ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

カテゴリ:未分類( 86 )

今日は午前中の降水確率は0%。

よって、毎月恒例の「野外スケッチ」が開催されます。


猛暑のなか、みなさん熱中しすぎて熱中症に、、、

いや、水分補給を忘れずに熱中症に

気をつけて下さいね。

d0218056_08141163.jpg
中之島にある

とっても立派なレトロ洋風建築の

大阪府立中之島図書館です。






今日はこの図書館周辺(中之島公会堂も含め)を

スケッチしにまいります!!!








by hamaremix | 2017-07-16 08:24 | Comments(0)
浜本隆司「水のキュリクス」(series:rainwater in the dish)1993

d0218056_21065523.jpg



1993年の私の作品で、紙にアクリル絵の具で描いています。
2枚組ですが、1枚でも完結しているし、2枚でも繋がるという遊びのある構成です。

過去作の中では、いい方だと思っています。(自分の中ではね、、)

今の絵画でつかってるほど鮮やかではないですが、セルリアン系のブルーを使っています。

ちゃんと額装していますよ。




さて、




今日のお昼にたまたまつけたテレビのNHKのEテレ、

「100分で読む名著」かなぁ、釈撤収さんが出ていらっしゃいました。

「維摩経(ゆいまきょう)」の解説をされてました。


今の自分のおかれている状況から聞いていると、
とっても意義のあることを言ってられました。

良かったです。


「維摩経」には、善と悪とか、正しいと間違ってるとか、
相対するようにみえるものをあえて分けないというようなことを言ってられました。

たとえば、
社会活動などで、町を美しくするための清掃活動をしている人にとって、
ゴミや煙草など、ポイ捨てにする人を
悪として見るようになってしまうことへの警告をされていました。

清掃活動そのものは立派な行いですが、、、、

自分のしていることが正義だと思ってしまうと、
ゴミを捨てたり、煙草をポイ捨てする人を悪と見なしてしまいようになる、

そこに対立が生まれてしまいます。

物事を二つの対立する要素に分けてしまうことを
「原理主義」と言うそうです。フム、聞いたような、、、、

確かに自分が正しいと思ってしまうと、
その正しい価値のそわないものは悪になってしまいます。

なので、そのようにならないように考えるのが「維摩経」の教えだとか。


うむ。。。深いですね。


人に迷惑をかけなければいい、という考え方が
広まっていますが、
迷惑をかけてもいいというように考えることも必要で、、、、

自分を他人に委ねるこころもあるべきだと言ってらっしゃいました。


年とって、何がなんでも人の世話にならんぞ、バリアーをはるのではなく
よろしくお世話になります。
自分の存在を他者に委ねるという気持ちも大事だと、、、、




うむうむ、、、



そうして聞いていると
頑ななこころというものが一番だめなようです。



釈さんは他にも、沢山いいことを目を輝かせて言っておられました、、、、

忘れましたけど、、、、、、



けれど「維摩経」と釈さんの話はもっと聞いてみたくなりましたぁ!













by hamaremix | 2017-06-28 21:45 | Comments(2)
おはよう。
雨、が降っています。

5月の雨、皐月の雨、五月雨(さみだれ)、、

はは、憂鬱そうな雨でも、五月雨などと言葉にすると、
なんだか、粋な一日が始まりそうで、いいのではないかなぁ。



d0218056_9142417.jpg



昨晩はNHKの番組でたまたま「ハリーポッター」にまつわる秘話
が沢山紹介された番組を見ていました。

作者のJ.K.ローリングさんが
離婚後、小さな子供をかかえてスコットランドのエジンバラに住み、
育児をしながら、こどもが寝しづまった時をみはからって
カフェで小説を黙々と書いていたそうです。

生活は困窮し、生活保護を受けるものの、
鬱病になったり、自殺を考えてしまったりした経験があったそうです。



そして以下、出版にいたるまでの話が感動的でした。

彼女の書いた「ハリーポッター」の話は先ずその文章量が多く、
多くの大手出版社に嫌われたそうです。

その内容に感動した出版に情熱をもった代理人によって
大手の出版社に原稿が持ち込まれたのですが、
ことごとく断られてしまったそうです。

『ハリー・ポッターと賢者の石』の原稿は1995年に完成しました。

12の出版社に提出された同原稿ですが、あまりの長編のために出版する出版社は現れなかったといいます。



1年かけてやっと

そんななか、新人による子供向け書籍の出版に取り組んでいた
中堅のブルームズベリー出版社がハリーポッターを出版することになります。



そのなかの素敵なエピソードがありました。

原稿を受け取った編集者が自分で読む前に、
8歳の子供アリス・ニュートンに本を手渡して読ませたところ、
一時間後に部屋から出てきて
「パパ、これは他のどんなものよりもずっと素敵よ」と言ったそうです。

アリスちゃんは読み物が好きで、パパからいつも、
出版前の小説を読むことを
日常化していたようです。


そのアリスちゃんが、
「ハリーポッター」は今まで読んだお話のなかで、
最も面白いとその魅力を父に伝えたのでした。


このアリスちゃんの一言がきっかけで『ハリー・ポッターと賢者の石』はイギリスの
ブルームズベリー出版社から
出版されることが決定たのでした。


名作の生まれる過程のエピソードは
何だか奇跡めいてきますよね。

そんなひとつの奇跡のエピソードでした。



私はですね〜

一人の子供が感動を持てば、多くの子供も感動できるという

「ひとの心の普遍性」に、



大きな希望を覚えました

by hamaremix | 2017-05-24 09:17 | Comments(0)
ホープ・サンドヴァルの唄い方は、、

何というのでしょうか、そのコケティッシュなキャラクターと、そそのファッションとで、
見るものをどこかここでない別世界に誘い込んでいくようで、

はなはだ、う〜む魅力的です。


この映像は彼女が20代半ばのマージー・スターの時のライブですが、

とてもいい映像。


これ以外にも数曲この日の映像が出回っていますが、
どれもほとんど変わらない唄い方で、
乱れません。

彼女のスタイルなんでしょうね〜。

そちらも是非。


音楽の深い森 295
マジー・スター(ホープ・サンドヴァル) 「Fade into you」




ホープ・サンドヴァルは現在51歳!

新しいプロジェクトをスタートさせています。
by hamaremix | 2017-05-19 19:00 | Comments(0)
d0218056_20235119.jpg
モスラの幼虫です。

日本のいわゆる「怪獣」
ゴジラの対戦相手として生み出されました。

その後、キングギドラ、ラドン、ミニラ、キングコング、、
メカゴジラ
、、などなど
ヤオロズの国なので、次々と生み出されていきました。

極端に大きい怪獣はその後、鉄人28号やマグマ大使、ガンダム
エヴァンゲリヲン、進撃の巨人
へと受け継がれていきます。

そしてそれが今年のゴジラ/アメリカ版、そしてキングコング
影響を与えている、、、
と言っていいでしょう、
ハリウッド映画版が公開されます。

みなさん、観ますか?


d0218056_20312414.jpg

コラージュ268 「あったかい動物」

私の新しい絵の、制作にとりかかっています。

100号サイズのやや小さめです。

今回は出来るだけ早く仕上げようと思っています。
1ヶ月半くらいで一気にやってしまうつもり。

内容はまだ秘密としておきます。



d0218056_203702.jpg

コラージュ269 「男にべ〜」

私には今、持ち運び出来る音楽メディアがないんです。
iPodは2代続けて水没させてしまったので、
今は買う気はおこりません。

携帯はAndoroidなので、パソコントは繋げないんです。
困ったものです、、、、、

iPadとパソコンを繋げれば、iTuneがあるので、

iPadで 音楽が聴ける!っと閃いて、

iPadとパソコンを同期できるように企てましたが、
パソコンが古いので、
iPadには繋げませんでした、、、、、、
iPadが発売される前のパソコンだから

なんぎやわ〜〜


携帯CDプレーヤーはあるんですが、
さすがに持ち歩くのは抵抗がありますね〜。


d0218056_2046074.jpg

コラージュ270  「キフブック」

d0218056_2155263.jpg

コラージュ271  「ダレ?ダリ」
by hamaremix | 2017-02-04 21:10 | Comments(0)
d0218056_9151310.jpg


おはようございます。

今日もまた「オーロラドライブ」におこし頂きありがとうございます。

始めた時は、こんなにも長く続けられるとは夢にも思いませんでした。

日記と違って全くひとりの世界ではなく、
友人知人の方に、たまに覗いてもらってるということが、
大きな続けられてる最大のモチベーションです。

だんだん(鳥取県・島根県の「ありがとう」)

「見てますよ〜」と思わぬ人からも言われたりすると、

申し訳なくもはづかしながらも、

お〜きんな (三重県の「ありがとう」)

という気持ちです。


また、コメントをもらったりして、これまた

たまるもんかのー (高知県)

とか

すまね〜ね (埼玉県)

などと思います。



これからも「ありがとう」の気持ちを日々持ち続けなければいけません。

いつも挨拶を

おーきーん (佐賀県)

スマイルの会釈を

かたしけねぁ〜 (愛知県)

会話でわらかしてくれて

ありがどなえ (福島県)



そうそう、去年には個展に来て下さって、あらためて

よろこびでございました (福井県)

あそうそう、年賀状を

すまね〜ね (千葉県)

年賀はがきのお年玉あたっておりました。

おーきにありがとはん (兵庫県)


わたしがお菓子好きなのを知って、いつもお菓子をくれて

おあるがどがんす (岩手県)


いつも気にかけてくれて

きのどくな〜 (石川県・富山県)

やさしい言葉を

ごっつぉさんです (群馬県)



わたしもみなさんに

おしょーしな (山形県)

と言われるように

日々つとめますねー。



だんだん。







最近、花を水彩で描き始めました。
まだ仕事でもないんですが、仕事になるかもということで、
ちょこっと始めてます。





水彩で花を描いています。
まだ、始めたばかりですが
by hamaremix | 2017-01-27 09:46 | Comments(2)
d0218056_0505191.jpg




  さて、さて、、、、、




グミです。







輸入もののグミ!!!

今日のお菓子365 (127)
グレープ味「Welch's / GUMMY」SINCE 1869  Welch Foods inc


d0218056_0522479.jpg


このパッケージのデザインの色、大好きです!!!010.gif

青紫がすきなんですね。



グミ、、、

舌で転がしながら、でも一気に食べちゃいました!!!
by hamaremix | 2017-01-17 01:08 | Comments(0)
d0218056_6551554.jpg

建仁寺の苔

「禅(禅定)とは、心が定まり静かな状態のことです。」

まれにそうゆうこころの状態になれるときもある気はしますが、

こうみえてもイラチなので、ちょっとした他人様の行為に
むかむかしたりしてしまい、小さく舌うちしたりしてしまいます。

時間がなくなってくると、焦って、とんでもないことをしてしまったり、

人前で喋る時、緊張して上手く喋れません。


まだまだ、駄目ですねぇ〜。


何事も大きな大きな気持ちでのぞみ、拘りをなくし、
相手に愛をもって対面しないといけないですね〜。


でも、感動をするこころは禅のこころ持ちに反するんだろうか?



忍者の心得に「流水」というのがある。

心が動くような出来事にあっても、それをいつまでもこころに残すのではなく
忘れてしまい(流してしまい)、いつも心をそのときその時に
さらの状態にしておく。

ということでしょうが、

事にあたるときに、こころに何らかにしこりがあると、
ことをしそんじてしまい、命を落としかねない。

という忍びの心得。


定まってはいないけれど、流れていくというのはどうでしょうね?


どちらも「無」の在り方でしょうが、、、、
流していって生きるというのは寂しものではないかな。




d0218056_74677.jpg

建仁寺の本坊の中庭
by hamaremix | 2016-10-14 07:13 | Comments(0)
ヒトは日本語では「人間」ですよね。
確か明治初期の哲学者がこれを考えたのですよね。

「人」はひとりでは成り立たず、「人」と「人」の間の関係で
成り立つというか、一人では生きていけないことを
意味したのだと思います。

とても東洋的な考え方ですよね〜。

特に日本では「和」重んじてきた歴史があり、

「人」と「人」を繋ぐものを大切にしてきたのです。


「人」と「人」の間を見続けてきたのが日本人でしょうか。


リオで、400メートルリレーで、「選手」と「選手」を繋ぐバトンにこだわったのは

まさに「人」と「人」の間を重んじてきた日本人ならではの

着眼点、あるいはこだわりだったような気がしました。


d0218056_2016643.jpg

コラージュ233


d0218056_20165375.jpg

コラージュ234

関西は台風の雨の1日でした。
日本海から関西地区、紀伊半島を縦に雨雲が
ず〜っと居座っていて、
縦長の変な雨雲の帯が、沢山の雨をもたらしています。

明日の朝まで続くそうで、

テンションも低気圧です。






053.gif
by hamaremix | 2016-08-29 20:22 | Comments(2)
アトリエの前庭の花たち、といってもささやかなものですが、
今、どんどん開花してきてます。

この時期は水やりも目で楽しめて嬉しいです。

アトリエ名物「隅田の花火」見頃を向かえました。

ほんと紫陽花は雨が似合うこと、、、、
d0218056_23511224.jpg

d0218056_23505240.jpg


そういえば三日ほど前に関西も梅雨入りしたそうですね!

この冬に鉢に植えた「シロタエギク」
d0218056_2353358.jpg

白い葉っぱの不思議なこと。
でも濡れると緑になったりします。
こやつ、成長が早いですね〜〜、しかもすごい巨大化しつつあって、
吃驚してます。

でも花が咲くなんて。

イメージできなかったので、うれしい。

こやつも激しく成長します。「萩」

毎年ある程度大きくなったらまとめて紐でくくります。

背は一定の所でとまりますが、
白い花が、尋常じゃないほど、
咲きますね〜〜。

まだ始まりですが。

d0218056_23575618.jpg



そしてこやつは4年ほど前に、球根を植えた百合ですが、

毎年、咲いてくれるので、、

この時期、お〜〜今年も来たね〜、などと言ってやりたくなります。

他に鮮やかなる花はないので、

今は主役をまかせています。

いいでしょ。「黄色い百合」
d0218056_01498.jpg

d0218056_021514.jpg



花はないんですが、緑を代表して、、、、
d0218056_025895.jpg



以上、開花通信でしたぁ。



by hamaremix | 2016-06-08 00:05 | Comments(0)