゃいます。040.gif

気をつけよ〜。




次は5年後の更新。


今度はゴールド目指そう!!!!







d0218056_9492146.jpg

ウィンドウズ39
# by hamaremix | 2017-03-23 09:50 | ライフ | Comments(0)
d0218056_1846827.jpg

あれです。スナックの王様。

ポテトチップス。


d0218056_18464756.jpg


普通より色に辛みを醸し出しています。


さて、


何味?????か


期間限定

今日のお菓子365 (135)
じんわりとした辛さと香ばしいガーリックの濃厚な味わい
「ポテトチップス/極濃/ラー油味」カルビー株式会社


d0218056_18482349.jpg



まさかまさかの「ラー油味」!!!



さて、、、、


お味は????




辛かったぁ〜〜。


ビールなしでは辛いかも。わはは。






064.gif064.gif064.gif
# by hamaremix | 2017-03-22 18:51 | 今日のお菓子365 | Comments(0)
代表作です。

d0218056_15144740.jpg

「雪中相合傘」

路に枝葉に、傘に積もる雪。
白を基調にした配色で、背景のベージュ。さらにおんなが着る着物の薄いベージュ。
そして頭巾の白、
対比的な男の着る黒い着物、おんなの帯の黒。

アクセントに小豆色と落ちついた紅色。


寒い雪中であっても、あいあい傘の男とおんなのほのぼのとした気持ちが
この微妙な配色によって、温かく、しかも上品に
粋に表現されています。


作者は鈴木春信です。


日本絵画の星 30 鈴木春信((不詳)-1770/江戸中期)

それまでの錦絵といえば、2〜3色だった色彩を、
一気に7〜8色以上の多色摺(たしょくずり)に発展させて、
絶大に人気を誇った江戸中期の絵師が鈴木春信です。

d0218056_1528976.jpg

「秋の風」

多色摺といっても、色には必ず白が混ぜてあり、
今でいうパステルカラー、、、(違いましすね〜、)いわゆる今で言う和の色彩
で見事にまとめられています。


鈴木春信の絵は美人画が主だと思いますが、
遊女や役者絵でけでなく、
現存する茶屋の看板娘を描くなど
江戸に住むおんなの生活がさりげなく、面白く描かれてあり、
とっても興味深いです。

描かれるおんなたちは、
皆、華奢な体つきで、手などとっても小さく、
折れてしまうのではと心配になるくらいです。

後の喜多川歌麿のような
理想的なプロポーションを持った美人が出てきたり、
人物の顔をクローズアップしたような絵もありません。

人物は記号的というか、顔はみな同じ感じ。
ユニセックスな雰囲気で、男女の違いもよく分らないという
大きな特徴があります。


そんなことを頭に入れて、幾つかの絵を見て、
楽しんで下さい。

そうそう、鈴木春信の絵はとってもほのぼのと楽しいんですよ。



d0218056_15425141.jpg

「夕立」

雨風が線で表現されています。漫画的表現ですね。

振り袖の跳ね上がり、下駄も転がってしまってます。



d0218056_15453257.jpg

「梅の枝折り」

鼠色の土壁と瓦屋根の黒の直線的な幾何学的模様と
着物のオレンジ〜赤茶色の有機的な模様それに身体の曲線とが素晴らしい対比を生み出しています。

地面の黄土色と梅の色が同じところにも注目です。

画面を斜めに横切る、縞模様を意識しての構図と配色です。

これは素晴らしいです。



d0218056_15521197.png

「夜の梅」

夜の闇を大胆に黒だけにして、
灯りに照らし出されたのは梅のみ、
要らないものは捨て去る、究極のデフォルメです。


d0218056_1555737.jpg

「縁先美人図」

これは晩年の作ではないでしょうか。
背景の表現にとっても深まりを感じます。

宴の席から離れた瞬間の、
ふとふとおとずれた倦怠感でしょうか、
宴の席では明るく振る舞っていても、我に返った時に
自身のかかえる何かに寂しさを感じた、、、、、

というような、心の内が表現されていますね、この絵は。



d0218056_15595518.gif

「縁先物語」

縁先は鈴木春信の得意な設定場所。
ちょっとした秘め事が描かれていることが多いです。笑


それにしても、男とおんなの違いがわからな〜〜い。



鈴木春信が活躍した時期は1760~1770のほぼ10年です。
その10年という短期間に多くの作品をのこしました。
写楽が10ヶ月で150点以上の作品を描いたがそれを
上回る僅か5年の間に質の高い千百点以上の作品を残したと言われています。

1000点ですよ〜〜、、、

人気があって、今の漫画家のように描き続けたのでしょう、

当然のように過労によって45歳で春信は亡くなったということです。
また春信は相当な酒豪であり、死んだ原因も酒が原因の脳卒中であった
など、いろいろ言われています。




古歌の心や古い画題を現代風俗に見立てたりした絵も描いています。

これ「寒山拾得」です。

d0218056_16111685.png

「寒山拾得」

見立図の一つ。
「寒山・拾得」は中国の伝説の二人組。山で隠遁生活を送る奇怪な人たちで、
たいていは不敵な笑みを浮かべた怪奇的な風貌で描かれます。

しかしこの春信の絵ではなぜか若いカップルに変身。

バックのマーブリングは墨流しではなく、実際に版画で制作しているんだそうです。




d0218056_16133578.png

「見立琴高」

鯉に跨った琴高仙人。
雪村の絵などで有名な仙人です。

しかし、春信の手にかかるとなぜか仙人が女の子に。
鯉の背に乗る美人。
春信はこういった見立図(古典を美人画に変えて描く)もたくさん描いたようです。

グラビアですね。




この時代までに、他に見たこともない面白い絵もあります。

これです。

d0218056_1617798.jpg

「孟春」

二人が同じ夢を見ているんですね〜〜〜〜。

漫画の吹き出しに絵が描かれてるといった風です。
凄いですね〜、表現の自由をかなり獲得しています。




こんなのもありました。

d0218056_16245455.png

「清水の舞台から飛ぶ美人」


「清水の舞台から飛ぶ美人」って自殺じゃないですか〜。

しかし、傘をもって、自身ももって飛び降りてる様子です。


穏やかな画風の鈴木春信のなかでも
かなり意表をつく絵ですね。

絵師の想像力の飛躍を感じる一枚です。





さて、この時代のどの絵師も春画を描いていますが、

鈴木春信も凄い数の春画を描いています。

あらゆるシチュエーションで、という感じで、、、、、


軽い一作だけ紹介しときます。

d0218056_16313656.jpg





鈴木春信の絵を見る楽しさには、
江戸のファッション、風俗、おんなの生活、そんなものを
ノゾキ見るようなものがあります。


粋に楽しめますね〜〜〜。

d0218056_16324429.jpg



これもとっても面白いです。

書き直しの習字の文字部分だけが、混沌としています。笑


しかし、遠近法でないこの構図、、、

これも素晴らしいですね。

渦巻き状の構図ですよ。








# by hamaremix | 2017-03-21 16:39 | 日本絵画の星 | Comments(0)
今日は春を感じる陽射しで、自転車に乗っていて嬉しくなりました。

いよいよ、ですかね〜、と思いつつまた明日〜明後日から寒くなる、、
とか、、、、とほほですね〜〜〜。

そんな春到来に冷水を浴びせるような今年の天候、
意地悪ですね〜〜。

でも、、、、
もう、何のその!!!!


ということで、


今日は春を感じるレコジャケ特集で〜〜〜〜す。




レコード・ジャケット・フォーエバー 5
春・スプリング編



VOL.37  サニー・デイ・サービス   「東京」
d0218056_1830711.jpg


J-ROCK史上、もっとも春を表現したレコジャケ!!!

桜の桃色と河のうす水色の配色が「日本の春」そのものです。




VOL.38  ヘロン   「TWICE AS NICE & HALF THE PRICE」
d0218056_18284417.jpg

イギリスのバンド「ヘロン」。

1970年代始めのアルバム。

コアなアコースティック好きの間では昔から名盤と言われています。

ですが、ずーーーーと気になりつつ、

いまだ聴く機会を逸しています。



私にとっては、全くもってストライクゾーンのレコジャケなのでした。




VOL.39  ジェームス・テーラー   「ONE MAN DOG」
d0218056_18285271.jpg


ジェームス・テーラーの初期のアルバムのデザインは
どれも、春らしい雰囲気を持っていますが、
ちょっと憂鬱感を醸し出しているのは、詩人的なメンタルのなせることでしょうね。

しかし、この写真いいですね。

絵にしたい構図とシチュエーションです。




VOL.40  カ−ペンターズ   「NOW&THEN」
d0218056_18285684.jpg


カ−ペンターズの音楽は、、、うん、ほとんどに春のようなイメージを感じます。

このあるアルバムは結構後期のものですが、
当時、とっても斬新に思えたデザインでした。




VOL.41  湯川潮音  
d0218056_18285979.jpg

湯川潮音の初期のアルバムはどれも、
瑞々しい感性の音作りがなされていて、どれもとっても良かったです。

このアルバムは聴いていませんが、、

いいじゃないですか、、、、、
このデザイン!!!




d0218056_1829265.jpg










VOL.42  ビューティフル・ハミングバード   「First」  

ビューティフル・ハミングバードのこのアルバムは
デビュー・アルバムですが、、、
イメージは「冬」です。

ただ、彼らの音楽はヴォーカルの小池さんが
ひばりのような歌声なので、
春そのものですよ。





d0218056_1829517.jpg


VOL.43  ウィングス  「Wild Life」  

ポール・マッカートニーがビートルズ以降のソロ活動をへて、
作った最初のロックバンド「ウィングス」

ポールの曲がビートルズ以外のバンドで演奏された音は
とっても新鮮に聞こえました。


また、このイギリスっぽい風景のジャケットも最高で、
これからいいことが始まるって、
期待が高まりましたね〜〜〜〜。




VOL.44 ジョン・レノン   「プラスティック・オノ・バンド」  
d0218056_182986.jpg

ポールのウィングスと、ほぼ同時期のジョン・レノンのアルバム。

ヨーコの存在が、ジョンにとってもアーティスティックな影響を与えましたね。


この時期はカントリーへの眼差しが、気分的に
新しいものだった気がします。














VOL.45  CCR   「GREEN RIVER」  
d0218056_18291325.jpg

CCRはクリーデンス・クリアウォーター・リバイバル、バンドの名前の意味は、、、
今もって分りません、、、、が、

彼らの音楽はロックですが、カントリーフレーバーがあり春っぽいです。

あ〜〜〜、暖かい陽射しが恋しくなりますね。












VOL.46  さだまさし  「天晴」  
d0218056_18291715.jpg


イラストは日本文化のいいところを、上手くコラージュしてありますね。
色も強いです。


さだまさしは好きではありません。が、、、
このジャケットは、かなりいいと思います。







VOL.47  WYOLICA  「FOLKY SOUL」  
d0218056_18292086.jpg

このジャケは色のイメージは春ではないですが、

一曲目に「春を待つ」というとっても美しい曲が集録されています。









053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif
# by hamaremix | 2017-03-20 19:30 | レコジャケ・フォーエバー | Comments(0)
四季がはっきりとある日本。
人間として思うに、日本人として生まれてよかった。

と世界のことをワイドに知るようになってからも特に、
多くの日本人はそう思ったのではないでしょうか?


中でも「春」を表現するものに、日本ほど多くの語法やビジュアル表現を
持つ国は稀のような気がしました。
春をイメージする、アルバム・ジャケットのデザインを探していた時に
ほんと、外国のものに春を表現したものが、ほとんど無かったんです。


そういえば、春のもつ色彩って、日本文化そのものではないか!
などと思いついてしまいました。

あの軽やかさ、フワフワ感、梅、桜、桃、などの薄紅色、
振り袖の艶やかさ、など、春の表現と言っていいのではないでしょうか。

もちろん日本には四季を表現するに、どの季節であっても、
世界一の語彙を持っていますから、
春だけが特別ではないですが、
世界を見た時に、春を表現するものが少ないだけに、
余計に際立って思えます。



そんな季節表現の豊かな日本を、
分ったような気になっても、全然、深くは知らないのが現代の日本人。

そんな私たちに、
古くから愛されてきた季節の旬を楽しく伝えてくれる本がこれです。

本ーこれいいよ vol.4
「日本の七十二候を楽しむー旧暦のある暮らしー」白井明大 東邦出版

d0218056_1014275.jpg



旧暦にそって、季節の行事、和歌、旬の野菜、魚介を
上品なイラスト付きで教えてくれます。


喩えば、今日3月19日は
二十四の節気でいうと「啓蟄(けいちつ)」ですが、
その啓蟄が扉になってあります。

d0218056_10192139.png


啓蟄とは、陽気に誘われ、土の中の虫が動き出すこと。
一雨ごとに春になる、そんな季節の気配を感じながら。


そしてさらに啓蟄は三つの候に分かれていて
初候、次候、末候とページが割かれています。

今日のページはこうです。

d0218056_10243210.png


見出しは
末候ー菜虫蝶と化す(なむしちょうとかす)
冬を過ぎたさなぎが羽化し、蝶に生まれ変わるころ。
やわらかな春の日を浴びて、羽がみづみづしく輝きます。
(新暦ではおよそ3月15日〜19日)

そして
小見出しに
「候の言葉」
「旬の虫」
「旬の魚介」
「旬の野菜」
「旬のメモ」
「旬の草花」
「旬の日」

とあり
「候の言葉」には夢虫ということばが紹介されています。

これとっても良いので全文載せておきます。

昔の人は、蝶のことを「夢虫」や「夢見鳥」と呼んでいましたが、
その呼び名は古代中国の思想家、荘子の説話「胡蝶の夢」に由来するそうです。

蝶になる夢を見たけれど、本当の私は蝶で、
いま人間になっている夢を見ているだけじゃないか、という話です。

夢と現が混じり合う幻想的な蝶のイメージは
昔も今も変わりありません。


深いですね〜。


そして
「旬の虫」としてやまとしじみ(蝶の種)
「旬の魚介」に青柳(貝の種)
「旬の野菜」は葉わさび
「旬のメモ」には、トマトとしそのサラダ
「旬の草花」はかたばみ
「旬の日」は十六団子の日



どうですか、とっても楽しいでしょ。




みなさんも、日本の七十二候を楽しみましょう!!!





053.gif053.gif053.gif
# by hamaremix | 2017-03-19 10:45 | 本ーこれいいよ | Comments(0)
今日のツーショット、似た者どうしということで、、、笑

d0218056_23594647.jpg


このバウム喰う編、、、いや、バウムクウヘン/メイプル味ですが、

美味しい過ぎる甘さ、やわらかさ。


う〜〜〜む、おすすめです。


今日のお菓子365 (134)
天使の羽根の「夢バウム/メープル」彩花苑(株式会社ながすや)兵庫県


d0218056_041914.jpg


d0218056_044568.jpg






唇に甘みが残ってのこって、、、、、
# by hamaremix | 2017-03-19 00:07 | 今日のお菓子365 | Comments(0)
d0218056_191655.jpg

「空中庭園」という名のビル。
大阪にあるのに大阪人にはあまり人気のなかった建築です、
世界の名建築のベスト5に入るという業界では人気のようでした。

何故大阪人に人気がないのか?
基本的に面白みがないからでしょうね。
それは建築的(造形的な)な面白みではなく、
笑えるところがない、

それにこの中に面白い昭和レトロな街もあったりするんですが、
行くにはちょっと遠いんですよね。


ですが、この空中庭園のお膝元の大阪最後の一等地、
北ヤードの開発が始まったようで、
上手く行けば、空中庭園周辺が面白くなるかもしれません。


で、工事が始まってはいるものの、
ここがどのような姿になるのか????

ちょっと調べてみたんですが、
よく分らないのです。

完成予想図などが出ていません。


北ヤードの開発コンペ時の設計図は未来的な構想が幾つもあって
どきどきしてしまうのですが、
最終的にどれに決まったのか、どうなるのかが、
何処を探しても出てきません、、、、、、

い〜〜〜〜ん、知りたい!


一説には緑化だそうですが、それはそれ大賛成なんですが、
何故に予想図がアップされていないのでしょうか???



そうそう、地下鉄なにわ筋線が2030年までには完成させるそうです。

それによると、この北ヤードに新駅が出来、

南海でもJRでも関空に行くのにこれまでより30分以上
短縮されるそうですゾ〜〜〜。


しかも阪急も絡んできて、
十三からこの新駅に繋がる新しい路線を作り、そのままなにわ筋線に乗り入れ出来るようになるらしい。

あ〜〜〜、楽しそうですね〜〜〜〜。





それにしても北ヤードの完成図が知りたい!!!


みなさん、なにか情報ありませんか。048.gif






# by hamaremix | 2017-03-18 19:35 | ライフ | Comments(3)
遠くまで視界のクリアーな一日で
風景の何処を見ても、いつもは遠くに感じていた建物や山が
すぐ行けそうなくらい近くに見えていました。

こうゆう日は頭のなかもクリアーになる気がします。

d0218056_9105998.jpg

卒業式も終わり、学生たちは巣立っていきました。

もう、同じ教室で同じ時間を過ごした仲間達ともお別れですね。
2度と全員が集まることはありません。

みんな新しい環境の中で、新しい仲間を(仕事仲間かなぁ)作っていくことになりますね。

人生はこれからですよ。

学校で学んだことはきっと社会で役立つはずです。
あとは、根拠のない自信を作って、
新しい環境のなかで、精一杯の能力を発揮して
頑張って生きていって下さいね。


d0218056_920184.jpg

# by hamaremix | 2017-03-18 09:21 | ライフ | Comments(0)
NHKの2月に放送されたアニメドラマ「龍の歯医者」、
絵は良かったんですが、
後半の展開についていけず、
主題歌の「僕らが旅に出る理由/小沢健一のカバー」のみが
印象深く残ってしまいました。

でそれを、アップしようとしていたら、
もっといい歌いっぷりのアニメ主題歌があったので、
そちらに変更しました。


とってもいい女優だと思います。
高畑充希さん。
演技力はもちろん素晴らしいいのですが、、、、

歌唱力がまた、、、、、、いや〜〜〜、

ビックリしました。ほんと。


音楽の深い森 286
高畑充希 「デイ・ドリーム・ビリーバー(ひるね姫主題歌)」


# by hamaremix | 2017-03-17 09:03 | 音楽 | Comments(0)
ウォルト・ディズニーによる世界初の長編アニメ映画「白雪姫」

その挿入歌で白雪姫が7人の小人たちに向かって歌った曲。
「いつか王子様が/Someday My Prince Will Come」

こんな少女の憧れのかわいい曲をジャズのミュージシャンがやると、
これまた
別次元のいかした曲になるんですね〜。

ディズニー 「いつか王子様が」1937 〈JAZZ STANDARD 012〉
吹き替えの歌手はエイドリアン・カセロッティ。




マイルスもビル・エバンス、チック・コリア、キース・ジャレット、
みんなやったスタンダードです。



いかしたオルガン!!!ディフランシスコ!!!

いいよ。


ジョーイ・ディフランシスコ&Dr.ロニー・スミス

# by hamaremix | 2017-03-16 23:23 | ジャズ・スタンダード | Comments(0)