ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

<   2014年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

今日ゴンチチの番組「世界の快適音楽セレクション」
バンジョー好きのチチ松村さんがかけてくれて、
ぶっとんだ一曲。

シリアスな絵を描いていた最中でしたが、
イントロから数秒たって、すでに踊り出してた自分の身体かありました。笑


ラジオでは唄があったのですが、
これは残念ながらインストですが、、
ノリノリ感は十二分に伝わってきます。

沖縄民謡とバンジョー037.gif
ワールドチャンポンです。


ゴンザレス三上さんは、売れる感じしかしないって
太鼓判を押してました。

とにかく楽しいです。どうぞ。

音楽の深い森 128
バンジョー・アイ Foggy Mountain Breakdown



by hamaremix | 2014-06-28 22:17 | 音楽 | Comments(0)
d0218056_21174296.jpg


明日は高校の27期 学年同期会という同窓会なんです。

3年前にもあったのですが、あの時は40年ぶりでもあって
本当にドキドキで行ったのを思い出します。
自分のこと、分ってくれる人が居るんだろうか?って
不安だらけでした。

でも、その時の再開した高田や遊楽や佐久間と
その後、コミュニケーションをとれるようになったので良かったんです。

今年は、いいかな、って思ってたけど、
遊楽が「この歳になったら、いつ何があるかわからないよ」
って言う一言が私を動かしました。


楽しんできます。

一番心配なのは、酔っぱらって
醜態をさらさないかどうかってことです。

専門や仲間内では、
いろいろやってるから、甘えられるんだけど、
明日は、うちとけながらも節度が必要な同窓会。

飲み過ぎないよう気をつけます!!048.gif

一応、昨日散髪に行きました!!wow

「散髪したんですね〜。短い方がいい。」って学生が力をくれました。笑



そういえば今月は、懐かしい教え子達に会える機会に恵まれた月でした。

中学時代のゆりさん、
それにこのブログをやってることで連絡をとれた西川くんとは
お茶を飲みながら楽しく、会ってない時間を埋める
素敵な時間を過ごすことができました。

西川くんは、私の好きそうな音楽CDを持ってきてくれて、
楽しませてくれました。
ありがとうね。


学校の方にも、
今週は寺井くんとオイラが日替わりで来てくれました。

寺井くんは
私に「好きになるだろうと思って」といって
「進撃の巨人」のコミック第一巻をプレゼントに持ってきてくれました。

卒業して2年目、
何だかとっても開放的になって、人間が開けたように感じて良かったです。
インドに行ったからかなぁ?笑


オイラは同期で卒業した友人のことが心配で
やってきました。
オイラはフレンチ・ブルドック愛のかたまりで、
フレンチブルのイラストで独り立ちしてる
ポジティブガール(レディ)ですが、
友達思いなんですね〜〜。

なんでも、友達の最近の言動がおかしいということで、
相談と言うか、情報を集めにきてくれました。

それを聞いて、私らがなにかできるのは少ないんですが、
大人なアドバイスができるかどうかですね。




オイラの携帯、やはりフレンチ・ブルでした。笑


d0218056_21503023.jpg





そうそう、今日
亜鶴が西宮市民展で佳作入賞したと目出たい報告がありました。

よかったねぇ〜〜、御目出度う053.gif053.gif053.gif


それとまた、今日、ギャラリーでIZUMIくんに偶然会いました。
お互いに時間がなく立ち話しかできなかったですが、

IZUMIくんは来月個展をします。
言っていいのかな?

もう作品は、会場に送ったとのこと。

来週から頑張って下さいね〜〜〜。


by hamaremix | 2014-06-28 21:56 | ライフ | Comments(4)
d0218056_20591293.jpg


漫画学科の庄司がお薦めとして貸してくれました。
ヤンジャンに連載だった「なじまきカギュー」中山敦支

新米高校教師・葱沢鴨(ねぎさわかも)
彼はある深刻な問題をかかえていた。
それは、何故か怪物的
ヤバイ女子に好かれてしまうという
「究極の女難体質」
羨ましくも悩ましい彼の前に突如
鉤生十兵衛(かぎゅうじゅうべい)という拳法家が現れ
「先生を守るため転校してきた」
と宣言する。
実はカギューの正体は十年前に中国に引っ越した
幼馴染みの美少女だった。


とういのがこのマンガの設定。

普段なら絶対に読まないような絵の漫画だけど、
「むちゃ面白いから」と言われれば
興味もわくというものです。

全編に渡って誰のどんな「愛」が一番強いのか?
というような会話ではとうてい出来ないような
恥ずかしいようなテーマに
ストレートの取り組んでいるこの漫画は
好きです。

時々、そんなにグロい表現しなくてもって思うのですが、
今の若者にはこれぐらい刺激的でないと
読んでもらいないのかなぁ?って
そこは、ちょっと哀しい感じがします。




このコマの「明日世界が終わってもかまわない、
そんな気概で生きている」


ていうセリフ。

こうゆうのはすぐ自分にかえってきますねぇ〜。

今を頑張ろう047.gif
by hamaremix | 2014-06-27 21:04 | アート | Comments(0)
今度のスケッチ会では
甲南大学に行くので、下見をしてきました。2度目です。

d0218056_20324890.jpg

私と甲南大学は何の繋がりもないのですが、
高校の友人、東が行った大学っていうのが唯一の間接的接点です。笑
今まで行ったことはなかったのですが、
緑に包まれたいい環境の大学だと知っていたので、
スケッチの場所に選ばせてもらったのです。
もちろん大学の方との折衝でスケッチの許可も頂いています。

大きな杉や松が高い校舎と同じ位に高く育っていて雄大ですし、
緑溢れるキャンパスで、
7月の第二日曜日が今から楽しみです。



甲南大学の岡本キャンパスは
阪急神戸線、岡本駅近くにあります。

大学があるせか、いいカフェも沢山あります。
お洒落カフェの宝庫といってもいいぐらい。

で、帰り道に見つけた、
ジャズのカフェに入ってみました。

名前は「BIRDLAND」
このネーミングでジャズファンの方はピンとくるはずです、
ジャズ好きのマスターだなって。

入り口に立てたイーゼルにボードに
「ジャズレコード・古本・蔵書票」
ってありました。
これはもう入ってみるしかない選択でした。笑
d0218056_2115181.jpg



とっても新しいお店のようで、
本棚、一枚板のカウンター、板張りのフロアーなど
全てが真新しい。

でも、
昭和初期から昭和限定のような古書の並び、
私が殆ど知らない50〜60年代と思われるジャズレコードのジャケット。

古いものが新しいお店で、
大切にいとおしいように飾られています。

そして何よりも、巨大すぎるスピーカーのステレオセット。


マスターとの会話の糸口はこれでした。

「すごい大きく立派なスピーカーですねー?
有名なメーカーなんですか?」
って話しかけると、
「これはね〜、アメリカのメーカーのJBLです。」(おおJBL)
そして「実は映画館で使われていたものを持ってきたのです。」
と教えて頂きました。

「あの重低音の出るやつですか?」
「いや、そんなの新しくはなく、耳に聞こえる音で充実させたやつです。」

で、私が
「私はジャズを本格的に聞くようになったのは最近で、
以前はパット・メセニーやキース・ジャレットやフュージョン
みたいな聞きやすいものしか知らなかったんですが、
最近はやっと、マイルス・デイビスが聞けるようになりました。」
とマイルスの話題を向けると、

「これもいいですよ。」
といって、「マイ・ファニー・バレンタイン」の入ってる、
マイルスのベルリン・ライブの音源を
かけてくれました。

その心遣いも嬉しかったのですが、
その音の素晴らしいこと☆☆☆☆☆

自分のもってるステレオセットが情けなく感じてしまいました。

やはり、音楽はいい音で聴かなくてはなりません。

いつか、このアトリエの一室を
人も羨む、素敵なリスニングルームにしてやる!!って
決意したしだいです。笑

その夢のリスニングルームが出来たあかつきには、
皆さんもご招待しますからね。
来て下さい。


今回は店内の写真は撮りませんでした。

数回行ってから、撮らしてもらおうと思って。


次、スケッチの帰りによってみようぉ〜〜〜〜。ルン。




異例の2度目登場のウェザーリポート
そのとてもポップなチューン。


音楽の深い森 127
ウェザーリポート BIRDLAND

やはり天才プレーヤー、ジャコ・パストリアスに眼が集中してしまうなぁ〜〜。



by hamaremix | 2014-06-26 21:05 | ライフ | Comments(0)
d0218056_17532159.jpg

コラージュ40

負けちゃいましたね。
コロンビアにズタボロにやられました。
屈辱的な敗退でした。

テレビの解説者やタレントが、
敗退の理由をにわかに分析して、いろいろ言いますが、
あまりサッカーに詳しくないような関西ローカルの女性アナウンサーが言った、
一言が私には一番、いい言葉でした。
それは、

「暑いなかで、これまで一生懸命闘った選手達にお疲れさまでしたと
言いたいです。」

というもので、
さりげない言葉でしたが、とても優しく響きました。

見てる側は勝手に、応援してるだけであって、
負けたからといって、落ち込んだり、
悔しがったり、腹立ったりすることはないのです。

夢を追っかけて、若い命を燃やしてきたのは、
選手自身。


彼らが一番悔しいだろうし、情けない気持ちになってるんです。

関係者以外は、
単に他人の夢にのっかてるに過ぎません。

そのアナウンサーの言葉で私も、
自分の夢に埋没しようって思えました。



私のここ数週間のもやもやはやはり、
このサッカーワールドカップの
日本のもたつきが原因だったみたいで、

完敗した今日は、私の気持ちもすっきりできました。



もうひとつテレビで最近感心したこと。

全然、好きでもないのですが、
つるの剛士(名前あってないかも)が、
ある番組のなかで、自分の体験談として喋っていたことですが。


ある日、
ポケットに1万円札をそのまま入れて出かけた時、
行く途中で、ポケットから、そのお札を落としてしまい、
着いた時に、「あれ1万円ない。」
って落としたことにがっくりしての帰り道。

風が吹いて足元に、自分が落とした一万円が足元に戻ってきたんです。


とういウソのような話で、
へ〜って思ってると、
彼が続けて、

これは神様が僕に返してくれたんだって思い、
そのままその一万円冊をお賽銭として
神社にあづけてきたんです。

というような話をしていました。

この人は、いい考え方をする人だって、
関心したのです。

そして見直しました。

そんな風な人だから、
結構、人気も続いて芸能界でやれてるこれてるだって思いました。


えらいなぁ〜〜〜〜。

by hamaremix | 2014-06-25 18:19 | ライフ | Comments(0)
こんばんは。
最近は何だか、気持ちも身体もモヤモヤした感じで、
毎日スッキリしません、

季節のせあかなぁ。
とっても、暑くなったりするし、
曇りがちだったりするしねー。


サッカーで、日本がモヤモヤしてるからだろうか?笑
そういえば、
初戦で負けてから以来のこの
感情と体調になってる気がしないでもないです。



後、やはり、ネットのログイン状況も、
不調がちて、何とかならないかなぁーー。
by hamaremix | 2014-06-24 22:52 | ライフ | Comments(2)
d0218056_23271980.jpg


「ゆめにさまよう」
谷川千佳、西塚em, 新田美佳の3人展のDMです。

今日5時から作家さんによるギャラリートークがあると知って、
行ってきました。

谷川さんと西塚さんの作品には前々から
興味深いものを感じていたので、
どんなことを考えて絵をかいてるのかなぁって知りたかったので、
いい機会になりました。


イラストはデジタル全盛時代ですが
3人とも手描きにこだわって描いていらしゃいます。
しかも絵は相当に上手いし完成度も高いです。

タイトルどおり、
現実感の表現と言うより、
絵の世界のなか(ゆめ)で
展開されるそれぞれの想像力が共通した見どころです。


見に行って良かったって本当に思えた、
とってもいいグループショウでした。

とってもお薦めのイラスト展です。


「ゆめにさまよう」
谷川千佳、西塚em, 新田美佳の3人展

6/12~6/28 (12:00~19:00)

ギャラリー&プロダクト ondo
大阪市西区土佐堀1-4-3 西田ビル3F
(国立国際美術館の東にある通りの南50m程の場所)

by hamaremix | 2014-06-21 23:53 | 日本の美 | Comments(4)
長い眉毛に長い個性的な鼻、
そしてみんな真似たキツツキみたいな髪型。
かまやつひろしも今もこの髪型。

友達だった一哉も若い頃はずっとこの髪型でした。

そして何よりも
しゃがれているけれど、とっても味わい深い声。
声がまさに洒落てました。

基本はロックでしたが、
カントリーテイストな演奏で
いい歌も一杯作ってました。


ロッド・スチュワート
彼のソロアルバムで持ってるのはレコードばかりですが、
愛すべき曲たち、これだけは手放せません。


スターになってからの曲は、私にはなんの魅力も感じられません。
今もスタンダードを唄ってますが、、、、



ほろ苦い、引き分けのギリシャ戦、

この曲で、ちょっと楽しい気分をとりもどしましょう。


音楽の深い森 126
(ロック・レジェンド21)
ロッド・スチュワート(フェイセス) 「マギー・メイ」


ロッドはスコティシュ。
大のサッカー好き。
70年代に見たライブでは、ステージに登場する時に
サッカーボールを蹴りながら出てきました。
このクリップの最後でもステージでサッカーしてます。笑

懐かしすぎます。





1970年の初頭のロッド・スチュアートは最高でした。




by hamaremix | 2014-06-20 20:42 | ロック・レジェンド | Comments(0)
明日、朝、いよいよギリシャ戦ですね、ワールドカップ。
本当に勝って欲しいものです。
大久保選手に2点入れてもらいましょう。


この間、日本戦以外に
ブラジルVSクロアチア、メキシコVSカメルーン、
スペインVSオランダ、ガーナVSアメリカ、
韓国VSロシア、オーストラリアVSオランダ
の試合を見ました。

結構見てる?

で、見ていて一番印象に残ったのが、
スペインVSオランダ戦でしたが、

オランダの選手のことなど、
全く知らなかったのですが、そのなかでもFWロッベン選手のことが、
大変好きになりました。

動きが神業的で、ロッベンって本当に凄いってびっくりしました。
何しろ走り出したら、無茶苦茶早いのです。
おじいちゃんのような顔してるのに、、、

小回りも素早い、キックの精度も高く強い。

ロッベンのファンになりました。
d0218056_2233226.jpg

ロッベン/オランダ


ワールドカップは国の戦いで、
真剣勝負ですよね。
一試合ごとに後が無くなるところの緊張感が
たまりません。



同じ国同士の戦いでも、
大河の「軍師・官兵衛」は戦国時代の国と国の戦い。

負けたら、切腹かお家断絶の皆殺し、
戦国時代の
戦いはまさに命がけだったのですよね。

d0218056_2233797.jpg

岡田准一もいいですが、


竹中半兵衛の谷原章介の色気、秀吉の竹中直人の明るさも楽しいです。



でも、この時代はやはり織田信長でしょう。


今までみた織田信長では、

渡哲也さんのが一番すごみがあって

印象に残っているのですが、

今回の江口洋介の信長もなかなかのものと思って見てます。

d0218056_2275549.jpg




その江口洋介が大河の後、15分後に
「ルーズベルト・ゲーム」で重要な役割の笹井専務として
難しい立場の役割で出ているのも見逃せません。

d0218056_22162089.jpg



「ルーズベルト・ゲーム」は現代の企業同士の戦いのドラマです。

負けたら、人生の転落。

生き残るための切実な闘い。


現代社会においても仕事は闘いで、

死ぬか生きるかなんだということを切実に

物語る戦いの男達のドラマです。


江口洋介を信長と笹井専務の役をとおして見ると、

役者って、こんなにも違う人物を演じることができるのだって、

ビックリします。
d0218056_22192777.png




今、もっとも気になってる役者です。


「ルーズベルト・ゲーム」は次の日曜が最終回。


闘う男達の逆転劇、

どうなるんだろう??

by hamaremix | 2014-06-19 22:25 | ライフ | Comments(0)
今日の昼間の出来事。

アトリエで絵を描いてると、庭の方で、
何か動物の鳴き声がピィピィとするので、
何だろうって、
網戸ごしい見てみると、

松の木の上で、
えぇ、ええぇ〜、なんとイタチが2匹じゃれあってるじゃないですか。

追っかけっこしながら、下に降りて、
今度は草むら絡まったりして、
ピィ、チィとかわいい声をだした、
遊んでる。
d0218056_2146572.jpg


d0218056_21462745.jpg


イタチが、、、、


慌ててカメラを出して、様子を見てると、
一匹が、部屋の中を覗き込んだので、
見つかってしまいました。

その後、居なくなってしまったんだけど、

向かいの谷野さんのおじいちゃんが、
うちの家で、「イタチが居るのを見ましたよ」と
前に言ってたので、
そんなの居るのかなぁって、ちょっと疑問に思ってたので、

今日は、本当に居るのがわかって、
どちらかというと嬉しかった。笑


時々、部屋の天井で、ガサガサと動物が走る音が
聞こえていたので、
あれ、ネヅミではなく、
イタチだったのかもしれない。

庭には、何処かのクロネコが、ワガモノガオで
居るのを時々見かけるんだけど、


イタチが居たなんて>>>>>>>

いったい何を食べているんでしょうね???


そこが大きな謎になりました。


d0218056_21465598.jpg


地面で遊んでるとこが撮れなくて、とっても残念でした。
by hamaremix | 2014-06-18 21:50 | ライフ | Comments(6)