ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

<   2013年 10月 ( 33 )   > この月の画像一覧

昨日は72人のアート作品が尼崎市に集まりました。

「尼崎アートフェスティバル2013」

私自身の作品の展示だけでなく、
他の作家の方々の搬入のお手伝いもさせて頂きました。


他の作家の作品を展示前に物として見ることは、
ものを作る人間として、他の作家の制作の裏側が覗ける、
興味ある時間でもあります。

また、日頃は個人でアトリエや工房でひとりで制作している人が多いので、
数少ないコミュニケーションの場になることもあって、
楽しい時間です。


d0218056_1150886.jpg


林宰久氏(中)とその鉄の作品の前で吉田廣喜氏(左)と山本修司氏(右)


彫刻の作品はセンターの野外ととなりのシビックホールに展示しました。

長野久人氏の作品の設置に力自慢が何人かいると、
連絡があったので私もシビックホールに向かいました。

d0218056_11571349.jpg


左、布を持つ横顔の人が長野氏


とても大きな物体をトラックからおろし、
シビックホール・エントランスの中央に設置します。
d0218056_1203086.jpg


こうゆう行程はまさに現場職人。

最後は赤い角のようなものを、おったてました。
d0218056_1232652.jpg


背の高い勇ましい人は尾嶋崇行氏です。



開会前なので、作品は詳しく掲載できませんが、
始まれば、ここでまた紹介したいと思います。
by hamaremix | 2013-10-31 12:06 | アート | Comments(0)
今日は、尼崎総合センターでの搬入。

展覧会全体の設営にも関わって、

朝9時から午後5時まで、

お手伝いをしていました。




でも、朝から段々と歯痛が、

じょしょに、ジョジヨニ、徐徐に

痛くなってきました。



最後の方は、速く帰って歯医者さんにヘルプしてもらいたかったのですが、

責任もある程度、あるので

最後まで、頬に手をあて、

治りもしない手当てで誤魔化していました。




展示がおおむね終わって、

歯医者さんに駆けつけました。



先生とは久しぶりです。1~2年ぐらい空きました、

『歯痛が痛くなりました。』


早速、見て頂くと、


歯茎ぎがはれ、化膿しています。


歯周病です。


と診断していただきました。




処置してもらって、痛みも引き、

熱も下がりました。





とにかく、安心できました。


二三日、制作が終わったことを、


実感したく、


ノンビリしまーす。
by hamaremix | 2013-10-30 23:44 | ライフ | Comments(0)
蛇の目、

いや、「JANOME」

のミシンに出会いました。
d0218056_6552619.jpg




こんな古いミシンを見たのは久しぶりでした。

特に鉄の、モーターが入っている黒い曲線の本体、

格好いいと思いました。

あのきゅっと「くびれ」の曲線は必然のある形なのでしょうか?

それとも女性が使うことからイメージされた形なのでしょうか?

いづれにせよ、キュートです。



かつてダダイズムのアーティストたちも

ミシンには性的なオブジェとしての魅力を提示していました。


昔のものだから、よく思えるということ以上に

人間の心をうつ、スタンダードなデザインの一物として、

人類の歴史に残るオブジェとなるでしょう!!





明治29年10月30日

島崎藤村の詩「初恋」が発表されたそうです。

それにちなんで、今日は「初恋」の日となりました。





私の初恋(初めて女性の魅力にぽーっとなった)は、、

たぶん、小学校の保健の先生ですかね。

はは、ありがちな話でした。





昨日、作品を仕上げることが出来ました。

最後、ほっとしたら、歯が痛くなり、
熱が出そうな兆候がでてしまいました。

まだ、歯がうずうずしてますが、
身体がしっかりすれば、治るでしょう!!


ではでは、搬入に行ってきます!!


by hamaremix | 2013-10-30 07:04 | ライフ | Comments(0)
10月29日火曜日
二十四節気では「霜降」、七十二の候では「時雨れときどき施す。」

今週前半はずーっと晴れるって予測されていたのに、
今日はぱらぱらきていますね。
時雨れなんですね。


少し前に話題にしましたが、
芦屋の骨董品店で頂いた岩波新書の古本のなかに
当時の本の紹介パンフが残っていました。
1998年8月

d0218056_892239.jpg



毎日、これを目にして気持ちがほんわか成ってます。

バケツを持って「ご飯ちょうだ〜い」って
言ってるのが聞こえます。

しかも笑っています。
動物園のアザラシは笑いますよね。
可愛いすぎ☆☆☆☆☆



明日は「初恋の日」だそうです。

皆さんの初恋の話を聞かせて下さ〜〜い。笑

遊楽さんはあの人ですよね〜。



コラージュ25
d0218056_816133.jpg

by hamaremix | 2013-10-29 08:20 | ライフ | Comments(2)
音楽の深い森 74
七尾旅人(たびと)「湘南が遠くなっていく」


この曲は
だいぶんと季節はづれになってしまい恐縮ですが、、、
最近聴いた日本人男性アーティストのなかでは、
とても、私のハートを揺るがした人です。

肩の力がぬけて、遠くへつれていってくれます。

お薦め☆☆☆☆☆



by hamaremix | 2013-10-28 18:11 | 音楽 | Comments(0)
近くの書道教室の前に生徒さんが書いたと
思われる作品が飾ってありました。

「秋」「読書」「栗」「さつま芋」

ははは、

そんな普通の言葉でいいのね。


ということで、私も文字を書いてみたくなりました。


「パソコン時代の書道」

ということで、写真をバックに好きなフォントで書いてみました。

d0218056_18192181.jpg

by hamaremix | 2013-10-26 18:20 | 日本の美 | Comments(0)
おはようございます。

パンを買いに外に出てみると、
曇り空、空気はヒンヤリ、
ふいに北アイルランドに行った時の空と空気を思い出しました。

空と空気から喚起された記憶でした。

台風はぷいと予測をはぐらかし、東へ振り向いていきました。

また、伊豆方面にむかっているとか、
あちらは、大変です。


昨日は1日、アトリエで制作しました。
また、この世界に居ないような、2次元に入り込んでいました。笑

絵は最終段階。
横にしたり、逆さまにしたり、机にのせたりして、
画面全体のバランスを見て調子をつけました。

明日には完成させたいと思っています。



さて、今回の作品は「尼崎アートフェスティバル」に出品しますので、


その詳細を、お知らせいたします。
d0218056_7383332.jpg


関西を中心に活躍する72名の作家による、現代の美術表現の魅力を紹介する展覧会です。
会期中には出品作家によるワークショップも開催されます。、
(友人の「中澤てるゆき」が10/17に、ワークショップをしますので、
ここらで、アートではじけたい人はこの日にどうぞ。)
展示は1人あたりの壁面が大きいので、大作が多く見応えあると思います。
約一ヶ月間の開催となるので、
是非御高覧頂ければ嬉しいです!

尼崎アートフェスティバル
2013.11.2(土)~12.1(日)10:00~17:00(入館は16:30まで)会期中無休
尼崎市総合文化センター・美術ホール5F・屋外・他
入場料:一般¥500・大高生¥300・中学生以下無料


by hamaremix | 2013-10-26 07:48 | アート | Comments(0)
近鉄奈良駅の地上近くのバス停で、

止まってるバスの行き先を見てびっくり。


え〜、こんな名前の街、あっていいんですかね??
d0218056_22444436.jpg




次は「恋の窪街〜恋の窪町」


by hamaremix | 2013-10-24 22:45 | ライフ | Comments(2)
今、阪和線天王寺駅出発前のローカル電車です。

作品搬入まであと一週間となり、

物凄い焦りと、笑、火の出るような集中力で、汗、

作品の完成をめざしています。



本当ならもう、余裕で出来てる予定だったのですが、

思いの外、空の表現で手こずりました。



でも、完成間近になってきて、

後で後悔しないように、

技術的なことは、しっかり、やっておくつもりです。



展覧会の案内も出来ていませんが、

もうすぐ皆さんに、お知らせしますね。


電車が動き始めました、ガタンガタン言ってます!!

では、学校に行ってきます。
by hamaremix | 2013-10-24 13:25 | ライフ | Comments(0)
d0218056_2318378.jpg


元興寺は極楽堂と僧坊の屋根に
奈良時代のまんまの瓦が使われているそうです。

およそ1000枚、
極楽堂の西側と僧坊の南側の屋根に使われているのが奈良時代の瓦です。

いろんな色の瓦が使われていてとても綺麗でした。

絵にしたい欲求がうまれました。笑




宝物館に瓦の名称を書いた解説図があったので
それを写メっておきました。

d0218056_23583463.jpg


この名称では、鬼瓦しか知りませんでした。
平瓦、丸瓦、軒平瓦、軒丸瓦。

覚えておきましょう。笑


昨日はもうひとつ、
春日大社の奥の山にごらんのような神秘的な霞ができていました。

d0218056_064575.jpg



雨上がりの虹に匹敵するようなラッキーな光景が見れて嬉しかったです。
by hamaremix | 2013-10-23 00:10 | 日本の美 | Comments(0)