ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

<   2012年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

季節ハズレの怪談話です。
心臓の弱い方は読むのにご注意を


今週の月曜日の朝9時半からの授業のことです。

その朝
デッサンの準備もあって、
生徒たちが登校する前に9時前に、教室に行きました。

デッサン室というデッサンやクロッキーを中心に行う教室なのですが、

様々なモチーフに幾何形態の石膏、
ヨーロッパの石膏人物像などが置いてあります。



教室に入ると既に
もう教室に来てる生徒がいるではありませんか。

ちょっとビックリしました。


こんなに早く、誰?


しかも、見ると見慣れない生徒です。


えっ、

転校生?


いやいや高校ではあるまいし、

11月途中から入ってくる生徒はいません。



「君、どこのクラス?」

〜無言〜


「ここは今日はコミックアートの2年のクラスの授業だよ」


〜無言〜


と声をかけても、返事がありません。汗


固まってる様子。

てんぱってる?

いやいや
どうもシャイな性格のようです。


いくら声をかけても

顔色ひとつ変えませんし、
言葉もありません。



う〜〜ん、




この人、どのクラスの生徒か、知りませんか?



                      ↓


d0218056_2315913.jpg






あっ、あ〜〜〜モデルさんでしたか?


失礼しました。



今年はもう僕の授業では、

モデルさんの出番はありませんが、

他の授業で登場ですね。


よろしくお願いしまーす。


d0218056_2318382.jpg




記念撮影のあと名前だけ教えてくれました。


「助ルトン」さんだそうです。笑
by hamaremix | 2012-11-28 23:28 | ライフ | Comments(4)
こんばんは。

ここ1〜2週間は母の退院と新しい生活場所への移動などで、
動いていて、慌ただしくしていました。〜〜〜〜
母が穏やかに暮らせる場所が見つかって良かったです。



その合間をぬって、先週の木曜日の宵

山本修司氏(修ちゃん)のアトリエでの個展に参上いたしました。
d0218056_224873.jpg


これがその案内のハガキですが、(素晴らしいデザインです。)

その案内には

「このたび皆様を私のアトリエにお誘いしようと思ったのは、
ある作家の御宅を訪問した時の体験がきっかけです。
作家の日常の空間は、作品の印象を変え、
内容に近づきやすくなるような思いがしました。
私の仕事場は、小さなトタン張りの元木材倉庫だった場所で、
その内部は、野外の風雨や気温をして感じさせてくれる空間です。
この館を含め、普段の環境の中で作品を見ていただければと思い、
ご案内させていただきます。/山本修司」


とありました。

画廊でもなく、公共の空間でもなく
プライベートな作家のアトリエを公開し
その上、作品展をするというのはなかなか誰でもが出来ることではありません。

それなりの広さがあって、
作品が並べられなくてはできません。
また、制作現場というのは作家の作品が生み出される
子宮のような場所。
そこは謎めいている方が作品とってはいいような気がするのですが、
そこをあえて一般に見せてしまうのは、
私にはちょっと危険な気もしたのですが、
修ちゃんのアトリエは充分に人を向かい入れるにたる
空間なので、そのことで修ちゃんの作品制作の秘密の
何かがあばかれるということもなかったので、
良かったのではないでしょうか。

パーティまで出来ちゃいましたから。

私の制作空間は、人は呼べないし、
あまり見られたくないので、
自分にはできないなぁとそのスタンスに感心しました。


まぁ、これからの絵画の発表スタイルのひとつのあり方かもしれません。


個人宅で画廊とか、最近はかなり出来てきましたから。



d0218056_2226316.jpg


トークイベントとして、
福田新之助、ギャラリー白の吉澤さんを招いて
「制作空間は何を語り出すのか」というテーマでおこなわれました。

ちょっと遅れて着いたので、
詳しいことは聞きそびれてしまいましたが、
こんなにも沢山の方々がおいででした。

d0218056_2230375.jpg


d0218056_2232447.jpg




山本修司/ウェルカムアトリエ作品展は終了しています。

(遅い情報でごめんなさい。です。)
by hamaremix | 2012-11-28 22:39 | アート | Comments(4)
ガチャピン八田Tにフィギュアを頂きました。
d0218056_22461152.jpg


正確にはフィギャアではなく、首振り人形です。
首がでんでんと動くんです。

なんでも八田Tの弟さんが龍馬好きということで、その
弟さんの為に買ったのに、
その弟さんに人形は恐いとか言われて、気に入ってもらえず、

私が龍馬が好きだったことを思い出されて、
ならばと、私に下さいました。

弟さんに感謝しなくては。
d0218056_22473089.jpg

フィギュアは好きですが、

こんな本格的な大きいものを手にしたのは初めてなのでとっても嬉しいです。

持ってるのはお菓子のオマケやガチャガチャのたぐいです。

この龍馬には

私のアトリエにいてもらって、
是非私の制作の監督になってもらおうと思ってます。
時々
「明日の日本の為に、しっかり表現せんといかんぜよ!!」
とハッパをかけてもらいましょう。笑

以前から私の制作には女神がいて、
フィギュアですが「クイーン・エメラルダス」がそれです。
制作の女神なので閃きや感性の部分で後押ししてもらっているので、

龍馬には具体的に、日本的な精神の部分の
指導をしてもらいますよ。笑



このオーロラドライブは去年の2月から始めたと思うのですが、
一昨年は大河ドラマ「龍馬伝」をきっかけに
溺れそうなくらい坂本龍馬にハマってました。
司馬遼太郎の「竜馬がいく」も読みました。

私は何でもオクテなんですが、
日本の歴史に関しても、教科書的なことしか知らなくて、
このドラマの龍馬を通して具体的な日本の歴史に
とっても興味をもつことになりました。


私が去年、龍を描く同機のひとつになったのも
この「龍馬伝」があったからとも言えます。


龍と言えば今年は「辰」年で龍でしたね?
え〜、来年は何だっけ??


龍つながりですが、

昨日、友人の個展に六甲に行ったのですが、
途中、ぶらりと立ち寄った「六甲八幡神社」の
お手を洗う水場(なんて言うのでしょう?)の龍がなんと立派だったこと!!

思わず写メらづにいられませんでした。笑


どうですが、立派じゃないですか?

d0218056_23103079.jpg



全身もほら、
d0218056_23113243.jpg



今年も残すところ後一ヶ月余り、

1年間、ご苦労様でした。

by hamaremix | 2012-11-24 23:19 | 日本の美 | Comments(4)
阪急梅田食料品店に「ハッピーターン」
抹茶味とかいろいろあって、いつも長蛇の列で人気と聞き、
お菓子好きの私としては気になってしかたなかったのですが、

今日買いに行きました。

d0218056_21243268.jpg



わおっ〜。

見たことも無いハッピーターンのいろいろS.

メープル味に木苺/カマンベールチーズ/抹茶/和三盆/黒糖/紫芋
の味のターンズが、、、、、

けれどこれ全部売り切れてました、、、えええーーー。

亀田さん、やりますなぁ。


仕方ないので、近くにあった
これまた美味しそうないろいろSの
マシュマロのお店「マシュマロ・エレガンス」という店の
グミ+マシュマロのグミマロ/ラズベリー味3個入りを買ってきました。

d0218056_21323161.jpg


既に賞味して、
不思議な舌触りのマシュマロを楽しみました。

ぺろ〜ん。

d0218056_21323653.jpg



今度機会があったら、お土産に買っていきますねぇ〜。笑


えっ、ハッピーターンズの方がいいですか?笑


しかし、阪急の地下もヤバいです。

ポッキーのいろいろSも売り切れてました。




全く関係ないこともないですが、

今日、お風呂に楽しみを計画にいっかんで
入浴剤をも買いました。
柚子/森/ローズ/ラベンダーの4種の香りのものです。


まっ、これもいろいろSでした。

by hamaremix | 2012-11-21 21:43 | ライフ | Comments(6)
d0218056_2362581.jpg

コンバンハ。

今日は朝からお弁当を作ったのに、
持って出るのを忘れて、
駅で気がついた時にはもう引き返せない時間になってて、
お昼は梅田で外食。たは〜っ

必然的に夜にそのお弁当を食べざるをえませんでした。笑


最近はもうビール中毒からは殆ど抜け出て、
健全な夜をおくることができてます。


そう言えば、
お風呂は朝に入る生活のパターンも夜に変え、
とっても普通な感じです。

外でわいわい飲むことも極端に少なくなって、
もう出家したような気分でもありますね。
これが落ち着いた大人の生活というものでしょうか。笑


生活のリズムが変わって、
何かも変わっていくかなぁ〜。



守口のNHK文化センターでの
「初めての楽しい絵画」の講座も3年目に入ってます。

毎年この時期に京阪守口教室 作品展を
京阪百貨店でおこなっていますが、
明日最終日です。


初めて絵を習われて、3年。
こんな表現豊かになりました。
d0218056_23243413.jpg


これからは、個々にもっと好きな分野を開拓して
それぞれの個性が出るようにしたいと考えています。

第7回NHK文化センター/守口教室 作品展
京阪守口百貨店7階 京阪ギャラリー/入場無料です。
明日4時半までです。




懐かしい名曲を、

音楽の深い森41
トワ・エ・モア「ある日突然」


次、生まれ変わったら絶対、声のいい唄える人になりたいものです。
そしてできたらこうゆうアコギで
デュエットのコンビを初々しくやってみたい。
男でも女でもどちらでもいいんですが。笑

この白鳥英美子さんの歌声は
この時代にしか存在できなかった、
澄んだ可憐な唄い方、
アメリカンフォークの流れのものですね。

今はこんな女性はいません。




by hamaremix | 2012-11-19 23:43 | ライフ | Comments(2)
d0218056_20425869.jpg


先週の日曜日の予定だったスケッチの講座
雨で延期になり今日、一週遅れで開催となりました。

寒かったです〜〜。

参加された皆さんは、野外に強い方ばかりですが、
さすがに今日は北風がビュウビュウ吹いてくるわ、
雨雲が大きく陽を遮るわで、
背中を丸くして、寒さに耐えながらのスケッチとなりました。


雲が南へ去り、陽が照ってくると
とっても綺麗なスカイブルーが開けて
気持ちも持ちなおしてくる感じでしたね。


d0218056_20511983.jpg


下見の時には、ぽかぽか陽気で、
本番の時にもピクニック的に楽しんで
描けると思っていたのですが、11月も中旬になると
さすがにそうはいきませんでした。汗


今日は平城宮祭りとかで、宮の庭のなかで
FM802主催のコンサートがあって、
ちょっとノイジーなバンドサウンドはここには合ってなく
ミスマッチなBGMを聴かされました。

(見てはないのですが、OKAMOTO'Sなんかがやってました。
DTの浜ちゃんの息子が参加してるバンド)


d0218056_21526.jpg



太陽がしっかり照ると、
樹々はこんなにも綺麗な色を発していて、
思わず眼が奪われていきました。



d0218056_2182743.jpg



足元には、紅葉して落ちた葉っぱや
ドングリがこんなに沢山落ちてました。


木の実もたくさん。
d0218056_21101431.jpg



スケッチの合間に、小さい秋をいつくしんでおきました。




みなさん、今日は寒い中ご苦労様でした。

完成出来なかった方は、来月までに仕上げておきましょうね。





帰りがけ、平城宮の上には天使の梯子ができていました。

何が降りて、何が空へ昇っていったのでしょうね???


d0218056_21143730.jpg





大阪に帰る途中、天満に寄り道しました。

前々からの私のささやかな楽しみであった、
コメダコーヒーに初めて行きました。


お目当てはもちろん、「シロノワール」

d0218056_2119116.jpg

(画像はググリものです。)


うまっ。

温かいパン生地に冷たいソフトの寒暖さ、
今日の日にもぴたり。

これはこれは確かに、また食べたいしろものでした。

by hamaremix | 2012-11-18 21:25 | ライフ | Comments(0)
とっても寒くなってきましたね。

私は朝はトーストが多いんですが、
飲み物は大概コーヒーです。
夏はアイスで春秋はホットなんです
が、
冬の朝だけは紅茶を飲むことにしてます。

冬以外はコーヒーですが、
冬だけは紅茶をたしなんでいます。


ということで、これからの朝の為に今日紅茶を買いました。


d0218056_23364150.jpg



ルピシエのフレバーティーが定番ですが、

今年最初は英のアーマッドのアールグレイにしてみました。
アーマッドを飲むのは初めてです。

明日の朝から飲みます。


楽しみだなぁ〜〜〜〜〜〜、

明日の朝。

by hamaremix | 2012-11-17 23:43 | ライフ | Comments(0)
d0218056_05248.jpg

エル・グレコ(1541-1614)
エル・グレコ(ギリシャ人という意味の名前)
は年代的にはダビンチやラファエロの
次の世代にあたります。

高校生や大学時代にエル・グレコの作品を
教科書や画集で目にしていた時は、
ちょっと変わった色彩の使い方と人物の独特のデフォルメで
変わった絵を描く人だなぁという印象でした。

当時のイタリアの画家などと比べて
そのデフォルメの仕方が、イラスト的というか漫画的というか
美術用語でいうと表現主義的で、
その画風から時代が特定し難いものがありました。

当時のイタリアの画家などが見れば、
とっても下手な画家に見えていたのかもしれません。



今日「エル・グレコ展」を国立国際美術館に観に行ってきました。

昼前に着いたのですが、けっこうな人が来ていて
話題になってるのでしょうかね?

会場全般にとっても、いい演出がなされていて
楽しかったし、見応えもありました。
最近は美術展の会場作りにかなり
お金も使われ
技術も演出もしっかり練られていて
心地いいです。

入り口辺りは修道院の回廊風に通路が作られていたり
絵を見る雰囲気をうまく作ってました。

(まぁ、演出にお金をかけ過ぎて、
カタログの画集の値段が上がったりするのも
考えものですが、、、)


若い頃のグレコの絵を見ると、
最高位のデッサン力で持って肖像画なんかを描いていて、
「なに、しっかり写実出来るんやん。」と
えらそうな感想をもちました。

時代を経るにつれ
絵が荒く成っていきます。

現代的には全然オーケーなんですが、
当時のことを考えると
中にはこんなに手を抜いていいのと思う絵もありました。

特に空の描写など
全くもって、感覚で描いていて
人物を効果的に見せるために、模様のような扱いです。
衣服のしわも時には、稲妻のように描かれており
空と衣服のしわで、
動的でドラマティックに人物を引き立たせ、
主題を演出していました。



カッパ横丁でみたあのプリントの絵があって
私はとってもこの絵に興味をもちました。

全体はこんなのだったのですね。

d0218056_0484136.jpg

「聖アンナのいる聖家族」

聖アンナ(左)というのは、聖マリアの母です。
右の人物は誰か忘れました。

マリアがキリストに授乳しています。
説明によると、
「母がしっかり自分の手で子供を育てることを啓蒙する意図がある」とか。

キリストがどう見ても普通の子供に見えるのがおかしいです。

が、やはりこの聖マリアのお顔はいいですね。

あっ、ほらこの雲、けったいでしょ?


展覧会場最後に
ハイライトの「無原罪のお宿り」があります。
高さ3メーター50センチあります。

スペインの聖堂から持ってきたものですが、
これを見るだけでも、行った甲斐があったというものです。

そうそう、この絵の上部にコントラバスを弾く女神(ミューズ)
の姿がありましたが、この時代にもうこんな大きな楽器が出来ていたんですねぇ。


スペイン絵画/黄金期の巨匠
大阪初上陸
2012年秋 大阪・中之島に奇跡が起こる (笑)

12月24日までです。

by hamaremix | 2012-11-17 01:18 | アート | Comments(0)
きゃりいぱみゅぱみゅの映像をあれやこれやと見ていて、
なかなかアートファッション系でよいなと思いました。


それで映像の作り方を見ていて、
昔のアート系ミュージシャン
ピーター・ガブリエルの映像が連想されました。



ピーター・ガブリエルは英国の元プログレのバンド、
ジェネシスのリーダーだったのですが、大衆受けする前に脱退。
しかし、その後のバンド以上に
ソロとして大活躍します。

アートな感覚に溢れた人で、
その曲のPV作りもはんぱなく凝って作っていました。

この曲は大ヒット、MTVで散々流されていました。

英国人はサンダーバードとか機関車トーマスで分るように、
こうゆう細かい細工が大好きで得意なんですよね。
クレイアート。写真のコマ撮り等など、
そしてそのポップな感覚はビートルズからのもの。


ピーター・ガブリエル=ロック=ポップ=ファション
=原宿=かわいい=きゃり〜ぱみゅぱみゅ

ということで。


音楽の深い森 40
ピーター・ガブリエル 『スレッジハンマー』


by hamaremix | 2012-11-15 01:15 | 音楽 | Comments(2)
d0218056_2285155.jpg

このハナミズキの木の実は前にもアップしましたが、

実は一昨日と今日の朝、

鳥がこの真っ赤な木の実を
啄(ついば)んでいるのを、見つけたんですよ。

丁度台所の流しの前の窓から、その鳥が実を啄み、呑み込んだ
その決定的瞬間を見ることができました。


と、興奮してるのは私だけでしょうが、
肉眼ですぐそこで野鳥の食事姿が見れるなんて、
なんだかとっても、麗しいものを見た気になったのですよ。

その瞬間の写メがあれば、いうことなしだったのですが、、、

何の鳥だかは分らないのですが、
雀の3倍はあろうやや大きめの鳥が
2羽、木に停まって、
つんつん、くいっ、ごくんとしてました。

テレビや双眼鏡でのバード・ウォッチングではなく、
この汚れた都会で、そんな営みが見れるなんて、
ラッキーでした。


でももう、実は無くなったから、
今年は鳥はもう来ません。

来年を楽しみにしときます。



植物関係の話題ですが、

紅葉がここ一週間で、グンと進んだ気がしませんか?

車で移動すると街路樹の彩りが、眼に入りやすいのでしょうか、

あちらこちらで、華やいでます。


今日信号待ちで、見た街路樹の紅葉!!!!

いや、黄葉です。

青い空を背景に、
葉に陽が強くさし込んで、
樹が燃えているように思いましたよ。

すんごーーーい。(としか言いようが無い失語症)

d0218056_2227553.jpg


この空にこの黄色はゴッホの色彩を思い起こさせます。

しかも、とっても大きい。


銀杏が黄金づくのを見るのは今どきの
洒落おつなのではないでしょうか?

しばらく楽しめます。

黄金に輝く銀杏の樹々のなかで
おでんパーティとかどうですか?
皆さん、こたつ持参で。笑


d0218056_22311266.jpg




色彩美繋がりで、

ちょっと前に須磨に行った時に、
たまたま入ったCAFEが、
とってもいいボサノバ音楽をかけてくれる店で、
帰りに思わず店のマスターに話しかけ、
音楽談義に少し花が咲きました。

マスターからはカエタノ・ベローゾの「サンディ」という
アルバムを超えるボサノバはないと、主張されました。
そこまで言われたら聴くしかありません。
近いうちにゲットする事をこころに決めました。


そのお店で出てきた、ガラスコップがこれ。

可愛いでしょ。

MADE IN FRANCE です。

d0218056_2249125.jpg

by hamaremix | 2012-11-14 22:54 | ライフ | Comments(2)