ブログトップ

浜本隆司ブログ オーロラ・ドライブ

hammererix.exblog.jp

浜本隆司のブログ

行為の価値

超訳「ニーチェの言葉」
これがあれば、他にどんな啓発本ももう要りませんよ。
笑、ホント。


123 勝手に行為の大小を決めつけない

「人間とは不思議なもので、勝手に行為に大小をつける。
大きなことをした、とか、小さなことしかできなかった、などと決めつける。

もっと不思議なことがある。人間は、自分がしなかった行為を悔いる。
しなかった行為なのに、あれは大きなことだったと本気で思い、
悔やんだりする。また、自分のした行為、自分のしなかった行為の大小を、
自分が決定できると思い込んでいる。
その大小が真実だとさえ思っている。

自分のした小さな行為が、実はある他人にとっては大きいことかもしれない。
その反対かもしれない。
いずれにしても、過去の行為を価値づけることは無意味なことなのだ。」

『悦ばしき知識』



よくあります。
なんか価値のあることをしたいとつい思ってしまいますよね。
私の場合、絵に対してがそうです。
このテーマは大きいぞ〜、とかまぁ軽い感じで描いたとして小さく見てるとか、

自分のなかで、まあまあかななんて思っている作品でも、
凄くいいと言ってもらったりすることがあります。
また頑張っていいのが出来たなぁなんて思っても、
他者からみたら、あんまり良くなかったりすることがあります、、、、




むむむ、あまり適切なコメントではありませんでした、、、、

物事の価値の大小を考えず、その時その時、自分のやるべきことに、
一所懸命であれ!ってことですよね。

それ大事ですよね、、

何処かで手を抜いてると、
他で手を抜いてはいけないところでも、
抜いてしまってるみたいなことになるような気がします。
by hamaremix | 2016-02-22 21:22 | 哲学 | Comments(0)