ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

<   2014年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

ゴジラというのは着ぐるみですが、
その人間が入ったゴジラを、あのように巨大に見せるのは
特撮とよばれる技術で、
有名なのはミニチュアの街を作ること。
東京や大阪といった大都会を、
ゴジラがのし歩き、破壊するために作られます。

今、観るとなんだぁ〜って思うのですが、
当時は凄いなぁ〜って感心して見てましたね〜。
あれ、日本のお家芸みたいです。

映像的にはゴジラが放射能の火を吹く演出。
あれ、当時はどうしていたんでしょうかね?
フィルムに傷をつけてた??

あれも特撮でしょう。

あと、実際の人間と巨大なゴジラが一緒に写る時に行われる合成。
アメリカ映画から学んだんだと思います。


次に音響、
街が壊れていく音やゴジラの足音、攻撃の爆発音。
それと、なんといってもゴジラのあの鳴き声!!
素晴らしいですよね。

決して文字で表記出来ないし、口でも真似れない、、、



特撮と音響によって、ゴジラは着ぐるみではなく、
巨大怪獣としてスクリーンで暴れまくるわけですが、

さらにゴジラのテーマ曲というのがゴジラが襲ってきたり、
自衛隊が戦う緊迫感を最大限に効果的に演出しています。


それを作り出したのは伊福部昭氏です。
ゴジラや大魔神といった映画音楽の作曲で知られます。

伊福部氏は
ゴジラを映像で初めて見た時
「魅力的だなぁ」と感じたそうです。

そしてあの音楽が1954年に生まれました。



音楽の深い森 103
伊福部昭 「ゴジラのテーマ」



by hamaremix | 2014-01-31 23:59 | 日本の美 | Comments(2)
日本のキャラクターでいち早く世界に知られるようになったのは、
GOZILLA,,ゴジラです。

今年はゴジラ誕生から60周年の記念の年で、
またもや、アメリカでリメイクされ、
今年公開だそうです。

前回のアメリカ版ゴジラは、とっても期待して見に行ったのですが、
なんだかゴジラではなく恐竜みたいで、
日本のゴジラを見慣れた者には、不評だったと記憶しています。

やはりゴジラは怪獣であって、恐竜ではないんですよね。

しかも水爆実験によって、
目覚め、誕生したのは日本近郊の沖合なので、
やはり、どことなく日本人っぽい顔でなくてはならないのです。
風土的な問題で、、笑


核の脅威というものを、
誕生の背景に背負っているゴジラですが、
回を重ねていくごとに、ユーモラスなキャラも加わり、
愛されるキャラに変わっていきました。笑

ミニラという息子まで登場して、
ファミリーな一面も見せてくれました。

アンギラスやキングギドラといった、悪役の怪獣が出て来て
ゴジラがそれを倒すという、
いつの間にか、正義の怪獣になり、
日本のおとな子供に愛されるようになりました。

私が映画館で観た時も、悪のりして、「シェー」までやらかしていました。

こりゃもう駄目だなと、思ってからは
あまり観ていませんが、
時代の要請かメカゴジラなるのもも登場したりしました。


今年のアメリカ版も予告編を少し観ましたが、
どうなんでしょうね。


是非、また、原発問題も起こっていることだし、
日本でのゴジラ復活を願いたいですね。

原発事故によりゴジラが復活誕生!!

「原発なんぞ、もうイラねぇ〜」ってゴジラが怒り
東京を襲撃するって、どうです?
自民党本部がぶっ壊されるみたいなシーンもあったりして。笑



by hamaremix | 2014-01-31 22:57 | 日本の美 | Comments(0)
ゆるキャラってあまり好きではなかったのですが、
こんなに根付いてしまっては、
私がゆるキャラのデザイン性の云々を言ったとしても、
遠吠えになるので、最近は批判もしていません。笑


そもそもキャラクターというものは
映画や漫画、そしてアニメといった
本来物語のなかから生まれてくるものでした。
キャラクターにはその物語のなかで、
特異なキャラをもち、
そいつをみることで、その物語全体がイメージされました。

また企業や商品のイメージから、
キャラクターが生まれてきました。
企業キャラのイメージはその会社、商品を
キャラを通して親しみのあるものにするといった、
伝導的意味合いがありますよね。


でも、今は始めにキャラありで、
先ずは可愛らしいキャラクターを考え出して、
そいつを一人歩きさせるみたいなことになっています。
キャラクターの個性は、それを見たり手にした人が
勝手に作り上げていくといった具合です。


そして
社会的には、都道府県や市レベルでの需要も起こって
キャラクターを生み出すことが専門のキャラクター学科などが
大学でもどんどん新設されている状況です。


今は
何でもキャラクターを作ってしまえる状況ですよね。


日本はキャラクター大国になりつつあります。


フナッシーでなっし〜〜〜。
d0218056_2118413.jpg

by hamaremix | 2014-01-30 21:21 | いろとかたち | Comments(0)
音楽の深い森102
エンリオ・モリコーネ 「Hurry To Me」
「いそしぎ」サウンドトラック


同じアーティストは避けているつもりでいたのですが、
映画音楽の巨匠、エンリオ・モリコーネは3度目の登場です。
「海の上のピアニスト」「NEW CINEMA PARADISE」に続き
「いそしぎSandpiper」のサントラの曲です。

映画「いそしぎSandpiper」はまだ観ていないのですが、
この曲は有名なコンピレーションCD
「Cafe Apres」(ほんとお洒落すぎる曲を集めたCD)
のmidi Rose
というセットに入っていて、ずーーーと好きだったのですが、
誰のなんと言う曲というのを知ったのは最近なのです。

エンリオ・モリコーネ!と分って、「は〜〜〜〜っ」
って思いました。
この人の書く曲は、人生におけるなんらかの旨味成分を
曲に入れることができる稀な存在の人なのですねぇ。
素晴らしい。


この曲は本当は曲だけ聴いた方がイメージがとてつもなく広がるのですが、
サントラなので、映画の映像と一緒にどうぞ。






本当になんて、お洒落な曲なんでしょう。
by hamaremix | 2014-01-28 18:49 | 音楽 | Comments(0)
d0218056_1757271.jpg


今日のお菓子365 (その30)
SWEET SELECTION  「ガトーレーズン/レーズン&ミルククリーム」ブルボン



これ、美味しいですよねぇ〜〜。011.gif011.gif011.gif

噛みたくなる柔らかさですが、これはあえて、
舐めながらレーズンとミルククリームを
舌の上で溶かせて味を楽しむのが好きです。www




今日のお昼の買い物の時、グルメシティーで
このラベルを見て、「あっ、久しぶりにこれ食べたい。」
って思い購入。☆☆☆





あと、
駅周辺を少しうろうろしました。
それでちょっと豊南市場を覗いてみたのですが、
新鮮な野菜や果物、肉類やっぱり安〜いです。
駅の向こうにあるため、行きにくいのですが、
ほぼ駅の横なので気持ち次第だな。


by hamaremix | 2014-01-28 18:07 | 今日のお菓子365 | Comments(0)
20代半ばのイケメンが教室に入って来た。

おもむろに服を脱ぎ、

ボクサーパンツ一枚になる。

鍛えられ、ぴんと張りつめた筋肉が

強い照明の光によって強調されている。


その裸の彼を

二十歳前後の女子学生が30人程

サークル状に取り囲み、彼の肉体を凝視している。


彼は5分ごとにポーズをとり、

それを彼女らは鉛筆で彼の肉体を白い紙に写し取っていく。



はは、今日はヌードクロッキーをしました。

男性のモデルを使ってのヌードクロッキーは私も初めての経験だったので、

何故か私も、緊張してしまいました。


でも、とってもいい顔の、
しかも、綺麗に鍛えた身体をもった青年が来てくれたので、
良かったし安心しました。


クロッキーは1年間のカリキュラムで
今日は最後のまとめとして
ヌードモデルさんに来てもらいました。

毎日2〜30枚のクロッキーをこなしてきたので、
みんな、吃驚するほど上達しました。
それを感じて、教える私もじーんときました。

こつこつと、反復を繰り返すこと!

とっても大事です。




授業後の学生とのお喋りで話題になった
「進撃の巨人」
その実写版のコマーシャルがあるという。
スバルの車のCMでした。
こんな負なイメージのコマーシャルは初めて見ました。
すごいです。

ちょっと巨神兵のイメージもあるような。



by hamaremix | 2014-01-27 23:58 | ライフ | Comments(0)
阪急京都線の大山崎駅と長岡京駅駅に間に
高速道路の京都縦貫自動車道が交差する地点に
去年暮れに「西山天王山」駅が出来ました。

京都府長岡京市になるんですね。

天王山という駅名は秀吉と光秀が戦った山崎合戦の
あの天王山です。天王山は大山崎町にあります。
そして西山は長岡京にあります。
両方の地名を入れたわけですね。

d0218056_1944576.jpg



新しい駅とその周辺に興味があったので、
寒かったですが、見に行ってきました。


真新しいホーム。
d0218056_19483523.jpg


普通車しか停まらないので、
特急らしき車輌が駆け抜けていきます。
車輌はあまりにも速いので、歪んでみえました。笑

d0218056_1950731.jpg



駅の南側に降りてみましたが、突然の駅誕生なので、
な〜〜〜にもありませんでした。笑

なので、駅の外観を貼っておきます。
d0218056_19522647.jpg



「西山天王寺」には
全く前調べなく行ったわけではありません。

勝竜寺城公園というところを訪れてみたかったのです。


駅の横にあった観光案内所から地図をもらい
おばちゃんにちょっと行き方を指南してもらいました。

「サントリーのビール工場まで行き、
そこを左に折れると◯◯古墳があり、犬川という川を越えると〜〜」
みたいなことを、漠然と聞いて
歩き始めました。

明智光秀が陣をはったという場所のすぐ近くに
サントリーのビール工場がありました。
風が強くビール工場を横目に見ても、
ゴクリとはなりませんでした。笑
この道「サントリー通り」というらしいですが、
工場を通り過ごしてすぐ左に折れます。

すると
「恵解山古墳(いげのやまこふん)」という
結構大きな古墳に出くわします。

古墳復元整備の工事が行われました。
5世紀中頃の造られた当初の姿に整備しているらしいです。

前方後円墳です。

d0218056_205061.jpg

d0218056_20523755.jpg


ちょっと、中に入れたので寄ってみると、
古墳の上に現代のお墓がいくつも並んで立っていました。
あまり見たことの無い不思議な光景じゃないですかね?
下の画像で確認できると思います。


この「恵解山古墳」から歩いてすぐの所に

勝龍寺がありました。

d0218056_20571186.jpg



そして、そのすぐ近くに
目的の勝竜寺城公園がありました。
勝龍寺は「龍」勝竜寺公園は「竜」の表記です。

しっかりした立派な櫓やお堀そして城壁が見えて

「お〜っ」って声をだしてしまいました。笑

公園は思っていたよりずっと綺麗で大きかったのでです。

d0218056_2133639.jpg



この勝竜寺城は明智光秀の娘のガラシャが
嫁いできたことと、
山崎の合戦の時に光秀が陣を構えたことで知らているようです。

d0218056_2191963.jpg



中にも普通に無料で入れます。

こんな感じになっています。
d0218056_2195881.jpg


天守のような所は、
現在空調工事中ということで入ることができませんでした。

近頃よく「空調工事」に出くわします。笑


勝竜寺公園、
ここは気も良さそうだったので、
いつか暖かい時期を選んでスケッチに来れたらなと思いました。


帰りは西山天王山駅に戻るより
長岡京駅に向かう方が近いことが分ったので、そうしました。




最後に
長岡京というのは、平安遷都の前の10年の都ですね。
平安以前の都の変遷というのはなかなか覚えれないのですが、
長岡京は来たのが3度目なので、
さすがに覚えました。

www


by hamaremix | 2014-01-26 21:36 | ライフ | Comments(0)
西門正蔵さんが亡くなりました。
残念です。
d0218056_733301.jpg



朝ドラ『ごちそうさん』の話ですが。
今週は見処満載で、とっても感動しましたよ。


以前書きましたが、正蔵さん役の近藤正臣さんが、
最近好きなんです。
数年前の『山内容堂』役で
かっこいい老人になったし、役者としてもいいなとおもったのです。


今日今週の『ごちそうさん』を録画してたのを一気に見て、
あー、お父さんの正蔵さんやばいなー、っ思ってたら。
きょう、大往生で亡くなってしまいました。


最後の布団に寝る近藤正臣さんを見ているとき、
彼がデビューした『柔道一直線』で
ピアノに乗って足で演奏するシーンを思い出して、
つくづく、
とっても長い年月か経ったなーって、
感慨深い気持ちになりました。

d0218056_7342741.jpg

懐かしい〜



これからも近藤さんを少しでも見習って
いい歳のとりかたをしたいと思います。

あっ、容姿を真似るとかでは全然ありません。汗
by hamaremix | 2014-01-25 19:22 | ライフ | Comments(3)
d0218056_22433056.jpg


今晩は天王寺のアポロビルにある中華レストランで晩餐会でした。

学校の卒業制作の賞の審査会があり、
無事、生徒達の学習の終了を見届けての、
慰労会のような夜でした。


帰りがけに、ふと窓の外を見た時に
イルミネーションを発見。

天王寺動物園の東エントランス辺りでしょう。

小さな宝石箱を開けた時のような、
知らない街の賑わいのような、
懐かしい綺羅綺羅した記憶のような、

遠くからみるイルミネーションは
なんとも儚い記憶を掘り返したような、
ちょっと切ない気分にもなったりしました。


BISENに来てもう20年もの年月が経ちました。
時の経過は早いものですね。


by hamaremix | 2014-01-24 22:59 | ライフ | Comments(2)
d0218056_2192442.jpg



「生」に「國」に「魂」

漢字一文字だけでも相当にインパクトのある言葉が3つも並んで、

「生」「國」「魂」→「生國魂」(いくたま)と読みますね。

とっても右っぽい漢字の並びの神社、
「生国魂神社」に行ってきました。

大阪最古にして大阪の総鎮守と称される神社です。
そうだったのですね。
d0218056_21541262.jpg




1月の第三週の日曜でしたが、晴れ着姿のお参りの方々が結構いらっしゃいました。


「生国魂神社」は谷町9丁目から歩いて5分もかからないところにあります。
地下鉄谷町線はいわゆる上町台地を走る線ですが、
上町台地は大阪で最も古くからあった土地です。

よくある古代の大阪平野の地図などを見てみると、
この南から北へ向いて伸びている上町台地は(岬みたいなもので)
三方が海に囲まれている形だったそうです。

なので、ここ上町台地自体が大阪で最も古い歴史のある所ということになります。

上町台地の北の端には今は、再建の大阪城がありますが、
その前は石山本願寺が、
そして、もっと前には「生国魂神社」があったということになるのでしょう。

今、谷町にある「生国魂神社」は移されてきたものだそうです。


今、この一帯は寺町ですよね。
少し歩いただけで、吃驚するぐらいの大小のお寺がびっしりと立ち並んでいます。

秀吉が大阪城を建てた時に、無理矢理ここに寺を
集めたという認識です。



これだけのお寺が並んでいても、残念にもここは風情がありません。
最大の原因はお寺と同時に
ラブホも連立して立っているからだと思います。

お寺とラブホ


奇妙な連立聖圏(れんりつせいけん)笑

いったいどうゆういきさつで、こんな街になったのか??
どううゆう行政か?とも思ってしまいます。

大阪的といえばそれまでですが、

う〜ん、生と死が混然となり一体化してる、
といったブラックな印象があります。

でも、もう少し憩える空間にはならないかと、
とっても残念な気がします。


しかし、「生国魂神社」から南西に繋がる寺町を
坂下の松屋町筋に下ったり上がったりしてある、
小さな坂道群、いわゆる「天王寺七坂」を
歩いてみると、ちょっと古い情緒があって良かったです。


七つの坂とは北から
真言坂、源聖坂、口縄坂、愛染坂、清水坂、天神坂、逢坂
です。

ゆっくり全部の坂を歩いてみました。

わたしが最も風情があるなぁと思ったのは、
口縄坂でした。
d0218056_2144177.jpg


いい感じでしょ。
神戸などではなんぼでもあるような坂道ですが、
大阪市内では珍しいと思います。
d0218056_21451393.jpg



その次が天神坂です。

d0218056_21463134.jpg



なんで天神坂というかと言うと、
安居神社という天神さんを祀っている神社がこの坂にあるからです。

天神さんなので、丑の大きな銅像がありました、
それにこの神社の境内で真田幸村が亡くなったという
真田幸村の記念碑もありました。


逢坂は国道25号線で、
車ではよく通っていましたが、ここが逢坂だったとは初めて知りました。

ここには有名な一心寺があり、
初めてみた超モダンな山門と仁王像に度肝を抜かれました。ホント。

d0218056_22113869.jpg


こんなのもアリなんですね。



一心寺は坂にありますが、この逢坂を西に昇りきると、
四天王寺になる訳です。




今回はとっても寒い時期の訪問になりましたが、
温かくなって、日射しのいい時に、
四天王寺を含めてもう一度、行きたいなぁって思いました。

谷町筋にほっこり出来るカフェと古本屋を
見つけてきましたから!!!



オマケは愛染坂
d0218056_21593228.jpg

by hamaremix | 2014-01-23 22:07 | 日本の美 | Comments(4)