ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

<   2014年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧

d0218056_1904041.jpg
澪ちゃんです。

澪ちゃんのファンの人は、

「澪ちゃん、澪ちゃん」とまるで自分が澪ちゃんの

親戚かなんかのようなつもりで、語り合うとか。


それはまるで「まおちゃん、まおちゃん」って

みんながまおちゃんの親戚のように、

気にかけて、好いている様子に似ている。


なるほど言いえてる。



とミオサワさんが言ってました。笑



みをつくし料理帳の最新刊が出ました。
美雪晴れ(みゆきばれ)




そして、今日の朝、

ラジオに作者の高田郁さんが出演されていました。

そのラジオというのが

ミオサワヤスシの「どっきりはっきりミオサワヤスシです。」

という番組です。


高田さんの声は
紀伊国屋書店で自身の出版本の語る
店内放送で聴いてはいましたが、

ライブで聞くのは初めてでした。



新刊も凄い人気だそうです。

私も紀伊国屋書店のランキングで百田さんの2冊についで
堂々の3位にランクされているのを見ました。


最新刊は9巻目になりますが、
この最後に
「シリーズ開始から早や5年。次でいよいよ最終巻になります。」
と記されています。

こうゆう告知って、普通しないですよね。

でも、

高田さんのもとへ
ファンの方々が、いろいろ言ってこられるらしくて、

米寿になられた方から
「私は澪つくし料理帳の最後まで読み切れるかどうかが、
気がかりで仕方ない」
などと言われて、
編集者の方と相談して、
十巻までだと宣言してしまおうと決めてのことだったそうです。

で、次(第十巻/この夏出版予定)で終わると
知れてからは、
澪ちゃんが終わったら、
これから何を生き甲斐にしていけばいいのか分らなくなる。」
といった声が上がり、終わらせないで欲しいとの
投書が殺到しているとか。笑


みんな勝手なこと言ってますねぇ。笑


でも、高田さんは
最初からこの物語のストーリーは十巻まで全て計画してあり、
終わらせるつもりのようです。

それは、その方がいいですよね。

売れるからと、変なエピソードを作って
だらだらと続けても、物語の全体の美しさを考えると
ろくなことはありません。
きっぱりと終わってもらいましょう。

と私が言うこともないのですが。


高田さんを見いだしたのは、
角川春樹事務所の新米編集者(高田さんからすると息子のような歳の)
らしくて、
デビュー作の「出世花」を読んだその若い編集者が
高田さんに連載の話を持ちかけてきたそうです。

「出世花」もそうですが、
江戸時代を舞台にした時代小説が売れるには、
「江戸が舞台であること」と、「武士が刀で切り合うチャンバラ」が
常識だったけど、
高田さんが連載のストーリーに選んだのは、
江戸ではあるのものの
チャンバラは出てこない。

それでも構わないとこの若い編集者の方は
高田さんの構想を支持してくれたそうです。


こんなにも売れたのは彼のお陰ですと言っておられました。

刀はでないけれど、包丁で勝負するって思ったそうです。


また、澪ちゃんは大阪出身ですが、
それも、初めて時代小説を読まれる方に
澪ちゃんと同じように
江戸を初めて体験する人にも
江戸がどんな所かが一から分って良いのではと思ったそうです。


「みおつくし料理帳」が初めて世に出た頃、
知名度が無い中で、
ミオサワさんの番組に出演する機会を得て、
リスナーの方に興味をもってもらい
支持されたことも凄く売れた大きな要因です。
と社交事例めいた本当のことも、
今日の番組のなかで教えてもらいました。


新刊はまだ読んでいませんが、

「みをつくし料理帳」は本当にいいですよ。


何が良いかというと、
「人が人を思いやって生きるということ」が
ナニワな感覚で描かれているところです。


「何か面白い小説を探しておられる方」、

そして「こころが綺麗になりたい方」

に是非読んでもらいたいです。



あまり料理に興味がなくっても大丈夫です。

私がそうでしたから!!
by hamaremix | 2014-02-28 20:10 | 文学 | Comments(2)
FORMAである。

d0218056_23205795.jpg




もちろん、携帯ではない。

チーズケーキGショコラである。


ガーリーなピンクのペイズリーの箱に入ってました。

ふんふん。

お菓子はパッケージも大事ですよね。

視覚的にもぐっとこないとね。


これ、卒業予定の生徒達からもらいました。

四つ入り☆☆☆☆


上手かったぁ。

ありやと。


今日のお菓子365 (その34)
焼き菓子「FORMA」 (株)珈和 TEZUKAYAMA


d0218056_23251890.jpg




そのときの花、今、満開になりました。
d0218056_23275161.jpg

by hamaremix | 2014-02-27 23:28 | 今日のお菓子365 | Comments(0)
2000年代になって好きになった日本の男女デュオ。

いい曲書くんです。
それと
アコギ中心の演奏に打ち込みのリズムが
とっても心地良いです。

でも、あまり人気は広がらなくて、悔しいです。

ヴォーカルのAZUMIちゃんは素敵なのになぁ〜。

数年前に大阪芸大の学祭に来るというので、
見に行きましたよ。


バンド名は wyolica (ワイヨリカ)


一杯いい曲あるんだけれど、
「はじけることを目指す。」ということで、
これにします。


「ランララ、扉」


音楽の深い森 110
ワイヨリカ 「スパークル」


by hamaremix | 2014-02-26 21:32 | 音楽 | Comments(0)
【今日は何の日】2月26日

脱出の日、二・二六事件の日、ふろの日(毎月)

▲分裂する天皇、南北朝対立(1618)
▲島津家、琉球出兵(1649)
▲江戸幕府、農民支配を強化する「慶安御触書」を公布(1649)
▲日本初の顕微鏡使用法を徳川家斉に講じる(1802)
▲ナポレオンがエルバ島を脱出する(1815)
▲米憲法画改正、黒人にも投票権が与えられる(1869)
▲「昭和維新」を目指す若手陸軍将校ら、高橋是清蔵相、斎藤実内大臣、
 渡辺錠太郎教育総監を殺害(二・二六事件)(1936)
▲日本最初の血液銀行が大阪に開業(1951)

誕生:ヴィクトル・ユーゴー(作家1802) ドーミエ(画家1808) 
   与謝野鉄幹(歌人1873) 岡本太郎(芸術家1911) 竹下登(政治家1924)
   五社英雄(映画監督1929) 山下洋輔(ミュージシャン1942) 
   土田よしこ(漫画家1948) 海江田万里(政治家1949) 渡辺和博(1950)
   桑田佳祐(ミュージシャン1956) 南美希子(タレント1956)
   三浦知良(サッカー選手1967)

誕生花:福寿草 (Adnis)   花言葉:思い出


何でも57年前に日本で始めて
100円硬貨が発行されたらしいです。

100円硬貨は私と同じ歳になるのですね。笑


「いくつですか?」とよく聞かれますよね。
女性なら聞かないような歳の話題ですが、
もう、あまりにも歳をいきすぎて、
正直に言いたくない気持ちになってしまいます。

で、「38です。」などと
明らかにわかるボケでたまに言わないこともありますが、
できるだけ、普通に言えるような気持ちになりたいですね。



最近
歳相応なこととして、出来ていないことのひとつ判明しました。

それは「靴を磨く」ということ。

これから、足元を見られないよう、
ちゃんと磨きます。笑047.gif



真面目に言うと、
今の目標はただ「いい絵を描く」それだけです。笑

本格的に絵画制作を始めてまだそんなにたっていないので、
今は技術的にも納得できていないので、
描き続けることで、いろんなことを掴んでいかねばと思っています。

「描きたい内容のもの」はどんどん湧いてくるのですが、
自己満足なものにならないよう、
今を生きてる同時代の日本の人と
共有できるようなものをテーマにしたいと考えています。

何作か制作してきて、
自分にしかないできない感性のようなものがあるような気がしているので、
そこは、年齢による経験が生かせるのではないかと、
突っ走っていこうかと、、、

数年後、また、大きな個展ができるように、
頑張りま〜す!


なので、今は独りアトリエにこもっての、
静かな静かな制作が生活のベースになっています。


そうそう、ここアトリエ、
両親が建てた実家ですが、正式に私の所有物となりました。
親の権利や何かや、
全部、優秀な弟がやってくれました。
助かりました。ありがとう。

でも、土地代の負担がど〜〜と私にのしかかってきました。
きゃ〜ぁ。


でも、せっかくなので
アトリエとしての名前を何か考えようと思っています。

「ハマー・アトリエ」
「ハマー・絵画研究所」
「ハマー・イマージュ」
「スタジオ・浜」
「浜ラボ」

今の思いつき、全然だめですねぇ。笑、汗

「コスモス・ファクトリー」とか
「S.コクピット」とか、
ファンタジックなネーミングを考えます!






Back To The Past 08
1957


d0218056_831097.jpg


ゼロ歳の私です。
当然記憶は全くありません。
これ、本当に自分なのか?とちょっと思ったりしますが、
写真の在り方から、
半世紀前の自分だとやっぱり確信します。笑


1857年、昭和のど真ん中32年です。



1957年の出来事
 
聖徳太子肖像の五千円札発行(10/1)
百円硬貨発行(12/11)
スプートニク・ショック
自然公園法制定(記念日:7/21)
ハッカ入りたばこ「みどり」発売
グッドデザイン賞創設(通産省)
日本で初の下着ショー
「週刊女性」創刊
東海村原子炉の点火(8/27)
上野公園にモノレール登場(12/17)
NHK朝のテレビ体操(10/7~)
TBS「名犬ラッシー」(~'64)
在日米陸軍司令部設置(座間)
自動点火式ガスコンロ発売
ミルクチョコレートデラックス発売
57年生の女の子名前10傑に「明美」登場
学研「科学」創刊(~'9年3月号)

流行語
ストレス よろめき  パートタイム
なべ底不況 グラマーガール
クシャミ3回、ルル3錠
神武以来 決定的瞬間 留年
三悪追放 ゲタバキ住宅
姉妹都市 愛の小箱
ケ・セラ・セラ エアカーテン
デラックス 低姿勢 老人ホームロカビリーブーム
ホッピング流行
「喜びも悲しみも幾年月」
「東京のバスガール」
「チャンチキおけさ」牧野富太郎
ジョン・フォン・ノイマン
ハンフリー・ボガート
徳富蘇峰

by hamaremix | 2014-02-26 08:54 | Back To The Past | Comments(8)
d0218056_761724.jpg


携帯サイズ(15x15cm)の2014年カレンダーなんですが、
海外のもので、
日本人からみると色がとんでもなく不自然なんだけど、
神々しい感じに魅力があります。

何処の国のものとも知らず、
使っているのですが、
今朝、表紙に大きな英語で記された文字

「psalms」

英語の綴りではないような言葉、
調べてみたら
「賛美歌」「聖歌」
の意味でした。

それで、この超自然の感覚なんですね。

で今月の自然の写真のなかにあった文字も
調べてみました。
賛美歌のなかの言葉なのでしょう。


Your steadfast love,O LORD extends to the heavens,your faithfulness to the clouds.

Psalm 36.5


意味は
「あなたの確かな愛(O LOAD)は天まで及びます。
そしてあなたの誠実のこころは雲まで及びます。」

というものでした。


スピリチュアルなカレンダーですが、
松山さんからもらったものです。

松山さんは感覚が日本人離れしている方なので、
納得いたしました。笑



by hamaremix | 2014-02-25 07:16 | 神様 | Comments(2)
d0218056_21483368.jpg

これ、クッキーです。
真っ白い粉糖に包まれていて、見た目では
なんだか中身は分らないのですが、
くるみのクッキーなんです。

また、自然な味で美味しいです。

それもそのはず、
朝日新聞「贈って喜ばれるスイーツランキング」第一位に選ばれたとか。


今日のお菓子365 (その33)
当店一番人気「くるみのクッキー」西光亭SEIKOTEI

d0218056_21532970.jpg


パッケージのイラストがまた、可愛らしい。

「chisa」というサインが読めます。

東京のお土産として正木さんに頂きました。

雪の中からクルミを探して食べるみたいな
リスの気分になれました。ありがとう。



by hamaremix | 2014-02-24 21:56 | 今日のお菓子365 | Comments(2)
時々、やってしまうのです。
このブログの文章を書いてる時に、
1時間ぐらい準備してやったのを、全部保存しないで消滅させてしまうことを。
今、やってしまいました。
汗、汗です。



という愚痴から入ってしまいました。ごめんなさいです。

気を取り直して、書いた文章を思いだしながら、やります。笑

d0218056_2122814.jpg

コラージュ34


ソチ・オリンピックが終わり、
祭の後のロスな気持ちになってるヒトが多いんではないでしょうか。
この時期ってあまり何もないですよね。
なので、オリンピックにも熱が入ることになるのかな。

私はスポーツで盛り上がるのは嫌いではなく、
大好きです。
ブログではちょっとジャンルが違うのであまり書きませんが、
結構熱くなりますねぇ。

ソチでも一番はやはり
フィギア・スケートに一番熱が入りました。
冬になると、テレビでよく世界選手権とかの放送があって、
情報も多いですからね。
人気もあるし。
もう、さっき書いた内容とちがってきてます。笑

それに
フィギア・スケートというのは奥が深いですよね。

「美しさを競う」という競技で、他とはかなり見方もちがいます。

物理的な数字の速さ、短さ、や距離の長さ、短さで
勝負するのではなく、
「美しく踊る」という見せる要素が強い競技です。

もちろん、人類の出来る最高難度の業にチャレンジするという
頂上決戦には違いないのですが、
それも含めて
どれだけ「美しく踊る」かという、
「美」を競うというところが深みの部分なんでしょう?

氷の上を、曲線を描いて滑るというだけでも、
もう充分に優雅なんですよね。

この優雅さ、他にあまり無いです。


なので、見ていて
タイムや距離を争う競技とは、全然気持ちがちがってきます。


選手が完璧に踊れた瞬間に立ち会える喜びは、
なんでしょうね?

本当に素晴らしいと、こころから思ってしまいます。

涙なんかがでたりする程の演技というのもありました。


それだけ、踊りというのは人に感動をもたらすもので、
踊りが芸術となり得る、理由でしょうね。
人が踊ってる姿に感動するって、どうゆうことなんでしょうね?
このことは、づっと気になっています。



でも、
日本人選手が踊る時は、失敗をしないで欲しいと思うのに、
他国の選手が出た時には
失敗しろ〜って、思ってしまう自分がちょっと嫌でした。

でも、ワールドクラスの競技って、そんな感じで見てしまいますよね。037.gif
by hamaremix | 2014-02-24 21:14 | ライフ | Comments(0)
d0218056_8514131.jpg


現代アートとは
一言でいうと

「その時代が生み出すそれまでにない新しい表現」

ということになるでしょうか。


その時代というのは、現在は2014年ということになります。

「では10年前の2004年に生み出されたものは現代アートではないのか?」
難しい質問です。
でも、展覧会を企画して行われるときは
冠に「現代アート」がつくことでしょう。

ではでは、1964年にそれまでにない新しい表現がなされた作品は
現代アートですか?

それも現代アートと呼ばれることが多いです。
変な言い方ですが、
「現代美術(アート)の古典」とかって言われますね。

例えば有名なアンディ・ウォホールの一連のプリントの作品などは
それ以前の時代には無かった、全く新しい表現の作品で
60年代のアート&カルチャーを代表する表現として見ることができます。

では、100年戻って、
1914年の作品はどうか、それは違うでしょう。
1914年は近代だからです。

でも、今に繋がる表現は、フランスやロシアでその萌芽はあります。
ピカソらのキュビスムやロシアの構成主義は
現代アートの祖先と言ってもいいのではないでしょうか。


では、現代アートというのはいつ頃のものからを指して言うのでしょうか?

その線引きにあまり意味はありませんし、
人によってもいろいろと言われるでしょう。

でも大体「現代」という言葉を意識した時に
思う時代ではないでしょうか?
はは、答えを逃げた訳ではありません。



でも、その時代その時代で
新しい表現を試みてきた人間がいて、
何やら、わけは分らないが、心ひかれる表現をした。
そんなアートの系列が「現代アート」と呼ばれるものです。



今、兵庫県立美術館で
フランスのポンピドゥ・センター・コレクションとして
「フルーツ・オブ・パッション」展(3/23)で
欧米の現代アートの作家19人の大作が一挙25点を見ることができます。

フランスの現代アートのコレクションと発信の拠点
ポンピドゥ・センターのコレクションです。

「現代アート」と「現代アートの古典」楽しめます。


ポンピドゥ・センター/パリ
d0218056_1435688.jpg




d0218056_8542727.jpg

by hamaremix | 2014-02-22 08:55 | アート | Comments(0)
冬って四季で一番長かったですか?
もともと、、、

この寒さ
気持ちが上昇しきれません。035.gif

もう、いいです。

音楽で春を呼び込んじゃいます。

春にはこれ、聴きたくなるんです。

ほろほろ〜〜



音楽の深い森 109
セイント・エティエンヌ 「 Spring 」


by hamaremix | 2014-02-22 01:14 | 音楽 | Comments(0)
今日は午後から漫画学科の作品審査と
卒業認定の会議だったので、

午前中に急いで画廊を廻ってきました。

ギャラリー白の「ペインティング・アパート」
には開廊20分前に行って、山内くんに入れてもらいました。笑
急いでたんです。

山内亮、春菜のBISEN組の二人とあと四人の絵画展。

山内くんと作品を前に、解説してもらいながら、
批評めいた話をして楽しんできました。


次に行ったのは、
大阪芸大の写真学科2回生の
酒造隆聖(ミキリュウセイ)の初個展「二十(はたち)」展
ギャラリー・アーベイン。

二十(はたち)展のタイトルが初々しい。048.gif

d0218056_21461222.jpg



20年生きてきた中での「夜の記憶」を
作品化したものだと本人から聞きました。
11時に画廊に着く予定でいったので、
本人は絶対居ないだろうなぁと思って行ったのですが、
リュウセイは居ました。
うん、いい姿勢だ。


リュウセイは僕の友達
それも芸大時代の先輩、菅間(酒造)のお子様なんですよ。
こうゆう友達の子供の展覧会を見ることになるなんて、、、
トシヲトッタモノデス。

リュウセイは高校の時から知っていて、穏やかないい奴なんです。
高校時代の写真も見ています。
確か写真部だったと思う。


その時から、風景を得意としたカメラワーク。

今回の初個展でも、風景でした。
画面はスクエア〜で40×40cmぐらいで白黒。

それも夜、ほぼ全部の作品に人は写っていません。
とっても孤独な雰囲気の作品群です。
二十歳そこそこの時って、「夜」に憧れますよね。
夜景とかロマンティックに撮ったりして、、、

でも、リュウセイの作品は、ロマンティックではなく
深い夜の気配をモノクロで淡々と写しとっていました。

アナログカメラ+フィルムで自分で現像・プリントをしたという。
そうでしょう、まづはそこから始めないとね。
いや、づっとそれでもいいのですが、、


期待の新人のデビュー個展でした。
d0218056_228544.jpg




北区曾根崎のギャラリー・アーベインで23日まで。



写真を撮りたくなりました。単純です。

曾根崎界隈。
d0218056_2283035.jpg









12時には学校に入って、会議室へ。

1年と2年生の賞候補作の約20作品を1時間半で

超スピード読みして、

疲れました。


が、面白かったです。


ここでも20才(はたち)中心の、漫画家の卵たちの

力作に触れることができました。



by hamaremix | 2014-02-20 22:09 | アート | Comments(2)