ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

カテゴリ:音楽( 230 )

ダリル・ホールはその魅力的な声で、
あのロバート・フィリップとアルバムを一緒につくるような
関係にまでになり、
ある時期とても接近していました。

英国のプログレのキングと米国のポップス王
と一緒に何かをやるなんて、とっても意外でしたが、
当時どちらも大好きだった私は
ワクワクして彼らの共演を楽しんだものでした。

ダリル・ホールは当時カッコ良かったんですよ〜。



ダリル・ホール&ジョン・オーツ


音楽の深い森 313
ホール&オーツ 「Wait For Me」





by hamaremix | 2017-09-22 19:11 | 音楽 | Comments(0)
ポップスの無邪気で楽しい曲って
昨今はなかなかないですが、

たまにズキュンってくるキャッチーなメロディを
聴くととっても嬉しくなります。

これ、懐かしい曲調で、
80年代風。


音楽の深い森312
ダン・オーバック 「Shine on me」






by hamaremix | 2017-09-15 21:29 | 音楽 | Comments(0)
「 それは簡単ではない! 」

それに何か単語を入れてみて下さい。

「 お金儲けは簡単ではない 」 umu
「 芸術は簡単ではない 」 umumu
 「 痩せるのは簡単ではない 」haha
「 忘れることは簡単ではない 」uumu
「 人を理解することは簡単ではない 」funfun


まぁ、自分の今の気持ちが出てしまいますね、、、、


最初はBebeheavenの「It's Not Easy」を紹介するつもりでしたが、、
叶わず、、、、、

はは、簡単ではなかったわけです、、、、、







話題転換です。


ビジュアルはちょっと変ですが、、
とってもいい曲ですぞ〜〜〜!

美しい映像で、、、


音楽の深い森 311
Cuckoo Lander「Beating Myself Up」









by hamaremix | 2017-09-08 21:35 | 音楽 | Comments(2)

無国籍料理ってありますが、

それは

いろんな国の料理を知ったうえで、

それらをブレンドしたりミックスして、

それまでになかった国境を越えた料理のことを言うのでしょうか、?


私の中のイメージは、そんなのですが、


音楽でも国境やジャンルを超えた音楽が

たくさん作られてきているように感じます。



ハープを弾き歌う彼女の曲も

そんな新しいテイストの無国籍音楽なのではないかな。



先入観を全くなくして聴いてください。

素晴らしい世界を感じれるはずです。



映像もクール




音楽の深い森 310

Emile & Ogden 「Ten Thousand」




by hamaremix | 2017-09-01 22:26 | 音楽 | Comments(0)
中学・高校時代に洋楽の洗礼を受け、
ロック・フォークにのめりこんだのでしたが、
本当に好きになったバンドは
クロスビー,スティルス、ナッシュ&ヤングでした。

彼らの作る曲のロマンティシズムとスピリチュアルな面が
他にはない美しさを感じていました。



そんな彼らに似た、フォロワーバンドとして
台頭してきたのが、「アメリカ」というバンドでした。


デビューヒット曲「名前のない馬」は
クロスビー,スティルス、ナッシュ&ヤングか〜〜というほど
テイストとハーモニーがそっくりでしたが、
70年代の爽やかさがとっても新鮮でした。

こんな髭でこんな長髪の髪の毛、
憧れましたね〜〜。


髭以外はしてましたが、、、笑


「ベンチュラ・ハイウェイ」彼らの最も素晴らしい
ハーモニーとアコギの絡みがさいこ〜〜〜



音楽の深い森 309
アメリカ 「Ventura Highway」




by hamaremix | 2017-08-25 20:19 | 音楽 | Comments(0)
The xx
なんていう、テクノっぽい、
匿名性の高いバンド名ですが、
打ち込みのリズムは、基本カッコイイですよね。


The xx の男性ヴォーカルは
いっぱい矛盾をもってそうだけど、力強く、安定感もあっていい。

この映像は長いですが、
映像のこだわりも素晴らしいものがあります。


楽しめますよ!!
最近のおきにです!


音楽の深い森 307
The xx 「I Dare You」





by hamaremix | 2017-08-11 20:23 | 音楽 | Comments(0)
シンプルでストレートな愛の表現。

いいな。

1960年代はビートルズにしろ、
ビーチボーイズにしろ、
ポップ・グループの音楽はシンプルな愛の表現を
歌にしていました。

イェーーイ。



「 ビー・マイ・ベイビー 」

この曲もとってもシンプルな歌詞。

メロディーの流れもいいし
サビの高揚感で踊りたくなります。



音楽の深い森 305
ザ・ロネッツ 「Be My Baby」






by hamaremix | 2017-07-28 23:08 | 音楽 | Comments(0)
最近の私のDIVAとなっています、
ホープ・サンドヴァル。


ホープ・サンドヴァルのなにがいいかって、
全く観客に媚びていない所ですね。

ただただ音楽に陶酔して
そのパフォーマンスに浸る姿が唯一無二な
スタイルに感じるからです。

笑顔ひとつありません。



さて彼女の
マージー・スターの後のバンド
ホープ・サンドヴァル&ザ・ウォーム・インベンションの
アルバム

アマゾンで注文したのですが、
向こうからキャンセルされてしまいました。

なのを〜〜、、


たまにあるんですよね〜
向こうからのキャンセル。

しかもキャンセルがあっても何の
見返りもありません、、

ちゃんと商品管理してくださ〜〜い。

とっても楽しみにしていたですから。


この大好きなこの曲が入っていたのに、、



これ、超アンニュイなボサノヴァです。

海のそばで聴きたい!!!



この映像はオフィシャルじゃないとおもうので、
とっても変ですよ。
ホープ・サンドヴァルも映っていません。
全くもって無関係かも。

でも、可笑しい。

曲に注目(聞)してください。


彼女の吹くハーモニカにこころ焼かれました。



音楽の深い森 304
ホープ・サンドバル & ウォーム・インベンション 「On The Low」








さぁ、週末ですね、、、

みなさん素敵な週末をお過ごし下さい!!!

by hamaremix | 2017-07-21 19:15 | 音楽 | Comments(0)
行け、行け、ペンギン/Go Go Penguin

なんて言う名のバンド。


名前それこそクールです。


しかも、ジャズ系のいバンドなので、
オシャレなイメージを持ちますよね。



で、実際は、、、、



音楽の深い森 302
Go Go Penguin 「Hopopono」





とってもクールなのでした。

by hamaremix | 2017-07-07 20:49 | 音楽 | Comments(0)
私の人生のなかで、初めて聴いた洋楽というのは、

きっとこれです。


当時、テレビでアメリカの人気バンド・モンキーズの番組を毎週やっていました。

そのテーマ曲がこれですね。

よく口ずさんでいました。「ジッサイ・モミユラ〜ン」って、www


音楽の深い森 301
モンキーズ 「モンキーズのテーマ」






1960年代はアメリカの生活に対する憧れの強い時代で、

アメリカのテレビ番組を、日本の民放でよく流していました。

一番人気は「奥様は魔女」
あと「わんぱくフリッパー」とかよく見てました。

アニメも「トムとジェリー」「バックス・バニー」とか

はは、われながらよく覚えています。

それだけ擦り込まれているってことです。



だからどうって、いうことはないのですが、、、、










by hamaremix | 2017-06-30 23:20 | 音楽 | Comments(0)