ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

みをつくし

わびぬれば今はたおなじ難波なる
みをつくしても逢わむとぞ思う

元良親王・「小倉百人一首」



「つらい思いに悩んでいますから、今はもう(この身を捨てたのも)同じことです。
いっそ難波潟にある澪標(みおつくし)のように、身を尽くしても身を滅ぼしても、
あなたにお逢いしたいと思います」



大阪人にとって澪標(みおつくし)ほどの伝統的に古いシンボルはありませんね。

この言葉は「身を尽くし」につながる、美しい掛詞でもありますよね。


「身を尽くし」は「命をかけて」です、



そんな「身を尽くしてつくる料理」が作品の基調になった
時代小説が「みをつくし料理帳」高田郁(かおる)。

主人公の名も「みをちゃん」です。

d0218056_7383772.jpg



江戸時代の江戸が舞台の小説ですが、
武士が主人公でないし、チャンバラもない、捕り物でもない
それまでの時代小説の常識を打ち破った、
痛快な、、、、いやいや、、そんなことはありませんが、

本当にこころあたたまる(ハートウォーミング)話です。


この小説を読まずして、この時代を生ききることはなりません!

特に関西人ならなおさら、、、、、


これまで

私の知る範囲ではこれまで民放で2度ドラマ化されています。
1度目は知りませんが、2度目は北川景子主演でした。
みおちゃんのイメージではなかったなぁ〜〜〜。



今回、NHKでドラマ化されて、

いよいよ今日から始まりますよ!

主演は黒木華さん、

もう、みをちゃんにピッタリのイメージです。よくぞ選んだ!って思いました。



全15回だそうです。



まだ知らない人は、

是非、今日のドラマ(午後6時〜)から、、、、

どうぞ、、、、、、
by hamaremix | 2017-05-13 07:51 | 文学 | Comments(0)