ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

ハンサムな絵

d0218056_2024923.jpg

和歌山県立近代美術館。

ハンサムな絵のつくりかた「泉茂」展へ!!

もちろん、何度も書いていますが、
泉茂先生は私の大学の3〜4回生の時のゼミの教授で、リアル・アーティストです。

先生のまとまった展覧会は去年、神戸のBB美術館でもあって、
ブームになっているかもしれません。


今回の和歌山では〜ハンサムな絵のつくりかた〜のコピーがとっても耳に残ります。

なるほど〜、確かに先生の絵はハンサムかも知れないですね。

d0218056_2093974.png

A4サイズのチラシ

このチラシの上の絵、版画ですが、かっこいいですよね〜。
と言っても、は〜〜と疑問符も上がるのも私は理解できますが、
私自身は「かっこいい」つまり「創造的で、個性的」そしてそこに「都会的」という
形容詞が足されて、「ハンサム」になるのだと思いました。


先生はその生涯、絵画の新しい表現の可能性を求めて、
絶えず新鮮なイメージの絵をこの世に生み出されてこられました。

d0218056_2018990.png

チラシの裏

初期の具象絵画から、版画作品、そして、クールな抽象絵画
さらに最晩年のホットな抽象絵画まで、
先生の生涯の作品の流れあらためて見て、
そのまさに「泉のような」枯れないイメージの豊かさを持ってられたのだと、
再認識いたしました。


和歌山県立近代美術館はとても広い展示スペースがあり、
泉先生の作品を、スケールの大きい規模で
観賞できました。




今度の日曜日26日(明後日の日曜日)までやっています。

皆さん、是非ともご高覧下さいませ。



d0218056_20232897.jpg

美術館の前庭



そしてまたしてもフラナガンのウサギ。

d0218056_20241074.jpg


このウサギ、泉先生の展覧会にとっても合っていました。






048.gif



048.gif
by hamaremix | 2017-03-24 20:27 | アート | Comments(2)
Commented by yuurakuotozaemon at 2017-03-29 19:48
フラナガンはのびのびとしていていい作品ね

チラシはマチスの影響かな...
この中で一番好きなのは彼そのものよ
Commented by hamaremix at 2017-03-29 20:28
ウサギのフラナガンはみんなに愛されてます。泉先生も生徒からとっても愛されていたアーティスト教授でした。