ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

カテゴリ:絵カレンダー( 19 )

私のこのブログ「オーロラドライブ」の記事で

最も読まれてる(見られてる)過去の記事は
「究極に怖い絵」ベクシンスキーの絵の紹介です。

(右の記事ランキングから入ってみてください。)

私も今でも、ネットの画像で彼の絵を見てはぞくぞくしています。

くめどもくめども見たことのない絵が出てきます。

いったいペクシンスキーはその生涯で何作の作品を描いたのだろう?

それも、全く気を抜いたようなものはい1枚もなく

その創造力とあの絵を書き続けられた精神は

何に起因するのだろうか?と

感嘆と驚愕と大きな興味を持っています。



私の描こうとする世界とは全く逆の世界なのですが、、

ベクシンスキーの絵に惹かれる私の心理にも

目をむけざるを得ません。







朝から怖い絵を貼ってしまいます、、、、



爽やかな気分でいたいかたには閲覧注意です、、、






〈絵カレンダー 27〉ズジスワフ・ベクシンスキー

d0218056_07025945.jpg




by hamaremix | 2017-11-22 07:04 | 絵カレンダー | Comments(0)
d0218056_08093955.jpg

〈絵カレンダー24〉 川瀬巴水(浦安にて)



ちょっと「おくり〜on the lake〜」に似た状況の絵


今日は静かに「おくり」の気持ちで過ごします。





行く者はいつもひとりです。



by hamaremix | 2017-10-03 08:13 | 絵カレンダー | Comments(0)

〈絵カレンダー23〉 葛飾応為(お栄)
d0218056_07582474.jpg



葛飾北斎の娘の絵です。

夜、灯籠の灯りの中で歌を綴る女性の姿。

江戸も後期の時代、
とっても近代を感じさせる表現です。



顔や手の表現は単色で肌色に塗られていますが、
着物には光が当って、色の濃淡が強調されています。

こうした色彩の濃淡で光を表現するのは、
西洋画の基本ですが、
お栄は、沢山の西洋画を見たはずで、
浮世絵の中に西洋画風の光の表現を取り入れて
それまでになかった新しい絵を生み出したのでした、


北斎の娘のことは
結構とりげられていて、
小説(杉浦日向子)、漫画、アニメ(「百日紅」)
そして今回のNHKドラマ「眩」
など、

徐々にその存在が世間に認められきたようです。



日本美術の中で、女性の活躍は近代までは
ほとんどなかったのですが、
絵の上手な女性は一杯居たはずで、

お栄のように作品が残ってないものですかねぇ〜。





by hamaremix | 2017-09-26 08:12 | 絵カレンダー | Comments(0)
〈 絵カレンダー20 〉歌川国芳 「金魚つくし」
d0218056_08002183.jpg

夏らしいアイテムのひとつに

アイスキャンディーがあります。

最近、結構食べてるんです。


ガリガリくんの梨味にはまってから、

いろいろ食べるようになりました。笑




煙草をやめて半年。

もう成功したといっていいでしょう。

やめた当初は口が寂しくって、

飴ちゃんやキャンディーをよく食べ舐めていましたが、

それも結構カロリーが高いので、

徐々に食べないようにしてきました。



アイスキャンディーはカロリーも低いので、

はは、気にせづ食べれるしね〜〜〜。




今はドールのちっちゃいフルーツ味がブームです!!


by hamaremix | 2017-08-09 08:11 | 絵カレンダー | Comments(2)
d0218056_19415385.jpg
〈 絵カレンダー18 〉  岡本太郎 「森の掟」1950年


これは何度も書いていることですが、

私が最も影響を受けたアーティストは
岡本太郎
です。

私が初めて知った日本のアーティストが岡本太郎で、
それはあの1970年の日本万博で見た
「太陽の塔」でした。

中学に成りたての私に、
なんか面白い、迫力のある巨大な彫刻、
中にも入りましたし、
すり込まれた共感があります。


それと青年期に読んだ
岡本太郎著「今日の芸術」

これは、その後の私の人生観の基礎になったような本で、

これほど分かりやすく、
強烈な生き方を求める考え方は、
いまだであったことがないです。


現在も私は、私の人生において、

岡本太郎のメッセージに応えるようない生き方ができているか?どうか?

いつも考えますね〜



詳しくは書きませんが、

一言で言えば「常識にとらわれるな」ということです。

かっこ悪くてもいい、
汚くてもいい、
美しくなくったていい、

芸術なんてくそくらえだ!





はは、、要するにロック青年だった私の心を鷲づかみしたんですね。




さらに誕生日が同じということが、

私にとってはとっても大事なことになっています。









やらねば〜〜〜〜





by hamaremix | 2017-07-24 19:59 | 絵カレンダー | Comments(0)
d0218056_1030429.jpg

アルプスの画家・セガンティーニ   〈 絵カレンダー17 〉

セガンティーニという画家は、一般にはあまり知られていませんが、
私のとっても好きな画家です。

人里離れた高山での生活を描いたことで
知られていて、
その澄んだ空気感、
都会をはなれた動物たちとの静かな生活、

そして、その絵のなかに込められた孤高の精神性。


それらは高山のもつ、神聖さ
ー日本で言うと山岳信仰が生まれでるような自然のもつ神聖な気配
に由来するものかなぁと思いますが、

そうした精神性が絵に反映されていて、
見る者のこころにクリアなものをもたらしてくれます。

と感じるのです。







sono
真逆

全くもって世俗まみれのコラージュ、、、wwww

d0218056_104642100.jpg

コラージュ305 「超世俗の物語」


by hamaremix | 2017-06-18 10:48 | 絵カレンダー | Comments(0)
d0218056_20401692.jpg

「袴の女学生」 〈絵カレンダー16〉

今日はクロッキーの授業でコスチュームモデルさんに来てもらいました。

学生達に「ヌード」か「コスチューム」かを選んでもらったら、
「コスチューム」がいいというので、
では「コスチューム」のなかでは「民族衣装」か「メイド」か「ロリータ」かと
聞くと意見がわれて、決まらなかったので、
日本の民族衣装である「和装」ということに、
決めました。


私自身がクロッキーの授業で「和服」は初めてでした。

来ていただいたモデルさんは、
袴姿のよく似あう美人さんでした。


淡いピンク色の着物に濃い緑の袴姿。

私も学生に混じって数回クロッキーに参加させてもらいましたが、
最初はそのかたちに戸惑い上手く描けませんでしたが、

慣れてくると
その折り目正しい袴のかたちが
なんとも凛として美しいってわかってきました。

そして
袴姿って、、いいなぁ〜と

初めて実感として感じました。



自分でもはいてみたいし、、、、

また、是非、袴姿を学生達に描いてもらおうと、、、




思いました。



また日本酒がやたらと呑みたくなりましたぁ〜〜〜〜、、、笑
by hamaremix | 2017-06-16 20:53 | 絵カレンダー | Comments(0)
d0218056_23136100.jpg

円山応挙「王義之龍虎図」 〈絵カレンダー15〉




タイガー、、、、



阪神タイガースの話題です。



首位を走っていることを知りつつ、テレビ観戦しないまま、
きていましたが、

数日前から、応援してみようって思い、

見るたびに負けるではありませんか、、、、


しかも、昨日一昨日は、甲子園で巨人に2連敗。



むかむか〜ですね。

私が見ると負けるという、私的ジンクスを感じてしまいました。



また昨日は衝撃的な鳥谷のデッドボールまで、

見ることになってしまい、、、、

とっても複雑な気分で、、

心配になってしまいました〜〜〜。


鼻から滝のようにざぁ〜〜〜って血が流れているのもしっかり見てしまってました。




鳥谷にそんなに思い入れは今まで無かったのですが、

さすがに昨日は、違いました。


連続試合出場の記録が鳥谷にはあったからです。




今日、、、無理だろうな〜〜〜っと

思ってました。




でも、試合前のバッティング練習もしたし、

金本監督にスタメン大丈夫ですといったそうなのです。


あの、クールな鳥谷に、
熱い思いを初めて感じました。


そして

今日の代打打席。


全くデッドボールを受けた球への恐怖感を感じさせること無く、

バットを振っている姿に

感動しました。



命かけてるな〜〜〜〜〜って。




鳥谷、顔に黒いプロテクターを付けての登場で、

また、カッコ良かったですね。



まさにバットマ〜〜〜〜〜ン!!








でした。
by hamaremix | 2017-05-25 23:27 | 絵カレンダー | Comments(0)
d0218056_8494653.jpg

エリザベス・ペイトン 「Piotr on courch」 〈絵カレンダー13〉

昨夜は久しぶりに、悪夢を見ました。しかも二つも。

夢を見ることは少ないのですが、悪夢はもっと少ないので、
朝の今となっては冷静に「夢判断」などしたい気分です。



悪夢のひとつは、
自転車で知らない女性をはねてしまって、血みどろになって死んでしまってるところを、
抱きかかえると、パチと眼をあけたので、死んではいませんでした。

近くにその息子とおぼしき子供がいて、

その子とその女性を家まで送っていくことになりました、

この間、かなり焦って、おろおろしている自分がいたと思います。


その親子のお家まで上がり込んで、、、
(おとうさんもいました。)何かを喋っていましたが、
おもむろに「今回は本当に申し訳ありませんでした。」と土下座に近い謝り方をしたものの、
謝り方がなっていないと、女性に怒られます、
「私の息子でさえ、もっと早い時点であやまります。」


は〜〜〜〜と、、、涙を流す私でした。


はは、こんな夢を見たのも、私には心当たりがあります。

別に何かがあったわけではないですが、
何か、問題を起こすのではないかという、不安がこんな悪夢を見せたのだと思います。

とにかく、「人に対しては、丁寧におつきあいしていかなければいけません」

という戒めの夢だと思います。


特に私にとっては重要課題ですかねぇ〜。





もう一件の悪夢は、、、、、


う〜〜〜ん、


う〜〜〜〜ん、、、



秘密です!!!!!



昔の意味でのヤバい夢でした。





by hamaremix | 2017-05-10 09:06 | 絵カレンダー | Comments(0)
d0218056_20464912.jpg

作者不明  〈絵カレンダー12〉

まず、私の絵ではありません。
なんか、ちょっと近いものを感じますが、全然違ってこちらの方が見習うべき画法が幾つもある絵です。

なんでしょうね?この絵は?
ドーナツが燃えていますが、、、、、


人生の奥深くに訴えかけるような絵ではないけれど、
発想の面白さと、技法の巧みさで、人の目線を釘付けにする絵です。



う〜〜〜〜〜ん、オモシロ〜〜イ。



私の方の絵の進行ですが、
現在描いている絵はもう少しで完成できそうです。

「とにかく、楽しい」絵を、がテーマです。


出来たらシンプルに面白がってもらえると思うのですが、、、、


今年の茨木現代美術展(5月下旬〜6月上旬)で発表できると思います。

ですが、「なんじゃこりゃ〜」という批判も確実にあるだろうことは分っています。www



そして、その次の絵のイメージが頭のなかで、

かなり具体的に映像が見えてきました!!!



自分自身描く前からとっても楽しみになってきました。

絵の内容は「日本の信仰」に関するような絵、、、かな。
by hamaremix | 2017-04-27 21:33 | 絵カレンダー | Comments(2)