ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

国宝展

d0218056_07515235.jpg
京都国立博物館


「国宝」展行ってきました。

さぞひどい人集りかと思いきや、

はは、想像以上の人が来ていました。


開催日からの入場者数も凄いらしいです。
「国宝」って展覧会名、
人を呼びますよね〜〜〜。

絶対に見る価値があって、
ハズレは何一つ無い。

そう思わせる展覧会名と企画ですね。
d0218056_08020968.jpg



私の目当ては絵画と彫刻でした。
そうゆう限られた観点からいくと、
「書」あり「染色」あり「工芸」ありと
他のジャンルの国宝はあの人集りでは見る気持ちもなえてしまったのが
本当のところです。


しかし、絵画では
宗達の「風神雷神」
雪舟の6点なかでも「天橋立図」「達磨大師」を見れたのが
良かったです。

d0218056_08041148.jpeg

d0218056_08042114.jpg
この絵の実物は凄いです〜〜。その緊張感が、、、


彫刻では
やはり火焔式縄文土器、埴輪
そして宇治平等院の雲中菩薩像がまじかで見れたことが
感動でした。


d0218056_08051252.jpg





最後に国宝はそんな一気に見るものではなく、
それが置かれているその場、その場に行って
見るのが一番!



などと、みもふたもない感想でくくっておきます。笑




でも、行くなら、夜までやってる日の夜に行くのが一番すいてるそうですよ。

by hamaremix | 2017-10-17 08:09 | 日本の美 | Comments(3)
Commented at 2017-10-17 20:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hamaremix at 2017-10-17 22:37
遊楽さん、これは弟子になりたい人が自分の右手を達磨大師に差し出しているところで、全くもって男社会の交わりの世界なのですよ。
Commented by yuurakuotozaemon at 2017-10-20 20:37
古代叙事詩のマハーバーラタの中に、弟子になりたい若者がいて、(格闘技 武者階級 カースト絶対時代) うちは弟子を募集していません、帰ってんかと、それでも食い下がると
、その指をスパッと切ったらという、それでバッサリ切った話があります。その師匠はドローナといい、こちらに渡る最中に
達磨になってるよ