ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

こんばんは。
今日は湿った空気で、すでに梅雨の感触を思い出されましたね。
この過ごしやすい季節が短いものでないように祈りたいものです。

さて、今年前半の私の制作の発表が、5月から7月の間に
ちょっとした山を向かえることになり、テンションが高まってきました。

今日はそのスケジュールを記載させてもらいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ アートフェアー京都

 5月20日(金)21日(土)22日(日)の三日間
 午前11時〜午後7時
 
 ホテルモントレ京都 [入場料2000円(三日間通し入場可)]


  ★私の新しい音楽集CD「THE SKIES in WORLD(世界の空)」を発売します。
   新作9曲+ボーナストラック2曲 (1000円)



■ 第38回 現代美術展ー茨木2011

 6月1日(水)〜5日(日)
 午前10時〜午後7時
 
 茨木市生涯学習センターきらめきホール・ホワイエ [入場料無料]

 5日(日)午後3時より特集作家(私、今村僚佑さん、峰本克子)を囲んでのアーティスト・トークがあります。(参加自由なのでこの日にお越し下されば、楽しいと思います。)


  ★私は、招待作家として100号以上の絵画5点とサウンドトラックの音楽で出品します。
   大きなホールなので、絵画と音楽を同時に体感して頂けます。



■ 浜本隆司+池田頼彦 LIVE

 6月25日(土)
 夕方より(時間未定:決まり次第お知らせします。)
 
 シェ・ドゥーブル(CAFE&GALLERY) 四つ橋筋本町 [ワンドリンク性]


  ★シンガー・ソングライターの池田頼彦(ヴォーカル&ギター)とのユニットとしてライブで    す。
   

■ マーラー生誕100周年記念 展覧会
 
 7月11日(月)〜16日(土)
 午前11時〜午後7時
 
 ギャラリー菊 [入場料無料] 西天満老松筋

 
  ★数人のグループ展で、私は絵画と音楽の出品予定。音楽によるイベントもあると思います。


■ THINK FUTURE  [子供たちの子供たちの子供たちへ@]

 7月25日(月)〜30日(土)
 午前11時〜午後7時
 
 ギャラリー白 [入場料無料] 西天満老松筋


  ★毎年ギャラリー白で開催してきました「冬の座」の発展系の展覧会です。
   メンバーに今回はゲストに西村正幸氏を迎えてのクンストの企画展です。
      
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 あとUSTREAMの番組「金森理沙のシャワーを一緒に」は毎月一回配信していきます。


以上です。

皆さんの日程など調整して、お越し頂ければ、とても嬉しいです。
by hamaremix | 2011-04-27 21:58 | アート | Comments(4)
こんにちは、ご無沙汰していました。

震災の原発事故の状況が気になりつつも、
「表現者」としてやれることは、やはり制作に向かうことでしかなく、
これから自分自身が描いたり、作ったりするものの内容で
この日本で起こったことがらを、未来にどう表現として繋げるかという
ことで思考を深め、表現として高めていこうと思います。

きのう、あるTVで
「人間の証明」「野生の証明」「悪道」(吉川英治文学賞)の作家、
森村誠一氏のインタビューの特集番組があり、
興味深い発言を伺いました。

それは震災にからめての言葉だったのですが、

「今は『生活』が壊されて、『生存』できるかどうかの時期」
「文学などの芸術は『生活』の時期に必要なもので、
今のような『生存』の時期には、まだ必要ではないのです、
(まれに必要とする人もいるかもしれませんが、)
『生活』が回復されてきた時に、力をもってくるものです。」
「私はその『生活』が回復された時に力になるような作品の
準備を今は行っているのです」

という趣旨のものでした。

森村氏のそのことを確信をもって放たれた発言に
「表現者」としての私はとても気持ちが整理された気になりました。
と同時にこれから活動をするにあたっての私の背中をぐっと押して頂いた気にもなりました。

今起こっていることに対して、
今すぐできなくても、未来に向けてできることがあるということ。
それぞれの役割をしっかり見据えることを、教えてもらいました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私は森村氏の読者ではないのですが、
TVなどで見る、あの方の容姿や凛とされているたたづまいが好きです。

作品を読んで見たくなりました。
by hamaremix | 2011-04-24 13:48 | Comments(0)
震災以降、やはり心がそれ以前と違っていると思わざるをえない毎日です。
やはり、自分の身体の一部かあるいはかなりの部分が日本人であるのですよね。

d0218056_2132428.jpg


先月、万博公園にスケッチに行った時に、
EXPO70 パビリオン(一周年)でやっている、「太陽の塔黄金の顔展」を見てきました。
太陽の塔の一番上の顔の実物の展示があるのです。

いや~、実際にあの顔を間近で見れることがあるなんて思っても
みなかったので、見て感動しました。

むちゃくちゃでかいです。
近くでみると溶接の跡などむき出しで
リアルな手作り感を体感できました。
下から見るより鼻がとても高いのが分かった。
鳥の顔みたいだと初めて思った。

とまぁ、ありふれた感想しか書けないので申し訳ないですが、
アートの作品としても、歴史的建造物としてもみても、
とても感慨深いものがあります。
まぁ、見ておくべきものでしょう。


今回、展示されてる「黄金の顔」は
万博開催から1992年までの22年間、使われていた
塔のてっぺんの顔「黄金の顔」の実物の鋼板の顔です。

d0218056_2142910.jpg


そして実際の塔の黄金の顔は
1992年に大改修が行われてた時に張り替えられた鋼板に
金のステンをはり直したものだそうです。
「黄金の顔」は言わば2代目だったんだねぇ。
その大改修の時の模様の映像も見れます。
それをみると、塔は22年で相当汚れていて
痛々しかったのがわかります。

それからまた20年がたってるけど、
今、太陽の塔は全体に色あせた感じはなくとても綺麗ですよ。
素材やコーティングの技術が進化したのでしょうね。
by hamaremix | 2011-04-01 21:06 | アート | Comments(0)