ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

<   2015年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

約400年前に煙となって消えた
安土城と大阪城の狩野永徳の膨大な障壁画。

このイメージが頭から離れません。どんなスケールだったんだろうな〜。

しかし、しかし、よくよく考えてみると
やはり焼けてしまい、残らなかったということは、
その絵の運命だったのですよね。

私も含め今の作り手のように、作ったものを後々迄に残そうなどという
発想が当時無かったのではないか?
信長も秀吉も自身の住むお城に、自身のイメージに合った絵を
永徳に描かせたはずで、

その絵はまさに、信長や秀吉のものだったはず。

信長が本能寺で焼け死んだ時に、
安土城の障壁画も後を追うように、豪快に焼けた。

秀吉が病死した時に、
大阪城の障壁画もその輝きを失ったはず。
いや、絵そのものは変わらないのだが、
着るべき主人が亡くなった服が、オーラを失うように
やはり、住居であったお城の障壁画も
何らかのオーラを失ったはずではないか?

うん、あれは焼けるべきして焼けて無くなっただ。

当たり前のこと言ってますが、

そんな風に想い至りました。

まぁ、狩野永徳にしたら、残って欲しかったなぁ〜っと
思ているでしょうけれどね〜。




話は全く変わります。笑

先週の日曜日、南千里へ行ってあのカワセミを見た日ですが、
あの日には別なレアなものにも出会っていたのです。

ひとつはハッピーくん
d0218056_23445149.jpg


ハッピーターン号に乗ってやってきたようです。
d0218056_23453190.jpg


とっても陽気なハッピーくんでしたが、

もうひとり地味な奴がいました。
ちょっと不気味な感じが先立ってて、
名前が思いだせなかったのですが、

この人です。
d0218056_2347315.jpg


顔が病人みたいで覇気がなく、見られると怖いので、
子供には嫌がられてました。


チャルメラおじさんでした。


以上、阪急千里線南千里駅前からでした。










by hamaremix | 2015-08-31 23:52 | ライフ | Comments(0)
世は戦乱から天下統一へ。
戦国武将との戦いを制した織田信長、豊臣秀吉
天下人として壮大なスケールの絵を好んだ。

この二人に愛された絵師が狩野永徳です。

信長は安土城の障壁画を
秀吉は大阪城、聚楽第の障壁画を永徳に描かせることになります。

それはもう凄い数の障壁であって、しかもメクルメク壮大なものであった
と思われるのですが、
これらは全て早い時期に火事によって無くなっていて
現存しません。

人生をかけた大仕事であったことは想像に難くないですね。


それため、狩野永徳の作品はそれほど多く残っていません、、、

が、それでも残された幾つかの作品の圧倒的な迫力によって
日本絵画の歴史に名を刻んでいるのです。

狩野派といえば永徳というぐらい有名ですよね。


日本絵画の星 08 狩野永徳(1543-1590/桃山時代)

d0218056_23343011.jpg

「唐獅子図屏風」

永徳で最も有名な絵がこれでしょう。

しみじみとした花鳥風月を題材にした絵とは対極の、
獅子の持つ猛々しい存在感、それこそがこの絵の魅力であるし、
描かれた内容のテーマです。

これは毛利家に伝わっきたもので、
秀吉が毛利攻め際(1582年)毛利輝元に贈ったとの伝承があるそうです。
そこからこの2頭の獅子は秀吉と輝元を象徴しているという説も、、、

秀吉永徳にどうゆう風に言ってこの絵を描かせたんでしょうね?
想像すると楽しいです。



猛々しい作品といえばこれもすさましい形状の樹に絵です。
d0218056_23463243.jpg

「檜図屏風」

これはすごいですね。
ゴツゴツとして、圧倒的な存在感、空中に伸ばす枝は触れるものを
絡めとる貪欲な蛸のよう、、、これは
きっと太郎画伯も圧倒されたのではないかと思ったりします。笑


狩野永徳は長谷川等伯とは同時の絵師で、ライバルでした。
秀吉から仕事をもらうという意味でも、
絵師としての力量でも、
長谷川等伯の画風と比べてみるとその違いが面白いです。


しかし、永徳だって細密な描写にも天才的な才能をみせてます。

d0218056_0034.jpg

「洛中洛外図屏風」左


d0218056_2359355.jpg

「洛中洛外図屏風」左

これ二十歳過ぎの頃の作品です、、、汗

この絵は織田信長から上杉謙信に贈られたものだそうです。


この絵の注*

絵の内容から、景観年代は室町幕府13代将軍足利義輝の時代で、
永禄4年(1561年)と推定されている。
また、絵が完成したのは永禄8年(1565年)9月3日。
織田信長から上杉謙信に贈られたのは天正2年(1574年)3月とされている。


しかし、発注者は信長ではなく、

足利義輝は、上杉謙信に上洛して管領に就任せよというメッセージを込めて贈るため、
洛中洛外図を狩野永徳に発注した。
しかし、永禄8年5月に義輝が非業の死を遂げた結果、
同年9月に完成した絵は永徳の許にとどまった。
織田信長が上洛したあとの天正2年、永徳は信長に接近した。
洛中洛外図のことを知った信長は、当時同盟を結ぶ必要があった謙信に絵を贈った。


あの信長もこの圧倒的な景観の絵に驚いたのでしょうね。


しかし、信長、秀吉に気に入られるようにする仕事は
命を削りながらのものであったでしょうね。

気に入られない、あるいは感動のないものを描いては、
首をはねられるかもしれなかったのですから、、、、


若かりし頃の永徳のもう一点です。
d0218056_0142296.jpg

「大徳寺聚光院方丈障壁画」

24歳の時の作品です。

お寺にはお寺に相応しい、水墨の自然観で描かれていますね。



さて21世紀になってから見つかった永徳があります。

「洛外名所遊楽図屏風」で、初期作と言われています。

洛外→左隻・宇治、平等院あたり
洛外→右隻・嵐山、渡月橋あたり
を描いた絵なのです。

d0218056_2011911.png

「洛外名所遊楽図屏風」左隻

d0218056_209184.png

「洛外名所遊楽図屏風」右隻


平等院や渡月橋、わかりましたか?



まだ、絶頂期の豪快さはありませんね。ういういしい永徳でした。



それにしても安土城、大阪城に描いた永徳の絵
タイムスリップができるなら是非とも見てみたい。
by hamaremix | 2015-08-30 00:24 | 日本絵画の星 | Comments(2)
ゆらゆら帝国

最後のアルバムは「空洞です」です。

ゆらゆらの熱心なファンというわけではないのですが、
とっても好きな曲が幾つかあります。

なかでもこの最後のアルバムの最後の曲「空洞です。」は
なんとも言えない切なさと終末感と現代的なロマンがあいまり、
しかも、この曲でもってバンドを解散するという前提で
作られたとおもわれるので、
フィナーレという意味でも感動的です。

特に途中から使われるメロトロン
(弦楽器の音を録音してキーボードで音をだす/サンプリングマシーンのはしり)
とサックスの構成が泣かせます。

まるでキング・クリムソンの第2期最後アルバムREDの最後の曲
「スターレス」を想起するのは私だけではないはず。
それほど感動的なのです。


ではでは、、


音楽の深い森193
ゆらゆら帝国 「空洞です」

歌詞を聞いてると、きっと身に覚えがあるはずです、、、、笑


by hamaremix | 2015-08-28 21:57 | 音楽 | Comments(2)
大阪府吹田市、、千里ニュータウン。

阪急千里線、南千里駅から徒歩3分のところに緑豊かな大きな公園があります。

千里南公園。

d0218056_7355120.jpg


中心の釣り堀の大きな池があり、その周りを
高低のある丘陵が囲み、そこに
大きく育った樹々がたくさん、青々と空に向かって伸びています。


池の周りに、カメラの三脚を立てて、何やら池の水面を狙っています。

????
d0218056_7402721.jpg


こうゆうの気になるんですよね〜〜。

そのレンズ先の水面を見てみても何もいません?
ナマズ?やたら派手でキラビヤかな色をした熱帯魚?
巨大な鯉?鮒?

イメージは膨らむのですが、池の水はそんなに澄んではいないので、
透明感のある綺麗な写真は撮れないだろうなどと思っていると、

あっ、
小さな中州のこちらに出ている枝に
何やらいろの綺麗な鳥が止まった。

何人かのカメラマンがそれを写す。けれど、それほど慌てている様子でもない。
けれど、私にしては超ビックリでした。

というのはその鳥がカワセミだったからです。

生まれて初めて見ました、カワセミ

そ〜〜っと、カメラの望遠をマックスにして撮りました。
d0218056_747153.jpg

d0218056_7473597.jpg


残念ながら、ピントが甘くなってしまいましたが、、
私にとっては、
かなり意味のある一枚となりましたぁ。


みなさん、カワセミ見たことありますか。

後で知人が教えてくれたのは、
ここ千里南公園はさまざまな野鳥が飛来するところで、
バード・ウォッチングで有名な場所であるとか。
そして、水面にカメラを向けていたのは、
カワセミが水面での虫の捕獲という決定的瞬間を
狙ってのことではないかと教えてくれました。

そんなこと何も知らず、ぶらっと出向いた公園で
ラッキーな瞬間に出会えました。

by hamaremix | 2015-08-28 07:53 | ライフ | Comments(2)
d0218056_19455590.jpg


銘菓・北陸紀行のパッケージです。

北陸の有名観光地の名が記されています。

東尋坊/ここで「蟹ラーメン」食べた。
千里浜/ここは海岸の砂浜を車で走れる有名な場所。
私は以前車を砂浜に埋めてしまいました。汗
輪島/朝市に出ているおばあちゃん達、 味ありました。
富山/今回で2度目ですね。
金沢/今回で3度目。やはり他の都市とは趣が違います。

あとこのあたりの温泉
片山津温泉、山城温泉、芦原温泉、粟津温泉、
どこかに行ったはずなんですが、どこへ行ったのか覚えてないなぁ〜〜。哀


それはさておき今回のスーベニールです。
ジャケ買い、、、







今日のお菓子365 (79)
北陸新幹線開通「北陸紀行」(株)北陸ゆつぼ本舗

d0218056_19544849.jpg


なかはどんなかなぁ〜
d0218056_19564877.jpg



おう。やはりミニチュアに見えますねぇ〜。


味は???

味?



う〜〜〜〜ん、丸裸って感じでした
by hamaremix | 2015-08-26 20:10 | 今日のお菓子365 | Comments(2)
d0218056_22342836.jpg

太閤山ランド内のトンネルをいく、Mさん、修ちゃん。


金津から北陸自動車道を
北へ東へすっとばし、一気に富山県に入りました。

時間は午後2時を過ぎていましたが、昼食はまだとっていません。
それは富山で新鮮な魚が食べられるから
寿司を食おうと、3人で我慢していました。
小杉インターを出るとすぐに回転寿司屋さんに!

これが、回転寿司というものの、
何を食べても、舌でとろけるような柔らかさ(新鮮さ)
感動ものの回転寿司でした。
お店の名前は忘れましたが、交差点の角にあったお店です。笑


さて富山まで来たのは、
太閤山ビエンナーレを見る為でした。

太閤山という丘陵に大きな公園があり
そこの施設や自然を使ってのアート・イベントが開催されています。


素朴な疑問ですが
「太閤」って秀吉のこと、、なんでこの富山に「太閤」の名が残された??

学のあるMさんに聞いてみると、
「まだペイペイだったころに信長に命令されてこの辺まできたんやない?」

と、、「猿と呼ばれた時代ですねぇ〜」っと同調。

実際にそうでした。

「後に「太閤」と呼ばれた豊臣秀吉(当時は羽柴秀吉)が
1585年に富山城の佐々成政を攻めた際(富山の役)に、
この地域に陣を張った(太閤山陣所)ことに由来する。」


そしてこの広大の土地は「太閤山ランド」(正式名称は県民公園太閤山ランド)
と呼ばれています。
1983年に、「にっぽん新世紀博覧会」の会場としてオープンし、
1992年にはジャパンエキスポ富山の会場になった場所なのでした。


d0218056_059650.jpg


ここでアート・ショウのビエンナーレが行われていました。
富山県に在住する作家たち約60人の作品がランド内の
敷地や施設のなかに点在して設置されているのです。

のんびりと見てまわることにしました。

太閤山荘という古民家。
d0218056_154535.jpg


庭や室内に幾つか作品があります。

一階大広間です。
d0218056_171411.jpg

ラドカ・ミレロバさんの作品。「涙のリクエスト」

2階のう−−−ん、天上部屋。
d0218056_193023.jpg

プラスティック段ボールできた立体ですが、
中に照明灯が入っていて、暗い部屋の中で
ほのかにその存在感をみせています。作者名忘れました。



ここを出て

山手の方に向かいます。
茶室や野外に点々と作品があります。


そしてここで一番高い場所に不思議なかたちの建物があり、
そこも会場らしいので向かいます。
d0218056_1141666.jpg


パリの凱旋門のような、大阪の空中庭園のような、、、

立方体の辺だけに構造物を作り
中になにもない空の立方体空間をとりこんだ
とってもミニマルな建築ですが、
ここは展望塔(展望台)なのです。


巨大です。
d0218056_1185438.jpg


空を切り取る。
d0218056_1192489.jpg



この一階の大きな空間に岡部俊彦さんの作品があります。
d0218056_122299.jpg



なにやらカオス、舞台美術のようです。
なかなか、見応えがあります。


展望塔、最上階にエスカレーターで昇ります。

ここがビエンナーレのなかでもとっても面白い空間体験でした。
d0218056_1245488.jpg


d0218056_1255345.jpg


d0218056_126156.jpg


南東方向に館山連峰が
南方向には富山湾、能登半島が望めました。



まとめはありませんが、、、

今回この公園に来れたことが、なによりも楽しかったですね。。
by hamaremix | 2015-08-26 01:33 | アート | Comments(2)
d0218056_1943937.jpg

ウィンドウズ24
d0218056_19434411.jpg

ウィンドウズ25

福井県あわら市は石川県に近い福井北部です。

そのあわら市にある体験型芸術施設、「金津創作の森」
約20ヘクタールの丘陵地にあります。

メインのミュージアムの他、創作工房(創作学習室、陶芸学習室)
レストラン&ミュージアム・ショップそれに
野外彫刻が沢山せっちされた森があり、
ゆっくり散策できました。


個展開催中のの清川あさみさんのインスタレーションの作品もありました。
さすが、女性作家のアプローチだと思いました。

これ
d0218056_19513832.jpg

杉の木にカラフルな布を巻き付け、
根元に同調の色彩に着色された大きな鳥かごが置かれている
作品でした。

人物は山本修司氏


「創作の森」の創世記は
評論家針生一郎が館長だったこともあり、
現代美術の有名な作家の作品が結構野外にありました。

かってノブ・ギャラリーで一緒だった土屋公雄氏のモニュメンタルな作品です。
d0218056_1958223.jpg



私が面白かったのは、森の中に設置されていた
デザイン集団グラフの家のような立体作品でした。

建てられてから10年以上も経っているので、
建材の朽ち方が森と同化していて、
映画のロケーション、あるいはアニメ的な感触を持っていました。
d0218056_202455.jpg

d0218056_203321.jpg

d0218056_2031942.jpg

d0218056_2034259.jpg


そして山本修司氏
d0218056_2041131.jpg


山本氏と学芸員M氏
d0218056_2084145.jpg

ウィンドウズ26






アートな旅におすすめのスポットです。

清川あさみー美採集ー9月27日までやっています、この期にどうですか?
by hamaremix | 2015-08-24 20:11 | アート | Comments(2)
おはようございます。心地いい朝です。003.gif

金沢行ってきました。
正確には福井〜富山〜石川の三県にある
美術館、ギャラリー、ビエンナーレを猛烈な駆け足で
観てきました。011.gif

もう、何も観たくないというぐらい
1日に観るアートの限界量を目に写してきましたぁ〜。005.gif

は〜〜〜っ、020.gif

そんななので、何から書いていいかわかんなくなっています。042.gif


一番面白い画像を先ず、、

d0218056_64452100.jpg

d0218056_6452457.jpg


これは作品鑑賞最中のMさんと修ちゃんです。爆笑。

天上から吊るされた四角い顔。

これを冠って中でヴィジュアル・グラスとヘッドフォンをし

下の方についてるアームで上下左右を自由に観るというものです。

中には清川あさみ作の3D映像が音付きで4分程楽しめるんです。


けれど、観ている人は全く無防備な姿の滑稽な
パフォーマーのようになってしまうので、
それを他者が楽しめてしまうという、
なかなか重層性の高い演出でした。


福井県あわら市(かって金津とよばれていた市・合併によりあわら市に)に
金津創作の森のアートコアミュージアムという所で
清川あさみー美採集ー
が開催されていました。

d0218056_713712.jpg
これがそのティケットです。

人物は木村カエラですね。

上戸綾、真木よう子、水川あさみ、宮崎あおいなどなど
有名人がモチーフになって美しい作品が作られています。

清川あさみ
技法的には写真、写真加工そしてそのプリントされた画像に刺繍を施すなど
独自の技法で美しく手触り感の高い作品で注目を集めています。


私は画集でその作品をしっていましたが、
彼女の作品は生で観ないと全く駄目だぁって
思いました。
写真だと平面的過ぎて刺繍の糸やスパンコール、
羽根などの素材感が目に伝わらないからです。

また、その大きさも。

有名人の作品も50号くらい、、と大きいです。

メルヘンなシリーズから実際の街の人物をとらえたリアルな作品から
野外インスタレーションまで様々な彼女の活動が一挙に観れて
とっても充実した展覧会でした。



d0218056_7222537.jpg

by hamaremix | 2015-08-24 07:20 | アート | Comments(0)
夏の花は何といっても向日葵でしょうね。

あの背の高い大きな花。
強烈な黄いろい花。

夏の太陽の強い陽光にもめげない、
むしろこの熱い光を受けてこそこの花は輝きを増します。
そんな向日葵はやや特別な花という感じがありますね。


同じ黄色い花ですが、タンポポはもっと身近なイメージです。


そんなタンポポの身近感を上手く曲にした人がいます。
身近な存在感、
イノトモです。


これはとっても良い曲ですよ。
大好きなんです。
元気がでます!!






音楽の深い森192
イノトモ 「タンポポ」



by hamaremix | 2015-08-21 22:22 | 音楽 | Comments(0)
ちょっと分りにくいのですが、甲子園球場近くのローソンです。
笑笑
d0218056_2201298.jpg

この写真は一ヶ月くらい前のもので、今日の画像ではありません。


それにしても昨日、今日の阪神。
巨人戦なのに??
なんという試合ですか?

2夜連続で、、、、、

もう、笑うしかありえません。

今年は私、あまり阪神のテレビ観戦しない方がいいのかもです。笑




d0218056_2240375.jpg


修ちゃんから連絡があって、

金沢にドライブに行きませんか?だって。

ははん、何か仕事の用件で人でがいるんだな?

なんて思って聞いてみると、


仕事ではなく、学芸員のMさんと一緒に行くのでどうですか?だって、、、


「行くよ!金沢。」


明後日、日帰りでいってきま〜す。

はは、学生みたいなノリです。029.gif

d0218056_22405691.jpg

by hamaremix | 2015-08-20 22:52 | ライフ | Comments(0)