ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

<   2016年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

20世紀というのは大量製造〜大量消費の始まりの世紀でした。

そしてそれは録音ということが可能になった音楽の世界でも同じでした。

これほど音楽が作られた時代はかつてあろうはずもなく、
そして数限りない音楽が録音され残されました。
そしてリスナーも
一生に聴く音楽の量もそれ以前の時代に比べ半端なく、
万単位の音楽を聴いたことでしょう。


しかし、しかし、後世になればなるほど淘汰され
残っていくであろう曲は、限られていくはずです。

そんななかで、明らかにビートルズは語り継がれ、
多くの曲が愛されてのこっていくと思います。

ポピュラー音楽の原点のような存在ですから、、、


今でも前世界中のアーティストがビートルズの曲をカバーし続けています。

ワールドスタンダードです。



で、私たち日本人のは英語の壁画高いので、
曲の理解は歌詞の面では情けないほどです、、、、

なので、
この本が大切です。

全曲網羅ではないのですが、たいがいの有名曲は収められています。

日本人の一家に一冊ですね!!


本ーこれいいよ vol.2
「 ビートルズ詩集」 訳・岩谷宏/シンコーミュージック


d0218056_2293394.jpg


ビートルズはポールとレノンが主に曲を書いていましたが、
後期にはジョージが作曲能力を開花させました。


歌詞の内容はジョンのものが、インパクト大ですね。

ポールの曲はレノンとちがって軽やかに人生をかける感じです。


ですが、ポールもジョンの影響もあって、
深い詩を書くことも、ままありました。

最後にそのポールの曲を歌詞付きで聴いて下さい!!!!

「エリナー・リグビー」

by hamaremix | 2016-01-31 22:16 | 本ーこれいいよ | Comments(0)
陸上の短距離走者の人って、
なかなか記録が伸びるものではないじゃないですか。

それこそ、毎日毎日、必死に走って、
その都度、0コンマ何秒、伸びたか遅くなったかみたいな
とってもミクロな伸び縮みに、躍起になるような練習を
日々繰り返して、、、、、

それでも、長い目で見たら1年で1秒伸びたことに
喜ぶことができる、というような世界ですよね。

で、、

今の私の制作はそんな感じで
焦るな、落ち着け!って自分に言い聞かせてやってます。




元気のでる、ポップです。
いつ聴いてもいいなぁ、このメロディ。
PVもドラマ仕立てですが、よくできています。
MUSIC for Blue Color でしょうか。


音楽の深い森 213
ビリー・ジョエル 「アレンタウン」



by hamaremix | 2016-01-30 01:55 | 音楽 | Comments(0)
d0218056_8453217.jpg

1/22日の月
この寒い時期にヌード・モデルさんに来てもらった。
今回は男性である。

フル・ヌードではありません。

というと、「なんや〜」ってちょっと残念がる女子学生もいるんですが、
男性フル・ヌードは
大半の学生(女子)にとっては、あまり歓迎すべきものではない、、

学生に意見を聞いてみたら
「そんなブラブラさせて来てもらってもなぁ〜」
という声が去年ありました。


というのが、過去の経験上からの私の判断ですが、
いや。私だけでなく、多くの他の先生もそう思っておられて、

モデルさんにはボクサー・パンツを着てのお願いにしています。

ま、ヌードというより、水着モデルですかね、、、



で、この寒い時に、、、
エアコンの室内温度を28度にし、
電機ストーブをモデル台の前後に置き、

大体これで充分なんですが、
電機毛布が部屋にあったはずで、
一緒に会場準備する学生に

「え〜〜、電機毛布がこの辺にあったはず〜」

って言うと

「電機毛布って?そんないいかたあるん、、、」

ってつっこまれました。

「え。なんて言う」

「ホット・カーペット。」

確かに「電機毛布」って言ってる人、居ないですね。


仕方ない、昭和32年うまれですから、、、

でも、ちと、おかしはづかしでした。



モデルさんは、短髪の背の高い、いい体格の人で、
醸し出す雰囲気がミュージシャンぽいところもあり、
私の好みの範囲の方でした。

黒地に白と赤で描かれた蜘蛛と蜘蛛の巣の
着物(着流し)で来れてました。


最後の最後に10分ポーズをしてもらったのですが、

寝ポーズ、仰向け、ちょっと首を起こしたポーズをされたんですが、

これ、10分はキツいんじやないか??
っって思ったのですが、

まぁ、プロのモデルさんなので、
できるんだ〜。
凄いなぁ〜って、

思ってると、後半8分越えた頃から、
少し我慢されてる様子があって、さすがにしんどいんだなぁ〜〜
と思っていると、
最後は身体が震えだしてこられました。

枕をだすとか、助け舟をだそうとしたんですが、
プロのメンツもあるだろうし、、
とためらってました。

さすがに描いてる学生たちも、心配げに見ています。

限界でしょう、、て思って枕を差し出そうとすると、
ちょっど10分の時計アラームがなり、終了しました。

「お疲れさまでした〜。最後はちょっとキツいポーズでしたね〜」
というと

汗だくになった顔で、
「ちょっと、ポーズ間違いました。」

と笑ってられました。

このしんどさは、時々、私もポーズするので、
よくわかります。

もうちょっと、早くに気を効かせて、
枕をだすとか、休憩してもらうとか、首だけ寝かしてもらうとか、
助け舟を出すべきだったなぁって、反省しました。



d0218056_9133363.jpg

1/22日の月
by hamaremix | 2016-01-29 09:15 | ライフ | Comments(0)
ついにこれを決める日がきました。

以前から一度決めてしまわないと、という義務感はあったのですが、

こんなことを決めて、何のためになるのか?ということもあって、
しかも、自分以外にはあまり意味のない、
いや、自分自身にもあまり何がどうなるということも無いのですが、
何か、一度決めておかないといけないという気持ちがずっとありました。


それが、、、、私の好きな女性ヴォーカル・ランキングです。


女性ヴォーカルはとても大切なジャンルです。
お気に入りの女性ヴォーカリストにハマっている時は、
もう、恋愛に近い気持ちで聴いていますからね〜〜。

今まで、ホントよく聴いて大好きになり、
今でも愛してやまない彼女たちです。

一応、ランキングしていますが、
これはあくまでも、現時点でということです。

これは1年後〜2年後〜〜3年〜〜10年とすれば
変わっていくもので、ということを前提にしていま〜〜〜す。

そのおすすめアルバムも紹介しておきましょう。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

私の好きな女性ヴォーカリスト12
/My Favorite Female Vocalists 12


d0218056_21192745.jpg
第1位 坂本真綾

菅野よう子+坂本真綾の曲はビートルズ並みに
いろんなジャンルを含み、しかも名曲揃いです。
今よく聴いてるのは、
初期のシングル集「ハチポチ」






d0218056_21234843.jpg
第2位 アン・バートン
アン・バートンの初期の有名アルバムの2枚は、
いつ聴いても、変わらぬ調子で心をほぐしてくれます。
「ブルー・バートン」







d0218056_2129799.jpg
第3位 ローラ・ニーロ
白人でこれほど熱く情熱的な歌声を聴かせてくれた人は知りません。
ぐいぐい引き込まれていきます。
演奏に加わったスタジオ・ミュージシャンも
彼女の変拍子の歌に「2度とつきあいたくない」と言わせた程、
自由奔放というか、感情のありのまま、、、
という唄でした。
「SMILE」は中盤のアルバムでこの頃は以前よりかなり穏やかな歌声です。


d0218056_2137963.jpg
第4位 アストラット・ジルベルト
近年私の夏には欠かせない声。

淡々と唄うドライ感とデザイン的とも言える感情の抑制は、
汗を感じない夏を演出してくれますね。
バックのボッサ・ノバが何気ないけれど、それがまた素晴らしい。




d0218056_21422040.jpg
第5位 ダイアナ・クラール
彼女こそは、今、まさに旬のジャズ・ヴォーカル&プレイヤーでしょう。

この 「QuietアンドNights」。カバーが多いですが、

素晴らしいの一言です。

選曲も良すぎます。


d0218056_21482257.jpg
第6位 Azumi (Wyolica)
ワイヨリカのライブは大阪芸大の学祭で見ました。
割と最近です。
学祭で呼ばれたようなのでFreeで見に行きました。

このFolky Soulが その音空間感覚が抜群にいいです。azumiちゃんの
ファッションもいつも楽しいです。


d0218056_22334254.jpg
第7位 ロバータ・フラック

1970年前後のロバータ・フラックの歌声は天のマザーです。「その歌で私をやさしく殺して(いかして)」






d0218056_2238269.jpg
第8位 ケイト・ブッシュ
ケイト・ブッシュのPVは一時つかれたようによく見ていました。
リンゼイ・ケンプに習ったという踊りのセンスがいいですよね。
楽曲ではこのWhole Storyまでならどれもファンタスティックです。
イギリスの文学的歴史を感じさせるファンタジー音楽。


d0218056_22432912.jpg
第9位 ビョーク
ケイト・ブッシュも天才ですが、
さらに20世紀最後半にもっとスケールの大きい天才が現れた。
それがビョークです。
やわな精神では聴けません。笑






d0218056_22475669.jpg
第10位 ジョニ・ミッチェル
カナダのシンガーソングライター。CSN&Yの一員のようなイメージが私にはあり、
とても親近感を持っています。ジャコやパットメセニーをしたがえてのライブなど
彼女にしかできないことでした。「ドンファンのじゃじゃ馬娘」




d0218056_22522822.jpg
第11位 大貫妙子
この「カミング・スーン」には「メトロポリタンミュージアム」や「地下鉄ザジ」
「アリス」を唄った絵本のサントラのような楽しいアルバムです。
私はこれと坂本龍一と作った一連のアルバムが好きですね。
汗をかかないような歌に好き嫌いがはっきりしますがね〜。
彼女にもいい曲、一杯あります。


d0218056_22573132.jpg
第12位 フランソワーズ・アルディ
最近深みにはまってきたアルディ。ほんとうのアンニュイがあります。
アンニュイを楽しむ分にはいいのですが、
聴きすぎるとアンニュイからブルーになるので、要注意です。笑
60年代のフランスを感じることができます。





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



とっても音楽業界的ノリでやってしまいましたが、、、

すっきりしました。


ランキングって楽しい〜〜〜ですね。


では、次は男性ヴォーカルかな、、、、
by hamaremix | 2016-01-27 23:06 | なんでもランキング | Comments(0)
30分かけて書いた記事を誤作動で消してしまった、、、、
また、、がっくし、、、、。

同じ内容を気分を変えて変えてみます。私の問題ですが、、、

まず、
以下ネットで検索したある方の司馬遼太郎の小説ランキング20です。
ネット上の書評とかから総合的にはじき出したものだそうですが。


1、竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)
2、燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)
3、坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)
4、新選組血風録 (角川文庫)
5、世に棲む日日〈1〉 (文春文庫)
6、関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
7、峠 (上巻) (新潮文庫)
8、功名が辻〈1〉 (文春文庫)
9、新史太閤記 (上巻) (新潮文庫)
10、花神〈上〉 (新潮文庫)
11、項羽と劉邦 (上) (新潮文庫)
12、空海の風景〈上〉 (中公文庫)
13、最後の将軍―徳川慶喜 (文春文庫)
14、梟の城 (新潮文庫)
15、翔ぶが如く(一) (文春文庫)
16、殉死 (文春文庫)
17、新装版 箱根の坂(上) (講談社文庫)
18、城塞 (上巻)
19、新装版 播磨灘物語(1) (講談社文庫)

20、夏草の賦 [新装版] 上 (文春文庫)

黄色い文字は私の既読書です。

やはり龍馬と土方が人気ですね。
この2冊は小説として面白いしですしね。

けれど司馬先生、時に元新聞記者気質がワザワイして、
あまりにも調べたものを網羅しすぎることがあります。
で、それが文中に注釈が一杯あるようなものになって、
知識の羅列?くどい?ところがあり、
読むのがしんどいことがあります。

はは、素人が批判してますね、、、
でも、そう感じてるんです。
いち読者が。
d0218056_2055980.jpg





今日、読み終わった「城塞(上・中・下)」もかなり、
注釈や解説の多い小説で、
私にはしんどかったです。

ですが歴史の理解ということでは、勉強になりました。


しんどかった理由に、この大坂冬の陣・夏の陣を追ったお話には、
龍馬や土方、あるいは村田蔵六といった、魅力的な生きざまをした主人公が
居ないことですね。

もちろん、真田幸村、後藤又兵衛、木村重成、毛利勝永といった
豊臣側の牢人あがりの戦士の伝説的な戦う姿も記されていますが、

話の全体像は、

なぜ、豊臣家は滅亡に至ったか?ということと
なぜ徳川家康は勝つことができたのか?ということが
いやという程分るように書かれています。

それは
豊臣側の豊臣秀頼とそのはは淀殿、そして家老の大野修理らの
戦いあるいは政治的無知、それと真逆の
家康の狡猾さ、ずるさ、腹黒さが
くどいように繰り返されて書かれています。


歴史がまったくこのように動いた結果だとは思わないのですが、
「さもありなん」という感じでした。


一応、主人公は「小幡勘兵衛」のように書かれていましが、
かれは徳川の諜者であり、特に魅力的というわけでなく、
現場のナレーター的役割で。時に姿がない場合も多くあります。

ですが、彼が居ることで、
徳川側、豊臣側のその時々の動き、意識の流れ、が良くわかります。
そこはさすがですね。



d0218056_2105660.jpg

下巻の中心は冬の陣で、秀頼に付き、負けることを知りながら、
最後まで戦って後世に名をあげた牢人戦士が活躍します。

しかし、彼らのトーンはバラードです。
負けるのを分って戦いぬき、如何に散り際を涼しくするか、、、
う〜〜ん、そこは哀しいです。


司馬先生が書きたかったのは、
徳川家康がなぜに人気がないのか、
その政治的計算高さ、人の操作術、用心深さ、
などといったその時々の所作で
うかび上がらせた家康のキャラクターではなかったか?
と思う程、
司馬さん、家康が好きではないようです。

また、
大阪城側の淀殿、秀頼、家老の大野修理らの
情けなさだったのではないでしょうか?




なぜ大坂が負けたのか、なぜ家康が勝ったのか。


まさに頂点だった、秀頼+淀殿と家康のキャラクターの差でしたね。



司馬さんの豊臣対家康の話では
「風神の門」
もそうです。

こちらは猿飛佐助、霧隠才蔵など、
真田十勇士的登場人物で、フィクションですが、
読んでいて面白かったのは、
こちらですね。

d0218056_21182361.jpg






さて、次は何を読むべきかなぁ〜〜。
by hamaremix | 2016-01-26 21:21 | 文学 | Comments(0)
d0218056_23383576.jpg

なにこれ?

多分アートでしょ、



これも。。。。。

たしかアメリカのアーティストのやったと思う。


かなり古い作品だけど、

今の阿呆げなマスコミを予想したような作品と、

見れなくもない。wwww

d0218056_2341892.jpg

コラージュ166 「CM」


人物の描写はつくずく難しいと、改めて実感。ふん。

しかし、しかし、寒いですね〜〜。

日本の南国オキナワとか、では100年ぶりに雪が降ったらしいですね。

熱帯に棲む魚くんたちが、寒すぎて仮死状態で浜辺にうち上げられてました。

あんなの見たのは初めてです。


そういえば、アトリエの前庭の大きな芋科の植物が

この2〜3日で、急にしおれてしまいました。

えぇ〜〜〜、、ビックリでした。



暖冬って言ったの誰ですか。。。





d0218056_234575.jpg

コラージュ167 「ハラヘッタゾー」

はらドーナツは神戸元町にある、ドーナツ屋だったと記憶してます、、、

あっさりしていいんです。


腹ドーナツではありません。


d0218056_2351023.jpg

コラージュ168 「オランジーな」

福山ロスのご婦人方に、人気急上昇なのが、

五代様らしい。

あ、ディーン・フジオカ(さん)です。


「朝がきた」のあの役、、、


あれはもてるな〜〜〜。


確実に。


と思ってたら、やはり。


私の近くにも居ました。






by hamaremix | 2016-01-26 00:22 | ライフ | Comments(0)
d0218056_2243241.jpg




謹製ってどうゆう作りかなぁ?

真面目に作りましたってこと?




d0218056_2253415.jpg


「かに味」です。

国内産紅ズワイガニパウダー使用だって。


うむ、うむ、しっかり「かに味」しました。


そして、、はは、一気に食べちゃいました。笑






今日のお菓子365 (88)
謹製「チップスター/かに味/国内産紅ズワイガニパウダー使用」
ヤマザキナビスコ株式会社


d0218056_2273620.jpg







こ・れ・や・ば・い
by hamaremix | 2016-01-25 22:12 | 今日のお菓子365 | Comments(0)
狩野探幽と言えば二条城の障壁画が一番に思いうかびます。
d0218056_2134268.jpg

松鷹図/二の丸御殿

狩野永徳程の力の誇示はなく、
ゆったりとした安定感がある絵です。
この二条城の障壁画が完成したのが1626年の三代将軍家光の時代で、
世の中が、安定してきたことが反映しているのでしょうね。


同じく二条城の絵
d0218056_2110841.jpg

松に孔雀図壁貼付・襖

この金地に松の葉の緑、そして太く天に左右に伸びる枝の茶色。

江戸時代を印象づける配色ですね。


日本絵画の星 13 狩野探幽(1602-1674/桃山~江戸初期時代)

私はある年の夏、二条城に4度も通いました。
スケッチの許可をもらう為でした。

で、その頃は龍馬伝にはまっていた時期で、
ここが慶喜が大政奉還を宣言したお江戸の京での本丸かぁ~
という感慨が強く、
狩野派などの絵を熱心にみる眼も意識もなかったのです。

が、さすがに壮大な障壁画群は大いに記憶に残っています。


二条城の障壁画、これを引き受けたのが江戸狩野派の狩野探幽でした。

d0218056_2136854.jpg

狩野探幽像/伝桃田柳栄

狩野探幽は狩野永徳の孫です。
永徳が秀吉なら、探幽は家康か?はは、
というのも明治期に岡倉天心をして「画壇の家康」と言わしめたほどの
江戸狩野派の創始者ですからね。

16歳で江戸に召されて幕府の御用絵師になったというから、
その絵の才能は狩野家でも飛び抜けたものが見られたようです。

22歳で大阪城(徳川の)の障壁画、25歳で二条城の障壁画、
32歳で名古屋城本丸上洛殿の水墨障壁画を担った。


大阪城の障壁画はもちろん残っていません。
しかし名古屋城の本丸上洛殿の水墨は残っています。

こちら狩野探幽の代表作としてよく取り上げられています。

d0218056_21175672.jpg

雪中梅竹遊禽図襖/名古屋城

この絵に特に現れているのが探幽様式といわれるものです。
あっさりしてます。

その探幽様式とは、この絵のように充分な何も描かれない余白があることなんです。
そして永徳がやったような、画面から飛び出すような構図ではなく
画面の空間内に構図を収めるところにあります。


d0218056_2214850.jpg

四季松図襖/大徳寺

人間の一生を松に四季にたとえたという見方もできるこの絵。

あまりにも余白が多すぎます。
絵がなりたつギリギリのところでこの絵をおえているようです。

この絵などは、マンネリズムと見ても問題ないような内容です。あっ、暴言


しかし、この絵もマンネリズムにいたったような様相です。
d0218056_22122814.jpg

桐鳳凰図


狩野探幽35歳の大作。すごいです、充実してます。
京都花園にある臨済宗妙心寺派大本山の法堂の天井画、
d0218056_22304282.jpg

「雲龍図」
最大辺12メーターです。制作には8年かかったそうです。
d0218056_2232565.jpg


半端ない迫力です。





さて、狩野探幽から始まる江戸の狩野派ですが、
江戸時代の250年近く通して御用絵師であったのです。
その狩野派の特徴といえば、

1狩野家の血縁で結ばれた集団であったこと。
2絵師の専門集団だったこと。
3つねに幕府の仕事に従事していたこと。
そして特に
4粉本主義であったことです。

その粉本主義というのは師匠のお手本(粉本)以外の絵を描かせず、
それまで築いてきた狩野派の画風を守っていくことでした。

これでは、絵師の独創性や個性というのものが封じ込まれ、
写しに写しが繰り返され、つまらない形骸した絵になっていったという
風評になってしまいました。

粉本主義は何も狩野派に限ったことでなく、
淋派、円山派、土佐派といった、絵師の集団経営には
欠かせないものだったようですが、、、



ところで狩野探幽
1656年の江戸大火で家を焼いてしまい、
重要な粉本を失ってしまいました。ピンチデス。

で、狩野探幽は粉本をとりかえすべく
古画の模写や鑑定を積極的に行い、縮図として描きためた。
また、写生も草花・鳥類・風景とさまざまなジャンルに触手を伸ばして描いた。
それは膨大な量で、美術史的に注目されはじめているようです。


その写生の1枚が有名なこれ。
d0218056_22434438.jpg

獺図

かわいいですね〜、しかもよく描けていますね〜。


そしてそんな探幽ですから、絵の内容も多岐にわたったようです。

源氏物語から、、
d0218056_22481696.jpg

賢木・澪標図屏風


いにしえの三十六歌仙を描いたものから、、
d0218056_2251757.jpg

柿本人麻呂像


水墨画も極めています。
d0218056_22531249.jpg

叭々(はは)鳥・小禽図屏風


d0218056_22535359.jpg

富士山図屏風

薄味、、、粋、、、



1662年狩野探幽は画家としての最高位である法印を与えられました。
by hamaremix | 2016-01-24 23:00 | 日本絵画の星 | Comments(0)
ビートルズが解散してソロになったメンバーが出したシングルで
一番最初に全米ナンバー1になったのが
ジョージ・ハリスンの「マイ・スウィート・ロード」です。

シンプルなメロディーで同じ歌詞の繰り返しが多く、
覚えやすい曲だと言えます。
「マイ・スウィート・ロード(私の優しい、神様)」〜〜〜〜
ここ、唄いやすいですし。

ちなみにここであがめられている神はキリストではありません。
それは当時ジョージが傾倒していた、インドのグルのことみたいです。

で、この曲、
私が洋楽にのめり込む前夜の曲です。
ラジオで知リましたね。


でも、この曲は盗作だとして、
訴えられていまいます。
ウ〜〜ん、かなり似てるというか、ほぼ一緒です。

で、潜在的に似てしまったという判決で、
結局ジョージは罰則金を払ったようです。


でも、でも、とってもいい曲です。


ビートルズ解散後すぐは、一番輝いていたジョージ
多くのミュージシャンを誘って、
バングラ・デシ難民救済のコンサートを開いたりしていました。

その時のライブです。


音楽の深い森 212
ジョージ・ハリスン 「My Sweet Lord」



by hamaremix | 2016-01-23 21:55 | ロック・レジェンド | Comments(0)
こんな絵があっていいのだろうか?
何のために?
衝撃が凄すぎて、1日引きずっています。

ズジスワフ・ベクシンスキー
(Zdzisław Beksiński、男性、1929年2月24日 - 2005年2月21日)
ポーランドの画家、写真家、芸術家。

d0218056_20221820.jpg

気のいい、何言っても笑って許してくれそうなおじさん。

この故ベクシンスキーさんはとんでもない画家です。
私はこの歳まで全く知らずにいたのですが、
昨日若い人に「今、どんな画家が好き?」って聞くと
「名前は忘れたけれど、ポーランドのなんとかという画家です。
ミヒャエル・エンデみたいな絵」って言うから、
ファンタジーかなって思って、
調べてみたら、

これが、、、、、


ちょっと知らなければ良かった、と思う程、

哀しい、、、いや、あらゆる感情の衰退の先にある

虚無というか、無惨というか、死の周辺の世界です。

あるいは超孤独、封印された狂気みたいな、、、、

画家の紹介には「終焉の画家」とか書かれてました。

まさにです。



ちょっと閲覧注意ですよ。
気分が悪くなるかも知れませんので、、

最初はちょっとゆるやかなのを、、、

絵には全てタイトルはつけられてないそうです。

d0218056_20325971.jpg


なんでしょう、これは、少しSFっぽいので、
これはまだしも受け入れられるのでは。



d0218056_20394831.jpg


哀しい、、、狂気の気配。


d0218056_20424562.jpg


死に繋がる性。愛のなれな果てか?


d0218056_2045175.jpg


人間ですよね、、、、



人間の暗黒面というようなものを見せられたような、
暗い、気持ち悪い、怖い世界です。

しかし、圧倒的な表現力で持って、
見る人の目をそむけさせないものがあります。

グーグル画像に、もっともっと衝撃的な絵が大量に貼ってあります。

しかし、なぜ彼はこのような絵を描くのでしょうか?
彼は第2次世界大戦を経験しており、
ナチスのポーランド進出の体験が大きいのでは、、、
とウィキには書かれました。

彼の絵には希望や幸福、そして愛や友情といった人間が生きる上で、
肯定的になれるものが一切ありません。
戦争という人間の暗黒面がはびこった世界を通過した精神は、
絶望しか彼にもたらさなかったのでしょうか?

まぁ、絵の画風というものもあるので、
そうゆう世界を彷徨う旅を続けていたのかもしれません。
ひょっとして楽しんでいたのかもしれません。
邪推です。


ダリやエルンストといったシュールの画家たちも
人間のダークサイドを絵にしましたが、
それでも、愛や怒りエロスなどといった温かい面も含まれた表現があります。

ベクシンスキーにはそんなの全くないです。
完全なる虚無です。







究極の絵画26(究極の虚無表現)
ベクシンスキー 母子像(仮名)

d0218056_2173856.jpg







最後にほんの少しだけ明るさを感じる(錯覚かも知れませんが、、)絵で、
しめておきます。



d0218056_2191817.jpg





ベクシンスキー
概略
作品では、死、絶望、破損、廃退、廃墟、終焉などが描かれ、それは不気味さや
残酷さと同時に荘厳な美しさを感じさせる。
独特の世界観から多くの支持を得た画家である。
作品自体は退廃的で「終焉の画家」と呼ばれるほどだが、彼自身は人当たりが良く
少し内向的で、人との会話をよく楽しんだとして知られている。
だが、政治不信、マスコミ嫌い等があり、普段は隠居のように暮らし制作に没頭しており、
他の芸術に触れることも嫌ったため、ポーランド語以外は話さず、ポーランドから出る
ことも生涯なかった。
彼の作品にはすべてタイトルがついておらず、作品の理論付けや詮索を非常に嫌った。
作品を描く際は、常に大音量のクラシック音楽をかけており、どこにいくにもクラシック
音楽を共にしていた。
ベクシンスキーは、作品をバロックとゴシックと技法を分けており、
最後5年ほどに手がけた作品はほとんどがゴシックである。
1990年以降は、それらに加えて、コンピューターグラフィックスで写真の加工による
作品も手がけており、死ぬ間際まで関心を持ち制作をおこなっていた。
(ウィキ)

by hamaremix | 2016-01-22 21:12 | アート | Comments(6)