ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

<   2015年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

d0218056_20234299.jpg

ハロウィンの今日。
仮装こそしている人は居ませんでしたが、
先週文化祭でコスプレを楽しんだのもあります。

学生たちはお菓子の配り合いをしていました。

ははん、こうゆう習慣が育っていたのですね。
かわいらしい。 

沢山のおこぼれにあずかりました。
ありがとう。




風邪の症状が出てきました。
鼻水、くしゃみに加え、はなずまりが、、、、

鼻セレブでかんでもかんでも、、、、

しんどくはないのですが、ちょっとぼーっとしてます。


朝、風邪クスリを呑む際に、まちがえて1日分を
一気にのんでしまうというぽかしてしまいました、、
死ぬことはないだろうと思いつつ、
何となく身体に異変が無いか気になっていましたが、
午前中、すこしだるくなった位で
午後からは基本は大丈夫でした。



さて、さて、
吹田のcafe・barで展覧会まであと約一ヶ月、
そして来年の久しぶりの個展まであと約1年、、、


明日、11月1日から制作をスタート(再開)します。



by hamaremix | 2015-10-31 20:43 | ライフ | Comments(0)
スチャダラパーです。

90年代の始めの頃、その日本語の使い方の巧みさと
打ち込みの音楽の無理のない脱力した感じ、いいなぁと思いました。

音楽でこんな日本語の表現ができるなんて、すごい、ビックリしましたし、
とっても新鮮でした。
若い世代の言葉の才能は、いや〜、すごい。

音楽はサウンドを聴くものですが、
スチャダラはしっかり言葉を聴かないと、、、

というより、言葉がしっかり心に届く強さがあります。

そして、笑いが絶えず伏線にあるところが、日本的。




川の最も上流はどうなってるんだろう?
いつも見るこの川が海にどんな風に溶けこんでいくんだろう?

この好奇心、ほんとよくわかります。

スチャダラパーのアウトドア〜!!!


音楽の深い森 202
スチャダラパー 「彼方からの手紙」


by hamaremix | 2015-10-30 22:23 | 音楽 | Comments(0)
神さまキーワード
鹿島神社、春日大社、伏見稲荷大社、神獣
場所のキーワードは
平城宮跡、大極殿、東大寺講堂趾、
大阪、奈良、京都、
動物のキーワード
鹿、狐、鼠、なまず
出来事キーワード
富士山噴火、
等等、、

万城目学「鹿男あをによし」の物語を構成しているキーワードです。

随分前に玉木宏主演でドラマ化されていて、
ちらと見たりしていたのですが、その時は不思議な場面に
魅力を感じながらも、結局入っていけなかたったのですが、
本を選んでいる時に、
あ〜、あの鹿の出てくる奈良を舞台にした物語、、、

ドラマの導入だけ知っていたので、
入りやすかったのですね。
読んでみました。

d0218056_8573056.jpg

奈良を舞台に書かれた内容なんですが、
作者の万城目さんが大阪府出身、京大法学部卒
なので、風景描写や言葉の使い方など、
とっても馴染みが良かったです。

それに奈良のいにしえの出来事と現在が繋がっているという
設定がとっても興味深く、
ストーリーにも深みがありました。

また主人公が学校の高校の先生というのも、
私自身の経験とリンクすることもあって、
うん、なんか深い縁を勝手に感じた一冊でした。笑

万城目さん、「プリンセス・トヨトミ」の作者だったのですね。
次、読んでみます。



ドラマから。
d0218056_955517.jpg




さて、
「あをによし」ということばですが、和歌の枕詞です。
「たらちねの」なら「母」ときて
「あをによし」なら「奈良」で、奈良にかかる枕詞なのです。
「あをによし」は「青丹よし」で青色と丹色の色使いが鮮やかで、
都の眺めがグッドだわぁというような意味です。
本書解説より

あをによし 奈良の都は 咲く花の 薫ふがごとし 今盛りなり
by hamaremix | 2015-10-30 09:17 | 文学 | Comments(0)
昨日に続いて鉄道の話題になってます。

私はやや、鉄道オタクかもしれません?www



今日,大阪市営地下鉄に乗った。
そういえば、今週の月曜日にも乗った。
その時に、駅構内のかなりいたるところにハロウィンのイラストの描かれた、
ポスターがよく眼に入ったことを思いだしました。

結局なんのポスターかもわからずじまい、、
まぁ、ハロウィンにかこつけたバザールのポスターでもあろう、、
と暗に興味なくスルーしてました。笑


でも今日は、プラットホームでの待ち時間が長かったので、
じっくり見てみました。

すると
ハロウィン・ホラーナイト列車とあるではありませんか。

うん???

d0218056_2037364.jpg


なんだろう???

「誰も見たことが無い、
野田阪神駅へ
一夜限りのご招待」

「仮装でのご参加大歓迎」


なんでしょうね???

18:50 千日前線 今里駅発
18:56 日本橋駅発
18:58 なんば駅発
19:08 野田阪神着


とあります。

気になります、ハロウィン・ホラーナイト列車

地下鉄では、本当に今までになかったイベント列車、、、

大阪市営地下鉄も民営化に向け、
頑張ってるのかしら、、、、、

土曜日、気になるなぁ〜〜〜〜。




d0218056_20583342.jpg

コラージュ138

大河ドラマ「花燃ゆ」、
幕末の志士の役割も終え、、明治時代に入りました。

吉田松陰〜久坂玄瑞〜高杉晋作と改革期に活躍したドラマでも重要な役割だった
志士が亡くなり、ハイテンションな展開ではなくなってきました、、ね〜〜〜〜、、




d0218056_2144467.jpg

コラージュ139


同じく明治元年を越えた、朝ドラ「朝がくる」
町人の町大坂がどのように黎明期をやり過ごしたか、
とっても興味があるところです。。。。


近藤正臣、玉木宏の親子、
麗しくてよいですね〜〜〜。
010.gif
by hamaremix | 2015-10-29 21:32 | ライフ | Comments(2)
今日の午前、午後の仕事ではなんともなかったのですが、
夜になって、突如、鼻水とくしゃみが怒濤におしよせてきました。007.gif

熱とかはないんですがね〜。
ここ数日は気持ちに張りを持ってないと風邪を引くことが明らかな状態なので、
しゃんとしておきます。


さて、移動中に聴いたラジオから、
残念なニュースを聞きました。

あの381系がもう見れなくなるそうです。


うわぁ〜、すごく残念、、、、、

その勇姿を見れるのも今月限りだそうで、
名残惜しくその姿をカメラに記録しようと多くの撮り鉄の方が、
山陰本線ぞうにかまえているそうです。

もうおわかりだと思いますが、
あのJR(旧国鉄)の
電車の車輌が今後はもう走らないとなったそうです。

それは国鉄381系電車(こくてつ381けいでんしゃ)で、
日本国有鉄道(国鉄)が1973年から1982年の間に
設計・製造した振子式の直流特急形車両のことなのです。



小さい頃この車輌のデザインと色に憧れが強かったです。
d0218056_2257321.jpg

381系


このクリーム色に赤のライン、、
フルーツ・ジュースなこのいろとかたちは昭和の少年達に
旅の夢を与えたはずです。


この車輌に乗りたかったのです、、、、
遠くへ旅するということの夢の形がこの車輌でしたねぇ〜〜〜。


私のなかでは、ひかり、こだま より、まずこの381系に乗ってみたかったのです〜〜。
(いや、一度、乗ったかもしれませんが、、、)




今日はたまたま、ラジオで知りましたけれど、それ聞いていないと、
私の全く知らないままこの381系は、無くなっていたのですね。


d0218056_237399.jpg




世の中のものは、最後はいつか、ひっそりと消えていくのですね。



by hamaremix | 2015-10-28 23:11 | いろとかたち | Comments(0)
d0218056_0425427.jpg

甲山大師/神呪寺 10/18

今日のスタート、駅に着いた時に弁当を持ってくるのを忘れた
のに気がついた。

今日のラスト、野田阪神のシアからバイクで帰ろうと思った矢先、
雨が降り出した。あららららら、、、
ちょっと小降りになった頃を見計らって、
帰路についたけれど、
途中で土砂降りになって、大変だった。

服のまま池に飛び込んだように濡れた。

濡れることは覚悟していたけれど、
ここまでびしょびしょになるとは、、、とほほほ007.gif

雨がパンツまで沁みた。

すぐにシャワーを浴びた。


午前中のデッサンの授業は、まあまぁ、いい感じだったし、
お昼に久しぶりに食べたマックの新商品は美味かった、
名前は忘れたけれど、ピリ辛なバーガー、、、

修ちゃんとこでの模型作り、今日は大型トラックを作ったのだけれど、
極小の部品の接着以外は上手くいった。。。

相対的にはいい1日だったはず、、、

でもなあ〜〜〜、ここまで濡れるとは、、、、


仕方ない、積極的選択の結果だから、、、、



明日も積極的に頑張ろ☆☆☆☆☆
by hamaremix | 2015-10-28 00:57 | ライフ | Comments(0)
時に明治維新は世界に類のない無血革命だったと言われたりするが、
それは徳川慶喜ら旧幕府の者たちに切腹を求めたり斬首しなかったことであって、
幕末志士や幕府と薩長中心とした官軍の戦いでは、
多くの血が流れてますよね。


d0218056_1083961.jpg
司馬遼太郎の「幕末」を読みました。
短編集とあったので、
幕末のいろんな情景を味わえるんではないかと
勝手に思ってたのですが、
内容は、桜田門外の変から始まる、
幕末に起った数々の暗殺事件を
題材にしたものでした。

新撰組を書いた「燃えよ剣」の内容でも、
立場を同じくするものであっても、
信用がおけない相手だと判断すると
倒すべき相手であっても、
簡単に「切る」「やるベキだ」として、
斬りつけています。

新撰組の初期の内部抗争における、殺し合いは
まるでどっかの組の抗争のようなものだと思いました。


この「幕末」でも
京都を舞台にした動乱期の脱藩浪士、長州藩士、新撰組らの戦い、
暗殺計画では、本当に相手を簡単に殺してしまう、
そして首をはね、それをさらす。
そして暗殺者の多くも自害したり、仇討ちにあったり、
まさに血を血で洗うような
そんな光景ばかりでした。
でも、そこは司馬遼太郎、それぞれの人物に光をあて、
その人柄を人間味のあるまなざしで、書いていました。
女性の存在もうまく散りばめてます。



150年前の日本です。
乱世とはこんなものなのか?
考えられないような猛々しさ(野蛮さ)です。

しかし、この狂爛のわけは、大きくは、
徳川の世つまり封建社会が終わりをもたらしたという日本史のなかで
最大級に変革の時期だったからですね。



以下内容のメモ

『幕末』司馬遼太郎
「桜田門外の変」薩摩藩士有村治左衛門が井伊大老の暗殺に至る流れ。
「奇妙なり八郎」新撰組創設期に参加した清河八郎の話
「花屋町の襲撃」坂本龍馬暗殺の敵討ちを睦奥宗光を中心に書かれてる。
「猿ヶ辻の血統」会津藩の密偵、大庭恭平の工作。薩摩藩の有名刺客田中新兵衛の末路を書いた。
「冷泉斬り」正六位の朝臣絵師冷泉為恭(れいぜいためたか)が朝議の機密を洩してるとして、
暗殺されるまでの話。最後は首が転がり落ちる。
「祇園囃子」十津川剛士浦啓輔(うらけいすけ)が水戸藩京都警衛指揮役炭谷寅之介を暗殺。
「土佐の夜雨」郷士那須信吾が土佐藩仕置家老吉田東洋を暗殺。
「逃げの小五郎」剣豪であるはずの桂小五郎は、とにかく戦わずして逃げまくった。そして生き延びた。
「死んでも死なぬ」伊藤俊輔(博文)と井上聞多(馨)は司馬遼太郎では面白おかしく、滑稽な人物として描かれる。
「彰義隊胸算用」彰義隊の寺沢新太郎、渋沢成一郎、天野八郎
「浪華城焼打」土佐脱藩浪士田中顕助ら八人が将軍家茂が入城した大坂城を焼こうと画策するが、
「最後の攘夷志士」攘夷運動の流れも右往左往するが、幕末の最後にはほぼ開国に向う。その変化にのれず英国公使パークス暗殺を企てる。三枝しげる






by hamaremix | 2015-10-25 11:15 | 文学 | Comments(2)
「プリティ・ウーマン」というヒット曲があります。
みんな知ってると思う。

作・演奏はロイ・オービソン

プリティ・ウーマンは軽快なポップ・ロックという曲調だけれど、
ロイの本来の持ち味は泣き節に近いもので、
「crying (なげき) 」「only the lonely(単に孤独さ)」
といった曲で愛されてます。

80年代になって、おじいちゃんになったロイ
デビット・リンチの映画「ブルー・ベルベット」でその楽曲がサントラに使われ
話題になりました。
私もその映画とこの曲の流れるシーンは
記憶に鮮明に残るものになっています。

おじいちゃん唄う歌、、、味わい深いです。

そして
怪しい色気、艶、もの哀しく切ない、
ひょっとしたら演歌につながる何かがあるかもですが、べとべとな涙はない。

ある年齢にならないとけっして理解できない曲の一つかなぁ。


聴いていると破れた夢のかけらが踊り出すといった感じ。




音楽の深い森 201
ロイ・オービソン 「in dreams」




ブルー・ベルベッドでは2カ所で使われてたと思うのですが、
その一つがこちら。

最後に音楽を消すのはデニス・ホッパー、ショーケン似


by hamaremix | 2015-10-24 08:52 | ロック・レジェンド | Comments(0)
d0218056_2254031.jpg

コラージュ136


12月に吹田のカフェで個展をします。
ギャラリー&カフェ ケセラという名のカフェです。

小さいカフェなのでこれまで私が描いた作品の
小品を並べるつもりでいます。
といっても、
それほど数があるのか?と自分でも不安なところですが、
ちょっと肩の力を抜いた、
作品がいくらかあるので、
それを中心に楽しい作品展になるように、構成を考えています。

展覧会名は多分「December」になると思います。


修ちゃんところで仕事を恥じめました。

「プラモデル好きでしょ?作りにきて下さい」というので、
どんな仕事と思いきや、
本当にプラモデルも組み立てる仕事でした。笑

ドイツの古い民家の模型や宇宙ロケットのプラモデルを
既に完成させました。
明日も行く予定ですが、
明日はドクター・ヘリをつくる予定です。

五重の塔のプラモデルを作りたいと真剣に考えていた矢先、
五重の塔ではなかったけれど、
プラモデル作りとは、、、、

それに以前からやるやると、
修ちゃんが言ってた太陽の塔のレプリカの仕事
初めていました。

これがまた、大きくて凄いリアルな出来なのです。

これは極秘の話なので、
みなさん、
ここだけの話にしておいて下さい。

くれぐれも他言無用です。笑





d0218056_2265050.jpg

コラージュ137
by hamaremix | 2015-10-22 22:28 | ライフ | Comments(2)
バフィン&モモ、ホッキョクグマの親子です。
d0218056_23302712.jpg

d0218056_2331030.jpg



モモはまだ1歳で、やんちゃです。

お母さんのパフィンに遊んでもらいたくて、
すぐからみにいってます。


噛み合うバフィン&モモ。
d0218056_23335328.jpg




ねぇねぇ〜、遊んでよ〜〜〜
d0218056_23352139.jpg


もう、ひとりで遊びなさい!!
d0218056_23355224.jpg

d0218056_23364896.jpg



モモは子供なので本当によく遊びます。
見ていて飽きないですねぇ〜。

飛び込む
モモ
d0218056_23383315.jpg


d0218056_23391262.jpg



天王寺動物園のホッキョクグマの
バフィン&モモでした。
by hamaremix | 2015-10-21 23:42 | こどもたち | Comments(2)