ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

<   2016年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

みなさん、いよいよ大晦日ですね。
新年を向かえる準備は大丈夫ですか〜?


私は大晦日でしたが、残っていた掃除をやりきりました。

ゴミ回収はすっかり終わっているので、来年に出します。



掃除につきものなのは、懐かしい何かを見つけることです。

つい掃除そっちのけで見いってしまうことありますよね。



今日の私の場合は私の大学時代の卒業アルバムが出てきました。

懐かしい〜〜〜。

大学自体のアルバムなど無かったので、

ゼミの連中で作った生徒オリジナルの卒業記念手づくりアルバムです。


大阪芸術大学 美術学科 泉茂ゼミ のアルバムです。



アルバムを開けると先ず、泉先生の写真が現れます。

d0218056_2112319.jpg



泉茂先生のお写真。
d0218056_21125797.jpg



そして手書きのコメントで、私たち卒業生にむけての先生のメッセージがあります。

d0218056_21141831.jpg


さすが、さばけていて、先生らしいやさしい
とってもいいメッセージでした。


卒業から約35年、自分はどうだろうと自問してみましたが、

「無邪気に自分のやりたいことやってます。」

「人を愛すことはまだまだですね。」これからの大きな課題です。



先生のページの後に、ゼミの生徒のページがあります。

ポートレイト写真と作品写真、そしてスナップ写真の3枚が収めてあります。


Back To The Past 19
1982 Vol.2


d0218056_21234938.jpg

25歳前後の私


そして制作風景
d0218056_21244455.jpg


はっは、、これはやらせですなぁ〜〜〜〜。






アルバムを見ていて、しばし初心を思いだすことが出来ました。




さぁ、明日は2017年、ますます頑張る!!






さよなら2016
by hamaremix | 2016-12-31 21:30 | Back To The Past | Comments(0)
ニューヨークのジャズは、
なかなかかっこいいイメージがあります。

まぁ、ジャズ以外でもあらゆるカルチャーにおいてかも。


斬新で新しい。

これってやはり聴く人の耳が肥えてるってことでしょう。


ジャズの最先端の大御所 グレッチェン・パーラート



年末です、ジックリ聴いてみて下さい。





音楽の深い森 274
グレッチェン・パーラト 「Butterfly」 Live in NYC ( ニューヨーク・シティー )






今年も残すところあと1日。



いよいよ2016年ともお別れですね〜〜〜〜。








ではでは、また明日。

by hamaremix | 2016-12-30 22:40 | 音楽 | Comments(0)
一年の最後の最後にそれまた最後に水仙が咲きます。

アトリエの前庭。

d0218056_17332791.jpg



d0218056_17334132.jpg



ハナミズキの葉っぱが赤から、枯葉になり

全部落ちたあとにですね。



周りは枯れ色。

そんな冬色のなか

水仙は冷たく新鮮な空気を発しています。


もちろん香りはあの水仙の香り。

白く小さい花に黄色いしべ。

す〜〜〜っと伸びた青に近い緑の単葉。


なんかちょっと凛としてみえます。


d0218056_17335540.jpg


ところで水仙の英語の名前はなんでしたっけ?


Daffodilだって。言ったことないし、聞いたこともなかったなぁ〜、

「ダッフォディル」

ウ〜〜〜ン、なんかかなり違う。





大掃除は続きます。
部屋の掃除より、庭掃除の方が寒いけれど楽しいですね。




明日は、ちょっと掃除の仕上げをしますか!



d0218056_17354872.jpg

by hamaremix | 2016-12-29 17:45 | ライフ | Comments(0)
年の瀬ですが、新しいコーナーを作りました。
wwww

それは「JAZZ STANDARDS/ジャズ・スタンダード」です。


あまりジャズを知らない方には「ジャズ・スタンダード」とは何?ですよね。
それは
分かりやすくいえば、ジャズ・ミュージシャンに愛されてきた曲
ということが出来ます。
新旧を問わずよく取り上げられる曲です。
それはジャズのオリジナルの曲だけでなく、
ポピュラー・ソング、映画主題歌、ミュージカル・ナンバー、
または民謡、シャンソン、ポップソング、、、

つまり唄や演奏で、ジャズメンがいいと思った曲ならジャンルを問わず選ばれてきた曲です。


年代でいうと1900年あたりから1970年くらいまでの曲がよく選ばれています。
みんなが知ってるスタンダードは
「枯葉」「マイ・ファニー・バレンタイン」「イパネマの娘」といった曲になります。


あまり興味のない方も
このコーナーを通して、ジャズのスタンダード
いい曲を覚えて行って下さ〜い。



JAZZ STANDARDS 001
ナタリー・コール 「When I Fall In Love」1952


ロバート・ミッチャムの主演映画「零号作戦」の主題歌です。
しかも戦争映画。この綺麗なメロディ・ラインが戦争映画とは、、、
この曲を有名にしたのはナット・キング・コールで
映画「イスタンブール」に特別出演して唄ったことで
広くいい曲だと知られるようになったとか。




ナタリー・コールはナット・キング・コールの娘さんで、
映像の上でお父さんとデユエットとしたことで有名です。
この曲でもやっています。

この曲をやったのはヘレン・メリル、マイルス・デイビス、カーメン・マクレ、
ビル・エバンス、キース・ジャレット

というそうそうたるミュージシャンです。



ディズニーの「シンデレラ」ヴァージョンもありました。

シンデレラ 「When I Fall In Love」






by hamaremix | 2016-12-28 21:05 | ジャズ・スタンダード | Comments(0)
こんばんは、コラージュ大蔵ざらえです。

そもそもこの私が作ってるコラージュはなんぞや?
ってことですが、

これは私が日々目にした写真や、画像、
それに手に入れたレシートやタグ、ちらしといった
紙ものを結構ためているのですが、

それらを、ほぼ直感的に
画面(私の場合古本を土台にしています)に切り貼りして
埋めているのです。
その紙を画面に貼付けて一つの見せ物にする技法をコラージュといいます。

画像には綺麗だと感じているものもありますが
なんとも思わないようなものまであるのですが、
それを結構無差別にコラージュしています。

なんのために?


それはイメージのトレーニングという意味と、
自分の好みを知るということの二つのためだと言えます。

イメージのトレーニングとは、
私が自身の絵を描く時に、自分の好きなものや興味のあるものばかり
描いてしまうので、
その好きなものや興味の範囲を広げるという目的がコラージュにはあります。

たとえば子供の絵とルネッサンスの絵と
今日私が食べたチョコレートの包み紙と
見た映画の一場面が
一つの画面で共存したりします。

そこにはなんの意味もないのですが、
私という人間が生きていて、何か目にしたものが
偶然にせよ一つの画面を作っている、、、

それは何だか目に見えない自分の頭の中記憶の一断面を
見ているような気になれるのです。


知らず知らずに集めていても、
やはり私と言う人間の癖というか趣味、
生活、そんな物が画面に必ず反映されるのです。

それを私が見ることで、私を知ることになるのです。


あと、やっていて「楽しい」ということももちろんあります。。

また、大げさにいうと時代も反映させることができるかもしれません。

などと思ってやっています。。。



ではでは
d0218056_1895778.jpg

コラージュ248 「マイケル」

ジョージ・マイケルが53歳の若さで亡くなりました。
え、、、まさかって思う歳ですよ〜。

知っていますかジョージ・マイケル。
あの「ラスト・クリスマス」の曲をワムというバンド時代に作って
唄ったミュージシャンですよ。

クリスマス・ソングの世界のスタンダードの曲ですよね。


しかも12月25日に亡くなるなんて、、、、

まさに天からこの日に召されたとしか言いようのない
選ばれた人だったとしか思えないです。


d0218056_18154452.jpg

コラージュ249 「ノブ・ギャラリー」

d0218056_1817178.jpg

コラージュ250 「スター」

まさに今年話題のふたりが入っています。
D.ボウイとボブ・ディラン、、(そしてイギー・ポップ)

今年はキース・エマーソン、グレッグ・レイクも亡くなってしまいました、、、、


d0218056_18204257.jpg

コラージュ251「描かれた道徳」

ちょっと個性がたったページです。
d0218056_18224813.jpg

コラージュ252 「田舎伝説」

う〜〜〜〜〜ん、結構私好みのページになりましたね、これは。

d0218056_18251950.jpg

コラージュ253 「ラブリー・サマー」

d0218056_18264642.jpg

コラージュ254 「世を問わず」

今はいろいろ雑食で読書しています。
井沢元彦さんの歴史書や司馬遼太郎「最後の将軍」
「ジャズ批評」「ジャズスタンダード」関連
などです。

音楽はジャズの古典と最新のヴォーカルものを聴いています。

d0218056_18305220.jpg

コラージュ255 「ぶっ壊れた」

このページもかなり気に入りました。
危なく怪しい感じ、しかも壊れてる、、、、感

d0218056_18323695.jpg

コラージュ256 「クールベ」

裸の絵にどうしても目がいってしまいますが、
あれは19世紀フランスの写実主義者クールベの油絵ですぞ。

d0218056_18344613.jpg

コラージュ257 「美しい記憶」

年末正月は空いてる時間で
NHK大河ドラマ「龍馬伝」を見かえそうと思っています。
あれは2010年の大河でしたがDVDに全巻録っていたのです。

もう8話まで見ました。
やはりいいです。配役が練られてるし音楽もいい。
生瀬さんの「吉田松陰」ちょっとだけ出てましたが、
これがいいセリフを言うのですよね〜。

刺激になります。


では最後、、、
d0218056_18384368.jpg

コラージュ258 「14」

無茶苦茶なページですが、わりと気に入っています。

14の文字が際立ってるからかな?





コラージュは来年も続きます!

はは、おつきあい下さいませ。









ではでは、、、、
by hamaremix | 2016-12-27 18:47 | アート | Comments(2)
d0218056_8433653.jpg



今年最後の一週間となりました。

最後の火曜日です。27日。

こちらは朝から雨ですよ〜。


いろいろと今年の〆をしないといけないですね。

窓ふき込みの大掃除とかね。また本やCDの整理とか、作品の整理などなど、、



このブログもいろんなコーナーみないなを増やし過ぎて、
ちょっといじりきれてない所もあるので、
1度整理しないといけないなぁとも思ってます。




スマスマも大整理されました。

最後はあんな感じなんですね〜、涙もなければ、言葉もない。
早く終わらせたかった?




今日のお菓子365 (124)
明治チョコスナック「たけのこの里/クッキー&ストロベリー」株式会社 明治

d0218056_8434526.jpg


ストロベリー味はチョコのなかではもう定番ですね〜。

不味いはずがなかろう!!!




ありがとうオレオ。





またね〜。

by hamaremix | 2016-12-27 08:48 | 今日のお菓子365 | Comments(0)
今年、私が気になった話題に「ハロウィンの仮装の盛り上がり」がありました。

佐々木君とそのことを話していると、
佐々木君は「あんなの日本の昔からあることで、江戸時代、
京都では『おばけ』というのがあって、
節分などにみんなで仮装して歩くようなことがあったのよ。」

と教えてくれました。
「おばけ」という言葉が印象的で「化ける」からきてるんだろうな、とは
想像がつきましたが、実際にはどんなのであろうか?

しばらく気になっていました。


すると
中之島図書館で講演会
「近世都市祭礼のねりもの」(おどるばけるつどう)
というのがあると知り、聞きにいくことにしたのでした。

d0218056_8363481.jpg


それにしても、こうゆう話、いったいどうゆう関係の方が来られるのか

そこも興味津々。

会場には50人ばかし、高齢の方が多くいました。



祭や民俗学の研究されてる方々なのか、はたまた神社やお寺の方なのか、

まっ、そこはわかりませんでした、、、



講演者は頴川美術館学芸員 八反裕太郎先生 でした。

頴川美術館って、知りませんでしたが、
西宮市甲東園にある公益財団法人の美術館です。
そういえば近くを歩いたときあったような。


講演の内容のメインは「ねりもの」でした。

京都、大阪、江戸では祭の時に人々(町人らや芸妓さん)が
祭の観客の前をねり歩いたことを話してくださりました。

d0218056_9114890.jpg

芸妓さんの「ねりあるき」順番図


お話は
難しいところもあったのですが、

一言でいうと

「日本人は昔から、仮装行列が好きだった」

ということです。笑



祭に関係なく、1939年の春

京都で突然人々が仮装してねり歩いたというような出来事さえもあったとか、、、



京や大阪では昭和30年代初期まで、
ねりものはあったそうです。






聞いていて思ったことは、

よく御堂筋パレードとか神戸祭でパレードがありますが、、

なんか欧米的で興味が持てないんですが、

あれを「ねりもの」「ねり歩き」の現代版だと思うと、

人々が仮装してパレードすることに熱中する人が居ることに納得がいきました。


パレードとかいうから、借り物っぽいけど、

「大阪ねり歩き」「神戸ねりもの」とかいうと、、、、

う〜〜〜〜ん、ぱっとしないかぁ〜〜〜



しかし、京都では、数年前から

節分の「おばけ(仮装)」が復活の兆しがあって、

ちょっと盛り上がってきているらしいです。




私も仮装は嫌いではないので、、、

大阪、神戸でも

なんか日本的におさまりのいいイベント(祭・興行)が考えられればいいなぁ。
by hamaremix | 2016-12-26 09:16 | 日本の美 | Comments(3)
d0218056_9424133.jpg

ギリシャに行ってきました。
いや、ローマでした。




ザッツ・ジョーク!






大阪府立中之島図書館です。

ある講演会があって聞きに行きました。
講演会は別館の現代建築館の方だったのですが、
間違えてこの歴史的建物の中にうろうろしてしまいました。


が、、、、


中に入ってビックリしたのが、無茶苦茶レトロ洋風建築のままで、

映画の中に入ったような体感を味わえました。

d0218056_948035.jpg

ほら
d0218056_948539.jpg

ほら
d0218056_948838.jpg

ほらほら
d0218056_9481248.jpg

ほらら〜。


しかも、一階は民間会社が管理を任されているのか、

お洒落な文具ショップやカフェもあります。

ギャラリーなんかもあったりして。


建物は中に入ってみなければ、分らないものですね〜〜。


この中之島図書館はよく通る場所にあるので、
外観はよく眺めていたのですが、
中がこんなに素晴らしいとは想像できませんでした。

というのは大学生くらいの頃に、
利用したことがあって、
そのころは建物に驚きと親しみを今のように持ってなかったので、
過去に行っただけで、
中を知ったつもりになっていたんでしょうね。



いや〜〜、



感動しました。






歴史を知るってこうゆう楽しみなんですね。



ちなみに設立は1904年です。







講演会の話はまた今度、、ではでは、

素敵なクリスマスをお過ごし下さい。

by hamaremix | 2016-12-25 10:00 | ライフ | Comments(0)
おはようございます。

そして、、今日は、、、、




♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
d0218056_10575655.jpg

♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥




       みなさんにとって、よい一日でありますように!











♥♥♥♥♥
by hamaremix | 2016-12-24 11:05 | ライフ | Comments(0)
ピコ太郎の「ピコ」は打ち込み音楽の音色を表した擬音です。

テクノ音楽の音をピコピコというように昔は言ってました。

日本産と言われてますが、元々は電子音楽をロックにした
ドイツ系のミュージシャンが始めたんじゃないかな。


でも、イエロー・マジック・オーケストラが世界的にブレイクしたので、
テクノ=ジャパン的なイメージで見られていましたね。


だから、ピコ太郎はテクノなんです。笑
だからといって、、、この動画は、、、

面白い!!!

YMOのなかでも一番好きな曲なので、、
最後まで見てしまいますね。





本物はこっちです。
原曲の音の感じはライブでは難しいのですかね〜、

矢野顕子も参加してますよー。

音楽の深い森 273
YMO 「ソリッド・ステイト・サーバイバー」


by hamaremix | 2016-12-23 21:12 | ロック・レジェンド | Comments(0)