ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

<   2011年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

雨続きの一週間が去り、今日は空気も綺麗で遠くの山々の風景までクリアに見えた午後が爽やかでしたね。

現代美術ー茨木2011の発表の制作と準備で、私にとってはとてもハードな一週間でしたが、展示を無事に終え、今日は久しぶりにゆっくりとした時間を過ごすことができました。
会場のある茨木市周辺は私にとってはとても馴染み深い場所なので、今日は少しそのことを書きます。

私は大学受験でちょっと苦労して、3浪もしてしまいましたが、高校を卒業してからの三年間、ここ、茨木にある美術受験研究所、ミヤザキアトリエに通って、デッサン、色彩、立体構成を充分すぎるほど勉強しました。(笑)
当時週三日程、豊中の実家から一時間ほどかけて通いました。
それは私のなかの初のアンダーグランドな生活時代で暗く禁欲的生活の日々でしたが、私はここで、デッサンと立体に関する基本を学んだと思っています。
(色彩に関してはまだだめでしたね)

当時ミヤザキアトリエは受験塾で有名だったので、かなりの数の生徒が遠方から来ていました。

そのなか、ここで出会った友人知人は沢山いて、今も何らかの形で繋がっています。

現在は茨木アートラボAZURE主催の中澤照幸(TRIO EXHIBITIONのメンバー)
写真家の川俣満博、アーティスト今村源、友人沼田浩一
そして当時アトリエの先生で大阪芸大の先輩でもある野村正則さんらです。
(また、昨日搬入のあと、中島一平さんと話をしたのですが、
中島さんも若い頃、ミヤザキアトリエで教えていたそうです。)

その繋がりで後にまた沢山の人と出会うことができました。
浪人したからこその出会いでした。

ミヤザキアトリエ時代から大阪芸大へ入り、ここでは無事ストレートに卒業できました。
そして卒業後数年して高槻市で中学教員をしていましたが、
市外転勤で茨木市の教員として、退職するまで茨木東中学校で2年間美術の先生として茨木に通うことになりました。

ミヤザキアトリエの3年を足して、茨木には5年も関わりがあったことになります。

茨木のアーティストでは
林宰久(クンスト)、藤田昌宏児玉泰らと関係が深くなりました。


今回の現代美術ー茨木2011展はそんな関わりの深いなかでの発表となりました。

その他でも、忘れられない事象が茨木にはありますが、それはまたの機会に、、、
by hamaremix | 2011-05-30 22:01 | Comments(3)
d0218056_23432648.jpg

こんばんは。梅雨入りでいきなりの台風。
その影響などで、大雨の日曜日でしたね。
楽しい予定が流れてしまった人も多いのではないかなぁ。

私は現代美術ー茨木2011展の搬入でした。
搬入の時に雨というのは、これまでほとんど無かったのですが、
今日は降られてしまいました。

幸い、会場には駐車場があって展示ホールまで濡れずにやれたので、
そう濡れることも無く作品を運ぶことができました。

今回、私はこの茨木現代美術展では、特集作家として選んでもらっていたので、
あたためていたアイデアをかなり理想的な形で展示することができました。

会場になってる茨木市生涯学習センター きらめきホール・ホワイエ
音楽や運劇も観賞できるホールで、音の響きがとてもいいのです。
ここでの発表が決まってから、音を出せるのが楽しみでしかたなかったのですよ。
今日、搬入の時に初めてスピーカーから音を出した時には、
とても良い音の響きだったので、感激しました。
(すいません自画自賛です/笑)

絵画も5点、たっぷりと楽しんでみてもらえるように展示に工夫をしています。

画像は一部ですが、ちらっと、こんな感じです。
d0218056_071083.jpg


絵画と音楽を今回のようにしっかり両方堪能できる機会はそうないので、
機会が合いましたら、ぜひ是非、見に、聴きにきて下さいませ。


会期は6月1日(水)〜5日(日)です。


5日(日曜日)には
アーティストトークがあって、私も作品についてなど喋ります。
午後3時から、会場であります。


以下は、展覧会の情報です。
d0218056_0172538.jpg

by hamaremix | 2011-05-30 00:25 | アート | Comments(2)
d0218056_22374952.jpg
こんばんは。三日間の「アートフェアー京都」終わりました。

今日の午後は予報では雨必至だったのですが、
予想外に早く昼には雨があがり、お客さんもたくさん来てました。
256yokartへお越し下さった皆さん、本当にありがとうございました。

ホテルでのアートフェアーは出品する側としては初めてだったので、
とても良い経験になったし勉強にもなりました。
入場料の2000円は高いなぁと思たのですが、
大阪、京都、名古屋、東京の画廊や美術関係の会社のコンパクトながらも
60ものブースを見れるのは
東京、名古屋へ出向くことを考えると
決して高くはないなぁと、最後には思いました。

ホテルでの開催それも部屋の中(調度などそのまま)ということでは
作品を見せる制約はとても大きいのですが、
日常空間そのものなかではえるアート作品が並んでいたように思います。
そしてフェアーということもあって、やはりコンパクトなサイズの作品にならざるをえないのでしょうね。
それでも一観者として見た時には
プロフェッショナルな綺麗さ、可愛さ、面白さのある作品を沢山眼にすることができました。
作品を視覚的に猛烈に綺麗に作り上げた作品の美はそれはそれはすごいものがありました。

私の作品はバスルームでの発表だったのですが、
今回は音楽が主だったので、
離れた部屋まで聞こえる位、割と大きな音で流してもらました。
大体アートフェアーは静かなモノなので
自分の音楽が、会場を損なわないか、それで気をつかいました。
フェアーの最初に近辺のブースの方々に
「音楽流しますので、うるさいかもしれません。」と挨拶に回っておきました。

苦情もなく終えて、ほっとしました。
逆に前の部屋の方に、興味をもってもらって買っても頂いたので、恐縮しました。

CDは結構沢山の方に買って頂きました。
ありがとうございました。

d0218056_23393231.jpg
そして最後になりましたが、今回フェアーに呼んでいただいた
吉澤さん蔭山さん
本当にありがとうございました。
by hamaremix | 2011-05-22 23:47 | アート | Comments(0)
d0218056_23165473.jpg「かって戦争や大震災を経験し、ことごとく復興を果たしてきた日本。またしても日本の底力が試されています。世界から賞賛を受けた私たちの規律と行動力、何より前を向く姿勢は必ずや今回も不死鳥を蘇らせるでしょう。今、このときだからこそ、日本を誇りに思い、文化を守り、そして新しい物事を生み出すことを忘れてはなりません。「アートフェアー京都」は美術の力を信じ、世の中へ力強いメッセージを送りたいと思います。」/アートフェアー京都

以上はアートフェアー京都のステイトメントですが、とてもいいメッセージだと思いました。

東日本大震災後、戦後の私たちが日本はこれまでに経験をしたことが無い、国の危機にあって、
今、日本人ひとりひとりがその行動が日本全体に関わることを意識して様々な活動を始めているように感じます。
それはアートを作り出す、私たちも例外ではありません。
美術が震災の救いにどう力になりえるかは、わかりませんが、私たちはこれまで以上に
日本という国を強く意識し、強く生き、強く表現していかなくてはならないと感じまています。

今日搬入に行ってきました。

ホテルモントレ京都の526号室
シングルの部屋に善住芳枝(絵画)、須浜智子(陶芸)、増田敏也(陶芸)、SIMOKEN(オブジェ),そして私(絵画・音楽)。5人の作品が並びました。

とても絵、陶芸、オブジェ、音楽、とメデイアのバラエティに富む楽しい空間になっています。

お越しをお待ちしています。
明日5月20日〜22日の三日間。
ホテルモントレ京都/526室での発表です。


「アートフェアー京都」の情報はこちらから、どうぞ

http://www.artfairkyoto.com/top.htm
by hamaremix | 2011-05-19 23:23 | アート | Comments(0)
こんばんは。
今日は夕方突然の雨、大丈夫でしたか?
雹とかにもなってましたね。
雹はすごいですよね、あんな氷の塊が空から降ってくるんですから。

窓ガラスがぱちぱちと音楽的な音をたてていたのでビックリしました。

d0218056_23343827.jpg
さて、CD「THE SKIES in WORLD」についてですが、
今回の曲は全て曲として独立しています。(当たり前のことですが)

前回の「Beautiful Lights」
個展会場で流すことを前提に作った音楽だったので、
絵画のテーマとイメージに合わせて作りました。
いわば絵画のサウンドトラック的のもので、ややアンビエントの音作りでした。

ですが「THE SKIES in WORLD」
イメージを直接に音楽にしたので、これは音楽そのものです。(当たり前のことですが)

「SOMETHING GREAT」「シーサイド・ヴィーナス」や「ダブル・レインボウ」は
一昨年位にできていたのですが、この3曲がアルバムの元になって、
イメージを広げて、他の曲を時間をかけて作っていきました。

最近、旅行とか全然行けてないので、
作る時に頭の中で世界を駆け巡っていった感じがします。

曲を聴いてもらう前に
曲の解説などあまり必要はないことなんですが、
このブログを始めたことを鑑みて、ここで
少しだけ曲のイメージを書きます。

1. Something Great 
  偉大なる何か/私の作品のテーマはずっと都市と自然を扱ってきたのですが、自然を考える時に思うのは科学ではとらえきれないものを見ないと、自然は理解出来ないのではないかと思うようになってきました。古代から近代までは自然には人智が及ばないことが神や霊性として恐れられてきたのですが、現代においては科学で自然が裸にされたように思われていますが、実際はまだまだ人が及びもしない何か大きな存在が自然の中にあると思うのです。このタイトルはそんな思いからつけたものです。

2. Northern Airport
  私の絵や作品の感性は人からよく、北欧的といわれてきました。それは私の絵に針葉樹やノルディック模様が使われているのもあるし、雪をテーマにしたものが結構あるからだと思うのですが、北欧は行ったことはありません。しかし北欧の音楽は興味深いですよ。フィンランドには面白いことにかってボサノバがあったり、ジャズが盛んだったり、テクノやラウンジ系の音楽もいいのが沢山あります。この曲は北欧のテクノを意識して作りました。
また、今回ジャケット用に写真を提供してくれた永吉さんの北欧の写真を見せてもらった影響もあると思います。

3. Green and Shoes
  イントロのアコギの部分だけずいぶん前に作っていました。最初はアメリカの西海岸あたりの明るい光の風景をイメージしていたのですが、作っていく内にストリングス系の音を入れると、夜の草原のイメージに変わってしまいました。月と星の明かりだけの草原をひとりハイクしてゆくイメージです。USTREAMの番組のテーマ曲として既に使ってます。

4. 稲妻
 「Beautiful Lights」に入れるつもりで作ったのですが、ハードになったので外した曲です。アジアの国のどこか、広ーい稲作の田んぼがある風景。そこに激しい稲妻が。

5. バックパッカー
 ヨーロッパのあちこちを一人でバックパッカーとして旅をしたという女性の話を聞いたのが、曲のイメージ源です。トルコあたりの雑踏としたマーケットや都市部をイメージしました。トルコも行ったことはありません(笑)。音楽的にはRADIOHEADのある一曲をくくりとしてもっていました。ギターのカッティングやリードが自分では気に入っています。

6. シーサイド・ヴィーナス
  オーカー系の砂浜にエメラルドグリーンの海、その波内際、水面がキラキラしているなかからヴィーナスが現れた。

7. ダブル・レインボウ
  一昨年、京都のある神社に聖水と言われる水をもらいに行った時の帰り、街中でそれはそれはクリアで今まで見たこともない大きな虹に出くわした。ダブルの虹。雨上がりの澄んだ空気と空。

8. 摩天楼を遠く
 アルバムの後半のハイライトになるように作った曲。「隣接した自然の中から都市をみる」

9. フィルムス(The Skies on Films)
  写真には大概「空」が写っている。僕らの生活の背景としての「空」。フィルムはもうあまり使われないけれど、昔の少し色あせたり、傷ついたりしているフィルムにも「空」が残ってる。自分史の中の存在した「空」「空」「空」 最初からエンディングに収まってた曲です。

BonusTrack
1. Aurora Drive car mix
  一昨年、田中秀介君とライブを試みた時の、ライブmixです。
ブログのタイトルでも。オーロラがいろいろな色に煌めき、光の形を変える空の下、ちょっと酔ったように車でその下を走る。トランス状態。 

2. なないろ soundtrack
  絵画「なないろ」のサントラ曲。アンビエントバージョン。

こんな感じです。
by hamaremix | 2011-05-18 01:12 | Comments(0)
こんばんは。
今日はいい気候で、過ごしやすかったですね。

今週末はいよいよ「アートフェアー京都」の開催です。
その「アートフェアー京都」でリリースする新しいアルバムがやっと完成しました。
アルバムジャケットにかなり時間がかっかてしまいました。

d0218056_073873.jpg


タイトルは
「THE SKIES in WORLD」(世界の空)です。
曲は以前に書いていたより一曲増えました。

1. Something Great
2 .Northern Airport
3. Green and Shoes
4. 稲妻
5. バックパッカー
6. シーサイド・ヴィーナス
7. ダブル・レインボウ
8. 摩天楼を遠く
9. フィルムス(The Skies on Films)
BonusTrack
1. Aurora Drive car mix
2. なないろ soundtrack

の11曲となりました。

テーマは仮想世界旅行です。

私は曲の作る時に今は気象や天候などの自然現象がもとになることが多いのですが、
この曲集は世界の様々な地域の空をイメージして作りました。

テクノ、フォーキー、ワールドミュージック、ロック、などいろんなタイプの曲があるので、
耳に幅広く楽しんでもらえると思います。

是非是非、聴いて下さいね。

価格は¥1000です。
by hamaremix | 2011-05-16 00:09 | Comments(0)
こんばんは。
今週は梅雨のような雨で、気持ちもジットリとしてしまいましたが、
発表が迫っているので、展覧会の準備を一歩一歩進めています。

d0218056_2315213.jpg


さて、来週は
5月20日(金)21日(土)22日(日)の三日間

京都は烏丸三条にあります、ホテルモントレ京都

にて「アートフェアー京都」が開催されます。

ホテルの4階、5階のフロアを借り切ってのアートフェアーで、
今回は60室以上を使うらしく、
ホテル型フェアーとしては過去日本最大の規模になるそうです。

画廊空間やイベント会場を使ってのフェアーとは違い
既存のホテル空間のベット、バスルーム、等のそのままの空間に作品が展示されます。

入場料¥2000(三日間通し入場可)


私の作品を扱って下さるのは

yokartさんで526号室になります。

新作の音楽CD [ THE SKIES in WORLD ] を引っさげて登場します。
仮想世界旅行がテーマになっているので、
このホテルモントレ京都でのリリースは
願ってもないいいシチュエーションとなりました。

実際に室内で流してもらいます。

CDはフェアー内での作品価格としては、
一番安い方ではないかと思うのですが、
11曲入りで¥1000です。

お越しの際は是非、お買い求め下さいませ。

絵画も一点出します。
これはまだ、納得できてないので微調整しています。



アートフェアー京都の情報はこちらからどうぞ。
http://www.artfairkyoto.com/floor5/526.htm

by hamaremix | 2011-05-13 23:21 | アート | Comments(0)
明日(今日)5月9日月曜日
午後8時より

僕が制作スタッフと音楽係の
ユーストリームの番組放送「金森理沙とシャワーをいっしょに」Vol.4をやります。
会場の本町USTREAM CAFEにもオーディエンスが増えつつあります。
現場も徐々に活気づいています。


よければ見て下さい。

http://www.ustream.tv/user/nachannel


前回お休みだった、アナウンサー西田修さんも今回また番組を
多いにもり立ててくれます。

明日(今日)のゲストには電脳塾講師(iPhoneの達人)田中靖也さんに登場してもらいます。
どんな話が聞けるか? 僕も楽しみなのです。

私自身もアート情報を告知させてもらう予定にしてます。
初登場です。 少し緊張。


また放送中にメール、ツイートをもらえれば、
うれしいです、そちらの方もよろしくです。
by hamaremix | 2011-05-08 21:09 | Comments(3)
こんばんは。GW最後の日。

今日は「子供の日」でしたね。

今の子供たちは、自分の未来や世界の未来を
どのようにイメージしているのでしょうね。

僕が子供の頃、大人達が描いていた未来は、
たとえば21世紀の世界は
手塚治虫先生が「火の鳥」で描かれていたような、
超高層のハイテクビルの立ち並ぶ都市空間(フィフス・エレメントやスターウォーズでの街並みたいな)を、
重力から解放されたように空間を自由に飛び回る乗り物で移動し、
家ではロボットが料理をしたり話し相手になってくれてるような世界観がありました。

まぁ、40年くらい前の未来のイメージです。

そこには科学の進化がもたらすであろう輝かしい人間の幸福な未来の生活を思い描いていたように思います。

子供だった私たちは、そうした大人のイメージを受け、
未来に明るい希望をもっていように思います。

また、社会体制に関しても資本主義社会から共産主義社会へと移行するであろう、
という時代の思想的風潮と理想社会を築くんだという強い思いから、
未来を政治体制から変えていくんだという大きなムーブメントがありました。

科学がもたらすであろう豊かな生活、
政治体制が変わることでみんなが幸せになれる社会、
今の時点では、それはどちらも幻想であったかのように思われますが、

それども、少なくとも当時は大人達が「理想」というものを持って
未来に「希望」もって当時を生きていたように思います。

しかし、今の私たち大人は、
もちろん個人の生活では
未来の理想や希望をもっているのでしょうが、
社会全体の未来を思い描く共通のビジョンを持てないでいるように思います。

経済の長期不況で、みんな、日々の生活に追われて疲れているのでしょうか?

難しい現実がここにあるのでしょうが、
私たち大人は子供たちには、
未来の理想や夢、将来の希望を語れるようになりたいものです。
by hamaremix | 2011-05-06 00:50 | Comments(1)
d0218056_21415724.jpg


こんばんは。
仏像検定、受かりました。これがその認定書です。
少し嬉しい。

100問中74問(しか)解けた、ということで
ランクはC級でしたが、、、、。

A級は96/100以上
B級は86〜95/100
C級は71〜85/100で

ぎりC級ということでしたが、
にわかに受けたので、良しと考えています。

今度はもう少し、深い認識をもって勉強し
機会があればBやA級を目指そうと思います。


ところで、「なんでまた仏像検定?」とよく聞かれたのですが、
一言でいうことは難しいのですが、
あえて言うと
「日本のことをよく理解したい」
ということです。
それは
「自分のことをよく知りたい」
というのと同じかも知れません。


私は神社仏閣を訪れるのが好きなのですが、
行くと、訪れた神社仏閣のことを知りたいと思う気持ちが起こります。
何気なく拝んだ仏像。これは何?
どうゆうもの?
って思います。
日本人が過去、無数に近い人が願いや救いを求めたもの?
願いを求められた木の塊=仏像。

そう思うと仏像や仏教に興味がわきます。

そんなところから始まったのだと思います。


それと、私は仏教徒ではないのですが、
日常生活で行動のモラルになっていることや道徳観、
生死観や生命観はごく一般的日本人と同じようなものです。
それは長い日本の歴史のなかで日本人が
神道や仏教、儒教といった宗教や思想のなかから
日本人が棄てずに
現代にまで残してきたものだと思うのです。
(もちろんキリスト教的な考えや習慣も含まれてきているのでしょう。)

科学的思考が第一とされる現代において
宗教は現代的では無いかもしれません。
しかし、今はまだ科学だけでは人間の生死は扱えないとも思います。

お墓参りや人が亡くなった時に思う気持ちや考えは
科学では捉えきれないと思うのです。

また、日常の道徳観などもどこからきているのかという疑問もありました。

今は、みんな宗教なんてと思う人は多いですが、
こと、モラルや道徳に関しては
みんな薄められた宗教観のなかで生きていると思うのです。

そんな日常のなかでの自分の思ったり行動していることの多くは
仏教からきているのではないだろうか?
という想いもあって仏教に関する興味=仏像へ繋がったのだと
自己分析しています。


今では仏像はみうらじゅん氏のごとく
ロックスターのように思えてきている自分があります。


検定を受けた人にはもれなく
仏像手ぬぐいがもらえました。
これです。

d0218056_22425248.jpg

使えない、、、(笑)

これはたぶん、四天王の一人(神)毘沙門天です。
多聞天とも言われています。

足に踏みつけているのは「邪気」です!


「邪気」にだけはならないよう、頑張らなくては。
by hamaremix | 2011-05-01 22:55 | 神様 | Comments(2)