ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

d0218056_2033066.jpg

THINK FUTURE@子供たちの子供たちの子供たちへ展(ギャラリー白)
今日終了しました。
明日よりギャラリー菊でのグループ展と岡山のエスプリヌーボーでの小品展は続いていますが、
今年前半の大きな制作とイベントと発表は終えました。

今週、ギャラリー白に来て下さった方々、暑い中をお越し頂き、本当にありがとうございました。

また、私の作品に関して様々な参考になる意見をもらい、
課題も見えましたし、また背中を押してもらうような言葉を頂きました。
感謝です。

今年後半も、いくつか発表があってここで止まってる訳にはいきません。
皆さんの意見を参考に私のアートを深化させていこうと思います。

明日からまた、頑張ります。
d0218056_20305874.jpg

by hamaremix | 2011-07-30 20:34 | アート | Comments(0)
おはようございます。

展覧会中ですが、こころと身体をクールダウンしています。

一週間は制作はもちろん庶務など、まだしなくてもいいことはとことんやらず、
人とのコミュニケーションもできるだけ(展覧会場は別)さけ、
ほぼ何もしないでおこうと思ったのですが、

情報によると、
身体を休ますには、何もしないより『アクティブレスト』といって、
身体を軽やかに動かして、気持ちをリラックスさせる方法、
ウォーキングとか散歩とか軽く運動して身体を活性化させる方が
疲労回復の体内物質が生まれやすく良いと知りました。

なので、次の絵画制作の構想や何曲か出来てる新しい曲集を手がけることにしました。

携帯をスマートフォンに変えました。
infobarのチョコミントです。白も良かったのですが、前のinfobarが白だったので、
ブルーとブラウンという、あまりない新しい配色で気分を変えました。

解説書は一通り眼を通したのですが、
文字打ちなど手で覚えさせる行為に慣れないので、
楽しみより今はまだ、操作のいちいちに戸惑うことも多く
ちょっとイライラしたりしています。

この慣れない感じが徐々に慣れていき操作が早くなっていく過程が楽しいのですよね。

新しい習いごとのようです。
by hamaremix | 2011-07-29 08:53 | Comments(0)
こんばんは。
いよいよ、始まりましたTHINK FUTURE@子供たちの子供たちの子供たちへ展。

子供たちの子供たちの子供たちへのメッセージ
あるいは、未来を思考してというテーマ設定の展覧会なのですが、
子供たちの子供たちの子供たち」といっても
そう遠い未来ではありません。
僕らの世代の「子供たち」はすでに成人もしてたりするので、
すでに彼らに「子供たち」がいてもおかしくありません。
いや実際に「子供たちの子供」はもうすでに存在しているのです。
その今の「子供たち」が大人になって次の世代の「子供たち」が誕生するのは、
大体30年後くらいのことなのです。

少しややこしい言い回しになってしまいましたが、
今回は私たちがまだこの世にいるかもしれない未来=
次の次の次の世代に本当にいいものを残していかなくてはいけないなぁと考えることができ、
また私たちの世代の役割なんかも考えることもでき、
いろんな点でいい機会なりました。


昨日は天神祭りで盛り上がる老松筋の賑わいのなか、
初日、夕方にはゲスト出品者の西村正幸君も名古屋から忙しいなか駆けつけてくれました。
ありがとう。そして作品を観にお越し下さった方々、ありがとうございました。


作品の写真はここではお見せ出来ませんが、
ギャラりー白3のスペースには
その西村正幸、福田新之助、水谷智樹、高木義隆の4人を
2階のスペースには
三村逸子、山本修司、林宰久、そして私を並べました。
by hamaremix | 2011-07-27 00:18 | 未分類 | Comments(0)

涼しい日曜の朝です、おはようございます。

d0218056_8571733.jpg先日制作に精神的にも体力的にも疲労していたので、休暇が必要だと思い、
かねてから気になってた新しい大阪駅の散策に行ってきました。

少し前の大阪駅は古かったし汚かったですよ。
すすけた暗い灰色なイメージ。
大阪全体の汚い、ごみごみしたイメージはこの大阪駅も一役かってた?と思います。
(かって大阪をタンツボと言った政治家がいましたね。)
(今は天王寺もビックリするぐらい綺麗になりました。)

去年の半ば、ドームの屋根がついた時あたりから
大阪駅がすごいことになってきたと思い、わくわくしていました。
それは家のリフォームや新築(したことないですが、笑)に近い感覚ではないかな。
自分が住む環境が新しくなることは、精神が高揚しますね。


新しくなった大阪駅は「大阪駅が街になる」というコンセプトから
『大阪ステイションシティ』と呼ばれことになったそうで。

散策は大阪三越伊勢丹、LUCUA(198店舗)シネコン、HANDS、
など予想を上回るらしい人ごみの商業施設はさけ、
公共の広場や庭園を廻ることにしました。
それも、先日のOSAKA DESIGN FESTAの工業デザイナー水戸岡鋭治さんが
駅の公共スペースを監修したと講演で聞いたこともありました。

5階は「時の広場」、プラットホームの上にかかるスペースで電車の往来が見下ろせます。
新しい駅のシンボルらしい金の時計がここにありますが、
シンボルにしては、ちょっとアタリサワリのない感じですかね。

d0218056_858742.jpg
d0218056_8593597.jpg





















なが〜いエスカレーターを何本か乗り継いで高い所に上がって行く感じと
大きな吹き抜けから見下ろす駅の光景は楽しい。
北ヤードに建設中のビルの光景が見えますが、
今が見頃で、むき出しの鉄骨組が圧巻です。
(何の建物なんだろう、マンションなんかだったらやだなぁ。)

10階に到着。「和らぎの庭」大阪の北の風景が見渡せます。
灰色の風景の色のなか、淀川の河川敷の緑がここからだと
すごく新鮮に映りましたよ。
ヨドバシの屋上も初めて見ました。
しかし、ここはベンチがパラパラとあるだけで、庭という程のものではないかな。

d0218056_901987.jpg
11階へ、「風の広場」
噂に聞いていた高田洋一君の風で動く彫刻が設置されていました。
丸テーブルのパラソルも彼の作品が使われていて、
彼の作品がこの階のメインになっています。
大阪出身の作家ということで起用されたのでしょうかね。
ここはコナミスポーツジムが中にあり、人が多く
ファミマがありました。
ここのコンビニはコンビニらしくない高級感をだしてました。(笑)

d0218056_91582.jpg
さて、屋上14階には「天空の農園」があるとの案内があり行ってみました。
しかし、天空の農園というネーミングはどうかと思う程
ちっぽけで、申し訳なさそうにある感じで、
ここはちょっと情けない感じでした。





今、昼間は熱くてこのノースゲートビルにあるこれらの野外広場は
居る価値は低いかもしれませんが、
これからの花火大会や涼しい季節になれば、
涼しく大阪を眺望をガラス越しでなく楽しめそうです。
by hamaremix | 2011-07-24 09:11 | Comments(0)
d0218056_21371383.jpg

雨の祝日でしたね。
私は絵画の制作の一日でした。(これから夜も描きますが、汗)

ライブ以来、ず〜〜と120号のキャンバスに向かい合っています。
発表は一週間後。

その絵のタイトルは「鳳凰」か「フェニックス」になると思います。
今年2月に試作で、宇治の平等院の屋根にある鳳凰を描いたのですが、
それが、発展したのを今描いています。

曲も種みたいなのは、作ってあるのですが、
放置したままになっています。(笑)
今回は「絵」のみの展示です。

一昨年に平等院に行って、そこの博物館でみた鳳凰に感銘を受け、
曲や絵の形にできないかなとあたためていたのが、
初めて作品となります。


さてその作品展ですが、

題して『THINK FUTURE』@子供たちの子供たちの子供たちへ展

今、未来について考えることが、とても困難な時代だけど、

8人のアーティストがその閃きや直感、希望や夢、
そして宗教や哲学をもって
未来を考えて、作った作品が並びます。

みなさん、見に来て下さいね。


7月25日は夕方5時半ぐらいから
ささやかなオープニングパーティーをしますので、
時間が合う人は、この日にどうぞ!!!


==============================

THINK FUTURE @子供たちの子供たちの子供たちへ

7月25日(月)〜30日(土)
AM.11:00~PM.7:00(最終日〜PM.5:00まで)


高木義隆、西村正幸、浜本隆司、林 宰久
福田新之助、三村逸子、水谷智樹、山本修司


ギャラリー白

==============================
by hamaremix | 2011-07-18 21:39 | アート | Comments(0)
d0218056_2362427.jpg

こんばんは。
夜中ですが、人によってはあまり気持ちのいい話題ではないかもしれません。

今、季節がら、蝉が脱皮してその抜け殻が、あちこちの樹にあるそうです。
それを取っては、自転車の前のカゴに一杯になるように集めている女の子がいます。
その子がそのコレクション(?)の何体かを持ち歩いているのを見て別の女の子が
「わー、その抜け殻私欲しいです」と言いました。で、
「知り合いに蝉の抜け殻を美味しく調理出来るの最近教えてもらったので、
作って食べてみたいんです。」
と何体かもらい受けていました。

その会話を聞いてう〜ん、とうなっていると、

「来週調理してきますので、食べて下さいね。」

ということで来週、蝉の抜け殻を食べる機会を得ることになりました。

「楽しみにしています。」
d0218056_2302056.jpg
by hamaremix | 2011-07-15 02:44 | Comments(0)
こんにちは。
梅雨が明けて、本格的な夏がもう来ちゃいましたね。
今年は、いつもの倍は夏があるんだろうか?と思ってしまいます。
みなさん、体調に気をつけて下さいね。

この暑いなか、予定どうり野外スケッチに行ってきました。
少しでも涼しいかなと西宮の甲山にある北山緑化植物園を選びました。
夙川からバスで10分の所。

d0218056_849276.jpg
園はそんなに大きくはなく、山の斜面を生かした遊歩道を歩くと
様々な色の緑のなかに鮮やかな花が可愛らしく咲いているのが目に入り
歩くのがとても心地よいです。
そして緑の間を涼しい風が吹いてきます。

スケッチには年配の奥様方殿方と行くのですが、
みなさん木陰を見つけては熱心に描かれています。















d0218056_850183.jpg
木陰の白いベンチ、小さな小便小僧の噴水、小さな温室、
植物研究所、みどりの相談所など絵になる施設が多いのですが、
私が思ってもみないポイントを探して描いておられるのを見ると、
「そうゆう視点があったかぁ」と
こころで感心してしまいます。

お弁当を食べて、昼を過ぎるとさすがに
日差しが強くなり頭がほてってくるのでスケッチブックを見る目も
おかしくなってきました。















さて、話題は一変
今日から私の参加しています展覧会が
一週間、大阪の西天満にあるギャラリー菊で開かれます。

音楽家マーラーの生誕100周年を祝してという企画で、
そのままのタイトル『マーラー生誕を祝して』展です。

私は「ひかる瞬間」の100号と20号
それに「The Skies In World」のCDを発表しています。

時間がありましたら、また近くまでお越しの際は是非おたちより下さい。

==================================

『マーラー生誕を祝して』展
 伊賀幸雄、石田♀、植松美里、竹垣恵子、
 浜本隆司、藤原郁子、松本秋美


■2011年7月11日(月)~7月16日(土)
 12:00~19:00(最終日は16:00まで)

11日(今日)午後6時よりささやかなパーティーがあります。

■ギャラリー菊
 大阪市北区西天満4ー9ー2西天満ビル1F
TEL/FAX 06-6314-0907


===================================
by hamaremix | 2011-07-11 08:58 | Comments(0)
d0218056_1231393.jpg

大阪芸術大学主催の[大阪デザインフォーラム]に行ってきました。

場所は大阪中之島中央公会堂。
ここの外観は近くをよく通るので、やはり建築の作りなど観察してしまうのですが、
今回、中に入れるということで建築のインテリアを観れることも楽しみでした。

d0218056_124118.jpg
d0218056_125040.jpg
で、初めて中に入るのかというと、これが記憶が定かでなく
入ったことがあるかもしれないし、ないかもしれない。
なんとも、情けない限り。(笑)

中の様子を見て自分の記憶にある気がしたのですが、
何かの映像で見たのか、自分の体験として見たのか、
やはりわかりませんでした。(笑)

で、デザインについていったい何が話され、話題になるのだろうと、
興味しんしんでした。

その内容はというと
デザイナーの方の講演というかたちのものでした。
デザイナーの水戸岡鋭治さんと
クリエーティブパートナーの内藤久幹さんのお二人の
これまでの仕事とそのデザイン哲学を聞くことができました。

こうゆう講演では、
何かひとつ心に残ることを掴めばいいと思っているのですが、
水戸岡さんからは
「仕事としてデザインをするのではなく、
自分の子供にどうゆうものを残すかを考えて最良のデザインする」
ということを、
内藤さんからは
「ホスピタリティ」というキーワードを頂戴しました。


私は、もうすぐTHINK FUTUREという作品展があって、
最近「未来を考える」思考をしています。
ややもすると自身の作品制作は
過去と現在を志向しがちなのですが、
「未来をどう捉えるか」
今回の講演では、その辺りを考える、ひとつのヒントになりました。
by hamaremix | 2011-07-05 01:28 | Comments(0)