ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

<   2017年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

私の人生のなかで、初めて聴いた洋楽というのは、

きっとこれです。


当時、テレビでアメリカの人気バンド・モンキーズの番組を毎週やっていました。

そのテーマ曲がこれですね。

よく口ずさんでいました。「ジッサイ・モミユラ〜ン」って、www


音楽の深い森 301
モンキーズ 「モンキーズのテーマ」






1960年代はアメリカの生活に対する憧れの強い時代で、

アメリカのテレビ番組を、日本の民放でよく流していました。

一番人気は「奥様は魔女」
あと「わんぱくフリッパー」とかよく見てました。

アニメも「トムとジェリー」「バックス・バニー」とか

はは、われながらよく覚えています。

それだけ擦り込まれているってことです。



だからどうって、いうことはないのですが、、、、










by hamaremix | 2017-06-30 23:20 | 音楽 | Comments(0)
ちょっと忙しくって、

前庭の手入れを怠っていたら、

萩が、、、、


萩が、みるみる尋常ではなく育って、

アトリエの門をふさいでしまってきてました。

d0218056_01540808.jpg

ご近所付き合いもほとんどないし、
宅配物もあまりないので、
これでも困ることはなく、

また、見栄えを気にすることもないのですが、

さすがに、放置しすぎかぁ〜っと思い

紐でくくって、門にかからないようにしました。


それにしても、この時期の
萩の成長は
アスリート並みに記録的だと思います。




すごいなぁ〜。



人間の内面もこんな風に、成長した証しが目に見えるように

何かカタチになれば、楽しいだろうなぁ〜〜〜



って


思いました。

by hamaremix | 2017-06-30 02:05 | ライフ | Comments(0)
浜本隆司「水のキュリクス」(series:rainwater in the dish)1993

d0218056_21065523.jpg



1993年の私の作品で、紙にアクリル絵の具で描いています。
2枚組ですが、1枚でも完結しているし、2枚でも繋がるという遊びのある構成です。

過去作の中では、いい方だと思っています。(自分の中ではね、、)

今の絵画でつかってるほど鮮やかではないですが、セルリアン系のブルーを使っています。

ちゃんと額装していますよ。




さて、




今日のお昼にたまたまつけたテレビのNHKのEテレ、

「100分で読む名著」かなぁ、釈撤収さんが出ていらっしゃいました。

「維摩経(ゆいまきょう)」の解説をされてました。


今の自分のおかれている状況から聞いていると、
とっても意義のあることを言ってられました。

良かったです。


「維摩経」には、善と悪とか、正しいと間違ってるとか、
相対するようにみえるものをあえて分けないというようなことを言ってられました。

たとえば、
社会活動などで、町を美しくするための清掃活動をしている人にとって、
ゴミや煙草など、ポイ捨てにする人を
悪として見るようになってしまうことへの警告をされていました。

清掃活動そのものは立派な行いですが、、、、

自分のしていることが正義だと思ってしまうと、
ゴミを捨てたり、煙草をポイ捨てする人を悪と見なしてしまいようになる、

そこに対立が生まれてしまいます。

物事を二つの対立する要素に分けてしまうことを
「原理主義」と言うそうです。フム、聞いたような、、、、

確かに自分が正しいと思ってしまうと、
その正しい価値のそわないものは悪になってしまいます。

なので、そのようにならないように考えるのが「維摩経」の教えだとか。


うむ。。。深いですね。


人に迷惑をかけなければいい、という考え方が
広まっていますが、
迷惑をかけてもいいというように考えることも必要で、、、、

自分を他人に委ねるこころもあるべきだと言ってらっしゃいました。


年とって、何がなんでも人の世話にならんぞ、バリアーをはるのではなく
よろしくお世話になります。
自分の存在を他者に委ねるという気持ちも大事だと、、、、




うむうむ、、、



そうして聞いていると
頑ななこころというものが一番だめなようです。



釈さんは他にも、沢山いいことを目を輝かせて言っておられました、、、、

忘れましたけど、、、、、、



けれど「維摩経」と釈さんの話はもっと聞いてみたくなりましたぁ!













by hamaremix | 2017-06-28 21:45 | Comments(2)
今日はこの曲をお送りします。

ミュージカル映画「オズの魔法使い」(1939)の主題歌で
アカデミー主演歌賞でを獲得した不朽の名品。

虹の彼方に/Somewhere Over The Rainbow

主役のジュディ・ガーランドはこの映画で世紀のスターになったそうです。

16歳

Somewhere Over The Rainbow/1939〈JAZZ STANDARD 021〉

ジュディ・ガーランド







子供の歌声以上に美しい唄はありませんね。

こころが浄化されます。


Somewhere Over The Rainbow/コニー・タルボット





最後は心の深層部まで届く名演


Somewhere Over The Rainbow/キース・ジャレット



新しい門出を祝って!


素敵な人生を歩んで下さいね〜〜〜〜。。。






本当に、いろいろありがとうございました。






by hamaremix | 2017-06-27 21:29 | ジャズ・スタンダード | Comments(1)
d0218056_23293448.jpg
コラージュ306

人はどう行動すれば美しいか、ということを考えるのが江戸の武士動倫理
であろう。
人はどう思考し行動すれば公益のためになるかということを考えるのが
江戸期の儒教である。
この二つが、幕末人をつくりだしている。

幕末期に完成した武士という人間像は、日本人がうみだした、
多少奇形であるにしてもその結晶のみごとさにおいて人間の芸術品とまで
いえるように思える。
しかしこの種の人間は、個人的物欲を肯定する戦国期や、
あるいは西洋にはうまれなかった。

サムライという日本語が幕末期からいまなお世界語でありつづけているというのは、
かれらが両刀を帯びてチャンバラをするのではなく、
類型のない美的人間ということで
世界がめずらしがったのであろう。

「司馬遼太郎が考えたこと 3」から メモ



「人はどう行動すれば美しいか、
人はどう思考し行動すれば公益のためになるか」

ここが日本人としてのこれからの肝でもあると思いました。




by hamaremix | 2017-06-25 23:43 | 日本の美 | Comments(0)

d0218056_23093245.jpg
煎餅ですね。それにしてもこのかなりの不定形!


しかも、煎餅にしては赤い、、、



d0218056_23110578.jpg

そこは海老味だからです。




今日のお菓子365 (149)

「本角餅/えび味」株式会社 もち吉/福岡県


う〜〜〜〜〜ん、煎餅いっぱいもらいました。


その中のチョイス!!!



d0218056_23125164.jpg


ありがとさんすう〜〜〜。


by hamaremix | 2017-06-25 23:13 | 今日のお菓子365 | Comments(0)
日本人のお弁当は
凝ってますね〜。

d0218056_19364321.jpg
Pinterest「お気に入り」より

卵焼きにウィンナー、そしてチーズ?

凝り過ぎですが、

普通とも言えますね。
d0218056_19384784.jpg
Pinterest「お気に入り」より


ここまでやっちゃうのが日本人ですね。

wwww



d0218056_19373359.jpg
Pinterest「お気に入り」より





うひょ〜〜〜、、、、

こいつはいけねぇ〜よ

お澪坊!!!





こうゆう可愛さって日本人でしか

うみだせないです。



可愛さの追求です。





可愛くないものには冷徹です。笑








by hamaremix | 2017-06-24 19:47 | 日本の美 | Comments(0)
毎週金曜日に、私のお気に入りの音楽を紹介する
「音楽の深い森」
の投稿コーナー。

ついに、ついに、300回となりました!!
一週間に1度なので、年に50回ですか、
ということは6年くらいやっていることになります。

えっ?本当?

よくやってるなぁ〜、いやいや、私の「音楽・愛」につきますね。笑

おめでとう!!!

さて、300回目、どうしようか、づっと考えていましたが、

最近の私の超お気に入りを
どどっ〜〜と5ミュージシャンの5曲を並べてみようと、
そして、みなさんと共鳴できたらいいなぁ〜という
ことにしました。
過去に紹介しているのが2曲ありますが、
もう一度、楽しんでもらえたらな〜〜〜とおもいまして、、、、


音楽に興味のない人には、すっ飛ばしになっているかもしれませんが、
ちょっと見てみると、好きになる音楽もあるかもしれませんよ〜〜〜。


ではでは、始まりー、始まりー、

まず、
アコギとハーモニカが、ニール・ヤングのアルバム「ハーベスト」あたりに近い
脱力感がすばらしい、マジー・スターの曲。
ホープ・サンドヴァルのステージ・パフォーマンス、
「いけねぇ〜よ〜」種市風感嘆

音楽の深い森 300/1
マージー・スター 「Flower in December」



つぎはアンドリュー・バード

このPVはおかしいけれど、最後はとっても深くて哀しい気分になります。

でも、それは、人生の奥深いところでづーっと流れている

哀しみの水脈のようなものかもしれません。

普段はあまり見ないようにしていますが、

時々、ふとなにかを見て、感じてしまう感覚かもしれません。


音楽とアニメの関係が素晴らしい!


音楽の深い森 300/2

アンドリュー・バード 「Lull」



次はついに、新アルバムが6月16日にリリースになりました、

Fleet Foxes

もう、解散しちゃったのかな〜と残念がってましたが、

何年かぶりに、ついに出してくれました。良かった。


以前と変わらない、音楽スタンスが、、嬉しすぎます。


しかも曲名に「大台ケ原」ってあるじゃないですか!!


行ったのでしょうね〜。


音楽の深い森 300/3

フリート・フォクシーズ 「 Third of May /Odaigahara」



次は2回目ですが、
是非、もう一度みてくださいね〜。
好きな誰かを思ってね。

音楽の深い森 300/4
アイアン&ワイン 「JOY」



そして5曲目

これも2度目の登場ですが、、、

300回記念の最後に、、、、

これをって思いました。


仮想「The End Of The World」


音楽の深い森 300/5

ファーザー・ジョン・ミスティ 「 Funtimes in Babylon」









みなさん、いつも見てくれてありがとう〜〜〜です。


これからもね〜、よろしく。





by hamaremix | 2017-06-24 02:26 | 音楽 | Comments(0)
d0218056_2344328.jpg


岡山から来てくれたKくん。

いや〜、なかみは言えないけど、、、
偉い!  なかなかできることではありません。


おこぼれにあづかりました。

d0218056_23455032.jpg





今日のお菓子365 (148)
備前名物・創業天保八年「大手まんぢゅう」
株式会社 大手饅頭伊部屋/岡山


d0218056_23463068.jpg





ふふ〜〜ん、、、ありがとうね。
by hamaremix | 2017-06-22 23:53 | 今日のお菓子365 | Comments(0)
d0218056_10162964.jpg

Pinterest 「新しい視覚」より



突然ですが、




ものをみる視点って、いくつも設定できます。

簡単なところでは、ソフト・フォーカスとハード・フォーカスです。

それはたとえば
デッサンする時の
描き始めはものを大きく捉えて見るというのがソフト・フォーカスで、
そこにあるののを細部を見ないで、
全体のカタチ(存在)を見るということです。

風景を見る時であるなら、
焦点を定めず、眼に入る視野の全体を意識してみることになります。

そのソフト・フォーカスでものを見ている時には
自分の存在も感じて見るような感覚になります。



逆にハード・フォーカスは
デッサンではものの表面や細部の構造などを
焦点をしっかり定めて見ることです。

対象のものを「観察する」という態度になりますね。
それはよく「知る」という認識にいたる行為だと思います。

風景を見るときなら、一本一本の樹の存在、
屋根の瓦の並び、影のかたちなど、
普通は見ないであろう、「積極的に見る」といったことでしょうか。


絵を描く時はそのソフト・フォーカスとハード・フォーカスを
頻繁にきりかえてものを見ています。
そうしないと絵は描けないです。





絵や写真に限らず、
生活においても、ソフト.フォーカスとハード・フォーカスのきりかえは必要だな〜って思います。

今、目の前で自分に起こっていること、流れている時間を
しっかり見る(ハード・フォーカス)ことはもちろん大切ですが、

ちょっと、視点きりかえて、大きな視野で自分を含めて
今自分に起こっていることは、どうゆうことだろうかと
ソフト・フォーカスで見ることも忘れない方がいいです。

ハード・フォーカスだけで見ていては
ものごとが窮屈に見えてしまいます。
多くの悩みはこのあたりからくるのではないかな。

自分が窮屈になって、大きな視野(ソフト・フォーカス)が持てない時は
他の人から、アドバイスを受けて
自分のおかれている状態をソフト・フォーカスで見たようになれると思います。





複数の視点、「複眼の視点」が大事です。


by hamaremix | 2017-06-22 10:42 | 哲学 | Comments(0)