ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

ゴーストとしての聖徳太子

d0218056_746413.jpg


だれ?  

かつて1万円札の肖像になった聖徳太子

でも、この肖像画の人物は聖徳太子ではなかったらしい。

なんと、まぁ〜
でも、もうこの人は私の頭のなかでは聖徳太子でいいですと言ってます。


さらに
その聖徳太子が小学校、中学校の教科書から消えるらしい、、、

えっ、ええ〜〜〜


もう、全く釈然としませんね〜。


日本人ならおおよその人は聖徳太子といえば、

「和を持って尊しとせよ」とおおせられ、
その後の日本人のコミュニケーション基本を
詠った人で、
また10人もの人が同時に喋っても、それを全部聞き分けた
という天才
と教えられてきましたよね。

そしてその政治では
冠位十二階や十七憲法の制定、
遣隋使の派遣を始めた、
法隆寺や四天王寺の建立、

などなど、
優れた能力で国を治めたと習いました。


しかし、
そのどれもが聖徳太子がしたという根拠がないし、



そもそも聖徳太子などという人物は居なかった。


とまで言われているのです、、、


そんな説があることは聞いていましたが、
まぁ、突拍子もない異説でしょう、、
などとこれまでスルーしていましたが、

教科書から消えてしまうとなると、
スルーするわけにもいかず、少しニュースを見てみました。


聖徳太子という呼び名は死後129年後
平安時代の史書「懐風藻」に初出した名前で、
その後の歴史のなかで、
日本史のヒーローとして育て上げられた
というらしい、、、、


聖徳太子なる呼び名で呼ばれていた人物は居て
当時は厩戸王(うまやどのおう)という人物のこと。
で厩戸王が
冠位十二階や十七憲法の制定、
遣隋使の派遣を始めた、
法隆寺や四天王寺の建立、

をひとりでしたのではなく、
蘇我馬子らと協調してそれらをなしたというもので、

ただひとり聖徳太子だけがやった
政治だったのではない
ということで、評価がどたっと堕ちたのです。


厩戸王(聖徳太子)と教科書で表記されるのがいいとなったらしいです。


歴史学者の方々が、現代の科学的な研究から
そう判断をしたのなら、
私たちが何も言えませんよね〜。




しかし厩戸って馬小屋でうまれた子という意味でしょう。

そもそもの呼び名に差別がありますし、本当の名前ではないでしょう。

蘇我入鹿、馬子、蝦夷もそうですが本名ではないでしょう。








また、「鎖国」や「士農工商」の言葉も教科書から消えるそうですよ〜〜



もう〜、何ですか〜。

いくら頭の柔らかい私でも、納得がいきません!!!



今まで教えられてきた歴史はつまりフィクションだったのですね。

しかも日本人がづーっと長い時間を語り繋いできたフィクション。



もう、フィクションでもいいのではって思ってしまいます。

定かでないものは今までの定説でいいんでは、、、、




これは源頼朝ではありません。
d0218056_828261.jpg




この人は足利尊氏ではありません。
d0218056_8283442.jpg




と言われてもな〜〜〜。


イメージがピッタリなんだら、
これらが別人である可能性があっても、
別人を描いても頼朝や尊氏に似てしまったら、
それは頼朝や尊氏でいい、、、

と粗雑な脳は思ってしまうのでした。
by hamaremix | 2017-03-12 08:40 | ライフ | Comments(2)
Commented at 2017-03-16 19:13
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hamaremix at 2017-03-16 21:54
古事記、日本書紀は神話みたいなものらしいけど、歴史の事実も明に暗に書かれているようで、科学的観点からは微妙なものでしょうけど、そんなこと言うと西洋の神話や聖書だって同じようなもの。
今回の聖徳太子に関してのニュースにも、政治的なものが含まれているような気もします。