ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

<   2015年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

d0218056_20535746.jpg


熱帯夜の満月です。。。。

ちょっと秋な感じですが、、、皆さん、
夏バテなどにお気をつけて、お身体をご自愛ください。



昨日は久しぶりにDVDを観ました。

1968年イタリアの作品だと思うのですが、
ジェーン・フォンダ主演の「バーバレラ」という
宇宙もの?、ファンタジー?、アート系?、ファッション系?
コメディ?
ウ〜〜〜ん、ジャンル付けh難しいですが、
とっても面白い、
そうエンタテインメントなお洒落系SFファンタジーと言えば良いかな。
時代的なサイケデリックフレーバーが60年代です。

また、とってもエロティックでもある。
そうゆうところでは男性用とも言えるけれど、
アート感覚がいいので、女性にもお勧めです。


ジェーン・フォンダはアメリカ女優の中でも
ワイルド系です。
彼女やブリジット・バルドーなどのエロティックな要素をもった女優は
彼女らが黎明期の女性でしょうね。

そうゆう意味では、今に続く新しい女性像の
パイオニアーでしょうね。


80年代に、
デュラン・デュランという商業主義的ロックバンドがありましたが、
このデュラン・デュランというバンド名は
この映画「バーバレラ」に登場する悪役の地球人博士の名前
だったのです。私も、昨日初めて知ったのです、、、

予告編的な映画のPVが次のものです。

手作り感満載ですが、
何か、そこがとっても見る側の想像力をかき立てるのです。

いまの映画はCGが完璧すぎて、時々、
普通に見えてあんまり想像力を刺激されないんですが、
こうゆうアナログぽいものの方が、
脳の刺激には良いように思います。



「バーバレラ」1968年 



いかがでしょう?



実はこの映画を観たのは、
アストラト・ジルベルトの「FLY ME TO THE MOON」の曲に
どちらの方かは知りませんが、
バーバレラの映像が使われていて、
以前から見てみたいと思っていたのです。

こちらは「バーバレラ」以外の映像もありますが、
よくまとめられている映像です。

「スタートレック」と「バーバレラ」以外は
なんの映像か分らないんですが、
仮面舞踏会みたいなことをやってる映画、、なんでしょう?
これも、見てみたいです。

さて「FLY ME TO THE MOON」はとっても有名なスタンダードですが、
この曲が出来たのはとっても古く、1900年代初頭の作曲だそうです。
最初は3拍子だったそうな、、、
今のように有名になったのはフランク・シナトラが唄ったバージョンの
編曲が元になっているそうです。

また、人類初の月への人類到達計画、
アポロ宇宙船に搭載され
月軌道で初めて流された曲が「FLY ME TO THE MOON」だったそうです。

すご〜〜いエピソード!!!

ではでは、こちらもお楽しみ下さい。

音楽の深い森 189
アストラット・ジルベルト 「Fly Me To The Moon」


by hamaremix | 2015-07-31 21:29 | 音楽 | Comments(0)
最近はテレビよりもネットで見るニュースの方が多いですね。

私はヤフー専門ですが、、、

facebookでも知人や知人の知り合いがシェアーするニュースも
時事ではないですが、面白いです。


でも、昨日今日は辛いニュースを幾つか見てしまいました。
立て続けに動物ものだったのです。

ひょっとして閲覧注意かもしれません。
画像はありませんが、、、
いい話ではありません。

嫌な話を聞きたくない人は、一番したの動画まで、
すっ飛ばして見て下さい。



ひとつはfacebookの情報です。
海外のサーカスでライオンが芸をしているところ、
一頭が反乱を起こし、人間に襲いかかるところの映像でした。

ライオンは執拗にひとりの人間の足に噛み付いているんですが、
歯が抜き取られているのか、、
人は無事です、、、
しかし、他の人間がホースの水でライオンを追い払うのですが、
けっこう、執拗にライオンは追っていました。。。

大事にはいたらなかったようですが、
投稿された人の多くは、「もう、動物に芸をしこんで、
見せ物にするのはやめよう!」というものでした。
「イルカもやめよう。」って。

動物に芸を仕込むには、
それはそれは、人間に絶対服従させないといけないので、
かなり、動物に厳しいことやってるみたいですよ。


もうひとつも、facebookからのもので、
日本の話題ですが、、、、

あ〜〜、辛過ぎます、、、、

ちょっと見て、衝撃が走りました、、、、

それは
保健所で、殺処分される前の犬の画像でした、、、、

2匹が抱き合っているのですが、
処分直前などと記されてました。

犬の眼が、なんとも、哀しげで、、、、


犬猫の殺処分って、なんとかならないんですか??

意味も無く、健気な動物を殺してしまうなんて、、

人類は、野蛮極まりないですね、、、



もうひとつは、
英国の女優、歌手のジェーン・バーキンが
エルメスに対して、
自身の名前が入った商品、
「バーキン」という皮の鞄等に使われるものに、
「バーキン」の名前をはずしてほしいと言ってらしいです。

それは、ワニの飼育と皮を剥ぐ過程等が、残酷過ぎる、
ということでらしいです。


ウウ〜〜〜〜、
人間は、その生活のなかで、動物の存在なくして生きていけません。
卵、牛乳、肉、皮、油、などなど、、

でも、やはり生き物に対しての、最大限に尊厳を守るようにして、
関わらないといけないと思います。


そうゆうことは普通、その職業についていない限り、
目にすることはないのですが、、、
食べ物や衣服、アクセサリー、道具など関わる人には、

多くの人は愛のある接し方をしていると信じますが、

利益中心になると、その辺がなおざりにされるので、
気をつけて欲しいです。




最後に動画です。
これもfacebookに友達がシェアーしてたんですが、
凧揚げ大会の様子です。。。。

これは凧ですが、、大凧です。
動物たちの姿の凧、、、
とっても癒されます。
私たちののイメージが変わります

これ見てみたい!!!!

調べていると
世界中で開催されている
インター・ナショナル・凧・フェスティバル。

ワシントン、ドバイ、ポーツマス、イタリア、などいろんな国で開催されているようです。

さっき分ったのですが、
なんと日本でも開催されてるじゃないですか、、、

来年、見にいこ。

世界凧フェスティバル、、、


by hamaremix | 2015-07-30 22:50 | ライフ | Comments(2)
d0218056_20494413.jpg

今日は守口教室の日でした。
今日は車でアトリエから守口まで行こうと思って、
乗りかけたんですが、エンジンがかからな〜〜〜い。大汗、、

モチーフにマスカットと巨峰を持っているのに、、

何度かかけてみましたが、結局かかりません、、、、

急遽、原チャリで行くことにしました。
やはり、真昼の原チャリは暑いです、、、、


でも、なんでエンジンかからなかったんだろう??
バッテリーは今年新しく代えたところなんですよ。
バッテリーが悪いわけではないのです、、、
2週間ほど乗ってなかったから、
インスパイヤーが怒った??笑

高温によってバッテリーが上がった???


まぁ、知ってる人は知っているのですが、
20年ものの車なので、全てが古いのです。
何が壊れても可笑しくありません。

でも、づっと好調だったんです。
う〜〜ん、ガス欠????

あすスタンドへ行って、ガソリンをタンクに売ってもらおう。
ってそんな買い方できるんでしょうか?
なんか、危険物なので個人に小分けして売ってくれないような
気もする、、、、

まぁ、明日、出たとこ勝負です。



そうそう、国は、13年以上たった車には、
これから重課税を課すそうで、、こまったものです。
古いものを愛する気持ちに水をかけるような課税、、、
この発想は、古い車は速く売って、新しい車を買えという、
車業界に偏った条例なのではないでしょうか?

税金取るとこ間違ってない???


さて、
ところで、守口教室のみなさん、、
ここにきて、ぐっと作品のレベルが上がったように感じました。
いい感じです。
今迄とおり
焦らず、じっくりやりましょうね。



コラージュ116
d0218056_21451068.jpg

by hamaremix | 2015-07-29 21:46 | ライフ | Comments(0)
「火の鳥・ヤマト編/宇宙編」を読みました。
20年ぶりに読み返しましたが、やはり
深い感動がありましたね。

「ヤマト編」は古事記や日本書紀を編纂する時代、
ヤマトの国からクマソの国を征圧にいくタケルが主人公。
大型古墳を作る時に、人が生け贄にされることを巡って、
物語が展開されていきます。

タケルが音楽で火の鳥に近づいていくシーン。
d0218056_20555489.jpg



「宇宙編」は2577年、オリオン座ペテルギウス付近の宇宙空間で
起こる宇宙飛行士4人をめぐる話。
隕石に当られて宇宙船が機能しなくなり、個人ボートで、
4人がばらばらで宇宙空間を彷徨っていく。

怖い孤独空間です。
似たようなシーンが「ゼログラビティー」にありました、、、


死んだはずの牧村が、生きていたことの
謎が明かされるシーン。

d0218056_2103067.jpg



「火の鳥」を書き続けて、、という巻頭の文を引用します。

「火の鳥」には、どうゆうわけか、10年間のぼくのアイデア技術(絵柄など)が
あまりかわってない。むしろマンネリ気味だ。
ということは、ぼくがこの10年間、ちっとも進歩していないかもしれない。
しかし、また逆に、どんどんテーマや筋立てが変わっていく「火の鳥」だと、
まとまりがつかなくなっていたかもしれない。
日本の漫画は、マスコミの人気やら、一部の評論の性急さのせいもあって、
ものすごく新陳代謝がはげしい。それだけ作品も腰をすえたものがすくない。
海外には半年以上もつづいたコミックがザラにある。
読者の漫画をみる眼がおちついているせいだろう。また、腰をすえて書いた漫画なら
50年が100年つづいたっておかしくない。
一部の人たちがヘキエキしようが、飽きてしまおうが、とにかく、
ジックリと長く書き続けてみる。もちろん長いばかりが能ではないけれど、
テーマを、充分書き尽くすまでトコトン続けていきたい。
それがぼくの意地なのです。

手塚治虫




そうそう、変わらないということでは、
私の友人、福田新之助がそうです。

今、ギャラリー白で個展が開催されていますが、
新之助は本当に変わらないんです。

づ−ッと30年以上彼の作品を見てきましたが、
最近の仕事も20年は変わってないですね。
つい最近迄は、新しいことをして欲しいと、
強く望んで、彼にも 何度か変化を求めましたが、、

今の個展を見て、、、

私はふと、不変と言う言葉が浮かんできました。

新之助は不変でいいのだ、、、、

とようやく思うことができました。


決して心地よい作品等ではありませんが、
日本人が忘れることのできない、負の歴史を作品化しています。
戦後70年を意識した個展にしたと本人は言ってました。

見応えはありますよ。

d0218056_21232269.jpg


福田新之助 展 存在と契約 17
2015年7月20日〜8月1日(土)

ギャラリー白 ギャラリー白3


です。

是非、お立ち寄り下さいませ。

by hamaremix | 2015-07-28 21:27 | アート | Comments(0)
d0218056_20141089.jpg


hahahaha,
絵文字のような饅頭です。

香川県の銘菓、「かまど」の新しい、みたい
新製品。

これはおいしいよ〜〜〜〜。

今日のお菓子365 (77)
生地内に希少糖含有シロップ使用
「かまどちゃん/みるくテーズまん」株式会社 名物かまど


d0218056_20155966.jpg


ごっち!!!010.gif
d0218056_20165693.jpg

by hamaremix | 2015-07-27 20:17 | 今日のお菓子365 | Comments(0)
d0218056_20442471.jpg


私の友人がfacebookで安保法案に対しての、投稿をしました。
安保法案に賛成の人の意見をシェアして
紹介したところ、

どこの誰だか分らない、初めて聞く名前の人から、
ガラの悪い、いきなりの投稿がありました。

バーカというような言葉で始まり、
こちとら戦争反対を主張しとんじゃ〜〜
みたいな、、
まぁ、むかつくコメントをいれてたわけです。

友人は
「他に書き込んで下さい」、「ここは2チャンネルではありません。」と
取り合わなかったです。
とっても賢明な判断です。

というのも、この書き込んできた男は
facebookという友達の繋がりで出来ている、この場、
もしかして、その人の友人の親しい人の可能性もあるであろう、
人に、こんな愚弄するような内容はないだろう、
というひどい言葉使いでした。

この人は、普段でも、他人にはこんな言葉使いをするのか?
相手が大人しい対応をしていると、
どんどん増長し、
好戦的な言葉まで発して出て行きました。


戦争反対の立場をいいながら、身近では争いのタネを蒔く。
自分の態度、言葉が、相手にどんな影響を与えるか、
自分がどんだけ失礼な奴か?
分ってない様子。

2チャンネルなんかで自分のイライラを書き込んでいるに違いありません。

そんなに好戦的なら、戦う方に同意すべきなのに、、

でも、相手が自分に絶対、危害を加えないのを分って、
このような態度に出ているようにも見えます。


友達に汚い言葉を吐いた、コヤツに腹が立ってしかたありません。


モラルの低い人、かないませんねぇ〜。



海の風景をみて、クールダウンしてます。

d0218056_20444695.jpg

by hamaremix | 2015-07-26 21:13 | ライフ | Comments(5)
d0218056_2122553.jpg

7月24日午後7時の月。

夏ですね〜、暑いですね〜。
みなさん、お元気ですかぁ?


という挨拶から始めました、、、

ところで
「今日は暑いですね〜」という軽やかな挨拶言葉に
「夏は暑いものです。」と無愛想に言って返したには大村益次郎。
はは、こんな風に言われたら、二度とその人に挨拶など、
しないでしょうね。笑

大村益次郎という人は、勉強ばかりしていた人だから、
世間の常識というものを知らないでいたんでしょうね。

世間の常識を知らないと、
変人扱いされてしまいます。
しかし自身の仕事を成すには、変人扱いされようが、
いっこうに気にしないでいいのですよね。


私はある時期迄、漫画〜アニメ〜美術の受験勉強〜アートの没頭していたので、
どこかで、常識を逸脱していたかと、
振り返って思います。

今でも、多少、常識を理解しているつもりなんですが、
それでも、やはり、他の人からみれば、
変わってるなぁ〜、、などと
思われているのではないでしょうかね?


アートでは、常識は破るべき壁であるけれど、
普通に生活している世界では、
ちゃんと常識的なことはしようと思っています。
by hamaremix | 2015-07-25 21:44 | ライフ | Comments(0)
もう数年前になりますが、
総合の学園祭で「東京事変」のカバーバンドをやりました。
バンド名は「梅田事変」、、、笑

私はもちろんベース担当だったのですが、
東京事変の演奏能力はどのパートもとても高いので、
2ヶ月、猛練習して学園祭に臨んだことを思う出しています。

このときのライブは本当に楽しかったです。
なにが楽しかったかというと、かなり難しい楽曲を
それなりに、みんなでこなせたからだと思います。
充実感がとっても高かったのです、、、、、


で、
そのときのバンド・リーダー(コンセプトも)は尾花くんだったのですが、

彼には、その時に、新しい音楽を一杯教えてもらいました。
洋楽、J-rockに関わらず、、、、
その時のが
今でも私の、ちょっとした宝物になっているのです。



今日はその尾花くんに、教えてもらったバンド、
Spangle Call Lilli Line (スパングル・コール・リリー・ライン)
という、美しくもやや、厭世的な楽曲とボーカル。

クールな態度がとっても、日本若者然としています。



そのなかの、一番好きな曲。。。。「ナノ」



音楽の深い森 188
Spangle Call Lilli Line 「Nano」


by hamaremix | 2015-07-24 21:34 | 音楽 | Comments(0)
襖絵です。
d0218056_9195244.jpg


五三桐の桐紋の襖に描かれた水墨画です。

紙の紋の入ったものは唐紙と呼ばれていたそうですが、
普通、唐紙には絵は描かないもので、
殆ど見たことないですよね、、、

今の時代の私たちの眼から見たら、
またこれがレイアー効果をねらった図案のようで、
とっても新しく感じます。

その全体像ですが、これは大徳寺三玄院の襖絵で、

作者はあの長谷川等伯です。

d0218056_9305096.jpg

「四季山水図」長谷川等伯

唐紙に描かれているところから、
この絵には有名なエピソードがあります。

それは、長谷川等伯が頼まれてもいないのに、
三玄院に押し入って、
勝手にこの絵を描き上げたという話です。

それは自分の画力をアピールすることで、
その後に、沢山の障襖画や屏風画の絵の仕事に繋げた。

という真偽の確かめようのないエピソードです。


日本絵画の星 06 長谷川等伯(1539-1610/桃山時代)


長谷川等伯と言えばもう、国宝のあの絵が一番有名ですが、
あの絵に似た作風のものはあまり目にしません。
「松林図屏風」ですね。

等伯には
もちろん水墨画の絵は沢山あるのですが、
あの絵のような日本の湿った空気からくる幽玄の世界にたどりついた絵はありません。


等伯で特に有名なもう一枚の絵が「楓図壁貼付」ですが、
その絵は
豪華絢爛で装飾性が高く、「松林図屏風」とは真逆の表現と言っていいものです。

d0218056_9462211.jpg

「楓図壁貼付」長谷川等伯 祥雲寺

楓の力強い樹とその前後に、沢山の花や草木が繊細に絡んで、
複雑な構成になっていますが、
それはけっして混乱することはなく、
平面性に深みを与えたものになっています。

この豪華さは、豊臣家による依頼であったことから、
天下人の周辺を飾るに充分考えられたことからでしょう。

この絵に先立つ作品として、「花鳥図屏風」があります。
d0218056_7501249.jpg

「花鳥図屏風」
まだ過度な装飾性はないですが、その表現の芽は感じます。

また「楓図壁貼付」には後の尾形光琳に見られる淋派の平面性(デザイン性)
の萌芽もあり、長谷川等伯の創造力を感じます。

最も人気がでて売れた絵はまさにその淋派風の完成作です。
d0218056_7584057.jpg

「柳橋水車図屏風」

これは20点以上が現存しています。ヒット商品だったのです。





室町〜桃山〜江戸時代、
絵師には政治力が必要な時代でした。
今でもそうですかなねぇ〜

桃山時代、長谷川等伯が若い頃
当時は狩野派が既に天下人に召し抱えられていたので、
そこに食い込むには、相当の政治力が要ったようです。
もちろん、画力が伴なってないと駄目ですが。

交友関係を膨らませて、等伯はもちろんそこもこなしていきました。


その交友関係の大きなひとりに
千利休がいます。

等伯が描いた「利休図」です。

d0218056_1054313.jpg



等伯は南宋の画僧であった牧谿(もっけい)の絵を沢山模写して、
その画風を研究したそうで、
模写をした猿の絵が多く残されています。

そのひとつ。

d0218056_1011278.jpg

「竹林猿猴図屏風」長谷川等伯

深い空間性がありますね〜。


さらに、見たこともないであろう虎を描いた水墨画。
d0218056_10125257.jpg

「竹虎図屏風」長谷川等伯


おや、、これはどうでしょう?

竹にしろ虎にしろ、、
全然描けてないじゃないですか????

本当に等伯??

私が間違っているのかもしれません。
間違ってたらすいません。



長谷川等伯のキャリアは絵仏師だったそうです。
故郷の能登七尾には10代から20代の時に描いた仏絵が沢山のこされています。

その一つがこれ
d0218056_851242.jpg

「日天像/十二天像のひとつ」

なんと16才の時の作品です。

等伯は生涯に色んなタイプの絵を描きました。
なんでも描いたといっていいぐらいで、
長谷川等伯という絵師の全体像をつかむのは難しいです。

61歳の時にはこんな大きな仏画に取り組みました。
d0218056_894743.jpg

「仏涅槃図」



ではでは最後に見ておきましょう。

あの絵です。
d0218056_10172057.jpg

「松林図屏風」左

d0218056_10183893.jpg

「松林図屏風」右



この絵にも有名なエピソードがあります。

それは、この作品は実は絵の構想画で、
下書の絵ではないかと言われていることです。

それは、あるかもしれないことです。
と私も思っていますが、

下書きだからといって、
この絵の何が変わるものでもありません。


絵は全て結果なのですから。
by hamaremix | 2015-07-23 10:26 | 日本絵画の星 | Comments(0)
d0218056_21574716.jpg

阪神大物駅 7/20

ハ〜、ハ〜、ハ〜〜〜〜
怒濤の3連勤でした。しかも、夜は居酒屋通い、の2晩。

さっき、やっと落ち着きましたぁ。

お疲れさまでした、自分。048.gif


こんなときこそスナック菓子の登場です。
d0218056_2222242.jpg

右はハッピー王国のターン王子です。

おわかりですね、笑 王様中の王様。

おいしいって幸せ!です。ばりばり食べます、、、、、

d0218056_2233143.jpg


しかも期間限定の味!!!

やはりうまい。笑



今日のお菓子365 (76)
おいしいって幸せ「ハッピーターン/焼とうもろこし味」亀田製菓・新潟県

d0218056_2284172.jpg



不滅の味でしょうこれは。
特にそのハッピーパウダーは魔法の味の粉末。

「焼きもろこし味」であろうと、全く質は落ちていません。
そこが素晴らしいですね。
by hamaremix | 2015-07-22 22:11 | 今日のお菓子365 | Comments(0)