ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

三成と家康

d0218056_111928.jpg

関ヶ原(下)をやっと読み終わりました。

長かったです。読んでいて辛かったです。

主役の石田三成、徳川家康、

二人のその言動にほっこりしたり、笑えるところがないんですよね〜。




d0218056_11145069.jpg

石田三成

三成の融通のきかない、面白みのない人柄、

人から恨みばかりかっています。


d0218056_111558100.jpg

徳川家康

家康のしたたかな、政治戦略。

三成のこころの動きを読み、わなにはめていく、

そして豊臣側の家臣を狡猾に自身の側に取り組んでいく。

戦う前に確実に勝つという見込みができるまで動かない慎重さ。


ふたりとも、いさぎよさやすかっとした晴天の様な晴れがましさや

すずやかさがないんです。

みなさん、すでにごぞんじのことでしょうが、、、



日本史史上最大の天下分け目の戦い、「関ヶ原の合戦」

その舞台裏を初めて知りました。
小説ですが、、、


もう戦う前から、西軍の毛利、小早川、島津、、
戦う気は無かったのですね、、、

しかも裏切りの数々。

げんなりしました、、、、


また、
家康に取り込まれていった、福島正則〜加藤清正〜黒田長政らを筆頭する
元秀吉家臣たち、、、、

あ〜あぁ〜、そっちえ行っちゃうの〜、、、


みんなどちらが勝つか、、、のその後のお家の存続〜繁栄のため、

どちらに付く方が「利」があるのか、、、、

戦国武将達のの最後は

そこでした。



あとがきで高坂先生が、
まるで
自民党の総裁ねらいの派閥の取り込みの様相
だと書いてらしたが、その感じですね。

最後に武力は使いませんが、、


三成は秀吉に「義」を持っていたようですが、

「義」では人を惹き付けることが出来なかった、

まぁ〜三成の性格が大きく禍いしたのですが、、



「真田丸」では、これからほぼ家康が中心にドラマが展開するはずです、

家康VS.三成 ( 関ヶ原 )
そして家康VS.淀殿&幸村  ( 大坂の陣 )


これから家康のねちねちした追い込みがはじまりますね〜。

この時代にあって、歴史的に人気のあるのはやはり

真田幸村と大谷吉継だそうです。

幸村はともかく、大谷吉継は親友三成との「義」を重んじて戦ったことが、

美しい姿として語り継がれているのでしょう!!



あとこの間の重要人物として、三成の参謀の島左近が有名ですね。
d0218056_11414816.jpg

島左近


家康の参謀長は本多正信(近藤さん)ですね。
d0218056_1143017.jpg

本多正信



この時代の肖像画にこんなのが残されています。

d0218056_1144010.jpg


はは、若かりし頃の徳川家康でした〜。



最後に

やはり自分は西側に立って読んでいたことを
はっきり意識できましたね。笑




053.gif
by hamaremix | 2016-08-28 11:48 | ライフ | Comments(0)